北アイルランド 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ドネゴールの次には,コーズウェイコーストを目指す。ここでも安全運転を忘れて,飛ばし,大体2時間半位で着いた(思っていたより早かった)。<br /> コーズウェイコーストは風光明媚で知られた海岸線の地域。ポートラッシュの町やダンルース城趾,世界最古のウイスキー蒸留所のブッシュミルズ蒸留所,世界遺産に登録されているジャイアンツ・コーズウェイ,絶壁にかかる吊り橋キャリック・ア・リード(この吊り橋は30分遅れで渡ることができなかった)など見所がいっぱいある。後悔しているのは,やっぱりドネゴールを欲張るべきではなかった。コーズウェイコーストは1日たっぷりかけても足りないだけの見所がたくさんあるのだ。今回は仕方なく駆け足で,それもかなり急いでこれらを廻った。<br /><br /> 今回のアイルランド島の旅行で印象に残った景色を挙げろと言われれば,クロンマクノイズの遺跡とコーズウェイコーストの景色を真っ先に推す。この二つは確かに天候にも恵まれて,綺麗で長閑な景色を望めたが,それだけでなくしばらくこの景色の中に留まりたいと思わせるだけの素晴らしいものだった。

2004夏 アイルランド・スコットランド・イギリス湖水地方の旅19(アイルランド・コーズウェイコースト編)

5いいね!

2004/08/30 - 2004/09/21

43位(同エリア93件中)

    19

     ドネゴールの次には,コーズウェイコーストを目指す。ここでも安全運転を忘れて,飛ばし,大体2時間半位で着いた(思っていたより早かった)。
     コーズウェイコーストは風光明媚で知られた海岸線の地域。ポートラッシュの町やダンルース城趾,世界最古のウイスキー蒸留所のブッシュミルズ蒸留所,世界遺産に登録されているジャイアンツ・コーズウェイ,絶壁にかかる吊り橋キャリック・ア・リード(この吊り橋は30分遅れで渡ることができなかった)など見所がいっぱいある。後悔しているのは,やっぱりドネゴールを欲張るべきではなかった。コーズウェイコーストは1日たっぷりかけても足りないだけの見所がたくさんあるのだ。今回は仕方なく駆け足で,それもかなり急いでこれらを廻った。

     今回のアイルランド島の旅行で印象に残った景色を挙げろと言われれば,クロンマクノイズの遺跡とコーズウェイコーストの景色を真っ先に推す。この二つは確かに天候にも恵まれて,綺麗で長閑な景色を望めたが,それだけでなくしばらくこの景色の中に留まりたいと思わせるだけの素晴らしいものだった。

    PR

    • コーズウェイコーストの風景(1)<br /><br /> 海岸沿いを走る国道から眺めたコーズウェイコーストの風景。右下に赤い車が走っている道は,国道から分かれた道が海岸縁までつながっています。

      コーズウェイコーストの風景(1)

       海岸沿いを走る国道から眺めたコーズウェイコーストの風景。右下に赤い車が走っている道は,国道から分かれた道が海岸縁までつながっています。

    • コーズウェイコーストの風景(2)<br /><br /> コーズウェイコーストに出ると,このような海岸線沿いを走る国道ずうっと続いています。途中途中に小さな車を止めるスポットがあり,海岸線の風景をゆっくりと眺めながら,海岸線を行くことができます。

      コーズウェイコーストの風景(2)

       コーズウェイコーストに出ると,このような海岸線沿いを走る国道ずうっと続いています。途中途中に小さな車を止めるスポットがあり,海岸線の風景をゆっくりと眺めながら,海岸線を行くことができます。

    • コーズウェイコーストの風景(3)<br /><br /> 海岸線を見渡せるところに大きな駐車場があり,そこから断崖の先端まで行くことができます。先端まで行くと,その両側にコーズウェイコーストの断崖を見ることができます。<br /> モハーの断崖と比べてみてください。コーズウェイコーストの断崖は高さも荒々しさもモハーの断崖には及びませんが,断崖の上に広がる緑と海岸線の美しさではこちらの方が素晴らしいと思います。

      コーズウェイコーストの風景(3)

       海岸線を見渡せるところに大きな駐車場があり,そこから断崖の先端まで行くことができます。先端まで行くと,その両側にコーズウェイコーストの断崖を見ることができます。
       モハーの断崖と比べてみてください。コーズウェイコーストの断崖は高さも荒々しさもモハーの断崖には及びませんが,断崖の上に広がる緑と海岸線の美しさではこちらの方が素晴らしいと思います。

