1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. 台湾
  5. 台北
  6. 台北 観光
  7. 梅庭
台北×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

梅庭

史跡・遺跡

台北

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

梅庭 https://4travel.jp/os_shisetsu/10426716

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
梅庭
住所
  • 台北市北投区中山路6号
営業時間
9:00~17:00
休業日
月曜
予算
無料
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 史跡・遺跡
登録者
とものり1 さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(22件)

台北 観光 満足度ランキング 116位
3.34
アクセス:
3.64
地熱谷に行く途中にあります by 緑区さん
コストパフォーマンス:
4.36
人混みの少なさ:
3.46
展示内容:
3.43
  • 満足度の高いクチコミ(10件)

    梅庭 台湾の新聞王の避暑地だった

    5.0

    • 旅行時期:2017/01
    • 投稿日:2021/06/14

    近代新聞を作った新聞王、于右任氏の避暑のための別荘だったところです。 一代草聖と言われて書の達人で、鼎泰豊や仰天宮の扁額...  続きを読むにある文字はこの方が書いたもの。 たいそう偏屈だったそうで、使用人には嫌われていた・・・・なんて、ガイドさんが言っていました(笑) 偉人とは往々にしてそういうもんですかね? イギリスに、どんな賢人でも使用人にとってはクズ同然の人柄のことが多い・・・・なんてことわざがあったなぁ(笑) 鏡のように磨きこまれた床がとても印象的でした。 ここは建物保護のため1度に入れる人数が制限されています。入場は無料。 2017年の1月1日から2月にかけて、修復工事のため閉館というアナウンスがありました。 2016年の年末に行ったのでセーフでした。毎年1月1日は閉館するようです。 入口は中山路にありますが、建物が立っているのは北投公園の敷地内で、入口は建物の2階に当たります。 館内に旅行サービスセンターがあり、ここで台北フリーWiFiの設定を代行してもらえます。パスポート持参のこと。   閉じる

    konomi

    by konomiさん(女性)

    台北 クチコミ:188件

  • 梅庭

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/03(約1年前)
    • 0

    地獄谷からおりてきたところの坂道にありました。隣は、北投温泉博物館でした。中に入って靴箱に靴を入れ、土足は禁止でした。スリ...  続きを読むッパを借りれます。日本人だと分かると、日本語のパンフレットとファイルをくれました。  閉じる

    投稿日:2021/01/26

  • 梅庭

    • 4.0
    • 旅行時期:2020/02(約1年前)
    • 0

    月曜日は定休日です、日本家屋が保存されています。ボランティアさんがいて、スリッパを脱いで入るように言われます。いろいろ説明...  続きを読むもしてくれて、パンフレットもくれました。お風呂は、もうコンクリで埋められていました。  閉じる

    投稿日:2020/04/13

  • 梅庭

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/01(約1年前)
    • 0

    北投公園にある、とても歴史がある日本家屋で、畳や木造の屋根やふすまが丁寧に保存されていました。以前来た時は月曜日でやすみだ...  続きを読むったので、みれませんでしたが、今回は梅の木が咲いているのも家屋から見れました。日本語のパンフレットもあります。  閉じる

    投稿日:2020/01/23

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/01(約2年前)
    • 0

    地獄谷からの帰り道、親水公園露天温泉の手前にある建物で、書家の邸宅だった所を現在展示として公開されています。中に入って靴箱...  続きを読むに靴を入れて見学、いろいろな書がかざられています。ガイドの方も多くいます。無料で入れます。  閉じる

    投稿日:2019/07/28

  • 新北投温泉の親水公園露天温泉浴池のすぐ左

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/01(約2年前)
    • 0

    日本風の建物で、台湾を代表する有名な書家が別荘として住んでいたところだそうです。あの小籠包で有名な県泰豊の看板の字もこの方...  続きを読むのものだそうです。靴を脱いで上がります。風通しの良い落ち着いた佇まいで、手入れも行き届いていました。  閉じる

    投稿日:2019/01/17

  • 日本家屋

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/09(約3年前)
    • 0

    新北投駅で下車して、北投温泉の街中を散策していた時に立ち寄りました。伝統的な日本建築の建物で、木造の古くて伝統的な良さが随...  続きを読む所に感じられる建物です。特に黒光りした木の素材の床や柱が、きちんと管理され、きれいに磨かれている感じは、落ち着きます。館内の展示物は多くはないですが、この建物自体が展示物みたいなものですので、ちょうど良いと思います。入館は無料です。なお、土足禁止で中に入るときに靴を脱いで館に入るスタイルです。  閉じる

