1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. オセアニア・ミクロネシア
  4. オーストラリア
  5. エアーズロック
  6. エアーズロック 観光
  7. エアーズロック登山
エアーズロック×
旅行ガイド
観光
グルメ
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

エアーズロック登山 Ayers Rock Climbing

山・渓谷

エアーズロック

観光の所要時間:
半日

このスポットの情報をシェアする

エアーズロック登山 https://4travel.jp/os_shisetsu/10162287

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
エアーズロック登山
英名
Ayers Rock Climbing
住所
  • Mutitjulu NT, Australia
カテゴリ
  1. 観光
  2. 自然・景勝地
  3. 山・渓谷
  1. 観光
  2. 体験・アクティビティ
  3. アクティビティ・乗り物体験
  1. 観光
  2. 観光名所

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(85件)

エアーズロック 観光 満足度ランキング 2位
3.84
アクセス:
2.99
どの都市からも飛行機でないといけない by fufufuさん
コストパフォーマンス:
3.49
自然ってたかいです by fufufuさん
景観:
4.60
すごい すばらしい混 by fufufuさん
人混みの少なさ:
3.31
混雑してます by fufufuさん
  • 満足度の高いクチコミ(69件)

    大地のパワーを感じられます

    5.0

    • 旅行時期:2019/09
    • 投稿日:2020/05/11

    2019年9月に行きました。 午前中は噂のハエはそれほど心配する必要はありません。 当日ウルルに登るゲートは開いて...  続きを読むいて登山のチャンスがありましたが、前日キングスキャニオンのリムウォークをしていた私の膝が悲鳴を上げており麓散策を選択しました。 マラウォークの麓散策の途中、下から登っていく皆さんを見上げていましたがアナング族の人たちはウルル登山をしている人たちを軽蔑を込めて「ありんこ野郎」と言っているとガイドさんが言っていましたがなるほどと納得できました。 所有者であるアナング族に感謝をして麓散策をするだけでも素晴らしい時間が過ごせます。 砂漠の気候なので非常に乾燥しておりお水は必携です。  閉じる

    はるのうらら

    by はるのうららさん(女性)

    エアーズロック クチコミ:2件

  • 満足度の低いクチコミ(8件)

    タイムオーバー

    2.0

    • 旅行時期:2017/06
    • 投稿日:2020/05/11

    私はエアーズロック登山を目的に行きました。登山口が開いてないと、、3回登山口を確認出来るのですが、1回目、強風の為閉じてい...  続きを読むました。ウルルのサンライズを鑑賞後、2回目、又閉じていました。麓ウォーキングをして、3回目!開いています。しかし1時間で帰って来て下さいとの事。途中まででも、と思い岩にしがみ付き、鎖のある所まで行くと、渋滞していました。仕方なく、鎖を離し前傾をかけ、どんどん登り、空いている所まで行き一休み。もう少し登れると今度は、鎖を持ち富士山で例えると8合目まで登り、35分過ぎていて、降りる事を考えると、ここまで!悔しいけど、15分位で、下山出来、もう少し時間が、あったら登頂出来たのに!!でも、ガイドさんは6月で登山口が開いたのは、今回で2回しか無かったのですから、運が良かったのです。とおっしゃっていました。次回また挑戦したいと、思います。  閉じる

    hikko

    by hikkoさん(女性)

    エアーズロック クチコミ:2件

  • 大地のパワーを感じられます

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/09(約11ヶ月前)
    • 0

    2019年9月に行きました。
    午前中は噂のハエはそれほど心配する必要はありません。

    当日ウルルに登るゲートは開いて...  続きを読むいて登山のチャンスがありましたが、前日キングスキャニオンのリムウォークをしていた私の膝が悲鳴を上げており麓散策を選択しました。
    マラウォークの麓散策の途中、下から登っていく皆さんを見上げていましたがアナング族の人たちはウルル登山をしている人たちを軽蔑を込めて「ありんこ野郎」と言っているとガイドさんが言っていましたがなるほどと納得できました。

    所有者であるアナング族に感謝をして麓散策をするだけでも素晴らしい時間が過ごせます。
    砂漠の気候なので非常に乾燥しておりお水は必携です。  閉じる

    投稿日:2019/10/01

  • 閉山される前に

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/09(約11ヶ月前)
    • 0

    アボリジニの聖地であるためまもなく閉山されます。
    その前にどうしても登りたかったので登山をしました。体力に自信のない方は...  続きを読む無理に登頂を目指す必要はありません。
    ガイドさん曰く心の山頂をつくって心に留めればいいとのことでした。
    確かに修行ではないので無理する必要はどこにもありません。  閉じる

    投稿日:2019/09/19

  • 本当にキツイ

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/09(約11ヶ月前)
    • 0

    9月1日に参加。アボリジニの方々に敬意を払いつつ どうしても一度は登りたいと思い登岩。トレッキングシューズに滑り止めつき軍...  続きを読む手は必須!ハエはまだ気になりませんでした。鎖の切れるところまで 35分ぐらいかかり登りました。結構渋滞していたので 疲れました。そこからは鎖はなくアップダウンを1キロ。私は 途中で断念しましたが 大満足!自分の足でここまで上がってこれた事に驚きです。鎖の切れる所に平らな休める所があります。高所恐怖症の人は絶対無理なのでムリは禁物です  閉じる

    投稿日:2019/09/01

  • 先住民に感謝

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/08(約12ヶ月前)
    • 0

    以前から登ってみたいと思っていたなか,登山禁止になると聞いて日本旅行のツアーに参加しました。
    運良くウルルに到着した日に...  続きを読む登ることができました。
    登山禁止になりますが,現地ガイドさんから,麓を散策することで,ウルルの素晴らしさを感じることができるので,是非また来て欲しいという話がありました。
    登山の代わりにヘリコプターで空から見ることもできます。
    先住民の方には,聖地に登らせていただいたことに感謝です。  閉じる

    投稿日:2019/08/31

  • 登山というより正にロッククライミング !?

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/08(約12ヶ月前)
    • 7

    2019年10月25日でエアーズロックの登山が禁止になると聞いて、夫婦で行って来ました。
    多分この時期、同じこと思って駆...  続きを読むけ込みでエアーズロック(ウルル)に行く方々が多いかと思います。
    しかしながらが、行ってみて、登山禁止は賢明な判断と理解しました。
    そして、登頂しなくても、ウルルはアボリジニの神秘的な文化を肌で感じることができる地だと感じました。

    エアーズロックの登山は想像以上に危険でした。
    見てのとおりですが、岩肌がゴツゴツしてたり、ツルツルしてたり、そして、急峻な箇所が多くありますから、チェーンがある所は何とかなりますが、這って登るような場所もありました。
    一本のチェーンに観光客が鈴なりに捕まって登りますから、キツくてものんびりしてられません。
    途中、後ろを振り返って、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』ってこんな感じ?なんて思った程です。
    登山というより、ロッククライミング状態が8割位あります。
    強風が吹くと本当に怖くって、岩面に身を伏せながら前進するという場所もありました。
    体力に自信がある方ですが、帰りのことを考えると、登りながら不安を感じました。
    年間、数人の死者が出るとのことですが、逆に、よくそれで済んでるなぁ…位の印象です。
    なので、強風や気温が30℃以上になると登山禁止になるのも納得できました。

    それでも、経験した人にしか分からない感動があります。
    あーこんな大地のど真ん中にいるんだ!って。。。

    でも、実は偉そうなことを行ってますが、私は登頂(岩の中央まで)を果たせませんでした。
    周辺散策ツアーの時間もあり、自分で1時間で折り返そうと決めていたので、8分目位で断念したのです。
    主人には先に行って貰い、彼は登頂成功したので、後でその話を聞くと悔しい気もしますが、一応、360度景色が見渡せるTopまでは行けているので、そこが私の頂上ということにしておきますw

    貴重な経験になったのは事実です。
    でも、万人にオススメできるかというと、むしろNo! です。
    今、日本人が急増しているとのことですが、皆様、くれぐれも無理せず登って下さいね。  閉じる

    投稿日:2019/08/18

  • 厳しい浸食が進んで

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/07(約1年前)
    • 0

    エアーズロックへの登山がもうすぐ禁止になるので、アボリジニの人達には申し訳ないのですが登ってきました。30年以上前に一度、...  続きを読む登ったことがありますが、その時とはエアーズロックの様子が大きく変わっていました。頂上の比較的、平面だった部分は、今は、大きく浸食し、大きなデコボコのスロープがいくつも連なる様な景色になっていました。登山を終えてから、エアーズロックの周りをベースウォークに沿って一周しましたが、多くの場所で厳しい浸食が進んでいました。エアーズロック自体のことを考えても登山が禁止になるのは良いことなのかもしれないと思いました。
      閉じる

