1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 関東地方
  4. 東京
  5. 亀戸
  6. 亀戸 グルメ
  7. 但元いり豆本店
亀戸×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

但元いり豆本店

グルメ・レストラン

亀戸

このスポットの情報をシェアする

但元いり豆本店 https://4travel.jp/dm_shisetsu/10753402

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
但元いり豆本店
住所
  • 東京都江東区亀戸2-45-5
営業時間
10:30~20:30
休業日
木曜日
予算
(夜)~999円
(昼)~999円
カテゴリ
  1. グルメ・レストラン

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(12件)

亀戸 グルメ 満足度ランキング 13位
3.31
アクセス:
3.45
コストパフォーマンス:
3.19
サービス:
3.19
雰囲気:
3.78
料理・味:
3.63
バリアフリー:
2.92
観光客向け度:
3.33
  • 亀戸天神に参拝するときにはいつもたちよります。

    • 3.0
    • 旅行時期:2022/09(約5ヶ月前)
    • 0

    この但元いり豆本店は明治通りと蔵前橋通りとの交差する場所にあります。JR総武線亀戸駅北口から北に10分程度の場所です。店舗...  続きを読むは昔ながらの姿です。ここでは全国の有名な豆が売られています。量り売りがメインです。またそれを入れる袋も昭和の時代を感じさせます。いつもお客がいるのです。  閉じる

    投稿日:2022/10/04

  • 老舗のいり豆専門店

    • 5.0
    • 旅行時期:2022/08(約6ヶ月前)
    • 0

    東京 亀戸にある「但元いり豆本店」は、現在では珍しい いり豆専門店です。
    創業は大正5年という、歴史ある老舗で、店内には...  続きを読む レトロな雰囲気のガラスケースがずらりと並んでいます。オープンとなっていて、交差点前にあるので存在感のある佇まいです。  閉じる

    投稿日:2022/08/30

  • 昔ながらの懐かしいショーケース

    • 2.0
    • 旅行時期:2022/08(約6ヶ月前)
    • 0

    亀戸駅から北に向かっている十三間通りと、蔵前橋通りの交差点の角にある豆屋さんです。昔ながらの懐かしいショーケースに中に、い...  続きを読むろいろな種類の豆が並んでいました。他ではあまり見かけない味のある昭和を感じさせてくれるお店だと思いました。
      閉じる

    投稿日:2022/08/30

  • なぜか鳩がいなかった

    • 3.5
    • 旅行時期:2021/01(約2年前)
    • 0

    亀戸天神にむかう大きな交差点の角にあります。いり豆専門のお店はとても珍しく、店構えもオープンなので、いつも鳩の群れが屋根に...  続きを読むいるのですが、冬で寒かったのか、鳩の姿が見えませんでした。年季の入った木製のケースに、いろいろな豆を販売しています。  閉じる

    投稿日:2021/01/16

  • 1916年創業の老舗の豆菓子

    • 4.5
    • 旅行時期:2021/01(約2年前)
    • 0

    東京・亀戸にある『但元いり豆本店』は、珍しいお豆専門店です。1916年創業の100年超の老舗豆店です。いろいろな厳選された...  続きを読む豆を使用した豆菓子が販売されています。
    お店もとても風情のある雰囲気の良いお店となっています。  閉じる

    投稿日:2021/01/13

  • お店とハトの戦い

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/05(約6年前)
    • 0

    いろいろな豆菓子を販売していて、展示の方法が昔からのケースに入れて販売しています。豆なので近所のハトが集まり、店の屋根から...  続きを読む豆を狙っています。お店の方が竹ぼうきで、追い払っていますが、すぐに集まります。亀戸天神にお参りした際に、覗いてみても良いと思います。  閉じる

    投稿日:2017/05/27

  • 歴史あるいり豆専門店!

