旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

真田・東御の名所・史跡 ランキング

3.38
アクセス
3.24
しなの鉄道田中駅より徒歩15分 by あおしさん
人混みの少なさ
3.89
夏休み中だったが、平日のためか空いていた。 by クールミントさん
バリアフリー
3.47
フラットです by Dr.Poohさん
見ごたえ
3.88
街並みは整っているので、見がいがあります。きらびやかな街並ではないのがいいと思います。 by ピーコ1204さん

北国街道信濃12宿の主要な宿場の一つでありました。海野格子、うだつ、用水堰など時代の雰囲気を伝えています。

  • 満足度の高いクチコミ(30件)

    「日本の道百選」、「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された「北国街道」の宿駅です!

    4.0

    旅行時期:2017/09(約4年前)

    『海野宿(うんのじゅく)』は、1625年(寛永2年)に江戸幕府(三代将軍:家光の時代)によって... 
    続きを読む
    整備された脇街道である「北国街道」の宿駅として開設されています。 「北国街道」は、江戸・日本橋を起点に伸びる五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)に次いで重要視され、中山道の「追分」から善光寺を経て北陸道の「直江津」を結び、佐渡で採れた金銀の輸送、北陸諸大名の参勤交代、善光寺参拝者などで賑わいのある街道だったようです。 全長およそ650メートルの通りである『海野宿』は、江戸時代の宿場町として栄えた建物、明治以降の養蚕業で栄えた建物が調和し生活感が残る宿場町として、伝統的な家並みが現在まで保存されていることから、1986年(昭和61年)に歴史性および親愛性を基準とした「日本の道100選」に選定され、1987年(昭和62年)には「重要伝統的建造物群保存地区」(宿場・養蚕町)にも選定されています。 『海野宿』の東端にある「白鳥神社」前に広がっていた千曲川原「白鳥河原」は、平安時代末期の武将である「木曽義仲」(源義仲)が、1180年(治承4年)平家討伐の令旨に応じて、翌1181年(治承5年)に木曾衆・佐久衆・上州衆など3千騎を集結して挙兵した地とされています。 また、「白鳥神社」は、戦国時代の武将である真田氏の氏神として祀られた歴史のある神社として知られています。 『海野宿』へのアクセスは、上信越自動車道の「東部湯の丸インターチェンジ」から約4キロメートル(自動車で約10分)で、駐車場が3か所(トイレ施設付)整備されています。 鉄道を利用の場合は、しなの鉄道「田中駅」から約1.8キロメートルで徒歩約25分ですが、田中駅舎にある「東御市観光情報ステーション」が行っている無料サービスの「観光レンタサイクル」を利用すると自転車で約10分です。 今回は、1時間程度の時間を「田中駅」周辺で過ごすことになり、駅周辺情報を調べようとして東御市観光協会が運営する「東御市観光情報ステーション」に立ち寄りました。 徒歩で『海野宿』までの往復出来ないと思いましたが、「観光レンタサイクル」サービスを知り、限られた時間で『海野宿』まで行くことができました。 「田中駅」から『海野宿』までは、ほぼ平坦な道のりですが電動アシスト付自転車を借りることができ、天気もよくサイクリングを楽しむことができました。 『海野宿』へは、車を利用して行くのが便利ですが、サイクリングを兼ねて自転車を利用するのもお薦めです! 『海野宿』を訪れたのが、土曜日の昼過ぎでしたが観光客もまばらでひっそりとしていました。 防火壁の役割を果たす伝統的な建造物の意匠「卯建(うだつ)」や「海野格子」と呼ばれている格子戸の嵌まった美しい江戸時代・明治以降の調和した建物が建ち並び、その建物を利用して資料館やさまざまな店舗があります。 通りには用水が流れており、通りの両側に建ち並ぶ伝統的な建物を散策していると時間が経つのも忘れてゆったりとした気分になります! 「白鳥神社」の境内にある「御神木」は、樹齢700年以上、目通り幹囲7.3メートルのケヤキの巨木で歴史の深さも感じさせます。 『海野宿』では、毎年11月23日の祝日に「海野宿ふれあい祭」が開催され、時代仮装行列や人力車も繰りだし往時の宿場の賑わいが再現されるそうです。 今回は、限られた時間内での訪問でしたが、次回は時間にゆとりをもって「海野宿ふれあい祭」の開催時に合わせたりして、また訪れてみたいと思います。 
    閉じる

    hiro

    hiroさん(男性)

    真田・東御のクチコミ:7件

アクセス
1) 東部湯の丸ICから車で10分
2) しなの鉄道しなの鉄道線田中駅からタクシーで5分
3) しなの鉄道しなの鉄道線大屋駅からタクシーで5分
3.35
アクセス
2.83
車で山頂近くまで行けます by メンデル親父さん
人混みの少なさ
3.97
昨今のガヤガヤした雰囲気は皆無の世界 古き良きロマンに静かに浸れます by きしゆめさん
バリアフリー
2.11
木の根が出ていたりで足元注意が必要 by きしゆめさん
見ごたえ
3.53
景色が良い by メンデル親父さん

上田城の築城までの間、真田幸村の父・真田昌幸が本城として居城したと推定されています。見晴らしのよい景勝地。

  • 満足度の高いクチコミ(14件)

    真田氏が眺めていたであろう風景が~☆

    4.5

    旅行時期:2016/07(約5年前)

    信州上田城址や上田市内を散策後、真田歴史館を訪れた際ボランティアの方から、こちらもお薦めのよう... 
    続きを読む
    に教えて頂きました。 真田歴史館から2?ほど山間の高低差のある道を、車で10分弱走らせますと・・ そう広くない敷地の駐車場が、見えてきました。 そちらにも別のボランティアの方がおられ、入り口の所から小高い山のてっぺんまで歩きます。 石の残骸等から当時この場所で本城を構えていたのだと推測されたそうですが、景色もよく一見の価値はあると思いました。 
    閉じる

    ふわっくま

    ふわっくまさん(女性)

    真田・東御のクチコミ:1件

アクセス
1) 上田菅平ICから車で15分
2) JR北陸新幹線上田駅からバスで25分 ⇒下車徒歩30分
3.32
アクセス
3.04
バスなどの公共の交通機関はない。タクシーかマイカーで行くしかない。上田駅から20分,田中駅・大屋駅から10分。 by ガッサンさん
コスパ
4.00
ワインの値段は普通。レストランの料理の値段は普通。高いとは感じなかった。 by ガッサンさん
サービス
4.35
若い女性スタッフが笑顔で応対してくれ、中々感じが良かった。 by ガッサンさん
人混みの少なさ
3.50
雰囲気
4.45
ワイナリーの上部にある店内は木造作りで落ち着いている。レストランはぶどう畑を見下ろせる場所にあった。 by ガッサンさん
料理・味
4.33
野菜が濃くておいしい。 by ぐれーぷふるーつさん
バリアフリー
3.08
山の斜面にワイナリーはある。ワイン醸造部の上に売店・レストランがある。そこの往復は階段である。 by ガッサンさん
観光客向け度
4.22
団体も来るらしく、テーブルの上にホーク&ナイフ等をセット中であった。 by ガッサンさん
見ごたえ
4.00

ブドウ畑の風景を見ながら、そのブドウからつくられたワインを飲む。野菜畑やガーデンを眺めながら、そこでいま採れたばかりの、新鮮な素材を素直に生かした料理を囲んで楽しい時間を過ごす。そんな田園のリゾートを、信州の自宅の庭先に作りました。美しい景観の中で、自然と折り合いをつけながら暮らす事に、多くの人々の共感を得られればと願っています。

  • 満足度の高いクチコミ(14件)

    美しい眺望を野外にあるテラス席に座りのんびりと見る

    4.0

    旅行時期:2018/10(約3年前)

     「ヴィラデストカフェ」内の西向きのテラス席は夕日をながめる最高のポイント、という。  ... 
    続きを読む
    私にとっての最高のポイントを説明します。ショップ、カフェ前にガーデンがあります。ガーデンには様々な花が咲き、造りは英国風の庭園のように見えます。また、遠方を見渡せば、八ヶ岳連峰から五竜岳まで雄大な山々の景色を見ることができます。その美しい眺望を野外にあるテラス席に座りのんびりと見る。至福の時をすごせます。ここまでコーヒーを運んで来てくれたら、尚幸せです。テラス席はカフェから離れているので無理かもしれません。この席が私にとって最高のポイントです。  
    閉じる

    ガッサン

    ガッサンさん(非公開)

    真田・東御のクチコミ:2件

営業時間
10:00~日没

休業日
12月24日まで無休
予算
(昼)4,000~4,999円

ピックアップ特集

3.25
アクセス
2.75
東部湯の丸ICから車で約5分(周辺に駐車場はありません)、しなの鉄道・田中駅からタクシーで約10分です。 by hiroさん
人混みの少なさ
5.00
訪れた際は誰もいませんでした。 by hiroさん
バリアフリー
2.50
西宮の歌舞伎舞台のある祢津健事神社の境内は数段の石段があります。 by hiroさん
見ごたえ
3.50
同地区に現存する東町の歌舞伎舞台とともに現存する回り舞台を持つ日本最古の舞台施設とされています。 by hiroさん

文化13年(1816年)に造られ、回しのある舞台としては、日本で最古と言われています。(見学は外観のみ)

  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    日本で最も古い本格的な舞台装置が現存する歌舞伎舞台の建物です!

    4.0

    旅行時期:2019/11(約2年前)

    『西宮の歌舞伎舞台』は、地元に残る古文書によると徳川幕府第11代将軍「徳川家斉」の時代である江... 
    続きを読む
    戸時代後期の1816年(文化13年)に現在の東御市祢津地区西宮に鎮座する「祢津健事(ねつたてごと)神社」境内に建立されたと記載が残されています。 1871年(明治4年)に改修工事が行われていますが主要な構造部分に建立当時の部材が残されており、現存する「回しのある舞台(回り舞台)」としては日本で最も古い舞台であるといわれています。 『西宮の歌舞伎舞台』の規模と構造は、間口8間(約14.5メートル)、奥行4.5間(約8.1メートル)、寄棟造り茅葺き屋根(現在はカラー鉄板葺き)による木造平屋建ての建物であり、建物内部床面に直径3間(約5.5メートル)の「円形の回し舞台施設」、舞台の装置を左右に引き分ける「せり分け施設」、舞台の背景を前後させ立体的な動きを見せる「せり出し施設」、舞台床を上下させ役者を床下の奈落から舞台上に役者を登場させる3か所の「せり上げ施設」、舞台背景をどんでん返しさせる「田楽返し施設」の本格的な舞台演出効果の仕掛けを備えられています。 そのほかこの地域は、徳川幕府第3代将軍「徳川家光」の時代となる江戸時代初期の1624年(寛永元年)より旗本・久松松平家領であり歌舞伎などの文化も流入しやすく取り締まりも緩やかであったこと、そのほかに東御市弥津地区東町にある「祢津日吉神社」境内にも1817年(文化14年)に建立された記録が残る「東町の歌舞伎舞台」が現存することから、古くから農村歌舞伎が根付いていたことが伺われます。 『西宮の歌舞伎舞台』は、規模の大きさ・能舞台の遺構がみられること・建物背面の戸襖を開けると裏山を背景として用いることができるなど農村の演劇史上からも貴重なものとされ、古くから地元では「舞台見るなら西宮へ、芝居見るなら東町へ」といい伝えられており、農村歌舞伎と舞台は当時の庶民文化を象徴する貴重なものとして1982年(昭和57年)に長野県指定の「有形民俗文化財」に指定されています。 ちなみに『西宮の歌舞伎舞台』の位置する「祢津健事神社」の創建や祭神が不詳で境内は祢津城上の城の砦跡とされ当地の鎮守との説があり、例祭の「御柱祭」が執り行われることから「諏訪大神」が祭られていると考えられています。 今回は、所要で「弥津公民館」に立ち寄った際に2時間程度の空き時間を利用して弥津地区を徒歩で散策ながら『西宮の歌舞伎舞台』を訪れました。 誰もいない静寂な「祢津健事神社」境内にある『西宮の歌舞伎舞台』の建物外観のみの見学ですが歴史を感じることができました(建物内部は公開されていません)。 そのほか自然に囲まれた弥津地区周辺には歴史的な史跡が点在しており、天候にめぐまれ秋の日差しの中、ウォーキングをしながらの「史跡めぐり」を堪能することができました。 『西宮の歌舞伎舞台』へのアクセスは、しなの鉄道「田中駅」からタクシーで10分程度(『西宮の歌舞伎舞台』周辺には、駐車場施設がありません。)であり、そのほか「田中駅」駅舎にある「東御市観光情報ステーション」に無料の観光レンタサイクルがあるので電動自転車を借りる手段もあり、時間に余裕がある場合は「田中駅」から『西宮の歌舞伎舞台』までは登坂が続きますが、のんびりとサイクリングをしながら『西宮の歌舞伎舞台』のほか弥津地区周辺の「史跡めぐり」もよいかもしれません。 「祢津健事神社」の7年ごとに執り行われる例祭「御柱祭」の際に江戸の歌舞伎舞台構造に近いとされる『西宮の歌舞伎舞台』での地元保存会の皆さんによる「御柱祭・奉納歌舞伎公演」を機会があれば観てみたいと思います。 
    閉じる

    hiro

    hiroさん(男性)

    真田・東御のクチコミ:7件

アクセス
1) 東部湯の丸ICから車で5分
2) しなの鉄道しなの鉄道線田中駅からタクシーで10分
3.25
アクセス
2.75
東部湯の丸ICから車で約5分(周辺に駐車場はありません)、しなの鉄道・田中駅からタクシーで約10分です。 by hiroさん
人混みの少なさ
5.00
訪れた際は誰もいませんでした。 by hiroさん
バリアフリー
2.50
東町の歌舞伎舞台のある祢津日吉神社の参道は石段です。 by hiroさん
見ごたえ
3.50
同地区に現存する西宮の歌舞伎舞台とともに現存する回り舞台を持つ日本最古の舞台施設とされています。 by hiroさん

コマ回し式の回り舞台、左右のせり上げ、三段石積みの観客席などに特色があります。(見学は外観のみ)

  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    200年以上の歴史のある本格的な舞台演出仕掛けを備えた歌舞伎舞台の建物です!

    4.0

    旅行時期:2019/11(約2年前)

    『東町の歌舞伎舞台』は、比叡山の麓に鎮座する紀元前91年(崇神天皇7年)に創祀されたとされる「... 
    続きを読む
    日吉大社」(日吉・日枝・山王神社の総本宮)の分霊として農耕(治水)を司る神とされる「大山咋神(おおやまくいのかみ)」を本尊として祀る現在の東御市弥津地区東町にある「祢津日吉神社」境内の本殿背後に位置します。 「祢津日吉神社」の創建は不詳ですが、嘉永年間の記録によると徳川幕府第11代将軍「徳川家斉」の時代となる江戸時代後期の1817年(文化14年)に『東町の歌舞伎舞台』が建立されたと記録されています。 また、徳川幕府第9代将軍「徳川家重」の時代となる江戸時代中期の1751年(寛延4年)の銘が入った歌舞伎上演の道具入れとなる「踊大小入」の木箱が残されていること、徳川幕府第3代将軍「徳川家光」の時代となる江戸時代初期の1624年(寛永元年)よりこの地域が旗本の久松松平家領となっており歌舞伎などの文化も流入しやすく取り締まりも緩やかであったこと、そのほかに祢津地区西宮にある「祢津建事神社」境内にも1816年(文化13年)に建立されたとされる「西宮の歌舞伎舞台」があることなどから、この地域では古くから農村歌舞伎が根付いていたことが伺われます。 1821年(文政4年)、1896年(明治29年)、1988年(昭和63年)に修築されている『東町の歌舞伎舞台』の規模と構造は、間口8間(約14.5メートル)、奥行5.5間(約10.0メートル)、床高3.6尺(約1.07メートル)の切妻屋根桟瓦葺き木造平屋建ての建物であり、舞台中央に直径3間(約5.5メートル)の「コマ式回し舞台施設」、舞台の左右に2か所の舞台床を上下させ役者を床下の奈落から登場させる「せり上げ施設」、舞台の背景を左右に分け裏の背景に早変わりさせる「せり分け施設」、舞台の背景を前後させ立体的な動きを見せる「せり出し施設」、舞台背景をどんでん返しさせる「田楽返し施設」の本格的な舞台演出する仕掛けを備えており、舞台の両袖には三味線を弾いたり義太夫が語られる下坐が設けられています。 『東町の歌舞伎舞台』での地歌舞伎は、1950年(昭和25年)の太平洋戦争終戦後の困窮期に一度途絶えてしまったそうですが、1988年(昭和63年)の修復に合わせて地元保存会により復活し、現在は毎年4月29日に「祢津東町歌舞伎」の公演が実施されています。 また、1990年(平成2年)に『東町の歌舞伎舞台』が「長野県有形民俗文化財」に指定、1996年(平成8年)には「祢津東町歌舞伎」が「東御市無形文化財」に指定されており、東御市祢津地区に2か所ある『東町の歌舞伎舞台』と「西宮の歌舞伎舞台」は、現存する回り舞台を持つ日本最古の舞台施設とされています。 『東町の歌舞伎舞台』へのアクセスは、しなの鉄道「田中駅」から路線バス(新張方面行き)で「西宮停留所」下車徒歩およそ15分となります。 (『東町の歌舞伎舞台』周辺には、駐車場施設がないので自動車を利用しての立ち寄りはお薦めできません。) しなの鉄道「田中駅」から路線バスを利用するほか駅舎にある「東御市観光情報ステーション」では、無料の観光レンタサイクルがあるので電動自転車を借りる手段も考えられますが、「田中駅」から『東町の歌舞伎舞台』までは登坂が続きます。 今回は、所要で「弥津公民館」に立ち寄った際に2時間程度の空き時間を利用して弥津地区を徒歩で散策ながら『東町の歌舞伎舞台』を訪れました。 高台の木々に囲まれた「祢津日吉神社」の静寂な境内にある『東町の歌舞伎舞台』の建物内部の見学はできませんが建物外観と芝居見物のための観客席となる落葉が積もった広場周辺は、自然に囲まれとても雰囲気のよい空間となっており、『東町の歌舞伎舞台』のほかにも歴史的な史跡が点在していますのでウォーキングをしながらの「史跡めぐり」にお薦めできます。 機会があれば、『東町の歌舞伎舞台』で開催される「祢津東町歌舞伎」の公演も観てみたいと思います・・・ 
    閉じる

    hiro

    hiroさん(男性)

    真田・東御のクチコミ:7件

アクセス
1) 東部湯の丸ICから車で5分
2) しなの鉄道しなの鉄道線田中駅からタクシーで10分
3.24
アクセス
3.00
人混みの少なさ
5.00
見ごたえ
4.00

17世紀末(元禄ごろ)の建築と考えられ、長野県東南部の農家の特色がよく表れています。

アクセス
1) 東部湯の丸ICから車で5分
2) しなの鉄道しなの鉄道線田中駅からタクシーで10分
営業時間
9:00~16:00

真田・東御への旅行情報

3.12

雄大な自然の中で、美味しい手作りチーズが生まれます。レストラン、売店もあります。(見学時間要確認)

アクセス
1) 東部湯の丸ICから車で10分
2) 小諸ICから車で15分
3) しなの鉄道線田中駅からタクシーで15分
4) しなの鉄道線滋野駅からタクシーで10分
営業時間
9:00~17:30
休業日
無休
予算
入場料0円

1件目~7件目を表示(全7件中)

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

真田・東御の人気ホテルランキング

真田・東御のホテルをもっと見る

長野県の旅行ガイドまとめ

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら