桂林 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
桂林の大きな自然動物園でレストランと店を経営している老板からの、ウチで店の手伝いをしてもらいたいと言うお誘いがあり、まずはその人の招待で視察に出かけました。<br /><br />桂林へは過去に一回と飛行機避難の合計2回(?)訪れていますが、実際に行ったのはもう10年も前のこと。。。<br />果たしてどのように変わっている事でしょうか・・・<br /><br />其の1は、広州から桂林への移動時の様子のみです。

広西桂林出張・其の01~広州から桂林へ~

3いいね!

2006/07/02 - 2006/07/10

436位(同エリア751件中)

桂林の大きな自然動物園でレストランと店を経営している老板からの、ウチで店の手伝いをしてもらいたいと言うお誘いがあり、まずはその人の招待で視察に出かけました。

桂林へは過去に一回と飛行機避難の合計2回(?)訪れていますが、実際に行ったのはもう10年も前のこと。。。
果たしてどのように変わっている事でしょうか・・・

其の1は、広州から桂林への移動時の様子のみです。

PR

  • 7月2日、日曜日。<br />番禺市橋の汽車総站から直通バスで広州火車站に向かいます。

    7月2日、日曜日。
    番禺市橋の汽車総站から直通バスで広州火車站に向かいます。

  • その切符売り場。<br />結構綺麗で近代的・・・・・

    その切符売り場。
    結構綺麗で近代的・・・・・

  • ・・でもなさそうですね。(~~;<br /><br />空調は大型扇風機でした。

    ・・でもなさそうですね。(~~;

    空調は大型扇風機でした。

  • バスが出発すると、郊外の幹線道路で広州市へ向かいます。<br />この道路沿いには、超豪華なマンションや別荘(中国で「別荘」と呼ぶのは、日本で言う所の「一戸建て」)が立ち並びます。<br /><br />こちらは別荘の玄関。

    バスが出発すると、郊外の幹線道路で広州市へ向かいます。
    この道路沿いには、超豪華なマンションや別荘(中国で「別荘」と呼ぶのは、日本で言う所の「一戸建て」)が立ち並びます。

    こちらは別荘の玄関。

  • こちらは高級マンション。

    こちらは高級マンション。

  • 珠江の橋を通過中。

    珠江の橋を通過中。

  • 橋を越え、番禺側を振り返ると、交易会の新会場がある。

    橋を越え、番禺側を振り返ると、交易会の新会場がある。

  • 広州市内に入る。<br />今日は、天気予報とはウラハラに、久しぶりに見る良い天気。

    広州市内に入る。
    今日は、天気予報とはウラハラに、久しぶりに見る良い天気。

  • 広州電視台。<br /><br />1993年6月、初めて広州へ来た時は広州市での仕事だったので、この辺りにも良く来ました。<br />今見ると懐かしさを感じます。

    広州電視台。

    1993年6月、初めて広州へ来た時は広州市での仕事だったので、この辺りにも良く来ました。
    今見ると懐かしさを感じます。

  • そのテレビ塔。

    そのテレビ塔。

  • 広州駅到着。。。<br />噂に聞く「汚い広州駅」が目の前に迫ってきます。<br />普段は、新しくなった広州東駅を利用するので、ここへ来るのは3年ぶり。<br />少しは改善されているでしょう・・・

    広州駅到着。。。
    噂に聞く「汚い広州駅」が目の前に迫ってきます。
    普段は、新しくなった広州東駅を利用するので、ここへ来るのは3年ぶり。
    少しは改善されているでしょう・・・

  • バスが正面を通過。<br />流花汽車站へは、一旦広州駅前を通過してから、駅前の一角をくるっと廻って入らなければなりません

    バスが正面を通過。
    流花汽車站へは、一旦広州駅前を通過してから、駅前の一角をくるっと廻って入らなければなりません

  • くるっと廻って・・・<br /><br />丁度、大陸名物「腹だしルック」が写っていました。

    くるっと廻って・・・

    丁度、大陸名物「腹だしルック」が写っていました。

  • 駅に入りましたが、、、<br /><br />改善の気配もありませんでした。(ーー;

    駅に入りましたが、、、

    改善の気配もありませんでした。(ーー;

  • 爺ぃが腰掛けている周囲をご覧下さい。<br />綺麗に飾り付けられたゴミ、ゴミ、ゴミ・・・<br /><br />この駅から出る列車は、地方行きの便が多いのでこんな感じになるんでしょうね。<br />しかし、人間の感性と言うか公衆道徳に関する概念の違いには、これだけ来ていても理解できません。<br /><br />家を一歩出た時点から、もうそこは「ゴミ箱」・・・<br />家さえ綺麗であれば、国が汚くても我関せず。

    爺ぃが腰掛けている周囲をご覧下さい。
    綺麗に飾り付けられたゴミ、ゴミ、ゴミ・・・

    この駅から出る列車は、地方行きの便が多いのでこんな感じになるんでしょうね。
    しかし、人間の感性と言うか公衆道徳に関する概念の違いには、これだけ来ていても理解できません。

    家を一歩出た時点から、もうそこは「ゴミ箱」・・・
    家さえ綺麗であれば、国が汚くても我関せず。

  • T38次列車で桂林へ。<br />検札が遅いと思ったら、広州始発の列車じゃなかったんですね。<br /><br />この列車、箱と箱のドアが自動ドアでした。<br />車内も清潔で綺麗にしてあります。<br />桂林の人たちも、この列車が一番綺麗と言っていました。

    T38次列車で桂林へ。
    検札が遅いと思ったら、広州始発の列車じゃなかったんですね。

    この列車、箱と箱のドアが自動ドアでした。
    車内も清潔で綺麗にしてあります。
    桂林の人たちも、この列車が一番綺麗と言っていました。

  • 一晩眠り、目覚めると景色が違っていました。<br /><br />遠くに見える小山の数々は、<br /><br />

    一晩眠り、目覚めると景色が違っていました。

    遠くに見える小山の数々は、

  • 桂林に来たって実感がしますね!

    桂林に来たって実感がしますね!

  • 水墨画の山水の代表的なアングルが、実物のものとして目の前にあります。

    水墨画の山水の代表的なアングルが、実物のものとして目の前にあります。

  • 桂林到着。<br /><br />駅は昔ながらの駅でしたが、既に新ホームが出来ており、もう直ぐ生まれ変わるようです。<br />

    桂林到着。

    駅は昔ながらの駅でしたが、既に新ホームが出来ており、もう直ぐ生まれ変わるようです。

  • 招待者の「趙総経理」に、到着報告の電話中。<br /><br />総経理付きの方を、一般的には中国では、名前に続けて「○総」と呼びます。

    招待者の「趙総経理」に、到着報告の電話中。

    総経理付きの方を、一般的には中国では、名前に続けて「○総」と呼びます。

  • 桂林站旧ホーム。<br />左手向こうに見えるのが新ホーム。<br />なんか、自然のイメージがある桂林には似つかないデザインにがっくり・・・(--;

    桂林站旧ホーム。
    左手向こうに見えるのが新ホーム。
    なんか、自然のイメージがある桂林には似つかないデザインにがっくり・・・(--;

  • 正面の駅広場にて。

    正面の駅広場にて。

  • タクシーでホテルへ向かう時、後部座席で振り返って撮影。

    タクシーでホテルへ向かう時、後部座席で振り返って撮影。

  • ここは、趙総(ツァオゾン)が手配してくれた、糧貿大厦にある「糧貿大酒店」。<br />国内級2星。<br />ネットは未配備で電話で繋ぐ方法しか取れません。<br />方法は、「0,16366」でアクセスして、IDとパスワードは「GUEST」。<br />一時間4.5元也。<br /><br />今回の宿泊料は判りません。<br />レセプションには「380元」と書かれていましたが、タクシーで確認したら80元前後で泊まれるそうです。

    ここは、趙総(ツァオゾン)が手配してくれた、糧貿大厦にある「糧貿大酒店」。
    国内級2星。
    ネットは未配備で電話で繋ぐ方法しか取れません。
    方法は、「0,16366」でアクセスして、IDとパスワードは「GUEST」。
    一時間4.5元也。

    今回の宿泊料は判りません。
    レセプションには「380元」と書かれていましたが、タクシーで確認したら80元前後で泊まれるそうです。

  • ホテルの洗面所。<br />こじんまりしているけど纏まっている感じ。<br /><br />内装も、指定級でないにしては中々。

    ホテルの洗面所。
    こじんまりしているけど纏まっている感じ。

    内装も、指定級でないにしては中々。

  • シャワー室は、間仕切りでも何もなしでもなく、簡易個室でした。<br />狭くて使い難かったけど、大きなシャワーの頭で、水が多面積から出てくれて爽快だった。<br /><br />星付きホテルでも、この「頭」がイマイチな所が多い中国。辺りが水浸しにならないし、これはありがたい設備でした。(^^)v

    シャワー室は、間仕切りでも何もなしでもなく、簡易個室でした。
    狭くて使い難かったけど、大きなシャワーの頭で、水が多面積から出てくれて爽快だった。

    星付きホテルでも、この「頭」がイマイチな所が多い中国。辺りが水浸しにならないし、これはありがたい設備でした。(^^)v

  • 室内は結構広めでゆったりでした。<br />ベッドが大きいのには感動。<br />低級ホテルでは、1mか1.2mのベッドが多く、余りゆったり出来ませんから。<br /><br />何よりもロケーションが最高で、象鼻山へは正面方向へ歩いて10分。<br />夜の歩行者天国へは、写真の右方向へ歩いて5分。<br />新開発の&#20004;江四湖の水上観光へは、象鼻山方向へ歩いて5分で港へ到着です。<br /><br />住所:中山中路1号<br />電話:0773-2824306<br />FAX:0773-2824306

    室内は結構広めでゆったりでした。
    ベッドが大きいのには感動。
    低級ホテルでは、1mか1.2mのベッドが多く、余りゆったり出来ませんから。

    何よりもロケーションが最高で、象鼻山へは正面方向へ歩いて10分。
    夜の歩行者天国へは、写真の右方向へ歩いて5分。
    新開発の两江四湖の水上観光へは、象鼻山方向へ歩いて5分で港へ到着です。

    住所:中山中路1号
    電話:0773-2824306
    FAX:0773-2824306

  • ホテル前の中山中路。<br /><br />正面を出て右側を撮影。(真直ぐ向かうと桂林駅)<br />そこには橋が架かっていて、橋から下を覗くと、、、

    ホテル前の中山中路。

    正面を出て右側を撮影。(真直ぐ向かうと桂林駅)
    そこには橋が架かっていて、橋から下を覗くと、、、

  • 河川公園付きののどかな光景。

    河川公園付きののどかな光景。

  • 中山中路1号の交差点には、糧貿大厦の所にだけ、画像のような、かわいいお魚のモニュメントが有りました。<br />何の謂れか判りませんが、あちらこちらにお魚モニュメントを見かけたので、川との生活が密接している事が理由なのでしょうね。<br />

    中山中路1号の交差点には、糧貿大厦の所にだけ、画像のような、かわいいお魚のモニュメントが有りました。
    何の謂れか判りませんが、あちらこちらにお魚モニュメントを見かけたので、川との生活が密接している事が理由なのでしょうね。

  • アップ。<br /><br />平べったくデフォルメされているので、実際の名前すら判別できませんが、センスも中々じゃないかと思います。<br /><br />まん丸お目目がなんとも言えませんでした。<br /><br />背中は、朝夕子供たちが座って遊んでいるので、テカテカになっていました。

    アップ。

    平べったくデフォルメされているので、実際の名前すら判別できませんが、センスも中々じゃないかと思います。

    まん丸お目目がなんとも言えませんでした。

    背中は、朝夕子供たちが座って遊んでいるので、テカテカになっていました。

  • 交差点からホコテン方向を見る。<br />こじんまりと纏まった町ですね。<br /><br />以前来たときは、土ぼこりの混じった古い町並みでしたが、40億元投資して「全市改装」を行ったそうです。<br />(40億元=580億円!ODA貰ってるけど、中国って本当はお金持ちなんですよ〜!(^^)

    交差点からホコテン方向を見る。
    こじんまりと纏まった町ですね。

    以前来たときは、土ぼこりの混じった古い町並みでしたが、40億元投資して「全市改装」を行ったそうです。
    (40億元=580億円!ODA貰ってるけど、中国って本当はお金持ちなんですよ〜!(^^)

  • このような2階建てのオープンのバスが沢山走ってます。<br />これ、香港と同じく路線バスです。<br /><br />次回、機会があれば乗って町をぐるぐる廻ってみたいですね。<br /><br />この旅行記シリーズの其の2では、今回の招待者の趙総が入り込んでいる「雄森熊虎山庄」と言う動物公園へ出かけてきます。<br />ちょっと頁が多いですが、かわいい動物も出てくるので、懲りずに飽きずに見てね。

    このような2階建てのオープンのバスが沢山走ってます。
    これ、香港と同じく路線バスです。

    次回、機会があれば乗って町をぐるぐる廻ってみたいですね。

    この旅行記シリーズの其の2では、今回の招待者の趙総が入り込んでいる「雄森熊虎山庄」と言う動物公園へ出かけてきます。
    ちょっと頁が多いですが、かわいい動物も出てくるので、懲りずに飽きずに見てね。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • enyasuさん 2006/07/22 10:31:04
    其の一
    広州駅、ゴミで散らかってますね。
    こまちゃんさんがおっしゃるとおり、こちらの人は自分の部屋さえきれいであれば、外はゴミ箱のように思っている人が多いですね。最近は延吉市内にもゴミ箱が増えていますが、それでも道行く人はポイポイと捨てていきます。

    朝鮮族の人に言わせると漢族がとても汚いと言います。我がアパートでも2ヶ月前に漢族の人が住み始めてから(私5階、漢族4階)、それはもう廊下が汚くなりました。それまでアパート住民は外にごみを持っていくようにしていたのですが漢族の人は・・・

    私の初広州は92年。白天鵞ホテルに勤めていた同僚が広州はいいところだといつも言っていたので訪問したのでした。あの時ホワイトスワン、中国大酒店は高級ホテルでしたが、今もいいホテルなんでしょうか?

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2006/07/22 13:35:29
    RE: 其の一
    広州も中国、漢族の生活習慣全体は似たり寄ったりでしょうけど、広州人は、そこ以外の漢族より「素質高」です。取り敢えず、ゴミは一階にある回収用ゴミ箱に入れています。この「汚す連中」は、広州から見て「外地人」のようで、ウチのアパートでも、7割が外地人になってしまい、残っている広州人が「環境が悪くなった」とぼやいています。彼らも追々出て行くかも知れません・・・
    この悪い習慣は、田舎だから都会だからと言うものはなく、家庭環境(道徳観教育)によるモノが大きいと思います。上海で見ましたが、子供が高齢者に席を譲ると、親が「なんで他人に譲るのよ!この子はっ!」と咎めるんですよ。。。世も末だと感じました。
    でも広州の道徳観はかなり高く(中国においてですが)、高齢者尊重は基本中の基本で、道徳観念の進歩は日進月歩と感じています。(他の地区との差が広がるばかり)
    あと、厦門なども高め。上海が中国一悪いでしょうね(生活環境の恵まれ方を相対的に考えると)。

    ホワイトスワン、中国大酒店、今も良いホテルですね。
    ただ、広州の高級ホテル、北京よりもこぢんまりしている気はします。
    半年程前、金成日氏が突然ホワイトスワンに現れ、その為に宿泊客が全て余所のホテルへ回送されて大変でした。

      こま

こまちゃんさんのトラベラーページ

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

桂林(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集