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/04(約6年前)
    • 2

    下町情緒が残る亀戸・・・
    そしてここもまた昔にタイムスリップしたかのような店舗 但元いり豆 本店(たじもといりまめ)が...  続きを読むある!
    創業は大正5年創業
    昔懐かしいガラスケースがずらりと並び、その数は25種類!
    一番人気で定番だという「塩豆」を買ってきてもらった!

    真っ白な豆の正体は、エンドウ豆に塩とカキの殻のパウダーをまぶしたものだという!
    豆によてはときどき想像以上に硬いものもありますが、柔らかな食品が多い現代・・・しっかりと咀嚼(そしゃく)して食べる事は必要!

    程よい塩気とエンドウ豆の香ばしさ!暑い季節が到来しましたが、よく冷えたラガービールにによく合います!

      閉じる

    投稿日:2017/05/24

  • 心優しい女将さん

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/10(約6年前)
    • 5

    亀戸天神を参拝後に立ち寄り。
    明治通りと蔵前通りが交わる所。

    鳩が寄ってくる。
    豆を狙っているのか?

    紐で...  続きを読む足が絡まったのを見て、
    女将さんがほどいてあげていた。

    レジやショウケースが年期が入っていて
    面白い。

    量り売りなので少しずつ
    色んな種類を食べたら良い。

    固いので歯に注意。  閉じる

    投稿日:2016/11/26

  • 店構えが素敵です

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/04(約7年前)
    • 0

    亀戸駅から徒歩7分です。亀戸十三間通商店街にあり、蔵前橋通りの亀戸4丁目交差点前です。ガラスケースに袋詰めした豆や量り売り...  続きを読むの豆が入っています。創業1916年で、休日信号待ちしている間にも買い物客が絶えない老舗です。一番人気は塩豆です。看板の上に鳩が並んでとまっているのも一つの風景です。  閉じる

    投稿日:2016/04/30

  • 升で計ってくれる豆

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/09(約7年前)
    • 0

    東京亀戸名物いつもいりたてのおいしい豆だそうです。
    お店がもう外にあるように並んでいるガラスケースの豆はお店の雰囲気を盛...  続きを読むり上げています。
    1升いくらの値段の豆はおばちゃんがレトロな紙袋に入れてくれて、それもすごく雰囲気があります。  閉じる

    投稿日:2015/10/10

  • 亀戸梅屋敷向かい

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/02(約8年前)
    • 0

    亀戸梅屋敷の向かいにある豆専門店です。
    色んな豆類がありますが、中でも名物の塩豆は、エンドウ豆に塩とカキの殻のパウダーをま...  続きを読むぶしてあり、止まらないやみつきになる味です。
    かた豆は、その名のとおり、本当に固く、かなり素朴な味です。  閉じる

    投稿日:2015/06/08

  • これが本物のおいしさ

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/06(約12年前)
    • 0

    但元いり豆本店は、亀戸駅から亀戸天神へ向かう途中。明治通りと蔵前橋通りの交差点にある「いり豆」の専門店で、大正5年創業とい...  続きを読むう老舗です。開けっぴろげの店先には、昔はよく見た菓子を入れるガラスケースがずらっと並んで。量り売りとかの豆も置いています。私は、袖振大豆。北海道産のこの豆は、大豆では最高級なのだとか。1dl200円。これは、ぽりぽり食べると、大豆独特の香りもあって、うまいんですよね。多分、最近だと豆のおいしさなんか知らない人が多くなっていると思いますが、これが本物のおいしさというやつです。感謝。  閉じる

    投稿日:2012/05/02

1件目~12件目を表示(全12件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

但元いり豆本店について質問してみよう!

亀戸に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ゲンさん

    ゲンさん

  • traveltravelさん

    traveltravelさん

  • densukeさん

    densukeさん

  • travelerさん

    travelerさん

  • After9さん

    After9さん

  • kamaさん

    kamaさん

  • …他

周辺のおすすめホテル

亀戸 ホテルランキングを見る

東京 ホテルランキングを見る

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP