烏魯木斉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9月15日のその2。<br /><br />北京組は、郊外にいる陳老師の友人宅へと向かいました。<br />時間が限られている旅行ですから、こま達なら、出来るだけ時間の省エネで行動したいと思うのですが、一般的な中国人の時間概念は、伸ばし伸ばしが基本なので、そう言う感覚はないようです。<br />しかも、ホテルが100元ちょっとなら、爺ぃならホテルを選びます。しかも、今回泊まった喀什&#22134;爾飯店は、市内のど真ん中なんですから♪<br /><br />こま達は、爺ぃの老友に会う為に出かけます。<br />その友人の再婚相手が元々住んでいた所に入り込んだそうなので、奥さんは爺ぃの古い知人でもあるので、行ったことはあるけど、記憶は少したどたどしいそうです。<br />郊外なので変わってないとは思いますが、行ってからのお楽しみですね。<br /><br />では、タクシーに大まかな住所と目印を伝えて出発!!

爺ぃのご両親のお墓を建てる為に莎車へ!其の16~老友訪問!天津の外科医丁太夫!

2いいね!

2010/09/10 - 2010/10/16

151位(同エリア192件中)

    48

    0

    9月15日のその2。

    北京組は、郊外にいる陳老師の友人宅へと向かいました。
    時間が限られている旅行ですから、こま達なら、出来るだけ時間の省エネで行動したいと思うのですが、一般的な中国人の時間概念は、伸ばし伸ばしが基本なので、そう言う感覚はないようです。
    しかも、ホテルが100元ちょっとなら、爺ぃならホテルを選びます。しかも、今回泊まった喀什噶爾飯店は、市内のど真ん中なんですから♪

    こま達は、爺ぃの老友に会う為に出かけます。
    その友人の再婚相手が元々住んでいた所に入り込んだそうなので、奥さんは爺ぃの古い知人でもあるので、行ったことはあるけど、記憶は少したどたどしいそうです。
    郊外なので変わってないとは思いますが、行ってからのお楽しみですね。

    では、タクシーに大まかな住所と目印を伝えて出発!!

    PR

    • 伊力特酒店脇で一旦停止。

      伊力特酒店脇で一旦停止。

    • 運チャンのブレスレット。<br /><br />ははは、ビリヤードの玉ですね。

      運チャンのブレスレット。

      ははは、ビリヤードの玉ですね。

    • ん?<br />またまた喀什国際酒店です。<br /><br />何か、今日は同じルートばっかり、繰り返し通りますね。

      ん?
      またまた喀什国際酒店です。

      何か、今日は同じルートばっかり、繰り返し通りますね。

    • ね。<br /><br />駅前を通りました。

      ね。

      駅前を通りました。

    • そのまま真っ直ぐ郊外へ。<br /><br />こまは、どの方向かも判ってません。

      そのまま真っ直ぐ郊外へ。

      こまは、どの方向かも判ってません。

    • 南へ向かっている感じ。。。

      南へ向かっている感じ。。。

    • 街中とは、感じが全然違いますね。

      街中とは、感じが全然違いますね。

    • 運チャンの車にあった飾り物。<br /><br />小綺麗にしております。

      運チャンの車にあった飾り物。

      小綺麗にしております。

    • 貨物場。<br /><br />

      貨物場。

    • この辺には、やたらと運送関係の門市部が有りますね。

      この辺には、やたらと運送関係の門市部が有りますね。

    • 掘り返してますね〜・・・

      掘り返してますね〜・・・

    • ジャッキーチェンが特訓してた、あの酒のツボがどっさり。<br />

      ジャッキーチェンが特訓してた、あの酒のツボがどっさり。

    • 殺風景。。。

      殺風景。。。

    • ん?<br /><br />外国語学校がありました。<br />そのお陰で、後に地図で調べて場所が判明しました。

      ん?

      外国語学校がありました。
      そのお陰で、後に地図で調べて場所が判明しました。

    • 沙依巴克区倉房溝清真寺。<br /><br />大きなモスクですね。

      沙依巴克区倉房溝清真寺。

      大きなモスクですね。

    • 数年後は、ゴロッと変わりそうなほどの大開発です。

      数年後は、ゴロッと変わりそうなほどの大開発です。

    • 高い建物が無くなって、更に殺風景になったら、その向こうの山に見えたプラネタリュームみたいな丸い建物。<br /><br />気象台のレーダー基地だそうです。

      高い建物が無くなって、更に殺風景になったら、その向こうの山に見えたプラネタリュームみたいな丸い建物。

      気象台のレーダー基地だそうです。

    • 爺ぃが言っていた目印は「これ」ですが、運チャン曰く、「これじゃ知ってる人少ないっすよ!今度来る時は◎◎◎の◎◎近くって言えば良いよ!」と、教えてくれる親切な運チャン。<br />(◎◎は聞き取れなかったです)

      爺ぃが言っていた目印は「これ」ですが、運チャン曰く、「これじゃ知ってる人少ないっすよ!今度来る時は◎◎◎の◎◎近くって言えば良いよ!」と、教えてくれる親切な運チャン。
      (◎◎は聞き取れなかったです)

    • 入り口です。<br /><br />奥さんの前のダンナさんが、喀什政府の幹部だったようですね。

      入り口です。

      奥さんの前のダンナさんが、喀什政府の幹部だったようですね。

    • 建物はこんな感じですが、兎に角場所が静かでエエとこですね。

      建物はこんな感じですが、兎に角場所が静かでエエとこですね。

    • 厳密に部屋がどの棟なのか判らないので、近所でウロウロしている人に「丁太夫はどの棟?」って訊ねると、みんなが知ってるって言うのが良いですね〜♪

      厳密に部屋がどの棟なのか判らないので、近所でウロウロしている人に「丁太夫はどの棟?」って訊ねると、みんなが知ってるって言うのが良いですね〜♪

    • 最後は家の前から電話して出迎えて貰いました。<br /><br />懐かしい丁太夫。<br />こまは昔、天津に行った時に出会ってます。<br /><br />その時は、前の奥さんが病に伏せっていたので、丁太夫が世話をされていました。漸く開放されて、出会った人がこの烏魯木齊の人(紹介)。<br />でも奥さんは、結婚して直ぐに足を悪くされて、またまた看病生活が。丁太夫に安住の地は巡ってこないようです。

      最後は家の前から電話して出迎えて貰いました。

      懐かしい丁太夫。
      こまは昔、天津に行った時に出会ってます。

      その時は、前の奥さんが病に伏せっていたので、丁太夫が世話をされていました。漸く開放されて、出会った人がこの烏魯木齊の人(紹介)。
      でも奥さんは、結婚して直ぐに足を悪くされて、またまた看病生活が。丁太夫に安住の地は巡ってこないようです。

    • 丁太夫のイメージは、昔から何かこう「ふわっとした感じのおじさん」と言う感じでしたが、今も変わらずふわふわ感たっぷり。<br /><br />これでも外科の、接骨関係の一任者なんです。<br />こまが天津へ出かけたのは、仕事を絡めての出張でしたが、その前に骨折した手の甲を見て貰う為もありました。<br /><br />骨折した時に、どうしたらよいかと上海から連絡したのですが、複雑骨折と思ったらしく、その時は手術無しでは出来ないと言われました。<br />上海で色々回った挙げ句、最後は第六部隊医院で、手で引っ張って繋いで真っ直ぐになったことを知ると、「その程度だったら、わしがレントゲン透過状態でやったら良かったのう」と言ってくれた人です。手で繋いだ時は、医者の勘だけでやったので、少しずれているらしいです。<br />その時に触診して貰ったのですが、やっぱりイメージ通りふわふわしてました〜♪<br />その時のイメージがずっと続いているのでしょう。

      丁太夫のイメージは、昔から何かこう「ふわっとした感じのおじさん」と言う感じでしたが、今も変わらずふわふわ感たっぷり。

      これでも外科の、接骨関係の一任者なんです。
      こまが天津へ出かけたのは、仕事を絡めての出張でしたが、その前に骨折した手の甲を見て貰う為もありました。

      骨折した時に、どうしたらよいかと上海から連絡したのですが、複雑骨折と思ったらしく、その時は手術無しでは出来ないと言われました。
      上海で色々回った挙げ句、最後は第六部隊医院で、手で引っ張って繋いで真っ直ぐになったことを知ると、「その程度だったら、わしがレントゲン透過状態でやったら良かったのう」と言ってくれた人です。手で繋いだ時は、医者の勘だけでやったので、少しずれているらしいです。
      その時に触診して貰ったのですが、やっぱりイメージ通りふわふわしてました〜♪
      その時のイメージがずっと続いているのでしょう。

    • 食事!食事!と誘われるがままに、近所のレストランに出かけます。

      食事!食事!と誘われるがままに、近所のレストランに出かけます。

    • このレーダー、結構最新式なんだそうです。<br /><br />こう言うハードは、国家予算使い放題の中国は、充実してて当たり前でしょう。この国、実際は世界一金持ちですから。

      このレーダー、結構最新式なんだそうです。

      こう言うハードは、国家予算使い放題の中国は、充実してて当たり前でしょう。この国、実際は世界一金持ちですから。

    • あれ?北京のスーパーが!?・・・と思ったら、「新客隆」って書いてます。<br />北京のは京客隆。ここは烏魯木齊で新疆自治区だから「新」ってか?

