旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

パリは素晴らしいですか?

  • パリは素晴らしいですか?

    • 投稿日:2020-02-27
    • 回答:17

    締切済

    いつも貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
    5月に、ベネルクス旅行を予定し、航空券とホテルは予約済です。
    情勢がこのようなので、出発するかは決めかねていますが、
    「あそこへ行こう」「これを食べよう」と、
    予定を練り直して楽しんでいます。

    先日、他の方の質問で、
    「パリに行くが、最後の1日をアムステルダムにあてたほうが良いか?」
    (要約です。申し訳ありません)
    といったものがあり、
    多くの方々が、
    「パリに全部あてたほうがいい。パリは何日、何回行っても足りない」
    と答えていらっしゃいました。

    私は、パリは、10年以上前、イタリアのツアーで
    最後に2泊しただけで、正直魅力はわかりませんでした。

    今、アムステルダムを下調べして、
    「何と素晴らしいのか、日数が足りない」
    と感動しています。

    けれど、パリは、それ以上に素晴らしいのでしょうか…
    何がそれほど魅力的なのですか?

    長々と、くだらない質問で申し訳ありませんが、
    教えていただけるとありがたいです。

    計画倒れに終わるかもしれませんが、
    来年は、フランスに行ってみたいな、と思い始めています。
    よろしくお願いいたします。

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 17件

  • 回答日:2020-03-18

    BONJOUR! パリ在住 元国際ツアコンです。

    80カ国以上仕事で回りました、選んだ街はパリです。憧れがあったわけではないのですが、気がついたらもう8年住んでいます。
    規模としては東京より小さいですが、何よりも歴史とモダンさ、そしてウイットなユーモアに溢れたフランス人の国民性、美味しいお食事(私は和食派ですがヨーロッパの中では断然パリが美味しいです)です。
    ガイドのくせに実は絵画はそんなに個人的に興味はないので、美術館以外でも見るところはたくさんあります。 パリは歩く街です。
    ただ、せっかくはるばる来たのだから違う国もぜひ!ということであればアムステルダムも悪くないですよ、街の雰囲気が変わります。
    アムステルダムは小さな街なので1日あれば街は見て回れます、あとは好みですよね。

    パリでのスムーズなアテンドが必要であればご依頼ください。
    素敵な旅になりますように!

    お礼

    Alana 様 BONJOUR!
    回答をいただき、ありがとうございます。

    パリにお住まいなのですね!!
    80か国もの国々を、お仕事で回れたとのこと、
    素晴らしいですね。

    プロの眼から見た、パリの素晴らしさをたくさん教えていただき、
    ありがたいです。
    「ウイット、ユーモアに溢れたフランス人の国民性」
    というのも魅力的です。
    あと、やはり「美味しい食事」というのも、旅の大切なポイントです。

    このような事態が起こってしまって、
    旅が自由にできなくなり、残念です。

    また、以前のような状況に戻り、
    パリ旅行の計画を進める時が来たら、
    よろしくお願いいたします。

    フランスも大変な雰囲気ですが、
    Alana様も、お体に気を付けてお過ごしください。

    貴重なご意見ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    Alana さん

    Alana さん

  • 回答日:2020-02-29

    こんばんは。

    ベネルクス、良いですね。そこに集中して楽しんできて下さい。

    パリ、行ったばかりですがまた行きたいと思うくらい魅力的な街です。

    周りきれていないと言う感じが強く、次はどこを攻めようかと思案しているだけでワクワクしてきます。

    行きたいところや目的はそれぞれ違うと思っていますので、あなたらしい旅を作っていただければと思います。

    Have to ではなくGoing toで行く方がストレスフリーでいけると思います。

    何をしたいかを決めて、でも都度都度見直すことも大事だと思いますよ。

    自分らしい目的が決まれば、後は準備していけば応用が効きます。

    あなたらしいParisを探してください、きっと素敵なものになりますよ。

    お礼

    こうっち様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    パリに行ってこられたのですね…
    うらやましい…
    この質問をした当時は、こんなことは思いませんでした。
    今は「いいな…」と思います。

    やはり、都市として、観光、
    みなさまから頂いたご意見をパクりますが、
    衣食住としての魅力の規模が巨大なのですね…

    旅計画の最中は、とても楽しいですよね。
    少しずつ固めて行って、形ができてくるのがとても楽しい。
    こうっち様のおっしゃるように、わくわくします(笑)

    今はベネルクスにのぼせていて、
    旅計画の練り直しを繰り返しています。
    やはり楽しいです(笑)
    「自分らしい旅を作れ」
    と言っていただき、感動しています。

    アドバイスをいただけて嬉しかったです。
    こうっち様のこれからの旅も、素晴らしい物でありますように!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    こうっちさん

    こうっちさん

  • 回答日:2020-02-29

    パリのカフェでショコラやジャンボンを食べたり、ルーブルやオルセーで絵画の色彩に触れ、街では都会的な洗練された多様な人種のパリの人がたくさんいるところでしょうか。
    調べるとやはり黒人の人は、セネガルやカメルーン、マリからの移民が多く18区には市場もあります。そのくらいパリというと洗練された黒人の人たちが多くいる多文化を思います。

    https://travelnoire.com/what-it-means-to-be-black-in-paris

    お礼

    ミロのブイ茄子様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    「ジャンボン」とは何かな…と思い、
    探してきました。
    美味しそうです(笑)

    やはり途方もない数量と芸術度の高い美術品たち、
    そして、多彩な人々こそがパリの魅力そのものという
    ミロのブイ茄子様のご意見が、新鮮です。

    教えていただいたアドレス先も、見に行きました。
    私は表現力が皆無なので恥ずかしいですが、
    「かっこいい…」と、直球で思いました。

    多文化が存在するということは、
    深い歴史を感じます。

    多くの方々が熱狂する理由が、少しずつわかってきました。

    貴重なご意見をいただき、ありがとうございます!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-02-28

    こんにちは
    パリとアムステルダムの魅力の比較は難しいですね。
    パリは50年以上前の学生国際交流で長期滞在して以来、仕事(出張)と個人旅行で何度となく訪れたので、私にとってはすばらしい都市ですが、理由を説明するのは容易ではありません。
    ナポレオンの威光による歴史的建造物と都市のデザイン(いわゆる街並)、美術館、レストラン、ブランドショップ、カフェ、などは表面的に理解しやすい項目ですが、観光客にとっては個人差があり魅力であるかどうかはわかりません。
    私が魅力に感じるのは接する現地の人々のセンス、エスプリのある反応で、会話(仏・英)ができて、何度も経験しないとわからないと思います。
    料理やパン・チーズ・ワインなどの食品は東京でもほぼ同じレベルのものがあるので、パリに行かなくても味わえます。

    アムステルダムは昨年しばらくぶりに行きましたが、小さい町の観光客の密度はパリの比ではなく、広場は活気にあふれ、夜も路地裏までにぎわっていました。
    オランダの会社との付き合いがあり、オランダ人の性格の談義をしたことがありますが、「オランダ人が外国人に対して親切なのは、17世紀以来世界中を相手に貿易で成り立ってきた立国の精神に由来する」そうです。
    この点はナポレオンに由来する誇り高きフランス人とは正反対です。

    一言で比較すればパリが銀座・日本橋でアムステルダムは新宿・渋谷の感じです。
    アムステルダムは英会話が普通にできれば初めてでも十分楽しめます。
    これから先、5日間2回以上パリに滞在するつもりがあればパリが好きになる可能性があると思いますが、それがなければアムステルダムのほうがよいと思います。

    参考旅行記
    パリの理解の参考に、一昨年9月に初パリの末娘と5日滞在した記録で、初めてでも十分楽しめたと言ってました。
    第1回 ノートルダム寺院
    https://4travel.jp/travelogue/11445600
    第2回 エッフェル塔
    https://4travel.jp/travelogue/11448480
    第3回 モンマルトル
    https://4travel.jp/travelogue/11450216
    第4回 ルーブル美術館・オランジュリー美術館
    https://4travel.jp/travelogue/11452203
    第5回 オルセー美術館
    https://4travel.jp/travelogue/11456207
    第6回 ヴェルサイユ宮殿
    https://4travel.jp/travelogue/11459907
    第7回 4日目午後・5日目(帰国)サンジェルマンとルーブル夜景
    https://4travel.jp/travelogue/11465519

    アムステルダムが最終地の昨年10月の列車の旅ハイライト
    https://4travel.jp/travelogue/11592184

    yamada423

    お礼

    yamada423様 こんばんは
    回答をいただき、ありがとうございます。

    意思の疎通が取れ、そのうえ、気の利いた知的な会話がかわせる、
    そのようであれば、旅は、とても楽しいものだと思います。
    そのような旅をなさるyamada423様は素晴らしいし、
    とてもうらやましいです。
    残念ながら、正直、私にとっては、難易度の高いことです(笑)

    皆様から様々なご意見をいただき、
    パリへの熱狂の理由が、少しは理解できました。

    旅行記を紹介していただいて、ありがたいです。

    今は5月に予定しているベネルクス旅行の計画に熱中していますが、
    それの旅が楽しく済み、次はフランスだな、と
    下調べに入れたら、一番いいんだけどな、と
    勝手ながら考えています。

    貴重なご意見をいただき、ありがとうございました!!
    (by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    yamada423さん

    yamada423さん

  • 回答日:2020-02-28

    おまけ


    巴里はサバくてスバラごい(^_^)///です。


    サバくもスバラごいも、私の元同僚の語学堪能だったフラフラ人のボネさんのフラフラジャポネのチャンポン造語です。
    ポール ボネさんじゃぁないです。


    彼は、サバい。(ça va 元気、大丈夫)
    サバい、サバくないって、
    って、ええなぁ、やべぇ、あかん的な日仏チャンポン造語を開発した達人でした(^_^)ブラボー///


    そして、彼は、スバラごい、も開発しました。

    スバラごいって、

     はー(=_=)⁉なんやねん

    って、最初はわからへんかったです。

    にっこりフラフラっと面白がって曰ってました(^_^)爆死級
    意味は、素晴らしいやろ、スバラごいってフラフラ語では、トレビアンやろ?


    元同僚のフラフラ人のフラフラ造語ジャポネの言葉を借りれば、
    巴里は、サバくてスバラごいです(^_^)///ウイー

    お礼

    pal様
    貴重な情報をありがとうございます。

    ふらふら…東北の言葉のようです…

    「巴里はサバくてスバラごい」
    巴里は寒くて凍れる…かな?
    と想像してみました。

    違いました…

    「巴里はサバくてスバラごい」
    パリの魅力を表す、素敵な言葉ですね。
    「元気で素晴らしい」

    なんかパリ、お高く留まった嫌な女みたいなイメージも持っていましたが、
    かなり崩れました…。

    魅力も巨大で、奥が深いです。

    ありがとうございました!!

    (by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    palさん

    palさん

  • 回答日:2020-02-28

    文化、歴史、美術/博物館、建築物、言語などに興味ないなら、
    巴里に行っても無意味ですねぇ。


    私はフラフラ国には出張で10度程行きました。
    積極的旅行じゃなくて、でも、出張のついでに巴里を楽しみましたよ。

    パリも大好きですが、ローマ史が大好きで、どちらかと言われれば、ローマの方が好きです。
    私には、パリは仏語で楽々で、イタリア語は(=_=)わからん言葉で片言でヘロヘロでしたけど、それも楽しみました。
    看板などはフラフラ語のおかげでなんちゃってでフラフラっと片言で読めて、
    ローマでは1週間ほどフラフラっと放浪して満喫しました。

    私は、ガリア以北のゲルマン系諸国には、全く興味がないですねぇ。
    ローマの辺境だったアングロサクソンのブリブリ島にも興味ないです。
    東欧の可愛い美女には興味津々ですけどぉ(^_^)爆


    私は、理系の大学としては、選ばざるおえない、
    第2外国語のドイッチュランド語の文法への恐怖です(>_<)///トラウマです(>_<)///
    ひたすらdas, des, des dam と拷問的な独語文法だけで ブヒーっと恐怖でしたぁ。。。
    せめて、プロストとか、ドイッチュランド人と出会っても、楽しめる言葉/フレーズを教えて欲しかったですねぇ。

    旅先でドド人と出会ったら、私のドド語数語でプロストと笑いをとって、後はブリブリ語です(=_=)
    イッヒ シュプレッヘン ニヒト ドイチュです(=_=)/

    仏語もありましたけど、講義は土曜日の午後で、選択するのは、よっぽどの物好きでした。。。


    ひょんなことで、フラフラ会社にフラフラっと入社して、
    フラフラ語もブリブリ語(或いは、コメコメ語)も仕事レベルで習得しました。

    でも、私がヨーロッパ旅行するなら、大好きなローマ史の、イタリアです。
    でもヨーロッパで、もっとのんびり旅行で心地よかったのは、ポルポル国です。
    ポルポル語の看板って、フラフラ語感覚で、なんちゃってで読めたり、プチコミュニケーションを取れたり〜
    ポルポル語は日系ブラブラ人にちょっと教わっていました。
    ポルポル国は、ムッチャええです。

    でも、私は、それよりも東南アジアの国々のほうが面白くて、バックパッカー旅行で大好きですけどねぇ。
    特に旧Indochine(アンドシン(インドシナ、印仏 ) 諸国が大好きです。
    私はベトベト語とラオラオ(タイタイ語の方言的)語だと、旅行会話程度はok(^_^)vでバックパッカー旅行です。


    人によって魅力を感じる壺は違いますね。
    何か魅力を感じるテーマを考えて旅行すえるのがええと思います。


    Bon voyage (^_^)///


    お礼

    pal様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    文化、歴史、美術/博物館、建築物、言語などに、
    興味はあります。
    ただ、知識はありません(悲)
    知識がないので、有名どころに飛びつきやすく、
    「これが名画だ!!」と言われれば
    「やはりすごいな」
    と思い込むような単純さがあります。

    フラフラ英米…
    ビジネスが成立するレベルの語学を身につけられているのは、
    本当に素晴らしいし、うらやましいです。
    ベト、ラオ、タイも…すごい…
    会話が成り立つと、旅の楽しさが全く違いますよね。
    pal様の、たくさんの旅先の話も楽しかったです。
    (ポルポル、私も大好きでした)

    Bon voyageと言っていただいて、嬉しかったです。
    アドバイスいただき、ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    palさん

    palさん

  • 回答日:2020-02-28

    自分の感覚に従いましょう!
    他人にいくら「いいよ〜!」と言われても、ピンとこなければそれまで。

    行ってみたら違った、なぜ、今まで来なかったんだろう…というケースはあるかもしれません。
    でも、ガイドブック読んでも、あまり惹かれなかったら、そこに行っても同じような印象を受ける気がします。

    フランスには何度も行っていますが、私はパリよりも田舎に惹かれます。
    パリ好きの方からしたら、信じられない!ナゼ???でしょうね。(^^;

    それよりも、新型肺炎が収まって、安心して旅行に行けますように!
    ベネルクス旅行で、今度はベルギー、オランダのあそこに行ってみたい!が生まれるかもしれせんよ。

    お礼

    ぶどう畑様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    フランスに何度も行かれてるんですね。
    素敵です。(くどいですが、フランスには興味があり、行ってみたいのです)
    田舎、いいですね…
    (誰かの言葉かもしれませんが)
    都会はどこでも似ているけど、田舎は少しずつ違います。

    ぶどう畑様のおっしゃる通り、
    「自分の感覚に従います」!!
    今はベネルクスの下調べに夢中です(笑)

    「安心して旅行に行けますように!」
    と言っていただいて、嬉しいです。

    アドバイスいただき、ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    ぶどう畑さん

    ぶどう畑さん

  • 回答日:2020-02-28

    これは完璧に好みの問題ですね。

    素晴らしいか?

    まぁパリには観光地としての全てが揃っている・・・という意味では素晴らしいですよ。

    観光名所、素敵な滞在場所、美味しい食事等、何度も訪れたい理由は各自イロイロとありますから。

    でも、わたくしの友人達はパリよりロンドンが好き、フランスよりイタリアが好き、いや絶対にスペインだ!・・・と、それぞれ好みがあるんですよ。

    東南アジアでタイにしよーかなー、インドネシアにしよーかなーって言うのと、大差ないです。

    単純に「好きな方」で良いんです。
    それに良し悪しは関係無いと思います。

    旅のスタイルだって弾丸好きな人、スタンプラリー大好き、乗り鉄・・・、もしくはダラダラノンビリ・・・と、それぞれ違いますから。

    おっさhる通り、2日だけでは忙しくて「良さ」を実感する事は難しいのも事実です。

    パリの観光はある意味「充実しすぎ」な量・・・という側面もあり、1週間の滞在でも、かなりアクティブに頑張らないと、主要観光名所を回る事は難しいです。更に、パリはチョイ「ディープ」が楽しいという側面もあるので、パリ好きにとっては、毎回行くところ、前回行けなかったところ、新しい名所・・・と、発掘し甲斐があるため、リピーターが多くなります。

    イタリアだって、興味のある方向によって、行く場所がかなり違うのと同じです。

    好きな場所、行ってみたい場所には、あまり先入観を持たずに楽しんではいかがでしょうか?

    アムステルダムにはまだ行った事が無いので、いつか行きたいと思っていますよ。

    お礼

    ivanka様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    やはり「好み」がありますよね。

    私の周囲の旅好きの人々は、
    「パリ」だけは別物のように愛しています。
    何度も繰り返し行ったり、行こうとします。
    何でそこまで…と、不思議でした。

    私は、時間や予算が限られているので、
    リピートする余裕がなかなかなく、
    行くなら別のところへ、と思ってしまいます。
    vanka様のおっしゃる通り、
    「パリには観光地としての全てが揃っている」
    ということに尽きるのでしょうね…

    皆様のご意見をうかがったり、旅行記を拝見して、
    少しは、その魅力の巨大さを感じてきました。

    今は、5月のベネルクス旅行のための下調べを楽しんでいます。
    (行ったつもりになって…というのも楽しいんです。
    危険もないし、ただです(笑))
    そして、ちょっとパリも見てみよう。
    この週末は、そうやって楽しんでいようかな。
    (大変な思いをしている方々には申し訳ありませんが)

    ご意見をいただき、ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    ivankaさん

    ivankaさん

  • 回答日:2020-02-28

    木曜が好きさん、こんにちは。

    5月にベネルクス旅行ですか?
    実は私も5月にアムステルダム、キューケンホフ、ユトレヒト、ブリュッセル、
    ブルージュ、アントウェルペンを周遊する計画を立てており、ホテルと飛行機と
    特急列車は予約済みです。
    アムステルダムは仕事で何度か通りましたが、観光は初めてです。ブリュッセルは
    7年前に仕事で何日か滞在し、毎日夜に観光したことがあります。

    パリへは仕事では何度も行き、週末はたいていパリで観光していました。
    4年前にはようやく妻を連れていくことができました。

    というわけで、私もアムステルダムはよく知らないので、パリとの比較ができない
    のですが、例えば、散策したことのある他の都市、ロンドン、ローマ、プラハ、
    ウィーン、フランクフルトなどと比較しても、パリは見所がたくさんあり、また
    どの街角を見ても美しく飽きないということではないでしょうか?
    ローマやウィーンはそれに近いものがありますが、やはり都市としての規模の
    大きさではパリには勝りません。街角の美しさではプラハなどはパリに勝って
    いるかもしれませんが、都市の規模が小さいので、すぐに見終わってしまいます。
    その点、パリは大都会で、見所が多くあり、かつ小さな街角でも歴史と文化の
    香りがして心惹かれるような気がします。
    私などは考えてみれば東京よりもパリのほうがよほど詳しいのですが、それでも
    何度行っても、帰ったその日からまたパリに行きたくなります。

    ウィルスの影響なく、お互いベネルクス旅行を楽しめることを祈ります。

    お礼

    toshikun様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    toshikun様も、5月にベネルクスに行かれるのですね?
    私の旅も、toshikun様のルートとほぼ似ています。
    連休後、キューケンホフ公園に間に合うように出発します。
    特急列車も予約されたのですね。
    準備万端でうらやましいです。
    私は、ホテルと航空券の予約のみで、
    交通機関は何も予約できていません。
    移動は、安いバスもいいな、などと検討中です。

    ブリュッセルも滞在されていたとのこと、
    うらやましいです。

    toshikun様のように
    「パリへは仕事では何度も行き、週末はたいていパリで観光」
    という方を、羨ましい!!と思う方は多いです。
    ただ、私には、その良さが理解できなかったのです。

    やはり、都市としての規模が大きき、
    そもそもの単位が違う、という感じなのでしょうか…
    「何度言っても、帰ったその日からまた行きたくなる」
    強烈な文章です。

    ご意見をお聞かせいただき、ありがとうございました。

    toshikun様のベルネスク旅行も、素晴らしい物でありますように!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    toshikunさん

    toshikunさん

  • 回答日:2020-02-28

    質問者の方の嗜好はこの文面からはよく分かりません!調べてみたらアムステルダムに色々楽しそうと言うあとに、来年はフランスに行こうとか、そういう方にパリの良さを説くのはある意味、“馬の耳に念仏”?これ、非難している訳ではありません。普通の人は、“憧れのパリ”、“パリ以外にパリはなし”の想いでパリを目指します。すると、自分が想像したりテレビで見ただけの風景がどれも輝いてワクワク感が止まらないでしょう。逆にアムステルダムは平坦で狭い街ですが意外な発見のある街だとも言えます!両者は全く別の魅力があるのでそれを旅行者自身が一つ一つ見出していくのが旅の楽しさです!ある意味、自分捜しの旅でもあります。私の場合は旅行の前に色々、テーマを決めて、下調べ、歴史や生活や日頃の疑問を旅行中にあれこれ考え、体験すること。もちろん大好きな映画ロケ地巡りもテーマの一つ。他人の意見より、ご自分で自分のための旅行をデザインし、楽しんで下さい!あくまで私の見方ですが(笑)

    お礼

    ばー・で・ぱうえる様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    やはり、個性が違い、比較しようもないものですか…

    おっしゃる通り、私は優柔不断で、
    流行りものに、だいぶ遅れてから飛びついたり、
    他人の意見に左右されがちで情けないです。
    行きたい場所は、それなりにあり、
    「あそこは、とてもよかった」
    と聞かされると、そこも追加される感じです。
    お金も時間も、限られているので、
    取捨選択しなければ…と、悩ましいです。

    以前行ったイタリアとパリのツアー旅行の際も、
    同行者の主導でしたが、私もパリの人気と有名さに
    「あのパリに行くのか…」と期待していました。

    私の周囲も、あの都市を熱愛している人が多かったです。
    (フランスが好き、というよりはパリ、という感じです)
    わずか1日半の滞在で、半日観光で、ルーブル、凱旋門(車中から)
    エッフェル塔(車中から)などに案内してもらいました。

    本物を見た感動はありましたが、
    他の方のような熱狂はなく、
    「今度ゆっくるパリに行こう」という気にはなりませんでした。
    (フランスを旅したい気持ちはありました)

    「アムステルダムは平坦」平坦なのですね…
    それも、私にとってありがたい情報です。
    まだ見ないアムステルダムの姿が、少しはっきりします。

    「その土地の魅力を、旅行者が見つけていくことが、旅の楽しさ」
    というばー・で・ぱうえる様のお話は素敵です。

    貴重なご意見をうかがえて、ありがたいです。
    ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-02-28

    5月のオランダなら,チューリップの季節ですよね。

    40年以上前に,アムステルダム,デルフト,ユトレヒト,マーストリヒト,ブルージュ,ブリュッセルなどを周遊したことがあり,約20年前にはブリュッセルを再訪しました。

    パリとの比較ですが,まぁ京都が好きか,小京都と呼ばれるような地方都市の方が好きなのか,というような感じだと思います。私自身は,バリの街中で,犬を散歩させてるようなおばさんに,しばしば英語で話しかけられたりすることもありますが,愛想のない,フランス語しかわからないふりをするパリ人もいます。治安も決して良くはない。

    それに対してヨーロッパの小国を旅して思うことは,人々の笑顔が根本的に違うということです。日本流の「おもてなし」ではないですが,旅行者を歓待する気持ちを直に感じることも多いです。第二次大戦直後の古い旅行記などを読むと,オランダ人の対日感情が悪かったことは想像に難くありませんが,現在では,そういうこともほぼなくなっていると思います。

    私自身は,パリも大好きですが,アムステルダムやコペンハーゲン,リスボンなどの街も大好きです。アムステルダムを素晴らしいとお考えなら,ご自分の直観を信ずるべきではないかと思料します。

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/11406486

    お礼

    たっくん&ゆうすけ様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    旅行記、拝見しました。
    やはりパリ、すごいですね…美術、芸術、美味しい料理とお酒…
    幾ら日にちがあっても足りなくなりそうです。
    出てきたお菓子がとてもおいしそう…

    ガルニエ宮は、内装、装飾を見るだけでも素晴らしいですね。

    やはり、パリは京都、アムステルダムは小京都ですか。
    様々な「規模」が違うのですね。

    現地の方から話しかけられるのは楽しいですね。
    たまに、小さな親切を受けると、本当にうれしいです。

    パリ、フランスの魅力を、画像、動画、文章で教えていただき、
    有難いです。

    とりあえず、先はわかりませんが、 
    今はベネルクスにうっとりしながら、計画を詰め、
    来年は、フランス…いいな…

    「アムステルダムも大好き」と言っていただいて、嬉しいです。
    ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-02-27

    前にも投稿させていただきました。今回は、だらだらとしたお話になるかもしれませんが、参考意見として気楽にお聞き下さい。パリも良いし、その他のヨーロッパも良いと思いますので、結論的には個々の好みに帰着すると思います。私の偏見もあると思いますが、ヨーロッパの歴史は、その源流はローマ帝国なのだと思います。人の生活基盤は、「衣食住」と言いますが、「衣」、即ち、ファッションについては、パリは他の地を圧倒しています。ミラノを始めとするイタリアンファッションもパリに並びますが、イタリアのファッションもパリでの成功を重視しています。多くの人は、ファッションをフォーブルサントノーレ通り、モンテーニュ通りなどに赴きますが、これから世に出ようというファッションは、サンジェルマンデプレ付近です。メトロのサンジェルマンデプレ駅、セビルバイロン駅、ボンマルシェ百貨店辺りに集まっています。この地で、これからというファッションの買い物は、比較的低価格でこれからのファッションの買い物が楽しめます。マレ地区やオペラ座裏のギャラリーラファイエット百貨店はサンジェルマンデプレ地区よりは普通のファンション地区だと思います。この理由から、「衣」は、サンジェルマンデプレ地区、リブゴーシュということになります。「食」もフレンチが世界を圧倒しています。同意いただけると思います。いろんなレストランを楽しむことができます。最近は、日本人のミシュラン3つ星も出て、期待が高まります。一方、ヨーロッパの各地の食のレベルが上がってきました。2000年以前では格差が歴然で、ドイツ、オランダ、英国などの食事は、フランスに比べて、全然美味しいとは思いませんでした。最近は、これらの地域の食はとても良くなったと思います。フランスの高速列車がパリ北駅からブリュッセル、アムステルダム、ケルン、ロンドンに運行されるようになって、文化の移動が激しくなって、ずいぶん美味しくなったのではないかと思います。クラシック音楽はオーストリアのウィーンに譲るとして、絵画は断然パリだと思います。ドイツ、オランダ、英国はローマ帝国の辺境でした。それでも影響は強いものがあり、オランダの画家には、ゴッホ、レンブラント、フェルメールなど素晴らしい人たちがいます。でもやはり、パリがヨーロッパの文化の中心だと思います。ローマ帝国が滅んで、パリとウィーンにそれぞれ強い王権が生まれ、文化の主軸がローマから、パリ、ウィーンに移ったのだと思います。中世の王権の時代から、ルネッサンス、産業革命を経て、英国、オランダ、ドイツの文化レバルが上がり、それぞれたいへん魅力的な文化が発展しました。それらの地を訪問することも大変興味深いと思います。私も、パリにたいへん多く滞在しましたが、スペイン、ポルトガル、ベルギー、オランダ、ドイツ、ポーランド、スイス、オーストリアなどを訪問し楽しみました。ヨーロッパに興味を持たれるならば、これからも何度も渡航をお勧めします。私もまだ行っていなくて、これから訪問したいと思う地域が多数あります。

    お礼

    丸福様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    やはり、好みでしょうか…

    私自身がパリの魅力に鈍感なのは、
    それに加え、滞在時間の短さと、私自身の感性の鈍さ、
    知識の乏しさ(旅行欲だけは大きいのですが)に尽きる気もします。

    様々な方面から、パリの魅力、威力を教えていただき、
    有難いです。
    地図を見ても、領土、言い方があれですが、
    国力の違いもありますね…

    丸福様は、ヨーロッパの様々な国々を旅されていますね。
    隣近所のようでも、個性があって、美しくて、
    ヨーロッパの旅は楽しいです。
    (もちろん、他の地域の国々も魅力的です)

    「絵画は断然パリ」
    という丸福様のご意見も興味深いです。
    衣食住、文化…奥深い都市ですね。

    丸福様の、これからのたくさんの旅も、素晴らしい物でありますように…
    ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    丸福さん

    丸福さん

  • 回答日:2020-02-27

    個人で好みあるので 一概には言えません。
    逆に 「京都」「奈良」どちらが魅力ありますか?の質問 どう答えますか?

    お礼

    快特様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    おっしゃる通り、好みの問題かもしれません。
    たとえが、とても分かりやすいです。

    「羊羹」と「バームクーヘン」
    どちらが美味しいか…のようなものでしょうか…

    個人的な好みですが、「京都」と「奈良」なら、
    圧倒的に後者です。
    前者もパリも、悪くはないのですが、
    どうしてあんなにみんなが好きなのかが理解できませんでした。

    うまく表現できませんが、
    「ものすごい美人がいる」というので見に行ったら、
    「普通の美人」だった、みたいなのがパリでした。

    ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    快特さん

    快特さん

  • 回答日:2020-02-27

    こんにちは!

    私は先日パリを訪れました。アムステルダムには行ったことがないので比較してお答えすることはできないのですがパリもとてもいい所です。
    お話を聞く限り、ルーブル美術館には行っていないでしょうか。美術系に興味があるならもちろんですしあまりなくてもモナリザなど有名な作品を見ておくことはいい思い出になります♪
    それだけでなく凱旋門やエッフェル塔からサントシャペル、ノートルダムなど有名観光地がたくさんあり本やテレビ、教科書で見たことあるあそこやここに行けるのは楽しいです。
    有名どころだけなら数日あればたりますが掘り出せば見るべきところはどんどん出てきます。買い物メイン、美術メイン、それぞれの興味に応じて行く選択肢がたくさん広がっているのがいいのかもしれません✨

    パリの有名観光地は歴史とか美術とかが好きな人には特にオススメです。しかし一大観光地であるので買い物をしたい人も美術などに興味があまりない人も美しい建物やステンドグラスなど満足できるはずです!

    食事も美味しいです。本場のクロワッサンは格別です

    でも一つだけ、街を見るという意味ではヨーロッパはどこに行っても新鮮な体験にはなると思いますが、パリはポイ捨てが多いのも事実ですね...

    良い旅になるといいですね♪

    お礼

    Sorane様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    Sorane様はパリに行ってこられたのですね。
    私の、ツアー旅行は1、5日くらいの滞在で、
    半日観光、1日自由行動でした。
    ルーブルも、半日観光中ほんの少しだけ滞在し、
    モナリザなどの有名どころを数点案内してもらいました。
    建物が大きく、素晴らしいことだけは覚えています。

    知識はないのですが、美術館、博物館に行くのは好きです。
    美しいものを見るのは、とても楽しいです。

    パリの様々な素晴らしさを教えていただき、
    有難いです。
    「本場のクロワッサン」だけでも魅力的です。

    フリーの日に食べたものが、
    昼食「有名日本料理店」(母の希望です)
    夕食「星のあるフランス料理店」(オプションです)で、
    一番安い方のメニューですが、値段が私にとっては高かった割に、
    食事は普通でした…
    立ち寄ったカフェも、口に合いませんでした。
    パリの印象が、薄いのは、
    Sorane様のように「美味しい食事」に
    出会えなかったことが大きいと思います。

    「良い旅に」と言っていただき、嬉しかったです。
    ありがとうございました!!
    (by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    Soraneさん

    Soraneさん

  • 回答日:2020-02-27

    個人で好みは違うので、魅力を感じない、素敵と思わないなら無理していく必要はないのでは?
    魅力を感じないのに行く意味って逆にあるのでしょうか?

    その質問に私も答えましたが、パリやパリ郊外は観光名所がたくさんあるので、一般論でコメントしただけです。

    私は、パリの街並みを散歩したり、見ているだけで楽しいです。
    また美術館巡りや有名観光名所見学はもちろん、レストラン巡りやカフェ巡りが楽しみです。
    自宅に祖父のタバコのヤニで汚れたなんちゃってルノワールの絵画があり、オルセー美術館へ行きその本物の絵をいつも見て、あまりの色の違いで一人で爆笑するのが定番となっています。


    が、オランダやドイツなどには私は全く興味がないです。
    機会があれば行くかもしれませんが、積極的に行こうと思わないので、今まで計画すらしたことはありません。

    また、台湾や香港や中国のいくつかの都市に行ったことがありますが、正直自腹で行こうとは思わない、誰かにお金を出されても行きたくないくらい興味はありません。
    (以前行った時の街の臭いがダメなので生理的に無理だと思います)

    旅行なんて別に決まりはないのですから、興味のある場所だけ行けばよくて、行って後悔するかもと思う場所は行かない方が無難では?

    お礼

    rio様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    「フランス」には興味があり、いつか行きたいと思いつつ、
    かなわずにいました。

    私は海外旅行は、行けて年に1、2度です。
    二度目の訪問は難しいので、
    興味があり、本当に行きたいところに行っています。
    やりたいことを詰め込んだ、がつがつとした旅です。

    以前行ったイタリア、パリ立ち寄りツアーは、
    母親と参加したもので、内容は母の希望でした。
    (もちろん、どちらも有名な観光地で、私自身も興味がありました)

    rio様のご意見のように、見どころが沢山あるのでしょうね。
    私は、それに気づく感性もなく、滞在時間も短すぎたのかもしれません。

    私の周囲で、何度も同じ場所に行く、行きたがる人が多いのは、
    やはり「パリ」です。

    私もrio様のように、興味がない国、
    「旅費をくれる」と言われても行きたくない国々があります。
    とても人気のあるところです。
    行ったこともないのに、自分でも不思議です。

    パリの、とても楽しそうな巡り方を教えていただき、
    ありがとうございました!!(by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

    rioさん

    rioさん

  • 回答日:2020-02-27

    やはり花の都ですからね
    それとジャルジェ准将の活躍が大きいんじゃないですか
    フランス政府が作者にレジオン・ドヌール勲章を贈ったくらいですから

    お礼

    シャンディガフ様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    やはり花の都ですか…
    「花の都」…素敵な響きですね。

    ジャルジェ准将がわからなかったので、調べてきました。
    そしてわかりました。
    確かに、あの方の影響力もすさまじかったと思います。
    全巻通しで読みたいです。
    (この週末の過ごし方にぴったりですね)

    ありがとうございました!!


    (by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-02-27

    こんにちは。テロで日本人観光客が減っているときに、フランスに行きました。革命記念日はテロを避けるために、モンサンミッシェルに来ました。モンサンミッシェルは素晴らしかったです。さらにモネの家のあるジベルニーも散歩ができたので楽しかったです。しかしフランスは、東京よりもイライラしてる人が多いし、地下鉄の切符を買おうと思って、ロマの人に騙されました。珍しく日本人仲間に会って楽しくディナーをしましたが。なので行ってつまらない事は無いとは思います。
    美術館は素敵でしたが、もし興味がないのであれば、アムステルダムの方が良いような気がします。アムステルダムには行ったことありませんが、ゴッホの国なので色々と見るものがありそうで正直うらやましいです。楽しい旅を!いいなぁ

    お礼

    こいけけいこ様
    回答をいただき、ありがとうございます。

    フランスの、様々な素敵な場所を教えていただき、ありがたいです。
    モンサンミッシェルもとても人気がありますよね。
    私も憧れています。行ってみたい場所の一つです。
    「フランス」にも惹かれており、いつかゆっくり旅したいと思っていました。

    ただツアーの最後に少し寄ってみただけの「パリ」には、
    多くの方が熱狂するような魅力はわからなかったのです。
    沢山の美術館や、博物館も、
    (建物、貯蔵品共に)素晴らしいのでしょうね…

    訪問時は、添乗員さんが引率して下さり、
    「モナリザ」だとかの有名どころを数点見て回って終っただけでした。
    建造物の巨大さだけは印象に残っています。
    (全部見ると時間かかるんだろうな…と思いました)
    貴重な体験談を教えていただき、
    有難かったです。

    「東京よりもイライラしてる人が多い」
    という、こいけけいこ様のご意見が面白かったです。

    ありがとうございました!!
    (by 木曜が好きさん)

    問題のある投稿を連絡する

フランスの観光・遊ぶ カテゴリー別〜 クチコミ・Q&A等の情報をまとめたページです

PAGE TOP