    投稿日:2019/10/25

  • 登れませんでした

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/07(約1年前)
    • 0

    エアーズロックへの登山が10月で禁止になるので訪れました。エアーズロックリゾートからの午前中のバスツアーに参加。1日目が登...  続きを読むれなかった場合、2日目の早い時間に、もう一度チャンスがあったのですが、どちらも強風のために登山禁止ということで登ることができませんでした。1日目は午後には解除になったそうですが、それを聞いたのは翌日でした。もっと情報収集をして個人的にも行く方法を考えておくべきでした。

      閉じる

    投稿日:2019/08/10

  • 2019年10月26日以降は登山禁止に

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/07(約1年前)
    • 0

    日本人には有名なエアーズロック(アボリジニの言葉でウルル)
    2019年10月26日以降は登山禁止になるというので
    駆け...  続きを読む込みで登ってきた。
    初冬とはいえ日中は最高気温が25度。
    登山口ゲートから登り1時間半、下り1時間で頂上に立てる。
    険しい山道でもないが、何か所か傾斜が急な場所を通過する。
    とはいえ、慎重に上り下りすれば特に問題はない。  閉じる

    投稿日:2019/07/17

  • ハエが多い 風つよい 日差しがきつい のは当たり前でした。
    ツアーバスから降りたとたん時間がないので急いでくださいとのこ...  続きを読む
    すぐ登り始めたので、鎖のところの渋滞にも巻き込まれず 急な崖を上り切れました
    距離的には崖が終わって4割 そこから頂上付近の人はありんこの大きさでした
    ツアーだと集合時間が決まっているので、急いで登ってくださいね
    往復2時間かかりました。下りは思ったより怖くなかったです。トレッキングシューズは必修  閉じる

    投稿日:2019/06/30

  • 2019年5月にチャレンジしました。
    実は、登山が許可される確率はかなり低いとのこと。多くは強風が理由とのことでした。麓...  続きを読むではそよ風でも頂上は約8倍の風が吹いているとのことでした。

    サンライズと登山のツアーを申し込みました。サンライズを見てウルルの登山口付近に来ると、沢山の登山している人たちが見えました。更にゲートから入っている人たちも見えます。初チャレンジでこれはラッキーと思ったのもつかの間、レンジャーがゲートを閉める姿が見えて「禁止」となりました。その後、麓観光をしながら、ゲートの前を3度通ってゲートの開閉状況を確認しましたが、残念ながら全て「禁止」の状態で登山は出来ませんでした。ゲートのボードの下には禁止の理由として「強風」とありました。
    どうしても登山したいとなれば、HOP ONバスで来て、ゲートが開くのをず~っと待つという手段もあります。又は、上記のツアーでゲート前で離脱することも可能のようです。  閉じる

    投稿日:2019/06/01

  • 初日に制覇☆★☆

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/05(約1年前)
    • 10

    メルボルンから、エアーズロック空港に昨日着きました。此処は、関東の旅好き女子友と合流です! ずっと来たかったウルル(エ...  続きを読むアーズロック) に関東旅好き女性の会の会員達の仲間LINEで連絡が来ていて、速攻でokを出した仲間達でのオーストラリア訪問でした。

    まさか到着日に、登るとは思ってなかったのですが、たび仲間がレンタカーを借りており、空港からスーツケース入れたままウルルへ😵

    あ!!登れる!!って事で、まさかのそのまま登山!⁈ ウルルに登るのは、今年10月で禁止になります…アボリジニ族の方々の聖地だからです。だからこそ、今登らないで、いつ登るの⁈ の世界で、今2泊目ですが、3日間の日を取ったのは、行ってみて、登れる壁どうかは運命だからです。
    ゆえに、行ってみるけど良い⁈ と聞かれて、okを出さねば、明日明後日登れなかったら、最悪だから、そのままの姿で、登山靴に履き替えて、挑戦!! 実際登山靴は正解だと…想像以上に厳しいです。

    まず突然絶壁を登ります。登山靴、帽子、水、ジャケット、軍手必須です。
    最初だけで、登山経験無いと、無理だと…
    その後、鎖の付いた急勾配の場所を登り、やっと鎖が終わったと安心する暇も無く、平たく無く、想像以上のアップダウンの道を、自力で進みます。降りる人達の、お尻で滑って来なければならない姿に、この先の自分を重ねつつ、ここまで来たからには、進まなきゃ!の意思を強くします。
    意外と容易く無い30分ほどの道のりを進みます。私も友人も初めて話す富士山登山経験者
    だったから、進めた頂上までの道!無事登頂した時は感動しました!
    問題は下山です。登り1時間かかり、下山の方が注意必要で、しかし夕暮れ迫り、写真そこそこで、とにかく無事降りる努力!
    安全第一で降りたので、無事でしたが、滑落する人は公表されてなくても年間何人もいるらしい…だからも含めて、アボリジニ原住民の神聖な山ウルルが閉山になった理由に、死人を出すのは、神がかり怒って居るからだと言うのも有るらしい…だからこそも含め、山々に感謝して
    登り、無事降りる事が、せめても!と思った。
    夕日に照らされて、山肌も含め真っ赤になるなった私達は、最善の対策で降りました。
    夕焼けが真っ赤に染まり、山肌も真っ赤の想像以上に険しいウルルの山、頂上が平らで無かった山、過去経験上平らだったのは、スリランカのシギリアロックだけでした。

    ただ、本当に良い経験をして、とても言葉に出来ないほどの感動を頂きました♬  閉じる

    投稿日:2019/05/28

  • 鎖を掴んで

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/03(約1年前)
    • 1

    3月15日以降閉鎖されていたので、ガイドからは難しいと言われて出発した。バスが近づくとドライバーがアリが見えるとジョークを...  続きを読む言い、やったー登れる~と歓声があがった。ところが鎖に捕まっている間中ものすごい強い風が吹いていて、まるで地獄絵でした。生きて戻れて神に仏に感謝です。登頂の思い出は冥土の土産にします。  閉じる

    投稿日:2019/03/30

  • 手袋があれば便利

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/01(約2年前)
    • 1

    岩肌を延々とよじ登る登山です。すぐに鎖のある600mの崖を登りますが、手袋があると大変便利です。鎖がなくなった後も、岩のア...  続きを読むップダウンがあり手袋は便利でした。上に行くと、とても風が強いので、帽子等が飛ばされてないように要注意です。達成感最高です。  閉じる

    投稿日:2019/01/02

  • 登れたらラッキーですが十分な登山準備を

    • 5.0
    • 旅行時期:2018/10(約2年前)
    • 1

     ツアーでの参加ですが、連れは登らないとのことで一人で登り始めました。
    登り始めは人が集中するし、急坂なので、前がつかえ...  続きを読む
    急な登り坂で中腰で止まらざるを得ないことが多く、高さが怖かったです。

     途中でギブアップも考えつつ、何とか前に進み続け、
    一息つけるところで一休みしました。

     周りに人はいますが、一人で進むのが不安だったので、
    日本人に声を掛けて、下山するまで一緒に行動しました。

     その方は3人組(20代女性たち)で来ていたのですが、
    他の2人はギブアップしたとのことでお互い励まし合いました。
    下山後は固い握手です!
     お互いお礼を言い合い、「達成感を感じた!」「良かった~」など話をしましたが、
    お互いの結論は「登るのは危ない!」です。

     普通のスニーカーを履いている方を多く見かけましたが、滑るので大変危険です。
    これは登山であることを認識し準備してください

     なお前日は登山口が開かなかったと聞きました。
    また私たちが登り始めて15分程で登山口は閉められたとのことです。

     途中、上で強風が吹いたので、登山口が閉められたことに納得しました。  閉じる

    投稿日:2019/05/03

  • 登山の登頂には運が必要か

    • 5.0
    • 旅行時期:2018/08(約2年前)
    • 1

    ウルルに運良く登頂できた。速やかに晴れ渡った朝の7時頃だった。風は全くその時には吹いていなかった。鎖を持たなければそのまま...  続きを読む落下しそうなほどの急坂だ。息を切らして山頂に登った。そこは下とは別世界の自然環境。日本では経験したことのない突風が吹き荒れている。だから、登り口に少しでも風が吹いていると登山禁止となる。晴れていても登れるとは限らない。年間を通じて一番登頂率が高い8月でも登るには運がいると思った。2回とらいしても登れなかったツアーの人達を間近にみた。可愛そうでならなかった。だから、僕は少しでも登頂率を高めるために、レンタカーを勧める。そうすれば2時間ごとに登板が更新されるタイミングで来ることができるから。レンタカーなら、リゾートから50キロ離れているカタジュタにも容易に行くことができるから。道路は運転しやすいから大丈夫。空港周辺やリゾート周辺までは携帯WIFIも受信できるけど、ウルルやカタジュタでは全くWIFIは使えない。でも、道路標識が出ているし、道路は複雑ではないから心配いらない。絶対にウルル観光はレンタカーで。滞在中何度でもトライできるから。  閉じる

