香港 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2日目の旅行記は2部作です。香港島へ渡った時の自動車事故目撃篇と、夜のビクトリアピーク篇に分かれています。<br /><br />2日目。<br />昨夜、朝8時に目覚ましをセット。<br />しかし、爺ぃの夜中の咳と、アラブ人客の電話の声で寝付かれず、爺ぃ自身も本人の咳で寝付けずに、2人とも朝方やっと寝入ったらしく、気付いたら既に昼でした。(~~;ゞ<br />仕方が無いので、とりあえずゆっくりして、メインを香港島の山頂(ビクトリアピーク)だけ行って来る事に変更しました。<br /><br />まずは朝食(昼食)。<br />その後ビザの受け取り、それから地下鉄で中環(セントラル)地区へ。<br />山頂へは時間が早すぎるので、街中をバスでうろうろ・・と考えて、中環の総合バスターミナルへ向かいました。<br />その途中に我々が見たものは・・・!?

爺ぃ、3回目の香港紀行・其の2(1)~香港島中環で見た接触事故~

1いいね!

2006/06/15 - 2006/06/17

11761位(同エリア14044件中)

    42

    2日目の旅行記は2部作です。香港島へ渡った時の自動車事故目撃篇と、夜のビクトリアピーク篇に分かれています。

    2日目。
    昨夜、朝8時に目覚ましをセット。
    しかし、爺ぃの夜中の咳と、アラブ人客の電話の声で寝付かれず、爺ぃ自身も本人の咳で寝付けずに、2人とも朝方やっと寝入ったらしく、気付いたら既に昼でした。(~~;ゞ
    仕方が無いので、とりあえずゆっくりして、メインを香港島の山頂(ビクトリアピーク)だけ行って来る事に変更しました。

    まずは朝食(昼食)。
    その後ビザの受け取り、それから地下鉄で中環(セントラル)地区へ。
    山頂へは時間が早すぎるので、街中をバスでうろうろ・・と考えて、中環の総合バスターミナルへ向かいました。
    その途中に我々が見たものは・・・!?

    PR

    • 2日目。<br />昼食で外出時に、またこの景色を撮影する。<br />昨日、PCで確認したらピンアマだったので、しっかり握ってゆっくり撮影。<br /><br />・・・でも、やっぱりピントが合いません。<br />シャッタースピードは速いから手ブレじゃない。<br />オートフォーカスが、この囲まれた白と、真ん中の光った赤が苦手なのかな?

      2日目。
      昼食で外出時に、またこの景色を撮影する。
      昨日、PCで確認したらピンアマだったので、しっかり握ってゆっくり撮影。

      ・・・でも、やっぱりピントが合いません。
      シャッタースピードは速いから手ブレじゃない。
      オートフォーカスが、この囲まれた白と、真ん中の光った赤が苦手なのかな?

    • アラブ人の運転する車。<br />一昔の日本で流行った、ダッシュボードのボアマット。<br />

      アラブ人の運転する車。
      一昔の日本で流行った、ダッシュボードのボアマット。

    • 新しく建設中のビル。<br />海からも見えます。

      新しく建設中のビル。
      海からも見えます。

    • いつもの美心快餐へ向かうべく、ショートカットで。<br />まずは、加拿芬道から堪富利士道へ抜ける。

      いつもの美心快餐へ向かうべく、ショートカットで。
      まずは、加拿芬道から堪富利士道へ抜ける。

    • こんなわき道にまでショーウインドが入り込んでいます。

      こんなわき道にまでショーウインドが入り込んでいます。

    • 堪富利士道(Humphrey\\\&#x27;s AV)。<br />そそられる食堂街。<br /><br />

      堪富利士道(Humphrey\\\'s AV)。
      そそられる食堂街。

    • 彌敦道の方向に目を向けると、ここにも地下鉄の出入り口があります。

      彌敦道の方向に目を向けると、ここにも地下鉄の出入り口があります。

    • 堪富利士道から金馬倫道へ。

      堪富利士道から金馬倫道へ。

    • 金馬倫道に入ると、いつもの美心快餐があります。<br />2階ですが、先に見えている脇道(金馬倫里)を左折、ビルの玄関から2階へ上がります。<br />この金馬倫道沿いには出入り口はありません。<br />吉野家なら、金馬倫道から入れます。

      金馬倫道に入ると、いつもの美心快餐があります。
      2階ですが、先に見えている脇道(金馬倫里)を左折、ビルの玄関から2階へ上がります。
      この金馬倫道沿いには出入り口はありません。
      吉野家なら、金馬倫道から入れます。

    • 爺ぃが選んだ昼食セット。<br />ハヤシライスに玉子がのっかっているご飯に、大きなウインナー付き。<br />29HK$でした。<br />ドリンクは、珈琲/中国茶/気水から選択。<br />ホットドリンクをアイスに変更する場合は、それぞれ4HK$加算が必要。<br />

      爺ぃが選んだ昼食セット。
      ハヤシライスに玉子がのっかっているご飯に、大きなウインナー付き。
      29HK$でした。
      ドリンクは、珈琲/中国茶/気水から選択。
      ホットドリンクをアイスに変更する場合は、それぞれ4HK$加算が必要。

    • こまは香港では湯飯と書くのですが、雑炊セットを戴きました。<br />27HK$。この店では5%のサービスチャージを取られます。<br /><br />この日を、こまの胃腸不調回復後の「珈琲解禁日」としました。<br />なので、セットメニューには珈琲をチョイス。<br />これがまた旨いの何のって・・・(;_;

      こまは香港では湯飯と書くのですが、雑炊セットを戴きました。
      27HK$。この店では5%のサービスチャージを取られます。

      この日を、こまの胃腸不調回復後の「珈琲解禁日」としました。
      なので、セットメニューには珈琲をチョイス。
      これがまた旨いの何のって・・・(;_;

    • メニュー。<br />画像付きなので判りやすい。<br />朝、昼、夕と、メニューを差し替えるので、引っ掛け式のボードが大活躍。<br /><br />この店以外では「大快活」もお勧めです。<br />こちらがグリーン基調のお店なら、大快活はオレンジ基調系のお店です。<br />

      メニュー。
      画像付きなので判りやすい。
      朝、昼、夕と、メニューを差し替えるので、引っ掛け式のボードが大活躍。

      この店以外では「大快活」もお勧めです。
      こちらがグリーン基調のお店なら、大快活はオレンジ基調系のお店です。

    • 爺ぃは、太いものをサクサクに切り裂いていました。。。<br />痛そう。(^o☆)\バキッ(何でやねん!)<br /><br />答えは明日の食事で判ります。<br />判りたないわい!(`_´#

      爺ぃは、太いものをサクサクに切り裂いていました。。。
      痛そう。(^o☆)\バキッ(何でやねん!)

      答えは明日の食事で判ります。
      判りたないわい!(`_´#

    • 金馬倫里を更に先に進むと、大きな楽器屋「通利琴行」があります。ここではドラムが叩けるみたいで、中で数人でバンバンヒートしているのが見えました。<br />いつか試打させて貰いましょう。<br />(こまは学生時代、音楽小僧でドラマーさんでした)

      金馬倫里を更に先に進むと、大きな楽器屋「通利琴行」があります。ここではドラムが叩けるみたいで、中で数人でバンバンヒートしているのが見えました。
      いつか試打させて貰いましょう。
      (こまは学生時代、音楽小僧でドラマーさんでした)

    • 楽器屋の画像手前の裏路地を進むと、加連威老道に出ます。<br />そのまままっすぐ漆咸道南まで抜けて、昨日と同じく歩道橋の上です。<br />香港は、道一つ取り上げても被写体になるので、一眼レフが恋しくなってきました・・・(;_;<br /><br />間に合わせのカメラでは、同じ被写体でも限界だらけで厳しい〜〜っ!(>o<;

      楽器屋の画像手前の裏路地を進むと、加連威老道に出ます。
      そのまままっすぐ漆咸道南まで抜けて、昨日と同じく歩道橋の上です。
      香港は、道一つ取り上げても被写体になるので、一眼レフが恋しくなってきました・・・(;_;

      間に合わせのカメラでは、同じ被写体でも限界だらけで厳しい〜〜っ!(>o<;

    • 今日もまたまた、新文華中心までの道案内ですね。<br /><br />向こうの方の空が晴れていましたので、そのポイント重視で露光設定。<br />香港の夏では、こんな感じで暗いところは雨降りって事も有るんですよね。<br />

      今日もまたまた、新文華中心までの道案内ですね。

      向こうの方の空が晴れていましたので、そのポイント重視で露光設定。
      香港の夏では、こんな感じで暗いところは雨降りって事も有るんですよね。

    • 漆咸道。<br />ここは、西側(画像左側)が全て公園になっていて、散歩道には持って来いです。<br />逆側は、今回の訪問でいつも、ウネウネ道をウロウロしている街中が有る区域です。

      漆咸道。
      ここは、西側(画像左側)が全て公園になっていて、散歩道には持って来いです。
      逆側は、今回の訪問でいつも、ウネウネ道をウロウロしている街中が有る区域です。

    • 写っている奥からやってきました。<br />先ほどの画像は、この歩道橋の上から撮ったものです。

      写っている奥からやってきました。
      先ほどの画像は、この歩道橋の上から撮ったものです。

    • 新文華中心の中は省略です。<br /><br />出てきたら、爺ぃが「那老外的胡子好玩!」と叫ぶので、咄嗟に撮影したら入っていました。<br />何にでも興味津々、お子ちゃまみたいな爺ぃですが、今日は一寸元気が戻ったのかな?

      新文華中心の中は省略です。

      出てきたら、爺ぃが「那老外的胡子好玩!」と叫ぶので、咄嗟に撮影したら入っていました。
      何にでも興味津々、お子ちゃまみたいな爺ぃですが、今日は一寸元気が戻ったのかな?

    • 新文華中心前広場の樹木。<br />ダンシングフラワーみたいにぐにゃぐにゃ。

      新文華中心前広場の樹木。
      ダンシングフラワーみたいにぐにゃぐにゃ。

    1件目~20件目を表示(全42件中)

    この旅行記のタグ

      1いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      香港(香港) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集