    投稿日:2018/10/22

  • 書家の家

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/05(約3年前)
    • 0

    前回に北投温泉に来た時に修理工事中で見ることができなかったので、今回は楽しみにして来ました。公共温泉の近くにあります。入場...  続きを読む料は無料です。有名な書道家の于右任の邸宅があります。靴を脱いで中に入ると、あちこちに立派な書が掛かっています。どれも味わい深い書でした。ここから眺める庭もとても素敵でした。  閉じる

    投稿日:2018/05/05

  • 公衆浴場の隣にある

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/01(約3年前)
    • 0

    北投の公衆浴場、親水公園露天温泉のに隣接してありました。
    何の建物かわからずに入りましたが、日本家屋の中に書かいくつか掛...  続きを読むけられていました。無料で見学できます。梅庭には気が付きませんでした。
    雰囲気いい建物であまり混んでなく落ち着ける場所でした。
      閉じる

    投稿日:2020/12/30

  • 温泉街にある庭園

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/08(約4年前)
    • 0

    北投温泉に庭園です。温泉博物館から地熱谷の方へ少し行ったところに梅庭があります。こちらは、入場が無料ですので気軽に見学がで...  続きを読むきます。庭園は、もちろんですが建物内には、資料がたくさん展示されています。日本語のパンフレットもあります。もちろん無料です。梅の咲く時期がベストですね!  閉じる

    投稿日:2017/11/26

  • 梅庭 台湾の新聞王の避暑地だった

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/01(約4年前)
    • 8

    近代新聞を作った新聞王、于右任氏の避暑のための別荘だったところです。
    一代草聖と言われて書の達人で、鼎泰豊や仰天宮の扁額...  続きを読むにある文字はこの方が書いたもの。
    たいそう偏屈だったそうで、使用人には嫌われていた・・・・なんて、ガイドさんが言っていました(笑)
    偉人とは往々にしてそういうもんですかね?
    イギリスに、どんな賢人でも使用人にとってはクズ同然の人柄のことが多い・・・・なんてことわざがあったなぁ(笑)

    鏡のように磨きこまれた床がとても印象的でした。

    ここは建物保護のため1度に入れる人数が制限されています。入場は無料。
    2017年の1月1日から2月にかけて、修復工事のため閉館というアナウンスがありました。
    2016年の年末に行ったのでセーフでした。毎年1月1日は閉館するようです。

    入口は中山路にありますが、建物が立っているのは北投公園の敷地内で、入口は建物の2階に当たります。

    館内に旅行サービスセンターがあり、ここで台北フリーWiFiの設定を代行してもらえます。パスポート持参のこと。

      閉じる

    投稿日:2017/01/27

  • 無料で中に入れます

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/12(約5年前)
    • 0

    チェックインまでの時間があったし、無料なので入ってみました。庭園があるとかいてありますが、どこのことを言っているのか、分か...  続きを読むらない庭でした。建物は風情があり素敵です。中の展示物は少なく、書道に興味がないとわざわざ靴を脱いで中に入ることがないかもしれません  閉じる

    投稿日:2017/01/06

  • 落ち着いた空間

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/12(約5年前)
    • 0

    台北MRTの新北投駅から温泉街の中を北投公園に沿って進むと徒歩で12分~13分ぐらいで到着します。温泉博物館や公衆浴場など...  続きを読むがある一画にこちらの施設があって、有名な書道家 干右任氏の邸宅跡で門には梅庭と氏が書した表札が掲げられています。館に入ると、干右任氏の作品が展示されています。また、館自体も日本統治時代から残っている建物で木造とコンクリート造の合わせたもので、珍しい建物だと思います。様式は日本の建築様式です。管理保全状態が非常によく、台北市の文化財にふさわしい建物です。  閉じる

    投稿日:2016/12/24

  • 入館無料です

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/08(約5年前)
    • 1

    書道家の于右任が避暑地として過ごしていた邸宅だそうで、無料で見学できます。
    入り口のところで靴を脱いで入ります。
    館内...  続きを読むには于右任の作品が展示されてあり、「鼎泰豊」の文字もありました。
    建物もとても素敵でした。  閉じる