    • コーズウェイコーストの風景(4)<br /><br /> 前の写真と同じところから眺めたもう片方の断崖の景色です。真ん中あたりに見える城の跡がダンルース城趾です。<br /> コーズウェイコーストの断崖には崖の途中にも緑が見えます。モハーの断崖とはここら辺も違います。

      コーズウェイコーストの風景(4)

       前の写真と同じところから眺めたもう片方の断崖の景色です。真ん中あたりに見える城の跡がダンルース城趾です。
       コーズウェイコーストの断崖には崖の途中にも緑が見えます。モハーの断崖とはここら辺も違います。

    • ダンルース城(1)<br /><br /> ダンルース城は小さな島の上に築かれたような城です。断崖から城へはひとつの橋が架けられているだけです。

      ダンルース城(1)

       ダンルース城は小さな島の上に築かれたような城です。断崖から城へはひとつの橋が架けられているだけです。

    • ダンルース城(2)<br /><br /> ダンルース城のチケット売り場からは城への道は急な下り坂になっています。その先に断崖と城をつなぐ橋が架かっています。<br /> 想像ですが,今ではしっかりとした架け橋が造られていますが,昔は揚げ橋だったのではないかと思います。小さな島を利用して築かれた城だから,橋を揚げてしまえば敵が近づくことさえ難しかったと思います。

      ダンルース城(2)

       ダンルース城のチケット売り場からは城への道は急な下り坂になっています。その先に断崖と城をつなぐ橋が架かっています。
       想像ですが,今ではしっかりとした架け橋が造られていますが,昔は揚げ橋だったのではないかと思います。小さな島を利用して築かれた城だから,橋を揚げてしまえば敵が近づくことさえ難しかったと思います。

    • ダンルース城(3)<br /><br /> 城内の教会があった場所です。今では殆ど崩れてしまっていますが。

      ダンルース城(3)

       城内の教会があった場所です。今では殆ど崩れてしまっていますが。

    • ダンルース城(4)<br /><br /> 強い逆光で景色がよく分からなくなっていますが,城内は石の舗装が敷かれています。これを見ても昔日のこの城の堂々たる姿が感じられるように思います。

      ダンルース城(4)

       強い逆光で景色がよく分からなくなっていますが,城内は石の舗装が敷かれています。これを見ても昔日のこの城の堂々たる姿が感じられるように思います。

    • ダンルース城(5)<br /><br /> 城の一番北の端に残された窓から海を眺めた写真です。ここからは広がる海がとても青くて綺麗でした。海と空の青さがとても印象的でした。

      ダンルース城(5)

       城の一番北の端に残された窓から海を眺めた写真です。ここからは広がる海がとても青くて綺麗でした。海と空の青さがとても印象的でした。

    • ブッシュミルズ蒸留所(1)<br /><br /> ブッシュミルズ蒸留所は認可を受けた世界で最古のウイスキー蒸留所です。大切なのは「最古」ということではなく「認可を受けた」ということです。つまり,認可制度になってから一番古い蒸留所ということで,それ以前には認可を得ない,自家製の蒸留所はかなり古くからあったようです。それに,許認可制度になってからは,密造酒もかなりあったということです。

      ブッシュミルズ蒸留所(1)

       ブッシュミルズ蒸留所は認可を受けた世界で最古のウイスキー蒸留所です。大切なのは「最古」ということではなく「認可を受けた」ということです。つまり,認可制度になってから一番古い蒸留所ということで,それ以前には認可を得ない,自家製の蒸留所はかなり古くからあったようです。それに,許認可制度になってからは,密造酒もかなりあったということです。

    • ブッシュミルズ蒸留所(2)<br /><br /> 蒸留所はキルンと呼ばれている煙突のようなものがあるので,遠くからでも分かります。キルンとは麦芽を乾燥させるために焚いたピートの煙を逃がすためのものです。だから,蒸留所には必ずキルンがあります。その上,キルンの形状は蒸留所毎に異なっていて,ブッシュミルズ蒸留所のものは,その形が美しいことで知られています。

      ブッシュミルズ蒸留所(2)

       蒸留所はキルンと呼ばれている煙突のようなものがあるので,遠くからでも分かります。キルンとは麦芽を乾燥させるために焚いたピートの煙を逃がすためのものです。だから,蒸留所には必ずキルンがあります。その上,キルンの形状は蒸留所毎に異なっていて,ブッシュミルズ蒸留所のものは,その形が美しいことで知られています。

    • ブッシュミルズ蒸留所のビジターセンター<br /><br /> ブッシュミルズ蒸留所のビジターセンターの内部です。ここで見学料を払いガイドツアーで蒸留所の内部を見学することができます。蒸留所らしく,装飾に樽を利用しています。

      ブッシュミルズ蒸留所のビジターセンター

       ブッシュミルズ蒸留所のビジターセンターの内部です。ここで見学料を払いガイドツアーで蒸留所の内部を見学することができます。蒸留所らしく,装飾に樽を利用しています。

    • ブッシュミルズ蒸留所のドア<br /><br /> 蒸留所の中で特にこのドアが印象に残りました。白い壁に赤いドア周りの煉瓦は黒くペイントされていて,強い光のなかで輝いて見えました。

      ブッシュミルズ蒸留所のドア

       蒸留所の中で特にこのドアが印象に残りました。白い壁に赤いドア周りの煉瓦は黒くペイントされていて,強い光のなかで輝いて見えました。

    • ジャイアンツ・コーズウェイ(1)<br /><br /> ジャイアンツ・コーズウェイの駐車場から有名な六角柱の石柱群の海岸に行くには二つの道があります。ひとつは駐車場から坂を下っていき真っ直ぐ行く方法。もう一つは崖の上の道を歩いて,石柱群を下に眺めながら,駐車場とは反対側の崖沿いを下っていく方法です。<br /> この写真は崖の上の道からとったジャイアンツ・コーズウェイです。画面の左端の真ん中あたりに少し見えているのが,石柱群の海岸です。ちなみに,下の道には駐車場からのバスが運行されています。

      ジャイアンツ・コーズウェイ(1)

       ジャイアンツ・コーズウェイの駐車場から有名な六角柱の石柱群の海岸に行くには二つの道があります。ひとつは駐車場から坂を下っていき真っ直ぐ行く方法。もう一つは崖の上の道を歩いて,石柱群を下に眺めながら,駐車場とは反対側の崖沿いを下っていく方法です。
       この写真は崖の上の道からとったジャイアンツ・コーズウェイです。画面の左端の真ん中あたりに少し見えているのが,石柱群の海岸です。ちなみに,下の道には駐車場からのバスが運行されています。

    • ジャイアンツ・コーズウェイ(2)<br /><br /> これは上の道から石柱群の海岸を撮った写真です。真ん中の飛び出ているところが,石柱群のところで,よくジャイアンツ・コーズウェイの写真が撮られるところです。こうしてみると,それほど大きい所ではありません。<br /> 画面の中央あたりでヘアピンの先のようになっているところが,バスの発着点になっています。

      ジャイアンツ・コーズウェイ(2)

       これは上の道から石柱群の海岸を撮った写真です。真ん中の飛び出ているところが,石柱群のところで,よくジャイアンツ・コーズウェイの写真が撮られるところです。こうしてみると,それほど大きい所ではありません。
       画面の中央あたりでヘアピンの先のようになっているところが,バスの発着点になっています。

    • ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(1)<br /><br /> 西陽の強く当たった石柱群が異様さをより際だたせています。

      ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(1)

       西陽の強く当たった石柱群が異様さをより際だたせています。

    • ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(2)<br /><br /> 陽の光が石柱の色を引き出しています。見るだけで圧倒されます。

      ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(2)

       陽の光が石柱の色を引き出しています。見るだけで圧倒されます。

    • ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(3)<br /><br /> 海岸縁の石に近づくと柱が黄土色から黒へと変化します。

      ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(3)

       海岸縁の石に近づくと柱が黄土色から黒へと変化します。

    • ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(4)<br /><br /> 逆光で輝く石柱の表面が幻想的でした。

      ジャイアンツ・コーズウェイの石柱群(4)

       逆光で輝く石柱の表面が幻想的でした。

    1件目~19件目を表示(全19件中)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (7)

      開く

      閉じる

      • SUR SHANGHAIさん 2006/01/02 00:53:31
        はじめまして & 明けましておめでとうございます。
        アイルランドは行った事がない土地なので、拝見しました。
        異様なほどの海の青さと静けさが不思議な魅力を持つ所ですね。
        石柱のたたずまいにも心惹かれます。

        初めての書き込みで大変失礼かとは思うのですが、一つお伺いしたい事があります。
        わたくしのパレルモの旅行記にアップした写真の一つ、三つ脚の女性の模様が付いた飾り物なんですが、これは何なのか知りたいと思っています。地元の人たちに聞いてみても、「シチリアのシンボル」くらいの答えしか帰って来ませんでした。
        極楽蝶さんはパレルモのみならずシチリアについてお詳しそうなので、よろしければお聞きしたいです。
        ご存知の事がありましたらお知らせください。m(__)m

        まみ

        まみさんからの返信 2006/01/06 12:30:44
        横からおじゃまします
        SUR SHANGHAIさん、極楽蝶さん、あめましておめでとうございます。

        SUR SHANGHAIさんのシチリア旅行記を見ていて、あの三本足のシンボル、昔の旅行記をひっくり返せば出てくるはずなんだよなぁと思いながら、思い出せないでいました。

        トリナクリアです。

        たとえばこのようなサイトがヒットしました。

        http://www.ne.jp/asahi/fuse/abraham/europe/europe-south/italy/it-sicilia/si-trinakria/si-trinakria.htm

        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%AA%E3%82%A2

        SUR SHANGHAI

        SUR SHANGHAIさんからの返信 2006/01/06 23:44:07
        RE: 横からおじゃまします
        あれま、こちらでもまみさんに色々と教えていただき、ありがとうございます。(*^_^*)

        極楽蝶さん、掲示板をお借りしてま〜す。ありがとうございます。m(__)m

        シチリア島の三つの角を象徴するものらしいですね。
        それで疑問が解決しました。

        重ねてお二方に御礼申し上げます。m(__)m

        極楽蝶

        極楽蝶さんからの返信 2006/01/12 01:16:12
        RE: はじめまして & 明けましておめでとうございます。
        SUR SHANGHAI様

        こんにちは。極楽蝶です。
        返事が遅くなりまして,申し訳ございません。

        実は,元旦から9日までオランダに行っていました。
        旅行中に一度自分のページを確認し,書き込みのあることは分かっていましたが,旅行中につき失礼させて頂きました。けれども,まみさんから的確な回答があったようで安心しています。

        いずれオランダの旅行記をアップする予定ですので,よろしかったらご覧ください。

        どうぞ今年もよろしくお願いします。

        SUR SHANGHAI

        SUR SHANGHAIさんからの返信 2006/01/12 08:53:45
        RE: RE: はじめまして & 明けましておめでとうございます。
        ご丁寧にご挨拶いただきまして、ありがとうございます。m(__)m
        極楽蝶さんの旅行記、楽しみにしております。(*^_^*)

      • まみさん 2005/12/13 08:43:19
        キノコみたーいと思っていましたが@
        極楽蝶さん、お久しぶり。

        ずっとこの表紙の写真は、キノコみたーい!と思って拝見していました@
        素敵な石柱ですね。石柱と言われても、土が盛り上がって一時的にできた儚いものに見えてしまいます(水が引いた後の水田とか……!?)。そういえばアイルランドはこれも有名だったことを後で思い出しました。

        ちなみに、この上には乗れるんですか? いや、きっと乗っちゃいけないのでしょう。

        極楽蝶

        極楽蝶さんからの返信 2005/12/14 00:58:37
        RE: キノコみたーいと思っていましたが@
        まみ様

        こんにちは。極楽蝶です。

        >ずっとこの表紙の写真は、キノコみたーい!と思って拝見していました@
        >素敵な石柱ですね。石柱と言われても、土が盛り上がって一時的にできた儚いものに見えてしまいます(水が引いた後の水田とか……!?)。そういえばアイルランドはこれも有名だったことを後で思い出しました。

        >ちなみに、この上には乗れるんですか? いや、きっと乗っちゃいけないのでしょう。


        もちろん,この上に乗れます。乗れると言うより歩けます。
        ジャイアンツ・コーズウェイはとても迫力のあるところです。石でできたパイプオルガンみたいです。
        まみさんも是非一度行ってみてください。

        では,また。これからもよろしくお願いします。


        追伸:
        例の本。まだまったく読んでいません。
        仕事が少し落ち着いたら,忘年会で毎日遅くなってしまっています。
        もう少しで,酒浸りの日々も終わるので,そしたら勉強します。
        (勉強できない子の言い訳とおなじか???)

      極楽蝶さんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      イギリス最安 414円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      イギリスの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      イギリス で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集