    投稿日:2018/08/17

  • 思ったより大変

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/05(約2年前)
    • 0

    ウルル登山が出来る確率は30%くらいと聞いていましたが、初日で登る事が出来ました。最初に斜度の急な場所は鎖が付いています。...  続きを読むある程度平らになってから頂上までも思いの外距離があり、又小さな裂け目が沢山あって怖かったです。  閉じる

    投稿日:2020/03/29

  • イボ付き軍手は必需品

    • 5.0
    • 旅行時期:2018/05(約2年前)
    • 1

    普段運動などしないのでエアーズロックの登頂はとても大変でした。
    岩はざらざらしているし、鉄の鎖はすべりやすいので、イボ付...  続きを読むきの軍手は絶対に持っていった方が良いです。
    登るより降りるほうが難しいように感じました。
    頂上で十分休息を取った方が良いです。
      閉じる

    投稿日:2018/06/24

  • 来年には登頂できなくなります

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/05(約2年前)
    • 1

    アボリジニの聖地であるエアーズロックへの登山は来年には禁止になるそうです。

    風が強い場所なので登頂ゲートが開く確率は...  続きを読む低いですが、2時間ごとに係員が明けるかどうか決定するということで、そのころにはゲートに人だかりができます。

    始まりの急な岩登りの様な坂には驚きます。途中から鎖がありますが、左側通行となっているようです。往復で2時間もあれば行ってこれます。
    登るためには水を1リットル持参しなければなりません。

    私は登る時より降りる時の方が怖かったです。  閉じる

    投稿日:2018/05/22

  • 神秘的

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/09(約3年前)
    • 0

    登頂できるとは限らず、気温、風速の条件がみたさないと登れません。朝閉まっていても途中から登れることもあります。登頂率が良い...  続きを読む気候を調べ行ってみてください。もうすぐ登頂すらできなくなるみたいです。一度は体験してみるべきでしょう。赤土なので靴がかなり汚れます。登りはスタスタと登れます。ただし傾斜があり鎖をもって登らないと行けない道もあります。そのため一人づつしか登れない所もあります。下りは傾斜がきびしくたっておりることができず、鎖をもっておりる感じなので前の人がゆっくりだと、すごく時間がかかります。登り口の所に一つだけトイレがあるみたいです。まわりにはもちろん店は全くなくお水も買うことができませんので、持って行ってください。現在はもう登頂できません。悲しいなぁ・・・。  閉じる

    投稿日:2020/01/02

  • 強風のため登山道は閉鎖

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/09(約3年前)
    • 1

    エアーズロックの登山道は閉鎖されることも多いらしく、当日行ってみなければわからないようでした。ツアーで訪れましたが、強風の...  続きを読むため登山道は閉鎖されており、時間をあけて再度登山道の様子を見にバスで向かいましたが、やはり強風のため閉鎖されたままだっため、周辺観光のみとなりました。
      閉じる

    投稿日:2019/06/12

1件目~20件目を表示(全85件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5

このスポットに関するQ&A(2件)

  • エアーズロック キャンプ1泊2日ツアー & ウルル登山(登頂)がしたいです締切済いつでも

    • 投稿日:2019/09/30
    • 3

    2019年10月23~26日にひとりでエアーズロックに行きます。

    23、24、25日と3泊して26日にエアーズロック...  続きを読むを発つ予定です。

    ウルルは初めてで、今回チャンスがあれば是非登山をしたいと思います。

    24&25日の2泊は手ごろな宿が予約出来たので、予約できなかった23日はもともと興味があった(エアーズロック発着)キャンプツアーに1泊2日で参加したいと考えています。

    イメージしている予定は
    【1日目】サンセット、【2日目】サンライズ/カタジュタ/風の谷/ウルル登山、【3日目】(10/25) ウルル登山再挑戦 または前日ウルル登山出来ていたとして、前日申込できたならばキングスキャニオン日帰りツアー(体力とその時の気分に相談)


    ツアーでの私の希望は、
    ・初日は宿が取れなかったのでキャンプツアー泊は必須
    ・BBQディナー
    ・サンセット
    ・サンライズ
    ・カタジュタ/風の谷散策
    ●ウルル登山

    特にチャンスがあればウルル登山に挑戦出来れば良いなと思うのですが、
    各ツアーを参照してみる限り、ウルル麓散策とカルチャーエンター訪問が主で、あまりツアーにウルル登山が予定されていない様に見えます。(どちらか好きな方選べますという案内も書いていません)

    登山ありのツアーを見るとキャンプではなく、ホテル宿泊者対象のものならあるようですが..
    例)↓
    https://www.veltra.com/jp/oceania/australia/ayers_rock/a/1045

    私の希望と同じような方で1泊2日キャンプツアーでウルル登山希望者は行って良いですよというツアーに参加された方居ましたら、どこのツアーか教えて頂けませんでしょうか?

    また、詳細は書いていないけど、実際参加したらどのツアーもウルル上りたい人は行ってきて後で集合ねーという感じになるのでしょうか?

    Adventure tours等はそもそもウルル登頂を推奨していないのでツアーで予定していない様な情報も目にしました。

    例)↓ツアー口コミ
    https://www.hotholiday.jp/products/review/list/id/48/ 


    ツアーにウルル登山なしだったら、1泊キャンプツアー終了後にエアーズロックリゾートに帰着解散後にHop on Hop offで再びウルルに自分で行って午後に登山できるかどうかも検討しましたが、時間的に午後3時40分にウルルに向かうのでは少々遅いというか時間が勿体ない気がしています。

    事前に 同日のHop on Hop offを購入し、ツアーは途中で脱落させてもらえるならリゾートまでは送ってもらわずにウルルで降ろしてもらい、帰りは個人でHop on Hop offの最終便でリゾートに帰るのが効率が良いかと思いますが、それができるかわかりません。 ツアー会社と交渉してフレキシブルに行動された方居ますか?

    レンタルサイクルも検討しましたが、3時間$50位?時間が限られてお値段も安くなく、ハードになると思い体力温存をしたいので却下しました。

    レンタカー少し検討しましたが、初日のキャンプツアー希望や、ウルル登山によって予定を変えていきたいので、場合によってはそんなに必要ないかもと思い、今回は却下しました。

    長くなりすみません、何か情報ありましたらよろしくお願いします!!!  閉じる

    回答(3件)

    ご存知かと思いますがウルル登山は10月26日以降出来なくなります。
    目的が登山なら毎日、挑戦すべきではないでしょうか?そ...  続きを読むれでも登山は風任せなのでゲートがオープンするとは限りません。あとは運次第ですね。

    エアーズロックもウルル登山が消えたら観光地としては魅力が半減するでしょうね。登山以外で興味を引く内容といえば疑問です。
    全てがウルル登山の付録だと思います。

    とにかく頑張って毎日挑戦して下さい。(by arainaさん)  閉じる

  • 持参して良かった〜物を教えて下さいませ。締切済早めに!

    • 投稿日:2011/02/17
    • 5

    エアーズロックに憧れて、十数年!
    やっと3月に行く事が出来ます。
    で、これは持って行った方がいいよ〜って、
    物があれ...  続きを読むば、是非教えて下さい!  閉じる

    回答(5件)

    初めまして。

    登山はツアーで参加されるのでしょうか?
    ツアーによっては、デイバックにミネラルウオーターを配布するの...  続きを読むもあるよです。


    ウルル登山の最初は、かなり急です。
    すこし進むと鎖がありますので、それを伝って登ります。
    歩きやすい服装や靴はもちろんのこと、帽子やサングラスなどもあれば良いでしょう。


    私は、両手が開くデイバックにガイドブック・水・タオル・カメラを入れ、帽子とサングラスと軍手で装備しました(^_^;


    子供さんやお年寄りも挑戦されますが、滑落事故も起きています。
    風も強いので十分注意の上、挑戦して下さい。


    カタ・ジュタまで見渡せるエアーズロックからの絶景を、お楽しみ下さい♪(by レモンパパさん)  閉じる

    ムーンさん
    by ムーンさん

エアーズロック登山について質問してみよう!

エアーズロックに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • みけさん

    みけさん

  • bare1005さん

    bare1005さん

  • レボさん

    レボさん

  • すーさんさん

    すーさんさん

  • はるのうららさん

    はるのうららさん

  • ぐりこさん

    ぐりこさん

  • …他

Q&Aをもっと見る

PAGE TOP