    投稿日:2016/08/31

  • 有名な書家の別館

    • 2.5
    • 旅行時期:2016/05(約5年前)
    • 0

    台湾で有名な書家、草書の達人、の避暑用の別館だったらしいです。1930頃の建築で、日本の木造建築のスタイルが取り入れられて...  続きを読むいると説明にありました。台北市の史跡で、無料でした。北投温泉の散策の立ち寄できます。  閉じる

    投稿日:2016/05/21

  • 日本式家屋

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/10(約6年前)
    • 0

    梅の木がある庭園を有した日本式家屋で、北投温泉の公衆浴場の隣に建っています。古い建物をリノベーションして、観光案内所になっ...  続きを読むていました。畳敷きで土足厳禁。広々とした屋内では文筆の掛け軸が展示されていました。  閉じる

    投稿日:2015/10/13

  • 月曜日休み

    • 4.5
    • 旅行時期:2015/09(約6年前)
    • 0

    歴史のある場所として保管されています。入場は無料で、スリッパに履き替えて入っていきます。日本人が作った建物のため、「すごい...  続きを読むでしょ?」と案内してくれた人に言われましたが、風が吹き抜ける木造の家って、日本じゃ普通というかおじいちゃんおばあちゃんちと変わらないんだけどなぁと思ったので、日本人にはそんなにすごい見どころじゃないかもしれません。西欧人がビューティフルとか歓声をあげて写真を取りまくってました。  閉じる

    投稿日:2015/09/28

  • 親水公園露天溫泉浴池の隣にあります

    • 2.5
    • 旅行時期:2014/12(約7年前)
    • 0

    親水公園露天溫泉浴池の隣にあります。
    「鼎泰豊」の看板を書いた方の邸宅になります。
    入り口でスリッパに履...  続きを読むき替え素敵な建物ですが、事前に調べ期待もが大きかったせいか、少しがっかりがしてしまいました。
    ふらっと立ち寄るには良いのかもしれませんね。  閉じる

    投稿日:2015/01/04

  • ついに公開が始まったんですね!

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/04(約7年前)
    • 1

    MRTの新北投駅から北投公園に入り北投温泉博物館を通り過ぎて水着で入浴する賑やかな声のする露天温泉浴池のすぐ隣に「梅庭」は...  続きを読むあります。

    随分長い事修復工事中だった建物は1930年代の日本式の住宅建築で近年工事完了と共に資料館として再OPENしました。

    各部屋の調度品も見ものですが建物自体も興味深い渋い内装です。
    また斜面に面したテラスも有って少しハイカラなイメージです!

    ここは台湾の有名な書道家・于右任氏の別宅として使用されていました。
    彼の作品と共に各部屋に沢山植物や花々が活けられていて見てて清々しい気分になります。  閉じる

    投稿日:2015/10/06

  • きれいな建物

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/04(約7年前)
    • 1

    旅行前にネットでこの施設があることは知っていましたが、新北投温泉地を散策して見つけました。
    とてもきれいな和風建築で、「...  続きを読む鼎泰豊」の看板の題字を書いた書道家として有名な人の避暑地の邸宅だったそうです。
    建築も素晴らしく、特に屋根の傾斜が好きです。
    また、手入れも行き届いていて、床はピカピカ、係員もいます。
    無料ですし、温泉博物館のお隣なので覗いてみてはいかがでしょうか。  閉じる

    投稿日:2014/05/28

  • 露天温泉のすぐ隣の立派な邸宅

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/11(約8年前)
    • 1

    公共露天温泉のすぐ隣にある「梅庭」は、著名な書道家・于右任が避暑地として過ごしていた邸宅で、1930年代に建てられた和洋折...  続きを読む衷のすてきなお宅だ。一般開放されていて、内部と彼の作品や書道道具などを見ることができる。日本人には「于右任」と聞いてもピンとこないが、鼎泰豊や行天宮の看板の題字を書いた人で、センスいい邸内はクーラーがよく効いているので、観光の最中に何度も寄れる憩いの場所だ。入口は台北旅遊サービスセンターになっていて観光情報の入手もできる。  閉じる

    投稿日:2013/12/23

1件目~20件目を表示(全22件中)

  1. 1
  2. 2

このスポットに関するQ&A(0件)

梅庭について質問してみよう!

台北に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ひめのすけ台湾さん

    ひめのすけ台湾さん

  • Ha_travelさん

    Ha_travelさん

  • ひかのすけさん

    ひかのすけさん

  • ぷっちさん

    ぷっちさん

  • アラカンさん

    アラカンさん

  • けんたさん

    けんたさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP