敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月24日。<br />24日の第1部は、敦煌到着の様子から。<br /><br />ツアーではないので、ホテルに落ち着くまでだけでも色んな事があった。<br />今回は、到着時の駅で意外な日の出が迎えてくれた事と、懐かしい敦煌の町をぶらり見て歩いた様子を見てみよう。<br /><br />24日の旅行記は3部構成になっている。(おおお…(@@;)<br /> ?.敦煌到着!!お出迎えは、意外にもあかね色の日の出!?<br /> ?.敦煌散策!!懐かしい町を闊歩、井井珈琲屋での再会!?<br /> ?.敦煌小吃!!好久不見!夜は司馬義おやじと飲み耽る!?<br />の3部。<br />

新疆放浪の旅・其の08~敦煌到着!!お出迎えは、意外にもあかね色の日の出!?~

4いいね!

2006/08/19 - 2006/09/19

194位(同エリア380件中)

    55

    8月24日。
    24日の第1部は、敦煌到着の様子から。

    ツアーではないので、ホテルに落ち着くまでだけでも色んな事があった。
    今回は、到着時の駅で意外な日の出が迎えてくれた事と、懐かしい敦煌の町をぶらり見て歩いた様子を見てみよう。

    24日の旅行記は3部構成になっている。(おおお…(@@;)
     ?.敦煌到着!!お出迎えは、意外にもあかね色の日の出!?
     ?.敦煌散策!!懐かしい町を闊歩、井井珈琲屋での再会!?
     ?.敦煌小吃!!好久不見!夜は司馬義おやじと飲み耽る!?
    の3部。

    PR

    • 朝起きると、N915次は戈壁灘の中を走っていた。<br />景色を見ると、遠くに懐かしの祁連山脈が併走して居るじゃないか!!<br />・・・と言う事は。。。<br /> <br /><br /> 「もうすぐ敦煌に着く!!」<br /> <br /> <br />

      朝起きると、N915次は戈壁灘の中を走っていた。
      景色を見ると、遠くに懐かしの祁連山脈が併走して居るじゃないか!!
      ・・・と言う事は。。。


       「もうすぐ敦煌に着く!!」


    • そう感じた瞬間、体中に電気のようなモノが走った。<br />決して昨日の雨で落雷を受けた訳ではない。。。<br /><br />これから到着する「新」敦煌駅は、今年の8月5日に本格営業を開始したばかりの、蘭州−敦煌路線の西の終点駅。しかも第二次ダイヤ変更後としては初めての到着だった。

      そう感じた瞬間、体中に電気のようなモノが走った。
      決して昨日の雨で落雷を受けた訳ではない。。。

      これから到着する「新」敦煌駅は、今年の8月5日に本格営業を開始したばかりの、蘭州−敦煌路線の西の終点駅。しかも第二次ダイヤ変更後としては初めての到着だった。

    • 大陸で空港の見える駅は、もしかしたら初めてじゃないだろうか??<br /> <br />

      大陸で空港の見える駅は、もしかしたら初めてじゃないだろうか??

    • まだ未完成だと聞いていた駅のホームに列車が滑り込んで行くと、情報通り何にもないホームだけの駅に到着した。

      まだ未完成だと聞いていた駅のホームに列車が滑り込んで行くと、情報通り何にもないホームだけの駅に到着した。

    • 今回出来た駅は、今までのような「柳園鎮」と言う余所の村にある「柳園站」ように、南北へ130kmも走る必要もなく、将に「町の駅」が出来た訳だが、何故か敦煌空港の向かいに位置する。<br />特に町周辺には駅建設に関する障害など無い筈なのに、何故こんなに離れた位置で「火車站不在城市里?」なのか判らない(15kmだが、何もない戈壁をひた走る)。<br />まあ、何はともあれ、兎に角、今まで以上に便利になった事には違いはいが・・・。<br /><br />列車員のおいちゃんとはここでお別れ。<br />また同じルートで来た時に、運良く同じ組(乗務員は交代制になっていて、何組かに別れている)に出くわせば会えるけど、確率的には難しいね。<br /><br />じゃ、バイバイ!<br />(カメラに緊張するおいちゃん)<br />

      今回出来た駅は、今までのような「柳園鎮」と言う余所の村にある「柳園站」ように、南北へ130kmも走る必要もなく、将に「町の駅」が出来た訳だが、何故か敦煌空港の向かいに位置する。
      特に町周辺には駅建設に関する障害など無い筈なのに、何故こんなに離れた位置で「火車站不在城市里?」なのか判らない(15kmだが、何もない戈壁をひた走る)。
      まあ、何はともあれ、兎に角、今まで以上に便利になった事には違いはいが・・・。

      列車員のおいちゃんとはここでお別れ。
      また同じルートで来た時に、運良く同じ組(乗務員は交代制になっていて、何組かに別れている)に出くわせば会えるけど、確率的には難しいね。

      じゃ、バイバイ!
      (カメラに緊張するおいちゃん)

    • ホームに下り立った我々は、他の乗客が改札へ急ぐのを余所に、じっくりと辺りを調べるように、または眺めるようにしながらホームを歩いていた。

      ホームに下り立った我々は、他の乗客が改札へ急ぐのを余所に、じっくりと辺りを調べるように、または眺めるようにしながらホームを歩いていた。

    • 画家爺ぃさんは、列車を見つめて何思う?

      画家爺ぃさんは、列車を見つめて何思う?

    • 駅舎が出来る位置なのだろうか、大きく背の高いクレーンが操業中だった。<br /><br />噂では中国で3つの指に入る規模の駅舎が出来るらしいが、ここにはそんなモノ決して必要だとは思わない。いや、必要な訳がないと言う事を敢えて注釈しておこう。<br />

      駅舎が出来る位置なのだろうか、大きく背の高いクレーンが操業中だった。

      噂では中国で3つの指に入る規模の駅舎が出来るらしいが、ここにはそんなモノ決して必要だとは思わない。いや、必要な訳がないと言う事を敢えて注釈しておこう。

    • 仏に仕える名のある僧侶が、三危山山頂から沙漠(鳴沙山)方向に一筋の御光を見付け、そこを「佛の聖地」として定住を決めた。<br />志を同じくする僧侶たちと共に、代々人間の教えを称え続ける為に作った莫高窟。<br />その基礎となるモノは「豊かなオアシス」だった。<br /><br />その「水」のおかげで、戈壁灘の真ん中に小さいながらも町が栄え、本来なら仏の教えが栄える筈の町が、俗人も交えて賑わうようになった。<br /><br />画像は敦煌駅仮駅舎(プレハブの候車室)<br />

      仏に仕える名のある僧侶が、三危山山頂から沙漠(鳴沙山)方向に一筋の御光を見付け、そこを「佛の聖地」として定住を決めた。
      志を同じくする僧侶たちと共に、代々人間の教えを称え続ける為に作った莫高窟。
      その基礎となるモノは「豊かなオアシス」だった。

      その「水」のおかげで、戈壁灘の真ん中に小さいながらも町が栄え、本来なら仏の教えが栄える筈の町が、俗人も交えて賑わうようになった。

      画像は敦煌駅仮駅舎(プレハブの候車室)

    • 西へ向かう商人や使者、僧侶達が、厳しい決断をするのも沙州(現敦煌)、そちらから戻ってきた彼らが、安堵に心を解き放つのも沙州だった。<br />しかし、町の繁栄は人の心に良からぬ事を生み育てるもの。何れ人々は佛を尊重する事より、自分の利益のみを追求するようになった。<br /> <br />真実の人の町「沙州」は、時の流れと共にタダの町になってしまったのだった。<br /><br />画像は改札へのコンコース(?(^^;)

      西へ向かう商人や使者、僧侶達が、厳しい決断をするのも沙州(現敦煌)、そちらから戻ってきた彼らが、安堵に心を解き放つのも沙州だった。
      しかし、町の繁栄は人の心に良からぬ事を生み育てるもの。何れ人々は佛を尊重する事より、自分の利益のみを追求するようになった。

      真実の人の町「沙州」は、時の流れと共にタダの町になってしまったのだった。

      画像は改札へのコンコース(?(^^;)

    • 気が付くとホームから人が少なくなったので、そろそろ我々も出ようと言う事で改札へ向かった。<br /> <br />駅舎の代わりに有ったプレハブの仮設「候車室」や、仮設トイレなどを横目に見ながら出てくると、まだ砂利の儘の駅前広場には、バスやタクシーが無造作に入り乱れていた。<br />

      気が付くとホームから人が少なくなったので、そろそろ我々も出ようと言う事で改札へ向かった。

      駅舎の代わりに有ったプレハブの仮設「候車室」や、仮設トイレなどを横目に見ながら出てくると、まだ砂利の儘の駅前広場には、バスやタクシーが無造作に入り乱れていた。

    • 西の空が赤く染まってきたので、ふとそちらを見ると、何と!!さっきまで雲に覆われて、隠れていた筈の朝日が顔を出して居るでは無いか!?<br /><br />

      西の空が赤く染まってきたので、ふとそちらを見ると、何と!!さっきまで雲に覆われて、隠れていた筈の朝日が顔を出して居るでは無いか!?

    • おお、何と綺麗な・・・<br /><br />空に雲が覆っていたので、ホームからは見えなかったが、辺りがあかね色になっているのは判っていた。<br />どうせ雲で見えないのだろうと思っていたが、出てきて駅前広場から眺めると、雲が切れて大きくて真っ赤な朝日が顔を出していたのだ。

      おお、何と綺麗な・・・

      空に雲が覆っていたので、ホームからは見えなかったが、辺りがあかね色になっているのは判っていた。
      どうせ雲で見えないのだろうと思っていたが、出てきて駅前広場から眺めると、雲が切れて大きくて真っ赤な朝日が顔を出していたのだ。

    • 赤く燃えたぎるような、まるで夕日の様な輝きは、1分も続かなかった。<br /><br />登る高さの関係で、丁度雲から除いた瞬間が、赤く見える最後の高さだったのだろう。<br /><br />兎に角ラッキー瞬間に雲が切れてくれたようだ。<br />予想外な御仁によるお出迎えに満悦だった&#9825;

      赤く燃えたぎるような、まるで夕日の様な輝きは、1分も続かなかった。

      登る高さの関係で、丁度雲から除いた瞬間が、赤く見える最後の高さだったのだろう。

      兎に角ラッキー瞬間に雲が切れてくれたようだ。
      予想外な御仁によるお出迎えに満悦だった♡

    • 列車で来ると、飛行機では味わえない事が沢山ある。<br />この朝日で言えば、飛行機の敦煌到着便は、全便午後便なので、朝日がお出迎えというタイミングは列車でしか味わえない!(午後と言っても殆どが夜だ)<br /><br />ただ、時刻改訂でなければ、一時間後の到着だったので、このショーは見られなかった。来る時期でも若干変化するだろうけど、7時過ぎ到着なので、見られる確率は結構高い。ただ、今後の時刻変更がなければの話しだが・・・<br /><br />さあ、景色に見とれている場合ではない。<br />個人旅行者は、直ぐに現実に立ち向かわなければならなかった。

      列車で来ると、飛行機では味わえない事が沢山ある。
      この朝日で言えば、飛行機の敦煌到着便は、全便午後便なので、朝日がお出迎えというタイミングは列車でしか味わえない!(午後と言っても殆どが夜だ)

      ただ、時刻改訂でなければ、一時間後の到着だったので、このショーは見られなかった。来る時期でも若干変化するだろうけど、7時過ぎ到着なので、見られる確率は結構高い。ただ、今後の時刻変更がなければの話しだが・・・

      さあ、景色に見とれている場合ではない。
      個人旅行者は、直ぐに現実に立ち向かわなければならなかった。

    • 爺ぃの奮闘が始まった。普段なら、この辺りまでは20元の距離。しかし何故か30元から落ちないのだ。<br /><br />そこに見覚えのある司机を発見したが、彼は我々を知らなかった。ただ、「全く知らない」訳でもない気がする・・と言う。<br />昨年130日間敦煌に居て、メイン通りで夜店を出していた我々は、かなりの人から知られていた。なので「見た事がある」と言う感覚の人も少なくはない。<br />

      爺ぃの奮闘が始まった。普段なら、この辺りまでは20元の距離。しかし何故か30元から落ちないのだ。

      そこに見覚えのある司机を発見したが、彼は我々を知らなかった。ただ、「全く知らない」訳でもない気がする・・と言う。
      昨年130日間敦煌に居て、メイン通りで夜店を出していた我々は、かなりの人から知られていた。なので「見た事がある」と言う感覚の人も少なくはない。

    • そのおかげ(?)で、20元で交渉成立。その司机に連れられて、背に朝日を浴びながら、今日のお宿「廣源大酒店」へと向かった。

      そのおかげ(?)で、20元で交渉成立。その司机に連れられて、背に朝日を浴びながら、今日のお宿「廣源大酒店」へと向かった。

    • 敦煌の空には、やはり見付けた「飛天雲」。<br />敦煌ならではの、美人な天女達もお出迎えだ。

      敦煌の空には、やはり見付けた「飛天雲」。
      敦煌ならではの、美人な天女達もお出迎えだ。

    • 敦煌や西北の砂漠地帯では、立地条件の違いから、空がとても面白い。<br /><br />敦煌の雲は、昨年の旅行記で取り上げた程だ。<br />?:http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10039059/敦煌、夏の空に集う雲たち・其の1<br />?:http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10039069/敦煌、夏の空に集う雲たち・其の2

      敦煌や西北の砂漠地帯では、立地条件の違いから、空がとても面白い。

      敦煌の雲は、昨年の旅行記で取り上げた程だ。
      ?:http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10039059/敦煌、夏の空に集う雲たち・其の1
      ?:http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10039069/敦煌、夏の空に集う雲たち・其の2

    • 走り始めて直ぐに見たモノは『火車站収費処』だった。(勝手に名付けた)<br />そう、30元取る理由は、この「料金所」のせいだったのだ。<br />天津から来た馬鹿な田舎モン市長は、こんな所で現地人から収入を得ようとまで考えたのだろうか・・・<br /><br />何故なら、空で通過するタクシーやマイカーの場合も多い訳だし、その場合は「市民からの徴収」になる。<br />簡単な道路、そんなにがつがつする必要は無い。<br />省に交渉し、莫高窟と鳴沙山の収益から回して貰えば良いのでは?<br />(今年の莫高窟最高動員者数は7000人/日)<br />

      走り始めて直ぐに見たモノは『火車站収費処』だった。(勝手に名付けた)
      そう、30元取る理由は、この「料金所」のせいだったのだ。
      天津から来た馬鹿な田舎モン市長は、こんな所で現地人から収入を得ようとまで考えたのだろうか・・・

      何故なら、空で通過するタクシーやマイカーの場合も多い訳だし、その場合は「市民からの徴収」になる。
      簡単な道路、そんなにがつがつする必要は無い。
      省に交渉し、莫高窟と鳴沙山の収益から回して貰えば良いのでは?
      (今年の莫高窟最高動員者数は7000人/日)

    1件目~20件目を表示(全55件中)

    この旅行記のタグ

      4いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 201円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      敦煌(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集