トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

山口観光で絶景を堪能!下関や萩エリアなどでおすすめの人気スポット16選

山口観光で絶景を堪能!下関や萩エリアなどでおすすめの人気スポット16選

photo by クッシーさん

旅に出たい! それなら山口を選んで正解です。海の絶景が広がる下関やレトロな町並みの萩など、本州の最西端にある山口は控えめに言っても魅力が多く、どこを巡るかきっと悩んでしまうほど。今回は、名所や絶景が目白押し、山口の厳選16スポットをご紹介。ぜひ、山口旅プランの参考にしてください。でも、行きたいところが増えて、さらに迷わないようご用心♪

※新型コロナウイルスの感染防止のため、施設・店舗の臨時休業や営業時間を短縮している場合があります。公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。

4travel.jp

フォートラベル編集部

山口観光のおすすめスポット16選

  1. 山口のアクセス
  2. 1. 浮世絵にも描かれてきた世界遺産を目指す大橋「錦帯橋(きんたいきょう)」
  3. 2. 見たこともない美しいブルーの海の上を行く! 「角島大橋」
  4. 3. 圧巻のスケール! 地球が創出した神秘の造形美「秋芳洞(あきよしどう)」
  5. 4. 青、朱、緑のコントラストが万人の心に響く「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」
  6. 5. 京文化を模した町並みにしっとりたたずむ名塔「国宝瑠璃光寺五重塔」
  7. 6. 車に船に徒歩。どう渡るかはあなた次第♪ 「関門海峡」
  8. 7. 地球の息吹を感じたいなら! 山口の大草原「秋吉台/秋吉台国定公園」
  9. 8. 激動の時代を生きた松陰や志士たちを知る「松下村塾」
  10. 9. 愛らしいペンギンに癒やされまくりの空間です「下関市立しものせき水族館 海響館」
  11. 10. 日本海を一望! まさに自然が織りなす大広間「千畳敷(せんじょうじき)」
  12. 11. ライトアップされる夜の水天門は幽玄「赤間神宮」
  13. 12. 学問の神・菅原道真公をまつる受験生の聖地「防府天満宮」
  14. 13. SF世界のような無機質で幻想的な空間「周南工場の夜景」
  15. 14. 果てしなく透明度の高いブルーが魅力的「別府弁天池」
  16. 15. 光を浴びて輝く全長約153mのガラスの塔「海峡ゆめタワー」
  17. 16. 週末に行く山口旅なら断然寄るべし! 「唐戸市場 活きいき馬関街」

山口のアクセス

大きく4つのエリアに分けられる山口。
飛行機の場合、山口タウンや秋吉台のあるエリアは山口宇部空港、岩国・周南エリアは岩国錦帯橋空港、下関エリアは福岡県の北九州空港、萩エリアは島根県の萩・石見空港の利用がそれぞれ便利です。飛行機以外のアクセスは、電車や高速バスがポピュラー。電車の場合、まずは山陽新幹線の新山口駅を目指すか、下関エリアなら小倉駅を起点にしてもよいでしょう。

1. 浮世絵にも描かれてきた世界遺産を目指す大橋「錦帯橋(きんたいきょう)」

静かにたゆたう錦川。そこに5連のアーチという端正な動きで完全なる美の調和を生み出しているのが、「錦帯橋(きんたいきょう)」です。
日本有数の造形美を見せるこの橋は、“洪水に負けない橋を”という時の藩主・吉川広嘉の思いのもと、卓越した知恵と技術によって創建されました。その後も、改良を重ねることで幾度も再建を果たしてきた「錦帯橋」。後世へと受け継ぎたい姿が、ここに。全長約193m。独創的なアーチの木造大橋は、周囲の自然に溶け込む美しさを放ち、その繊細かつ精密な木組み構造が描く紋様は、静かな迫力を感じさせます。どこから見てもすばらしく、感嘆の声がもれる橋。

クチコミ:素晴らしい

ヌーピーさん

岩国駅からの路線バスを降りると目の前すぐに美しい姿が見えました。継ぎ目も段差なくアーチ型に仕上げられた橋は先人の技術の高さに感嘆するばかり。階段部分の段差が小さく踏み外しそうになるので足元注意でした。組木の裏側も見事でした。この……もっと見る