      あれ?北京のスーパーが!?・・・と思ったら、「新客隆」って書いてます。
      北京のは京客隆。ここは烏魯木齊で新疆自治区だから「新」ってか?

    • 小区を横切って歩いています。<br /><br />アパート1階のお宅ですが、手入れされた花壇が素敵ですね。<br />新疆の漢民族は、口内(都会)よりも秩序があると感じられるのは、こうした生活上の細かな部分からも理解出来ます。<br />町の人間は、中国の先祖からのモラルも繊細な神経も、持ち合わせていないとさえ思えるくらい杜撰で、しかも、周りがみんなそうなので、その事に気付かず世界を批判しています。

      小区を横切って歩いています。

      アパート1階のお宅ですが、手入れされた花壇が素敵ですね。
      新疆の漢民族は、口内(都会)よりも秩序があると感じられるのは、こうした生活上の細かな部分からも理解出来ます。
      町の人間は、中国の先祖からのモラルも繊細な神経も、持ち合わせていないとさえ思えるくらい杜撰で、しかも、周りがみんなそうなので、その事に気付かず世界を批判しています。

    • 「藍天・森林花苑」と言う名の小区らしいです。<br /><br />名前に相応しいかも。

      「藍天・森林花苑」と言う名の小区らしいです。

      名前に相応しいかも。

    • さて、道に出ると、小さな飯屋がポツポツ有りました。<br /><br />羊肉がだらり。

      さて、道に出ると、小さな飯屋がポツポツ有りました。

      羊肉がだらり。

    • 民族色の強いレストランに入りました。<br /><br />ここに来て、漸く本場の維吾爾料理のお出ましです。<br />丁太夫たちは良く来ているらしく、顔なじみのようでした。

      民族色の強いレストランに入りました。

      ここに来て、漸く本場の維吾爾料理のお出ましです。
      丁太夫たちは良く来ているらしく、顔なじみのようでした。

    • 個室があったので個室をオーダーしました。<br /><br />おお、何て広いんでしょ〜♪

      個室があったので個室をオーダーしました。

      おお、何て広いんでしょ〜♪

    • 従業員の小姐をパチリ!<br /><br />とても物静かで、控えめな感じの人でした。

      従業員の小姐をパチリ!

      とても物静かで、控えめな感じの人でした。

    • 簡単な料理が好きなので、またまたそれを頼んでいると、丁太夫の方からクレームが。(^&#28780;^;<br /><br />別に文句という訳じゃなく、安いものばかり選んでないで!って感じです。<br />でも、低カロリー、低脂肪、低糖で探すと、自然にそうなっちゃいますから。

      簡単な料理が好きなので、またまたそれを頼んでいると、丁太夫の方からクレームが。(^灬^;

      別に文句という訳じゃなく、安いものばかり選んでないで!って感じです。
      でも、低カロリー、低脂肪、低糖で探すと、自然にそうなっちゃいますから。

    • ふわふわ丁おじさん。

      ふわふわ丁おじさん。

    • 個室でのお食事は、周りの雑音も少なかったので、とてもホッとする時間でした。

      個室でのお食事は、周りの雑音も少なかったので、とてもホッとする時間でした。

    • 学者肌の人と、その人に寄り添った人。そして芸術家肌の人が集まれば、こう言った、静かなゆとりを感じさせられる風景が、本来あるべき姿かなと思う次第。<br /><br />中国での食事は、「今風のがさつな中国人」が1人でも混ざると、耳が痛い位賑やかになります。いや、はっきり言って煩い!!

      学者肌の人と、その人に寄り添った人。そして芸術家肌の人が集まれば、こう言った、静かなゆとりを感じさせられる風景が、本来あるべき姿かなと思う次第。

      中国での食事は、「今風のがさつな中国人」が1人でも混ざると、耳が痛い位賑やかになります。いや、はっきり言って煩い!!

    • 色々話しを聞いていると、同じ小区内に別の莎車出身者が居るそうです。<br />それは爺ぃの元上司。<br /><br />

      色々話しを聞いていると、同じ小区内に別の莎車出身者が居るそうです。
      それは爺ぃの元上司。

    • 早速、ふわふわおじさん達と一緒に出かけることにしました!<br /><br />画像は、食事をしたお店の精算カウンター。

      早速、ふわふわおじさん達と一緒に出かけることにしました!

      画像は、食事をしたお店の精算カウンター。

    • 名前はロストしましたが、元上司ご夫婦宅で世間話。

      名前はロストしましたが、元上司ご夫婦宅で世間話。

    • 可愛くて人懐っこいワンコがいました。

      可愛くて人懐っこいワンコがいました。

    • お腹がふくれて、かなり眠たそうなふわふわおじさん。

      お腹がふくれて、かなり眠たそうなふわふわおじさん。

    • 西瓜好きのワンコ。<br /><br />口の周りが赤いですね。

      西瓜好きのワンコ。

      口の周りが赤いですね。

    • 西瓜好きなので、西瓜を見つけるとこんな感じ。<br />なので、顔の周りがいつもべちょべちょなんですね〜。<br /><br />娘さんが帰ってきました。<br />すると、その娘さんまで知り合いの爺ぃ。<br /><br />この元上司は農業銀行の頭取でした。<br />で、その娘も、40才少々ですが、同じ銀行の管理職。<br />なるほどねぇ・・・とても判りやすい図式です。<br /><br />爺ぃが彼女に絵を描いて上げる約束をしていました。<br />明日、どうのこうのと言っていましたね。

      西瓜好きなので、西瓜を見つけるとこんな感じ。
      なので、顔の周りがいつもべちょべちょなんですね〜。

      娘さんが帰ってきました。
      すると、その娘さんまで知り合いの爺ぃ。

      この元上司は農業銀行の頭取でした。
      で、その娘も、40才少々ですが、同じ銀行の管理職。
      なるほどねぇ・・・とても判りやすい図式です。

      爺ぃが彼女に絵を描いて上げる約束をしていました。
      明日、どうのこうのと言っていましたね。

    • ふわ爺さんの部屋まで戻って荷物を取った後、その娘さんが車で送ってくれることになりました。<br /><br />その前に、ふくよかふわふわトリオで記念撮影です。

      ふわ爺さんの部屋まで戻って荷物を取った後、その娘さんが車で送ってくれることになりました。

      その前に、ふくよかふわふわトリオで記念撮影です。

    • 迎えに来て呉れた娘さんが運転するのは、新型アウディA6。<br /><br />大陸の銀行員、、、何だかなぁ・・・

      迎えに来て呉れた娘さんが運転するのは、新型アウディA6。

      大陸の銀行員、、、何だかなぁ・・・

    • 開発途上中の町を走るA6。<br /><br />静かで快適なのですが、道が悪すぎて、なんだか車が可哀想になってきます。

      開発途上中の町を走るA6。

      静かで快適なのですが、道が悪すぎて、なんだか車が可哀想になってきます。

    • 郊外に来ると、普通に出会える維吾爾人鬚オヤジたち。<br /><br />烏魯木齊到着後7時間経過ですが、まだまだ完全な実感は湧いてきませんね。

      郊外に来ると、普通に出会える維吾爾人鬚オヤジたち。

      烏魯木齊到着後7時間経過ですが、まだまだ完全な実感は湧いてきませんね。

    • 丁度その、農業銀行を通過しました。<br />この文字、日本語で理解すると、銀行のテロップって感じじゃないですね。(^&#28780;^;<br />「个人質押貸款等」は、「人質に関する分割払い」・・・ではなく、物件や債券などを担保にした、個人向けのローンの事です。<br />今までは、資産審査や給与水準を基準にした貸款(ローン)が主流でしたが、銀行の自由化が進むに連れ、ドンドン資本主義社会と同じになって行きました。<br />もう社会主義国家は捨てた方がよいです。いつまでもそうしているので、多方面での矛盾(恥ずかしいことが多い)が出てきているのに、それを棚に上げて、平気で「世界水準」を語ります。そんなカッコ悪いことしてないで、新中国の良さを前に出して、言論の自由も民族格差の是正も含めて、新資本主義国家として正面からスタートすればよいのになぁ。<br /><br /><br />では、今日の締めくくりとして、それなりの夕食と洒落込みたいですので、北京組と合流したら繰り出そうと思います。<br />夜は青少年出版社の友人を訊ねてきます。<br /><br />その様子は、次の旅行記でお送り致します。

      丁度その、農業銀行を通過しました。
      この文字、日本語で理解すると、銀行のテロップって感じじゃないですね。(^灬^;
      「个人質押貸款等」は、「人質に関する分割払い」・・・ではなく、物件や債券などを担保にした、個人向けのローンの事です。
      今までは、資産審査や給与水準を基準にした貸款(ローン)が主流でしたが、銀行の自由化が進むに連れ、ドンドン資本主義社会と同じになって行きました。
      もう社会主義国家は捨てた方がよいです。いつまでもそうしているので、多方面での矛盾(恥ずかしいことが多い)が出てきているのに、それを棚に上げて、平気で「世界水準」を語ります。そんなカッコ悪いことしてないで、新中国の良さを前に出して、言論の自由も民族格差の是正も含めて、新資本主義国家として正面からスタートすればよいのになぁ。


      では、今日の締めくくりとして、それなりの夕食と洒落込みたいですので、北京組と合流したら繰り出そうと思います。
      夜は青少年出版社の友人を訊ねてきます。

      その様子は、次の旅行記でお送り致します。

    この旅行記のタグ

      2いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      烏魯木斉(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集