1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. オセアニア・ミクロネシア
  4. オーストラリア
  5. エアーズロック
  6. エアーズロック 観光
  7. ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック
エアーズロック×
旅行ガイド
観光
グルメ
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック Uluru-Kata Tjuta National Park

国立公園

エアーズロック

観光の所要時間:
2日以上

このスポットの情報をシェアする

ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック https://4travel.jp/os_shisetsu/10263621

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

クチコミ 2ページ目(104件)

  • 不思議です

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/05(約3年前)
    • 1

    レンタカーで走っていると、とつじょ大きな山(?)が現れます。
    周りには草原が広がっているので、ここだけどうして?と不思議...  続きを読むに思います。
    原住民の方たちにとっては神聖なシンボルなので、写真を撮ってはいけない区域もありました。
      閉じる

    投稿日:2018/07/28

  • 幻想的な風景「フィールドオブライト」

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/05(約3年前)
    • 1

    <アクセス>
    カタジュタ国立公園内

    <感想>
    ウルルや大自然はもちろん最高だったのですが、このイベントもなかなか...  続きを読むの見ごたえ。

    電球が淡く色んな色に変わって行くので2度と同じ風景は見れません。
    体力に余裕があれば参加をおすすめします。  閉じる

    投稿日:2018/05/19

  • 見る位置によって随分違います

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/04(約3年前)
    • 1

    何もない荒野にポツンと存在していることで不思議な景観を生み出しており、神がかり的なものを感じます。まさにパワースポット。た...  続きを読むだ、一般的に写真で紹介されているのは最も美しく見える面だと思いますが、周囲を一回りして色々な角度から見てみると、幅が極端に小さくなって(そのへんにありそうな)ただの岩山のように見える面もあり、それもなかなか面白かったです。  閉じる

    投稿日:2018/07/28

  • 登山はいたしません

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/01(約4年前)
    • 2

    サンライズ観光・宿泊付き現地ツアーに参加。
    到着日は別に予約した「フィールド・オブ・ライト」英語ツアーに参加しました。
    ...  続きを読む
    期間限定(今年3月まで?)のライトアップで幻想的でした。
    翌日は早朝からウルル観光へ。
    アボリジニの聖地と言うことが感じられる不思議な場所です。
    登山をするのは危険だし、興味本位で聖地に登る行為は好ましく無い様に思いました。
    数年後には登山禁止になるようです。
    おススメはしませんが、どうしても登りたい方はお早めに。  閉じる

    投稿日:2018/01/13

  • シドニーから日帰りでウルルへ

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/12(約4年前)
    • 1

    「50年に一度の集中豪雨でエアーズロック空港が閉鎖になった」とのアナウンスを聞いたのはシドニーを発った後の機内。
    飛行機...  続きを読むはUターンで逆戻りです。
    急遽、ジェットスター航空が手配してくれたホテルに泊まり、翌日同じ時間帯の飛行機で12:30過ぎに無事着地。
    滑走路には豪雨の痕跡も特になく、たった1日の差で青空が広がっていました。
    14:00までには飛行場に戻り15:00発のケアンズ行の飛行機に乗らなければならないので、昼ごはんも抜きで観光バスに飛び乗りました。
    ひたすらウルルに向かい、麓にあるクニヤウォークだけを1時間弱かけて歩きました。
    蒸し暑い! 
    小蠅が凄いと聞いていたので虫よけネット付きの帽子を用意して行きましたが、風が強かったせいか敢えて必要でもありませんでした。

    前日の大雨で最奥にあるマギーの泉はプールと化しており、現地の子供たちが水浴びをしているという珍しい光景にも出くわしました。
    何年も住んで居る日本人ガイドさんも初めて見たとびっくりしていたくらいです。

    予定どおり宿泊できたなら、朝日・夕日の鑑賞や登山も出来たかもしれません。
    ただし、登山はあまり推奨されている行為ではなく、現地の人々にとっては神聖な山へ登ることを仕方なく許可しているというスタンスだそうです。
    また、少しの天候の良し悪しでも登山はNGになってしまい、条件は厳しいみたいです。
    鎖の張られた登山道を横から見た時、あんなに急では駄目かも知れないと思いました。
    外周道路を一周しましたが、写真さえ撮ってはいけない場所があります。
    現地に行った人だけが目にすることの出来る景観でした。
    2016/12/27(火)に行きました。
      閉じる

    投稿日:2017/01/03

  • 壮大!

    • 4.5
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 1

    遠くから見てもでかいけど、近くでみると更に巨大さにびっくりします 登山、サンセット、サンライズ、周辺散策など楽しみました ...  続きを読む
    実際に触れるところもあって、遠くから見るのとは全然違う色々な表情があることが分かりました  閉じる

    投稿日:2018/11/19

  • 世界の中心で

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 1

    「世界の中心で愛をさけぶ」で知った、エアーズロック。ウルルには、エアーズロックだけでなく、カタジュタもあります。日中の景色...  続きを読むはもちろん、サンライズもよかったです。サンライズの時間帯は、寒いくらいありました。  閉じる

    投稿日:2018/07/26

  • 絶景

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 1

    日本人ガイドのウルルサンセット、サンライズツアーに参加。
    真っ赤な岩が段々と黒くなっていくサンセットは、とても神秘的で美...  続きを読むしかったです。
    当日は、強風のため登山口は閉じられていました。開口は3割程度の確率らしいので、登れたらラッキーです。
      閉じる

    投稿日:2017/02/11

  • 巨大な1枚岩

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 1

    2度目の訪問でした。
    何度見ても感動する景色。巨大な赤い1枚岩には心震えました。
    オーストラリア大陸の真ん中にあり、心...  続きを読む臓にもたとえられるこの1枚岩。
    日本人にはエアーズロックの言葉が耳馴染みありますが、アボリジニーの言葉では「ウルル」と呼びます。ウルル=エアーズロックの様に思っていましたが、ガイドさんの説明ではこの土地の事をウルルと呼ぶそうです。  閉じる

    投稿日:2016/09/18

  • 朝焼け、夕焼けに大感動

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/06(約4年前)
    • 1

    朝焼け、夕焼けとも時間とともに太陽の昇る、沈むにつき静寂の中エアーズロック全体の明るさ、茶色から赤茶色と色の変化に大感激。...  続きを読む自然が作り出す絶景の景観です。アボリジニの聖地としてわきまえ、敬い大切にする事を忘れてはいけないと思います。  閉じる

    投稿日:2016/07/09

  • 感動! 一枚岩のエアーズロックに会えた~~

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/05(約4年前)
    • 1

    アポリジニ語で ウルルと呼ばれる エアーズロッックは オーストラリアのほぼ真ん中にあり 砂漠の真ん中に突出している 世界最...  続きを読む大級の一枚岩。 世界遺産にも登録されてます。 地殻変動によって 砂岩層が隆起したものと言われ、 鉄分を多く含んだ砂岩のため 外観は赤色を呈しています。(2016.5オーストラリア22)


      閉じる

    投稿日:2017/08/07

  • 偉大

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/04(約4年前)
    • 2

    近隣ホテルからは公共のアクセスがなく、ツアーに入るかレンタカーするしかありません。そのツアーがなかなか高く、レンタカーで行...  続きを読むきました。

    近づいてくると、その大きさに息を飲みました。その偉大さは想像以上でした。
    登りはしなかったのですが、その周りを少し歩くと池があるのには驚きました!

    機会があったら是非行ってください!
    忘れられない景色が待ってます。  閉じる

    投稿日:2016/08/21

  • エアーズ・ロック

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/04(約4年前)
    • 1

    エアーズ・ロックがイギリスの探検家によって「発見」され、西欧にその存在を知られることになったのは1873年ですが、この「発...  続きを読む見」よりさらに前の1万年前からこのエリアにはオーストラリアの先住民、アボリジニの人々が暮らしていました。エアーズ・ロックはアボリジニの人々の最も重要な聖地であり、彼らはエアーズ・ロックを「ウルル」と呼んでいます。オーストラリアでは、近年、彼らの文化、習慣、考え方を尊重する運動が高まり、西欧人が名づけた「エアーズ・ロック」という呼び方を改め、アボリジニの人々の呼び方である「ウルル」と呼ぶことを決定しました。エアーズ・ロックと同じ国立公園にある「マウントオルガ」も、アボリジニの人々の呼び方である「カタ・ジュタ」に改めました。エアーズ・ロック周辺の土地も、アボリジニの人々へ返還され、現在、99年間の契約でオーストラリア政府にリースされています。エアーズ・ロックは元々8000メートル級の山々であったのが、およそ7000万年前に、侵食と造山活動によって、今の形になったと考えられています。地表に出ているのは全体の僅か5パーセントと推定されており、その殆どが地底に存在していることを考えると。いかに巨大な岩であるかが想像できます。高さは東京タワーよりも少し高い348m。32km離れた所にあるマウントオルガと地中で繋がっていると考えられているから更に驚きです。1987年、エアーズ・ロックは世界自然遺産に登録、その後の1994年、アボリジニの伝統文化が評価され、世界文化遺産にも指定されました。  閉じる

    投稿日:2016/04/19

  • 色んな角度からウルル

    • 4.5
    • 旅行時期:2016/02(約5年前)
    • 1

    エアーズロック観光はツアーに参加するか、レンタカーかバスで行き、自分で回るかのいずれかです。エアーズロックの周りを歩く際に...  続きを読むはアボリジニーの聖地で写真がダメな場所がたくさんあるので注意が必要です。表示があるので分かりやすいです。
    私は現地でツアーに参加しました。暑い2月だったので、水分を1.5リットル持ってくることという注意書きが…。本当に暑くてもちろん日よけもないので汗だくでした。
    エアーズロックは遠くから見た写真しか見たことがなかったので、近くから見る岩の形がイメージと全く違って楽しかったです。が、違う時期をお勧めします。 屋根付き休憩場所とトイレは途中にありました。  閉じる

    投稿日:2016/04/12

  • 夏はおススメしないです。

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/02(約5年前)
    • 1

    夏に行ったので、ハエがとにかくすごかったです。そして暑すぎるため、トレッキングコースがクローズになってしまう率もたかったで...  続きを読むす。もちろんウルル登山もクローズ。でもサンライズやサンセットを見るだけでも幻想的で感動できました。ウルルを徹底的に楽しみたいという方は冬行く事をおススメします。  閉じる

    投稿日:2016/03/07

  • 絶景

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/01(約5年前)
    • 0

    上空から見ても地上から見てもウルルは絶景です!一枚岩だと思えないくらい大きいです。ウルル地区に2泊しましたが、見る時間帯に...  続きを読むよって岩の色、雰囲気がガラッと変わり見ていて飽きません。周辺を散策するのも遠くから眺めるのも、どちらも楽しめます。  閉じる

    投稿日:2017/03/12

  • ウルル

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/11(約5年前)
    • 0

    サンセットとサンライズツアーが付いていることが一般的です。
    私はサンセットの方が感動しました。
    天気が快晴だったので、燃え...  続きを読む上がるように赤いウルルを見ることができました。
    雲っているときは青白いウルルになるようです。  閉じる

    投稿日:2015/11/09

  • 感動しました!

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/09(約5年前)
    • 0

    到着した瞬間から、壮大な一枚岩に魅了され、目の前にしただけで、感動!
    夕日が沈む前に到着したので、ツアーの方とシャンパンを...  続きを読む飲み、おつまみを食べながら、夕日が沈むのを見ていました。エアーズロックの色が夕日の沈み具合で変わっていくのを肌で感じ、自分の目で見ることができ、今までにない程の感動を味わう事ができました。
    ただ、残念なのは昼間はハエが多いという事です。しかし、それ以上の感動はありますので、星は5つです。  閉じる

    投稿日:2016/05/20

  • 一日待ちました。

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/08(約5年前)
    • 0

    エアーズロック登頂チャレンジしましたが、天候不良で当日は登頂禁止で登ることができませんでした。
    急遽もう一泊泊まることに...  続きを読むしたのですが、リーズナブルなホテルは満室。
    ということで車中泊し、翌日再チャレンジ。
    翌日は天候も良く、登頂OKとのことでした。
    朝早くから登り始めました。8月ということでなめていました。Tシャツで登ろうとしましたがかなり寒かったです。相方にレインコートを借りて登りました。
    きついのは最初の数百メートル。そこをクリアすれば絶景が待っています。
      閉じる

    投稿日:2016/01/30

  • 登れなくても感動

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/08(約5年前)
    • 1

    一生に一度はと思って登山のツアーを申し込んでいきました。真夏の日本とは違い冬のウルルはちょっと肌寒い感じで天気も登山日和だ...  続きを読むったのですが強風で登山口が開かず登山は出来ませんでした。
    登山口をしたから見てもわかるくらいのかなりの勾配で最高傾斜47度と聞いて自信喪失していましたが・・・。
    その代わりにまわった観光でもウルルの岩に触れてみたりサンライズやサンセットは言葉も忘れるほど感動しました。

    次こそは体力をつけて登山して上からの景色も見てみたいです。  閉じる

    投稿日:2015/09/09

21件目~40件目を表示(全104件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 6

PAGE TOP