2. 見たこともない美しいブルーの海の上を行く! 「角島大橋」

こちらも橋のある風景。ですが「錦帯橋」とはまた違った魅力がそこにあります。のびやかに島へと続く全長約1,780mの「角島大橋」。通行無料な離島架橋のなかでは屈指の規模です。
風を肌に感じつつ、まぶたの裏にまで焼き付くような澄んだコバルトブルーの海の上を駆け抜ける道のりは、その先に待つ出会いを想像する、とっておきの時間。車なら約3分、早く島に着きたいような、このまま永遠に走っていたいような、そんな思いに駆られる旅路です。徒歩や自転車でも通行可能。橋の両端には展望公園が整備されていて、特に「海士ヶ瀬公園」からの眺めは、心を打つ絶景です。

クチコミ:エメラルドグリーンの海に浮かぶ橋

cioccolatteさん

山口旅行で訪れました。下関駅からレンタカーで向かいました。橋の全貌を綺麗に見るには駐車場に止めて展望台に上るのがおすすめです。天気に恵まれたおかげでとても綺麗なエメラルドグリーンの海が見られました。晴れた日を狙うのがおすすめです。もっと見る

3. 圧巻のスケール! 地球が創出した神秘の造形美「秋芳洞(あきよしどう)」

ひんやりと肌を伝う冷気が、あなたの中に眠る“探検心”に火を付ける。山口のシンボルである「秋芳洞(あきよしどう)」は、カルスト台地「秋吉台」の地下約100mに広がる神秘のアート。悠久の時を経て形成された鍾乳(しょうにゅう)石に、ロマンを感じずにはいられません。
岩の裂け目に架かる橋を渡り、いよいよ探検のスタート!
「百枚皿」「広庭」「千町田」……。薄暗い洞内に次から次へと現れるミステリアスな芸術品が、あなたを魅了します。秋芳洞をより全身で感じたいなら、岩肌を登る「冒険コース(有料)」を進んで。そのスリル、その感動、一生モノです!

クチコミ:秋芳洞

1500さん

秋芳洞は国内最大級の鍾乳洞です。自然が作り上げた凄さを実感できます。バスでは新山口駅から30分ほどですが、車の方が便利です。入館料は大人1300円。中を散策することができます。最奥の黒谷支胴まで、歩いて30分ほど。中は涼しいので一枚羽織……もっと見る

4. 青、朱、緑のコントラストが万人の心に響く「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」

山口に行くならこの絶景を見る! と、心に決めている人も多いことでしょう。
日本らしい美しさだと海外からの評価も高い「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」です。
日本海の吸い込まれるような深い青や白波を背景に、ひと筋の流れを描く123基もの朱色の鳥居。崖の緑に囲まれながら整然と並び、神聖なる高台へと導いてくれます。
青空の広がる夏のころは、さらなる美しさ。まばゆい太陽の下で“映え写真”を、どうぞ。参道出口にある高さ約6mの鳥居上部を仰ぎ見れば、何とそこには“日本一入れにくい”賽銭(さいせん)箱が。入れば願いがかなうと言われています。天高く舞うお賽銭に願いを込めて。

クチコミ:午前中の訪問がおすすめです

あしもむさん

海に面した土地に123基の鳥居がずらりと並ぶ絶景が見たくて行きました。太陽光の差し込む方向の関係で午前中がいいとのことで行ってみましたが、天候にも恵まれ、人も少なくて大正解でした。龍宮の潮吹というスポットもあわせて見学できました。もっと見る

5. 京文化を模した町並みにしっとりたたずむ名塔「国宝瑠璃光寺五重塔」

“西の京”と称される山口の歴史を語る際、この地で栄華を極めた守護大名・大内氏の存在は欠かせません。今なお残る華やかな大内文化。「国宝瑠璃光寺五重塔」はその最高傑作と誉れ高く、25代当主・義弘の菩提(ぼだい)を弔うため、1442年に建立されました。
日本三名塔の1つを飾るこの塔の高さは約31m、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の伸びやかな反りが得も言えぬ優美さを醸し出しています。
夜間は22時までライトアップ。幻想的な姿も必見です。五重塔を含む「瑠璃光寺」境内は「香山公園」として整備。散策後は、近くに流れる「一の坂川」付近のリノベカフェでランチもいいですね。

クチコミ:秋空に映える国宝五重塔

西のマーガレットさん

山口市にある国宝五重塔は春夏秋冬どの季節も素敵です。今は紅葉の盛りですっきりとした美しい塔が秋空に映えて見事です。10番目に古い五重塔で、奈良の法隆寺、京都の醍醐寺とともに、日本三名塔と言われています。室町時代中期の1442年の建立で……もっと見る

6. 車に船に徒歩。どう渡るかはあなた次第♪ 「関門海峡」

フグ料理で有名な下関、ノスタルジックな洋館が建ち並ぶ門司港。対峙(たいじ)する2つのエリアを隔てるのが「関門海峡」です。
この海峡をとおる手段は主に、車、船、徒歩の3つ。移動が楽な車なら、「関門トンネル」と「関門橋」で渡れます。爽快な風とともに行く「関門橋」のドライブは、忘れられない思い出になること、必至。
連絡船は片道400円(大人)で運航しています。こちらも捨てがたい!徒歩なら、海底に伸びる約780mの「関門トンネル人道」をとおります。途中、目を引くのは県境の標識。ここまで山口、この先、福岡。“せぇ~の!”で越えてみましょう♪

クチコミ:絶景

inf.さん

下関と門司の間の海峡です。幅が約700mなので対岸が良く見えます。頻繁に船が行き交うので簡単、対岸に行きます。下関から見た門司港、開門海峡は本当にキレイで、水面がキラキラ輝いてました。環境庁選定の「残したい日本の音風景百選」にも選ば……もっと見る

7. 地球の息吹を感じたいなら! 山口の大草原「秋吉台/秋吉台国定公園」

清澄な空気とともに鮮やかな緑がどこまでも続く大パノラマ。日本最大級のカルスト台地「秋吉台」の登場です。
“カルスト台地”とは、石灰岩の塊が計り知れない長い年月の間、雨水などに浸食されてできた地形のことで、石灰岩が広く点在する地形の通称名です。
雄大な自然のなかでそこはかとなく、でも確かに感じる太古のロマン。あなたは車で駆け抜けますか? それとも、散策がてらゆったりと?見ておきたいのは、「秋吉台カルスト展望台」からの眺望。全方位さえぎるものは何もなく、言い尽くせない開放感が、心の雑音を取り払ってくれます。

クチコミ:秋吉台

1500さん

秋吉台はカルスト台地と大草原が広がっている気持ちの良いエリアです。自然と触れ合えます。秋吉台から大正洞までを横断するカルストロードはドライブに最適です。駐車場は無料です。さわやかな空気が流れるので、夏場でもそこまで暑くはないです。もっと見る

8. 激動の時代を生きた松陰や志士たちを知る「松下村塾」

伊藤博文、高杉晋作、久坂玄瑞。
明治期の名だたる偉人たちゆかりの地が、世界遺産でもある「松下村塾」です。ここは、吉田松陰が主宰した私塾。実際に松陰が教べんをとったのは短期間だったそうですが、その間に明治維新の原動力となる逸材を多く輩出しました。
ちなみに高杉晋作や久坂玄瑞は、松陰が特に目を掛けたと言われる秀才。吉田稔麿、入江九一とあわせ「四天王」と呼ばれています。幕末の志士たちが師と仰いだ松陰を知る上で、キーワードとなる教えが「至誠」。どんなこともこの上ない誠実さを持って尽くしてきた松陰をたどる旅に、あなたも出掛けてみませんか?

クチコミ:小さな世界遺産「松下村塾」

morkaさん

萩の世界遺産の一つで、松陰神社内にあります。神社の境内には、「松下村塾 」と並んで、「吉田松陰幽囚ノ旧宅」もありました。木造瓦葺き平屋建て50平方メートルの小さな建物の私塾ですが、ここから、明治日本の近代化・工業化に貢献した多くの塾……もっと見る

9. 愛らしいペンギンに癒やされまくりの空間です「下関市立しものせき水族館 海響館」

歴史や絶景はひと休み。ここらでちょっと、ペンギンたちの待つ癒やし空間をのぞいてみましょう。
「海響館」は、「関門海峡」に面して建つビッグ水族館。日本最大級を誇る「ペンギン村」は「温帯ゾーン」と「亜南極ゾーン」に分かれ、計5種のペンギンのいきいきと暮らす姿が、あますところなく観賞できます。
さまざまなイベントも実施中。「ペンギン大編隊」は1日2回の実施です。下関と言えば、フグ。この水族館では、フグの仲間が100種以上も展示されています。フグも気になるし、スナメリのパフォーマンス「天使の輪」も見たい! これは“ひと休み”ではなくなってしまうかも♪

クチコミ:コンテンツ豊富

khlalaさん

まず青のエスカレーターが幻想的! 階段ではなくスロープのエスカレーターで、まず4階まで上がって、そこから下の階へと見ていくコースで回りました。吹きぬけに飾られたクジラの骨格も目を引きます。下関がふぐで有名なので、特にふぐの展示には力……もっと見る

10. 日本海を一望! まさに自然が織りなす大広間「千畳敷(せんじょうじき)」

空と海と島と風。そして、光までも肌で感じ取れそうな、こののどかで壮観な眺めは、長門の草原地「千畳敷」のものです。
「元乃隅神社」から車で約15分。高台に広がるこの草原地には大きな風車が立ち、開放感に満ちた光景にひと役買っています。日本海を眼下に望み、空に向かってすぅーっと深呼吸。明鏡止水、澄み切った境地にいたることでしょう。夕刻、西の空からだんだんと放たれる輝くオレンジ色の光線。やがて海を染め、あなたの心も染めていきます。そんな情景を、コーヒーを味わいながら眺めることができたら……。願いをかなえてくれるのは、おすすめの絶景カフェ「カントリーキッチン」。17時まで営業しているので、ぜひ訪れてみて!

クチコミ:千畳敷

健太さん

とても見晴らしいの良い丘です。行くまでの坂道は急ですが、道路は広く駐車場も広かったです。4月下旬頃になると近くにある菅無田公園のツツジがとても綺麗なので、千畳敷とセットで観光することをおすすめします。もっと見る

11. ライトアップされる夜の水天門は幽玄「赤間神宮」

竜宮城をほうふつとさせる、白壁に朱塗の水天門が目印。「関門海峡」を見下ろす場所にたたずむ「赤間神宮」は、源平合戦のクライマックス「壇ノ浦の戦い」で入水した、悲運の幼帝・安徳天皇がまつられています。
境内には平家一門の墓「七盛塚」や『源平合戦図』などの資料がある宝物殿があり、“諸行無常”の響きを心に感じるかもしれません。幼いころ、平家の亡霊が登場する昔話の『耳なし芳一』を読んで、子ども心に怖いと思った人、いませんか。その怪談話の舞台としても知られる「赤間神宮」には、逸話どおり、耳の欠けた姿の芳一像が安置されています。

クチコミ:朱色が目立つ神宮

inf.さん

壇ノ浦の合戦で二位の尼に抱かれて入水された幼帝安徳天皇を祀った神社です。写真で見るより実物は凄く立派に見えました。階段で上まで行くと関門海峡を臨めます。無料で見学出来て、平家一門の墓や小泉八雲の怪談で有名な耳なし芳一の芳一堂もあ……もっと見る

12. 学問の神・菅原道真公をまつる受験生の聖地「防府天満宮」

日本最初の天神さまとして創建された「防府天満宮」。防府最強のパワースポットだけあって、実に多くの人が参拝に訪れます。
本殿をはじめ、縁結びの「LOVE神社の石碑」など見どころもたくさん。毎年奉納される「干支の御柱」も人気で、2021年2月現在は、疫病退散を願う「アマビエ」の御柱も設置されています。ご覧ください、咲き乱れる「しだれ梅」の美しさ、艶やかさを。
「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と詠むほどに、梅は道真にとって特別な存在だったのでしょう。2月中旬から3月上旬にかけて、匂い立つ約1,100本の梅が境内を包む――、春はもうすぐです。

クチコミ:見所が満載

夏ミカンさん

防府天満宮に参りました。表参道の石鳥居は初代藩主毛利秀就公の寄進により建立したものだそうで、立派です。参道と石段を行くと、重層楼門が出迎えてくれます。美しい朱塗りの楼門が素晴らしく見とれます。風格のある本殿は国の登録有形文化財、……もっと見る

13. SF世界のような無機質で幻想的な空間「周南工場の夜景」

山口県東南部に位置する周南市の臨海部は、石油化学をはじめ鉄鋼、セメントなどの産業が集積し、日本有数のコンビナート群を形成しています。
どこか近未来を思わせる工場夜景のきらめき。工場群はJR徳山駅からアクセスのよい場所に広がっているので、出張などの帰り、新幹線の車窓越しに夜景を眺めたことがあるかもしれませんね。クレーンや煙突、鉄骨など。闇夜に立ちのぼる煙が無数のライトと相まって、幻想的な美しさを映し出します。「永源山公園」や「周南大橋」の上など、点在する工場夜景のビュースポット。海から楽しむ「夜景クルージングツアー」も憧れますね。なかでも「晴海親水公園」は、夜景の人気フォトスポットとして有名!

14. 果てしなく透明度の高いブルーが魅力的「別府弁天池」

「別府弁天池」は、水不足で悩む長者がお告げどおりに弁財天を勧請すると水が湧き出たという伝説を持ち、日本名水百選にも選定された「別府厳島神社」の湧水池です。
特筆すべきは、その水の色。目が覚めるほど透きとおったコバルトブルーが、心に深く染み入ります。
それにしても、さすが山口! 美しいブルーの風景がここにも、また1つ。“飲めば長寿が保たれ財宝を授かる”という言い伝えもあり、写真に収めたらすぐにでも飲みたいところ。
ですが、地域の方々の貴重な水源でもあるため、池に手や足などを浸す行為はNG。池の傍らにある水くみ場を利用してくださいね。

クチコミ:一度は行きたい!コバルトブルーに澄んだ池と木々が生み出した景勝地

けしきゅーまさん

 別府弁天池は透明度の高い湧水を湛えたコバルトブルーの池が特徴的です。 周りを囲む木々と厳かな神社が相まって、とても雰囲気が良い、落ち着いた空間になっています。 日頃の喧騒や疲れが吹き飛び、爽やかな気持ちになりました。 秋芳洞か……もっと見る

15. 光を浴びて輝く全長約153mのガラスの塔「海峡ゆめタワー」

下関の天空に浮かぶ球体は、まるで燦然(さんぜん)と輝く宝石のよう。関門海峡のランドマーク「海峡ゆめタワー」は、約8,700枚ものガラスで覆われた美しいタワー。総ガラス張りの「球体展望室」からは瀬戸内海、下関、門司港などが見渡せ、壮大な絵巻物を思わせます。
何よりシースルーエレベーターに乗り込み、下関の蒼穹(そうきゅう)に向かって一気に駆け上がるあの時間がたまらないですよね。山口県で初認定された「恋人の聖地」としても人気。グリーン、イエロー、レッドブルー。曜日ごとに色を変え、タワー自体もライトアップ。夜だけのすてきなお楽しみです。

クチコミ:下関を一望!

4traveler623さん

下関のどこからでも見えるランドマークの海峡ゆめタワー。最上階まではエレベータで行けます。最上階は360度ガラス張りになっているため、下関一帯や関門海峡の海、関門海峡大橋、また対岸の門司の街などが一望できます。夕方に訪れたのですが、西……もっと見る

16. 週末に行く山口旅なら断然寄るべし! 「唐戸市場 活きいき馬関街」

絶景ざんまいで心を潤したなら、ラストは山口グルメでお腹を満たしましょう♪
関門の台所「唐戸市場」は、「関門海峡」に面した巨大な市場。山口グルメの代表格・フグはもちろん、近海で水揚げされた鮮魚や水産加工品、土産など、ところ狭しと並んでいます。
朝から飛び交う威勢のよい掛け声。活気と熱気があふれる市場は、お腹いっぱい、元気いっぱいになれますよ!週末と祝日限定の食べ歩きイベント「活きいき馬関街」。寿司や丼、フグ料理など、海鮮テイクアウトグルメの屋台が並び、うまさと鮮度を競い合います。
どの屋台もリーズナブルな価格なので、とことん食べ尽くしてしまいましょう!

クチコミ:寿司三昧

nibanさん

金・土・日・祝。週末にお寿司、海鮮丼などが売っています。午前10時~12時前くらいに行くと商品もまだまだたくさんあります。河豚の握りやその日に取れた魚を、握りやどんぶりにして市場に並びぶので、新鮮、安い、美味しいです。海鮮と市場なら……もっと見る

いかがでしたか?

一度は見たい絶景スポットだったり、歴史のターニングポイントとなった場所だったり、地球の神秘に包まれるエリアだったり。山口には本当に旅心をくすぐられます。
ひと足延ばせば、山陰の小京都と呼ばれる島根県・津和野町や、レトロな美しさが際立つ福岡県・門司港へと行けるのも山口の魅力。あなたらしい山口旅プランを立て、さぁ旅の準備を!山口のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