吐魯番 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月30日。<br />烏魯木齊滞在の2日目は、葡萄の故郷吐魯番紀行を紹介。<br />其の第1部では、天山山脈からの水を有効利用する為に張り巡らせた地下水脈「坎儿井(カレーズ)」を中心に綴ってみた。<br />(道中の様子も沢山(多すぎやっちゅうの)!)<br /><br />朝はバイキングで、文明的な1日が始まった。<br />車の方も、今日は何か大きなRVが迎えに来て呉れた。<br />小さな町吐魯番だけど、美味しい葡萄でも頬張りながら、軽くゆったり見てきたいと思っていた。<br /><br />所が、、、<br />吐魯番の料金所で、突然知らない女性が便乗し、何やら挨拶をし出したのだ。<br />何と、爺ぃの知人から連絡を受け、やって来た現地ガイドと言う事だ。<br /><br />中国公安、恐るべし。。。<br /><br />・・・と言う事で、充実した吐魯番紀行となり、今回も1つではなく3部構成。。。<br /><br /> ?.吐魯番紀行!!聳える風力発電翼、命の水脈坎儿井!?<br /> ?.吐魯番紀行!!葡萄の里はかく語りき、燃える火焔山!?<br /> ?.吐魯番紀行!!古の城下、豊かな水の聖地交河古城!? <br /><br />では、壮大な風力発電施設の達坂城からお楽しみ戴きたく。

新疆放浪の旅・其の19~吐魯番紀行!!聳える風力発電翼、命の水脈坎儿井!?~

9いいね!

2006/08/19 - 2006/09/19

49位(同エリア138件中)

8月30日。
烏魯木齊滞在の2日目は、葡萄の故郷吐魯番紀行を紹介。
其の第1部では、天山山脈からの水を有効利用する為に張り巡らせた地下水脈「坎儿井(カレーズ)」を中心に綴ってみた。
(道中の様子も沢山(多すぎやっちゅうの)!)

朝はバイキングで、文明的な1日が始まった。
車の方も、今日は何か大きなRVが迎えに来て呉れた。
小さな町吐魯番だけど、美味しい葡萄でも頬張りながら、軽くゆったり見てきたいと思っていた。

所が、、、
吐魯番の料金所で、突然知らない女性が便乗し、何やら挨拶をし出したのだ。
何と、爺ぃの知人から連絡を受け、やって来た現地ガイドと言う事だ。

中国公安、恐るべし。。。

・・・と言う事で、充実した吐魯番紀行となり、今回も1つではなく3部構成。。。

 ?.吐魯番紀行!!聳える風力発電翼、命の水脈坎儿井!?
 ?.吐魯番紀行!!葡萄の里はかく語りき、燃える火焔山!?
 ?.吐魯番紀行!!古の城下、豊かな水の聖地交河古城!? 

では、壮大な風力発電施設の達坂城からお楽しみ戴きたく。

同行者
友人
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 レンタカー
航空会社
中国国際航空

PR

  • 朝起きたら、昨晩夜景撮影でセットしたままのカメラで、同じ角度の朝の風景を撮影。<br /><br />おはよう、烏魯木齊市。<br /><br />朝はロビーのカフェでバイキング。<br />ゆっくり頂きながら珈琲でも。。。

    朝起きたら、昨晩夜景撮影でセットしたままのカメラで、同じ角度の朝の風景を撮影。

    おはよう、烏魯木齊市。

    朝はロビーのカフェでバイキング。
    ゆっくり頂きながら珈琲でも。。。

  • 小食のこまの取り分。<br />大抵一回取ったらそれっきり。<br /><br />最初にフレッシュグレープフルーツジュースを飲み干した。今日取った内容は、ソーセージに牛肉とジャガイモの炒め物、もやしと椎茸の炒め物に冬瓜のとろとろ煮。<br /><br />ピリ辛で、中身が良く判らなかったスープとパン3種。<br /><br />あとで珈琲一杯&#9825;<br />・・・でも、珈琲はイマイチ(;_;<br />

    小食のこまの取り分。
    大抵一回取ったらそれっきり。

    最初にフレッシュグレープフルーツジュースを飲み干した。今日取った内容は、ソーセージに牛肉とジャガイモの炒め物、もやしと椎茸の炒め物に冬瓜のとろとろ煮。

    ピリ辛で、中身が良く判らなかったスープとパン3種。

    あとで珈琲一杯♡
    ・・・でも、珈琲はイマイチ(;_;

  • パンが豊富で嬉しい&#9825;

    パンが豊富で嬉しい♡

  • 今日迎えに来た人は、昨日とは別の人だった。<br />しかも車もパジェロになっている。。。<br /><br />公安はホント金持ちだ。<br />

    今日迎えに来た人は、昨日とは別の人だった。
    しかも車もパジェロになっている。。。

    公安はホント金持ちだ。

  • 近い郊外にある化学工場設備。<br /><br />烏魯木齊は、こう言った工場が近すぎる郊外地区に有る為、町の空が年中ガスっている。

    近い郊外にある化学工場設備。

    烏魯木齊は、こう言った工場が近すぎる郊外地区に有る為、町の空が年中ガスっている。

  • 今日の天気も、何だかパッとしないスタート。<br />厚い雲の下に太陽が埋もれている。<br />それがまるで空中に空いた穴のように見えて、心なしか不気味にも感じた。<br /><br />昔、キカイダー01で、太陽電池で動く彼がピンチの時、空が晴れる時ってこんな感じの画像だったような・・・<br /><br />「イチロー!チェンジキカイダー・・ゼロワン!!」<br /><br />これは好機の前兆かな?(^^・・・(知らない人は何の事かワカラン)

    今日の天気も、何だかパッとしないスタート。
    厚い雲の下に太陽が埋もれている。
    それがまるで空中に空いた穴のように見えて、心なしか不気味にも感じた。

    昔、キカイダー01で、太陽電池で動く彼がピンチの時、空が晴れる時ってこんな感じの画像だったような・・・

    「イチロー!チェンジキカイダー・・ゼロワン!!」

    これは好機の前兆かな?(^^・・・(知らない人は何の事かワカラン)

  • 高速の出口案内に書かれている「新疆化肥厰」とは、烏魯木齊にある大きな国営化学会社。<br />こんな大きな物を始め、点々と支店や子会社があるらしい

    高速の出口案内に書かれている「新疆化肥厰」とは、烏魯木齊にある大きな国営化学会社。
    こんな大きな物を始め、点々と支店や子会社があるらしい

  • 暫く行くと、前方に沢山の突起物を発見。<br />そう、来る時にも列車から見えていた、「達坂城草原」の風力発電用のプロペラ群だ。

    暫く行くと、前方に沢山の突起物を発見。
    そう、来る時にも列車から見えていた、「達坂城草原」の風力発電用のプロペラ群だ。

  • ここは観光ポイントになっていた。<br />サービスエリアの用になっているので、そこで車から降りて参観出来る。<br />すると、烏魯木齊方向には綺麗な青空が広がり始めていた。<br />

    ここは観光ポイントになっていた。
    サービスエリアの用になっているので、そこで車から降りて参観出来る。
    すると、烏魯木齊方向には綺麗な青空が広がり始めていた。

  • 爺ぃとクニクニとで記念撮影。<br />このプロペラは構図が取りにくいので困った。<br />挙げ句は適当、人が綺麗に写ればいいや!(^^;

    爺ぃとクニクニとで記念撮影。
    このプロペラは構図が取りにくいので困った。
    挙げ句は適当、人が綺麗に写ればいいや!(^^;

  • そこに置かれた標示プレート。<br />

    そこに置かれた標示プレート。

  • 今日、お世話になるパジェロで、この先の吐魯番へと駒を進める。<br /><br />風力発電厰参観エリアにて。<br />

    今日、お世話になるパジェロで、この先の吐魯番へと駒を進める。

    風力発電厰参観エリアにて。

  • 各駅停車クラスの列車に遭遇。<br />

    各駅停車クラスの列車に遭遇。

  • 今まで直線だった高速道の前方が大きく左にカーブしている。<br />湖を回避するルートに差し掛かった。<br />烏魯木齊は湖が豊富な事でも知られている。<br />美しい草原、大自然の宝庫の意味を持つ烏魯木齊には、「海」以外の光景は全てあると言っても過言ではない。<br />

    今まで直線だった高速道の前方が大きく左にカーブしている。
    湖を回避するルートに差し掛かった。
    烏魯木齊は湖が豊富な事でも知られている。
    美しい草原、大自然の宝庫の意味を持つ烏魯木齊には、「海」以外の光景は全てあると言っても過言ではない。

  • 前方に広がるこの広い湖は塩湖。<br />有る意味海に近いのかも・・・?<br />

    前方に広がるこの広い湖は塩湖。
    有る意味海に近いのかも・・・?

  • 振り返ると、さっきまで曇っていて見えなかった、万年雪を湛えた天山山脈が顔を覗かせていた。<br />

    振り返ると、さっきまで曇っていて見えなかった、万年雪を湛えた天山山脈が顔を覗かせていた。

  • 「塩湖」高速道の料金所を過ぎるが、吐魯番はまだ先。<br />

    「塩湖」高速道の料金所を過ぎるが、吐魯番はまだ先。

  • 大きかった塩湖の端っこを過ぎて行く。

    大きかった塩湖の端っこを過ぎて行く。

  • 雄大な道が続く高速を130kmで突っ走っていた。<br />

    雄大な道が続く高速を130kmで突っ走っていた。

  • 左手には、次第に綺麗になって行く天山が併走している。

    左手には、次第に綺麗になって行く天山が併走している。

  • 羊の放牧や駱駝や馬なども沢山見られ、近くに遮る物が無い道路なので、130kmが次第に遅く感じられてくる程だった。<br />

    羊の放牧や駱駝や馬なども沢山見られ、近くに遮る物が無い道路なので、130kmが次第に遅く感じられてくる程だった。

  • 山並みを迂回するような道に差し掛かり、車は少し減速。<br />結構簡単そうな土砂止めにヒヤヒヤ。<br />

    山並みを迂回するような道に差し掛かり、車は少し減速。
    結構簡単そうな土砂止めにヒヤヒヤ。

  • 火焔山の出来るまでの行程を見ている感じ。<br />砂が全て飛ばされて地貌部分が残れば完成?<br />火焔山へは今日行く予定。<br />

    火焔山の出来るまでの行程を見ている感じ。
    砂が全て飛ばされて地貌部分が残れば完成?
    火焔山へは今日行く予定。

  • この山肌を見ていると、火焔山もこんな感じで出来ていったのだろうか・・・<br />

    この山肌を見ていると、火焔山もこんな感じで出来ていったのだろうか・・・

  • 「吐魯番」の標示に出会った。<br />あとどの位かは書かれていない。<br />

    「吐魯番」の標示に出会った。
    あとどの位かは書かれていない。

  • 遠くに新蘭鉄道を行く貨物車を発見。

    遠くに新蘭鉄道を行く貨物車を発見。

  • 300mm望遠で寄せるがこれが限界。<br />しかも、車は相変わらず猛スピードで走るので、手元は固定不可能だ。<br />

    300mm望遠で寄せるがこれが限界。
    しかも、車は相変わらず猛スピードで走るので、手元は固定不可能だ。

  • こちら側も天気回復の様子。

    こちら側も天気回復の様子。

  • 遠くに陽炎が立つ程になってきた。<br />しかし、体感気温はこの上なく清々しい。<br />

    遠くに陽炎が立つ程になってきた。
    しかし、体感気温はこの上なく清々しい。

  • 「吐魯番26km」<br />大陸では2.6kmの様に感じる距離。<br />もうすぐだ。<br />

    「吐魯番26km」
    大陸では2.6kmの様に感じる距離。
    もうすぐだ。

  • 途中、奇瑞汽車のQQがエンコ。<br />大きなトラックが救援していた。<br />これなら後続車にはねられる事もないだろう。<br />大陸では、こんな真っ直ぐな道で車から降りていると、危険度は日本の比じゃない。<br />

    途中、奇瑞汽車のQQがエンコ。
    大きなトラックが救援していた。
    これなら後続車にはねられる事もないだろう。
    大陸では、こんな真っ直ぐな道で車から降りていると、危険度は日本の比じゃない。

  • 雲は晴れないが気持ちのいい天気。<br />雲の厚みが圧巻だった。<br />こう言う時の雲の表情は、中々そのままを納め切れないのが残念。。。(腕悪し…)

    雲は晴れないが気持ちのいい天気。
    雲の厚みが圧巻だった。
    こう言う時の雲の表情は、中々そのままを納め切れないのが残念。。。(腕悪し…)

  • 大量の葡萄乾燥庫が見えていた。<br />何故ここに集中しているのかは不明。<br />

    大量の葡萄乾燥庫が見えていた。
    何故ここに集中しているのかは不明。

  • 葡萄溝の広告。<br />国家AAAA級観光点になっていた。<br />ここは、初期の新疆開発で、温州人がテナントを預かり再開発した所。<br />その後、温州人の開発援助の手は東西南北へと広がり、今や新疆全土に温州人不動産がひしめき合っている。<br />

    葡萄溝の広告。
    国家AAAA級観光点になっていた。
    ここは、初期の新疆開発で、温州人がテナントを預かり再開発した所。
    その後、温州人の開発援助の手は東西南北へと広がり、今や新疆全土に温州人不動産がひしめき合っている。

  • 到着。・・・と言ってもまだ料金所だが。<br /><br />ここで予期せぬ事があった。<br />料金所を出た所に警官が数人居て、何やら運転手に話し掛けている。<br />「&#20320;&#21834;,几点上高架?看看過程時間那幺快就到了。應該是超速(あなたね、何時に高速に乗ったの?時間見てよ、早すぎだよ。スピード出し過ぎだよ)」<br /><br />一瞬焦った。。。けど、彼も公安やん・・?<br />と思ったら、連絡してあった警官が、あまりに早く着いたので冗談言っていただけだった。<br />(でも、当たってるけど・・・)<br /><br />しかし、出口の路肩で違反を切られている車が居たのも確かだ。レーダーが有るとの事。<br />・・・見ると、チャーター車両らしく、乗客は日本人らしかった。<br />皆さん降りて落ち着かない様子。<br /><br />同じ違反車でも、この違いは・・・(@@;<br /><br />更に、見知らぬ女性が乗り込んできた。<br />何だろうと訝しく思っていると、どうやら爺ぃの友人(自治区公安庁役員)が手を回していたようだ。<br />役員からの通達だったもので、吐魯番派出所側は慌てふためいたのだろう。思いがけないサービスまで付いてきた。(^^;<br />普段は卑下している共産党の行いに、今自分がその恩恵を被っている・・・(--;<br />この車も。。。(@@;

    到着。・・・と言ってもまだ料金所だが。

    ここで予期せぬ事があった。
    料金所を出た所に警官が数人居て、何やら運転手に話し掛けている。
    「你啊,几点上高架?看看過程時間那幺快就到了。應該是超速(あなたね、何時に高速に乗ったの?時間見てよ、早すぎだよ。スピード出し過ぎだよ)」

    一瞬焦った。。。けど、彼も公安やん・・?
    と思ったら、連絡してあった警官が、あまりに早く着いたので冗談言っていただけだった。
    (でも、当たってるけど・・・)

    しかし、出口の路肩で違反を切られている車が居たのも確かだ。レーダーが有るとの事。
    ・・・見ると、チャーター車両らしく、乗客は日本人らしかった。
    皆さん降りて落ち着かない様子。

    同じ違反車でも、この違いは・・・(@@;

    更に、見知らぬ女性が乗り込んできた。
    何だろうと訝しく思っていると、どうやら爺ぃの友人(自治区公安庁役員)が手を回していたようだ。
    役員からの通達だったもので、吐魯番派出所側は慌てふためいたのだろう。思いがけないサービスまで付いてきた。(^^;
    普段は卑下している共産党の行いに、今自分がその恩恵を被っている・・・(--;
    この車も。。。(@@;

  • 複雑な心境で色々考えていると、辺りに干し葡萄の乾燥小屋が目立ってきた。<br />吐魯番に到着したようだ。<br />

    複雑な心境で色々考えていると、辺りに干し葡萄の乾燥小屋が目立ってきた。
    吐魯番に到着したようだ。

  • 最初に訪れたのは「坎儿井研究中心(カレーズ研究センター)」<br />「坎儿井」とは、カレーズ井戸と言う、謂わば一種の地下水脈で、人工的に掘られた大規模な地下水路だった。<br />日本の方でその方面を研究している方が居られる。<br />http://www.nissaku.co.jp/geo/01/01_01.html<br /><br />「坎儿」は「カレーズ」、「井」は「井戸」の事。カレーズを「坎儿井」と訳すのは無謀。<br />外来語を示す中国語は、その後にその意味を表す代名詞が付く事が多いのだ。<br />

    最初に訪れたのは「坎儿井研究中心(カレーズ研究センター)」
    「坎儿井」とは、カレーズ井戸と言う、謂わば一種の地下水脈で、人工的に掘られた大規模な地下水路だった。
    日本の方でその方面を研究している方が居られる。
    http://www.nissaku.co.jp/geo/01/01_01.html

    「坎儿」は「カレーズ」、「井」は「井戸」の事。カレーズを「坎儿井」と訳すのは無謀。
    外来語を示す中国語は、その後にその意味を表す代名詞が付く事が多いのだ。

  • 部屋から表を見ると、催し物担当の民族衣装を纏った吐魯番の人達が見えた。<br />こう言った人達は、踊りなどの実演もあるが、他では記念撮影もあった。

    部屋から表を見ると、催し物担当の民族衣装を纏った吐魯番の人達が見えた。
    こう言った人達は、踊りなどの実演もあるが、他では記念撮影もあった。

  • カレーズの立体模型。<br />ご覧の通り、縦穴の井戸を掘って、その下を繋いで造った地下水路だ。漢の時代が発端とされ、当時の事なので全て手掘り。天山山脈からトルファン盆地にかけて、1500個以上の井戸と総計5000mもの地下水路があるそうだ。<br />現在、実際に使われているのはその5,6割だと言う。<br />

    カレーズの立体模型。
    ご覧の通り、縦穴の井戸を掘って、その下を繋いで造った地下水路だ。漢の時代が発端とされ、当時の事なので全て手掘り。天山山脈からトルファン盆地にかけて、1500個以上の井戸と総計5000mもの地下水路があるそうだ。
    現在、実際に使われているのはその5,6割だと言う。

  • カレーズには全く興味のない爺ぃ。<br />説明員に干支を尋ね、簡単に絵を描いて遊んでいた。。。(ーー;<br />右が今回突然登場のガイド小姐。<br />

    カレーズには全く興味のない爺ぃ。
    説明員に干支を尋ね、簡単に絵を描いて遊んでいた。。。(ーー;
    右が今回突然登場のガイド小姐。

  • ガイド小姐です&#9825;<br />宜しく&#9825;&#9825;

    ガイド小姐です♡
    宜しく♡♡

  • では、センターには、参観用カレーズを公開しているの公園があった。<br />「坎儿井楽園」と掘られているその石は、何と贅沢にも本物の「硅化石」!!<br />

    では、センターには、参観用カレーズを公開しているの公園があった。
    「坎儿井楽園」と掘られているその石は、何と贅沢にも本物の「硅化石」!!

  • 坎儿井までの通路は、トルファンらしく葡萄棚になっていた。

    坎儿井までの通路は、トルファンらしく葡萄棚になっていた。

  • 子の小粒のタイプがトルファン葡萄で、皮が極めて薄くて食べやすい。<br />しかも特別甘い。<br />この長細い新疆の葡萄は、皮を剥いて食べられないのが難点だが、トルファン葡萄はそのままでも違和感無しなので嬉しい。<br />

    子の小粒のタイプがトルファン葡萄で、皮が極めて薄くて食べやすい。
    しかも特別甘い。
    この長細い新疆の葡萄は、皮を剥いて食べられないのが難点だが、トルファン葡萄はそのままでも違和感無しなので嬉しい。

  • この沢山の葡萄。<br />殆どがそのまま朽ち果てる。<br />

    この沢山の葡萄。
    殆どがそのまま朽ち果てる。

  • これは特別な品種。<br />「黒寶石(黒いダイア)」と呼ばれていた。<br />

    これは特別な品種。
    「黒寶石(黒いダイア)」と呼ばれていた。

  • 坎儿井の航空写真。<br />坎儿井がある丘陵地は、街中から良く見えるのでこの後の画像でもご確認あれ。<br />

    坎儿井の航空写真。
    坎儿井がある丘陵地は、街中から良く見えるのでこの後の画像でもご確認あれ。

  • 豪華な小部屋から地下室へ。<br />参観用とは言ったが、実際使われているカレーズの一部を観光用に流用している。<br />生活用とは切り離してはいるが、中の水は飲めるのである。

    豪華な小部屋から地下室へ。
    参観用とは言ったが、実際使われているカレーズの一部を観光用に流用している。
    生活用とは切り離してはいるが、中の水は飲めるのである。

  • 地下へ行く時に天井を仰ぐと、坎儿井の縦穴井戸をイメージした天窓があった。<br />粋な設計の小部屋だった。<br />

    地下へ行く時に天井を仰ぐと、坎儿井の縦穴井戸をイメージした天窓があった。
    粋な設計の小部屋だった。

  • 坎儿井の横穴地下水路。

    坎儿井の横穴地下水路。

  • 参観が終わった帰りの道は、こうしてヶ所に分かれていた。<br />左が「女通道」、右が「男通道」だそうだ。

    参観が終わった帰りの道は、こうしてヶ所に分かれていた。
    左が「女通道」、右が「男通道」だそうだ。

  • 地下から出てくると、そこには参観用坎儿井の「上流」に辺り、天山から吐魯番盆地までの丘陵地下を通って来た清水。<br />ガイド小姐とクニクニが試飲。

    地下から出てくると、そこには参観用坎儿井の「上流」に辺り、天山から吐魯番盆地までの丘陵地下を通って来た清水。
    ガイド小姐とクニクニが試飲。

  • そこには土産物屋があった。<br />早速何やら説明し出す爺ぃ。<br /><br />民族楽器のミニチュアだった。<br />「30元」の価格に絆され、ついつい買ってしまうクニクニだった。。。(--;<br />

    そこには土産物屋があった。
    早速何やら説明し出す爺ぃ。

    民族楽器のミニチュアだった。
    「30元」の価格に絆され、ついつい買ってしまうクニクニだった。。。(--;

  • ガイド小姐が弾いて・・・みるマネだった。<br /><br />彼女、維吾爾人だそうだが、殆ど漢民族みたいだ。<br />英語はOKだが、日本語はかじっただけだそうだ。<br />「日語?当然想学!但没有学日語的好環境」<br />教える所はあったが、教えるレベルが低すぎて止めたそうだ。<br />良い日本語学校が出来たら直ぐにでも習いたいそうだ。<br />関西弁でも良い???(~~;

    ガイド小姐が弾いて・・・みるマネだった。

    彼女、維吾爾人だそうだが、殆ど漢民族みたいだ。
    英語はOKだが、日本語はかじっただけだそうだ。
    「日語?当然想学!但没有学日語的好環境」
    教える所はあったが、教えるレベルが低すぎて止めたそうだ。
    良い日本語学校が出来たら直ぐにでも習いたいそうだ。
    関西弁でも良い???(~~;

  • その店の主人のお母さんが進めるシルクのスカーフ。<br />でも、合成繊維だった。(15元、、、安すぎでバレバレ…)<br />

    その店の主人のお母さんが進めるシルクのスカーフ。
    でも、合成繊維だった。(15元、、、安すぎでバレバレ…)

  • そこには記念撮影場所もあった。<br />民族衣装の小姐4人がジュディオング顔負けで取り巻いてくれる。<br />本物の民族楽器を持って、ムカムでも演奏出来たら良いのにね。<br /><br />「ムカム」は新疆伝統大曲音楽の事で、昨年呉れに世界無形文化遺産に指定された。<br />http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t223454.htm<br />http://www.people.ne.jp/2005/11/29/jp20051129_55494.html<br />

    そこには記念撮影場所もあった。
    民族衣装の小姐4人がジュディオング顔負けで取り巻いてくれる。
    本物の民族楽器を持って、ムカムでも演奏出来たら良いのにね。

    「ムカム」は新疆伝統大曲音楽の事で、昨年呉れに世界無形文化遺産に指定された。
    http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t223454.htm
    http://www.people.ne.jp/2005/11/29/jp20051129_55494.html

  • ぶたさんの人形たち。<br />中国では、豚は12支の最後の動物で、色んな意味で重宝がられ愛好されている。<br />日本とは少し違った傾向だけど、こうしてみると結構可愛いのが多い。

    ぶたさんの人形たち。
    中国では、豚は12支の最後の動物で、色んな意味で重宝がられ愛好されている。
    日本とは少し違った傾向だけど、こうしてみると結構可愛いのが多い。

  • 坎儿井楽園の出口は、やはり葡萄棚アーチだった。<br /><br /><br />では第2部の、昼食を撮った後、VIP感覚で訪れた葡萄溝と、灼熱の大地に聳える火焔山へと続く・・・<br />

    坎儿井楽園の出口は、やはり葡萄棚アーチだった。


    では第2部の、昼食を撮った後、VIP感覚で訪れた葡萄溝と、灼熱の大地に聳える火焔山へと続く・・・

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • ajiajiroさん 2006/10/23 22:51:22
    盛り沢山ですね!
    写真はキレイだし、珍しい風景がてんこ盛りで参りました。m(_ _)m

    キカイダーは判りません。
    風車は大好きです。
    天山山脈の見える景色はいいですね。
    羊がぶれているのは残念至極。
    ガイド小姐…可愛く撮れていますね。
    ぶどう、最高に美味しそうですね。 
    ぶたさんもなかなかいい表情がでています。

    続きが楽しみです。

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2006/10/23 23:19:24
    RE: 盛り沢山ですね!
    哈哈・・(~~;;
    でも、沢山すぎて…済みません。。。(^^;

    >キカイダーは判りません。
      哈哈〜…(~~;ゞ 不認識它无所謂,没有問題!(機械だから「它」?)
    >風車は大好きです。
      ここの風車は凄いですよね!昨年よりかなり増えているそうです。
    >天山山脈の見える景色はいいですね。
      ホント、周りの広さに雄大さが加わり、
      自分なんて空気なんだって気がします。
    >羊がぶれているのは残念至極。
      そう、車止めりゃ良いのにね。
      でも、早く目的地へ行きたいので、乗ったまま望遠使ったり無謀…。
    >ガイド小姐…可愛く撮れていますね。
      中々気さくで明るい人でした。「好像不是初次見面?」って感じで。
      (オヤジ感覚?)
    >ぶどう、最高に美味しそうですね。
      旨いです。文句なし。殆ど皮なしって感じです。 
    >ぶたさんもなかなかいい表情がでています。
      これもピンボケでゴメンなさい。。。(><;(車中撮影ではないのに)

    南疆では、もっと神秘的で人智が及ばない様な場所へも行ってきました。
    これからも乞うご期待!!・・・
    (9月19日まで、あと・・・・・考えただけで目が回ってきた(@@;
    この頃、マウス持つ手の甲が痺れ、肩こり腰の痛みが増大中です〜〜(><;~)

     こま

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2006/10/24 00:07:36
    RE: 盛り沢山ですね!
    追加レスです。

    羊さんですが、他の頁では、山羊さんには接近距離で会ってきました。
    良かったらどうぞ!!

     ・http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10099407/
     (ここでは触ったりぶつかったりしてきましたヨ!)

     ・http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10099726/
     (こっちでは、プリプリのオケツも堪能(?)しましたヨ!
     「新疆的綿羊屁股大」は、現地で良く使われると聞きました。
      普通の羊と山羊は、こんなに毛が多くないそうです。)
      
     こま

    ajiajiro

    ajiajiroさんからの返信 2006/10/28 23:08:24
    RE: 盛り沢山ですね!
    >好像不是初次見面? 彼女、前にどこかで会わなかった?♪〜(=^ε^=)  
    ですか… 生きた中国語ですね、今度、早速使ってみようと思います。

    >新疆的綿羊屁股大はやはり、独特のニュアンスが含まれているのでしょうね。
    なんか、解るような、解らないような…

    とても参考になります。

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2006/10/28 23:49:15
    RE: 盛り沢山ですね!
    い・・いや、あのぅ・・・・そのぅ。。。

     こま

こまちゃんさんのトラベラーページ

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

吐魯番(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集