1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. イタリア
  5. ヴェネト州
  6. ベネチア
  7. ベネチア 交通
  8. ユーロナイト (国際夜行特急)
ベネチア×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ユーロナイト (国際夜行特急) Euro Night

鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

ベネチア

このスポットの情報をシェアする

ユーロナイト (国際夜行特急) https://4travel.jp/os_shisetsu/10006504

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ユーロナイト (国際夜行特急)
英名
Euro Night
カテゴリ
  1. 交通
  2. 交通機関
  3. 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(6件)

ベネチア 交通 満足度ランキング 17位
3.24
コストパフォーマンス:
3.83
余分にかかるタクシー代はコスト無限大 by motoamiさん
利便性:
3.40
早朝起こされて乗り換えさせられるのは大変不便 by motoamiさん
  • 時期によって込み合い度違う

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/04(約4年前)
    • 0

    4月に利用した時はがらがらで、一車両には2組の乗客しかいませんでした。座席でしたが、横になり放題です。途中鉄道警察が乗って...  続きを読むきて巡回していました。10月に利用した時はとても混んでいて、コンパートメントの6人室でした。窮屈その上なし。  閉じる

    投稿日:2019/03/20

  • ドイツへの移動には注意が必要

    • 2.5
    • 旅行時期:2015/10(約6年前)
    • 0

    2015年九月以降、難民の大量移動への対策のためドイツ政府が国境の警備を厳しくしていることはニュースなどでご承知かと思いま...  続きを読むす。付随して鉄道の運行も制限しているようで、ヴェネチアからミュンヘンへの夜行寝台列車・EN236は10月12日現在、運行されていません。

    同じ列車番号のウィーン行きは通常通り運行されていましたが、ミュンヘン行きの車両は接続されておらず、オーストリア鉄道の車掌の説明では、すでに3週間そのような状態らしい。

    我々が、九月十日イタリア国鉄に予約した時点では、特に注意喚起はなく、イタリア入国後の発券時十月八日にも知らせはありませんでした。自動発券機でしたから、それこそ機械的にプリントしたのかもしれませんが。

    ヴェネチア・サンタ・ルチア駅でのアナウンスはほぼイタリア語のみに聞こえ、注意していなかったせいか、いざ列車が入線して、自分たちの乗るべき車両が見つからず、上記オーストリア鉄道の車掌に説明を受ける羽目になりました。

    経緯は省略しますが、車掌の案内により我々には6人用のクシェット・コンパートメントが与えられ、ミュンヘンまでの最寄駅であるザルツブルク中央駅で起こしてもらうことに。人数分のシーツ・枕・ミネラルウォーターが提供され、まずまず快適に過ごせました。

    ザルツブルクからミュンヘンへは、国境を超えたドイツ側の駅・Freilassing までタクシーで向かい、その後始発のミュンヘン行きを利用するようにとのことでした。この間のタクシー代は20~30ユーロで自己負担。途中、パスポート検査があるからそのつもりで、とのことでした。

    早朝4時のザルツブルク駅はかなり冷え込み関東地方の真冬なみ。しかしながらタクシーは何台も付け待ちしていて焦る必要はないようです。他にも何組か旅行者がいましたが争奪戦にはなりませんでした。

    実際、15分乗っていたか、という程度でFreilassing 駅に着き、途中のパスポート・チェックも簡単なものでした。料金は25ユーロ。旅行保険の補償の対象になるでしょうから運転手から領収書を受け取ることをお勧めします。我々は忘れましたが。

    運転手によると、250ユーロ出してくれればミュンヘンまで行く、とのことでしたがそこまでの余裕はなく、体力的には余力があったのでFreilassing までで良しとしました。始発電車に乗り、予定の寝台列車より一時間遅れでミュンヘンに到着することになりました。

    このドイツ国鉄が運行されない状況は当面続きそうなのでくれぐれも注意してください。ローマを出てミュンヘンに至る、EN236も途中オーストリアを通過するので、インスプルック止まりになる可能性があります。これは日中の列車でも同じことでしょう。この辺りは推測になりますから確言はできませんが。

    イタリア国鉄のオンラインページでは、相変わらず注意喚起がなく、普通にドイツに至る列車が選択できてしまいます。実際の運行状況を確かめるすべを知らないのでこれ以上のことは書けませんが、ともかく、くれぐれも御注意ください。






      閉じる

    投稿日:2015/10/17

  • ヴェネツィア→パリリヨン クシェット利用

    • 5.0
    • 旅行時期:2013/12(約7年前)
    • 3

    ユーロナイト(テロ 旧アルテシアナイト)
    19:20ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅発-翌10:11パリ・リヨン駅着
    E...  続きを読むuro Night 220に乗車しました。
    乗車すると車掌が来て、検札とパスポートを預けます。(パスポートは朝に返してくれます)
    きっぷはテロのホームページで予約しA4にてプリントアウトしました。55ユーロ。
    通路側の上に荷物が置けますが、重いものは少し持ち上げるのが難しいかもしれません。
    ペットボトル、寝具も用意されています。
    途中で乗られてきた向かいの老夫婦の方がベッドメイクを教えてくれました。下段の座席は奥の方が下がっているのですが、少し持ち上げながら引っ張るとフラットになります。またシーツは封筒型のシュラフみたいになっていて、シーツを1枚はがしてその間に体を入れるようになっていました。  閉じる

    投稿日:2014/08/02

  • 何度も起こされました

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/08(約10年前)
    • 1

    ヴェネチアから(スロヴェニアを通過して)、クロアチアのザグレブ中央駅まで利用しました。(2等寝台)
    イタリア・スロヴェニ...  続きを読むア・クロアチアで有効なユーレイルパスを持っていると、34ユーロの追加料金で乗れます。

    利用したのは8月でしたが…6人部屋のコンパートメントはとにかく暑かったです。コンパートメントに入ると、20本ほどの500mlミネラルウォーター(単純に6人で割ると一人3本ちょっと)が置いてあり、「何で?」と思いましたが、後になってその意味が分かりました。(暑さで喉がカラカラでした)

    乗車時点で、
    21:20ヴェネチア

    翌4:20ザグレブ
    という予定でしたが
    ・2時半頃にスロヴェニアの出国駅で出国審査のため起こされ、また寝たものの
    ・3時過ぎにクロアチアの入国駅で、入国審査のため起こされ、また寝たものの
    ・4時前に車掌さんから、「そろそろ着く」と起こされました…。
    (注:寝ぼけていたので、上記時間は多少ずれているかもしれません)
    国際夜行列車だから仕方ないとは思いつつ、体にはきつかったです。

    こんな感じで非常に疲れましたが、降車時に車掌さんから朝ごはんを渡され、そんなサービスを知らなかったので、すごく嬉しかったです。
      閉じる

    投稿日:2012/09/30

  • 修学旅行気分で楽しむ寝台車

    • 3.5
    • 旅行時期:2011/03(約10年前)
    • 1

    ウィーンとヴェネチア間を移動するのに
    寝台車を利用してみました。

    個室には3つベッドがありますが、2人での利用が可...  続きを読む能。
    かなり狭いけど、それも楽しむつもりで利用したい移動手段です。

    食堂車は無いので、事前に食事を済ませるか
    何か買って持ち込みましょう。

    乗るなり、翌日の朝食のリクエストを出さねばなりません。
    スチュワードも同乗していますが
    よっぽどの事が無い限り登場しません(笑)

    朝のヴェネチアに入る時が、とてもいい長めなので
    ウィーンから乗ることをおススメします。
    ただし、チェックイン時間まで、だいぶ時間があるのが困るんですけどね。
    出来ればアーリーチェックインをリクエストした方がいいでしょう。  閉じる

    投稿日:2011/07/20

  • ヴェネチアとザグレブを結ぶ唯一の列車

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/02(約10年前)
    • 2

    ヴェネチアと旧ユーゴ諸国を結ぶ直通列車は
    唯一、このユーロナイト(EN441 ベネチア発、EN440 ブダペスト発)です...  続きを読む
    ベネチアとクロアチアのザグレブや、
    セルビアのベオグラード、そしてハンガリーのブダペストを結んでいます。
    ベネチアはサンタ・ルチア駅21:20発。
    ベネチア出発時は6両編成で、そのうち5両はブダペストへ、
    残りの1両だけがザグレブで切り離されてベオグラードに向かいます。

    寝台車は朝食付きで、結構快適でした。
    国境ではパスポートコントロールがあるので起こされることと、
    ザグレブ到着は早朝(4:20)なので冬場は寒さに留意してください。




      閉じる

    投稿日:2011/03/22

1件目~6件目を表示(全6件中)

このスポットに関するQ&A(2件)

  • 寝台列車でパリからベネチア 教えてください締切済早めに!

    • 投稿日:2014/02/06
    • 7

     ヨーロッパの数都市での鉄道移動の経験はあるのですが、長距離移動は経験がありません。
     今回、パリから、空路ベネチアを考...  続きを読むえていたのですが、鉄道はどうかと考えてRAIL EUROPEから Euronightで、パリ発12:29 ベネチア着9:35と言うのを見つけ、これはと!寝台です。

     ちなみに、パリは経験があり、イタリアはローマ、フィレンツェは経験がありますが、ベネチアは初めてです。

    そこで質問なのですが、

    1.インターネット予約ですか

    2.初心者でも乗れますか(笑)?

    3.どのような寝台車でしょうか?

    4.ベネチアで駅から、サン・マルコ広場までの移動手段は何でしょう。

    どうぞよろしくお願いします。
      閉じる

    回答(7件)

    おはようございます。

    1.オンライン購入サイト
    フランス国鉄SNCFの英語版
    http://en.voyages...  続きを読む-sncf.com/en/home/
    2.27日で検索すると次の夜行列車があります。
    途中でドイツのシュトットガルトとミュンヘンで乗り換えです。
    Paris17:25
    Stuttgart HBF(中央駅)21:05着/21:12発
    Munchen HBF23:27/23:40
    Venice S Lucia着8:25
    2等 早割Saving Fares 176.20euro

    2.3.鉄道経験があれば乗れると思いますが、国によって車両の設備が異なるのでこの鉄道ハンドブックを見てご自分で判断してください。
    http://4travel.jp/overseas/area/europe/austria/wien/tips/10180740/
    フランスでは寝台車は廃止され、ベッド棚だけの車両しかないそうです。

    4.ベネチアのサンタルチア駅(終点)の駅前広場は運河に面しており、駅を出て左のすぐ前が水上バス(ヴァポレット)乗り場Ferroviaです。
    サンマルコ広場の最寄りの停船場サン・マルコ・ヴァッラレッソまでは各駅停の1番船で25分、急行2番船で20分程度です。(時間帯で異なる)

    参考旅行記に駅前の様子を載せてあります。
    ヴェネチア サンタ・ルチア駅、ローマ広場界隈2011?
    http://4travel.jp/travelogue/10623426

    ヴェネチアの詳しい旅行記5編がリンクした鉄道の旅総集編を参考にしてください。
    http://4travel.jp/travelogue/10617323

        yamada423


    (by yamada423さん)  閉じる

  • ベネチアからウィーンへの寝台列車締切済早めに!

    • 投稿日:2012/10/27
    • 1

    気が早いのですが、来年7月の航空券を予約しました。
    日本からベネチアに入り、ベネチアから夜行列車でウィーンへ移動して、ウ...  続きを読むィーンから日本へ帰る予定です。
    ベネチアからウィーンへの直行は一日2本、夜行だと20時台に出発し、11時間11分で8時台にウィーンへ着くようですが、クシェットは4人部屋しかないのでしょうか。
    女性2人旅なので、アドバイスや関連情報をお知らせください。  閉じる

    回答(1件)

    こんにちは。初めまして。
    今年の夏、ベネチアからウィーンへデラックス寝台を利用して
    夫婦で移動した者です。三人まで対応...  続きを読むの部屋で、ワインやお水なども
    三人分用意してありました。もう1人誰か乗って来るのかと
    思いましたが、結局誰も来ませんでした。

    シャワーはあまり期待できないかもしれません。なぜなら
    水の出が悪くチョロチョロと滴る程度だったのです。
    仕方なく、持っていた飲料用炭酸水で体を洗う羽目に…笑
    まあ、これは部屋によるのかも知れませんが

    乗り心地は十分快適で、グッスリ寝られます。
    夜明けとともにイタリアとはまったく違うオーストリア
    の景色が広がり、とても印象に残っています

    朝食は前夜車掌さんがリストを持って聞きに来てくれます。
    パンやヨーグルトなどが選択できます。味はそこそこです。

    上記のような体験ができて1人139ユーロだったので、
    ホテル代を削減できたこともあり、私は大満足でした!(by oikazeさん)  閉じる

    cherryさん
    by cherryさん

ユーロナイト (国際夜行特急)について質問してみよう!

ベネチアに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • Halukaさん

    Halukaさん

  • motoamiさん

    motoamiさん

  • クソソソ。さん

    クソソソ。さん

  • hiroさん

    hiroさん

  • つみきさん

    つみきさん

  • 五郎さん

    五郎さん

Q&Aをもっと見る

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP