旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

グアナファト 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

グアナファト人気旅行記ランキング21位(123件中)

2017新春のメキシコ その6~おもちゃ箱のようなグアナファトの路地裏と教会巡り

旅行時期 2017/01/03 - 2017/01/05 (2017/01/21投稿

2017年のお正月休み、冬は暑い所に行こうと2度目のメキシコへ。前回はメキシコシティとユカタン半島を巡ったので、中央高原を中心に回りました。<br /><br />その6は、かつてシルバーラッシュに湧いた街、グアナファト。押し寄せた人々が自分の家を隣と区別するために思い思いに色を塗ったのが現在にも引き継がれています。<br /><br />銀で得た財産を惜しみなく使って建てられた教会建築も見もの。隙間恐怖と呼ばれるほどの過剰な装飾をほどこした、ウルトラバロックのファサード彫刻は、スペイン文化と先住民文化の融合としてとても興味深いものです。ただ、グアナファトは独立戦争の重要な舞台になったことと、その後の政府による宗教弾圧(財産没収)などにより、内部は簡素になっている教会が多いのは少し残念。<br /><br />谷に沿ってできたグアナファトは、たくさんの路地が入り組んでいますが、主要な見どころは谷底部分にあつまっているので、路地裏をさまよい歩いても、下り坂を選べば自然と中心部に戻ってくることができます。前の旅行記では、バレンシアーナから眺めましたが、ここでは街の南側の丘に立つピピラ像から、昼、夕暮れ、夜と表情を変える街の姿を眺めました。グアナファト名物の地下道体験もほんの少し。<br /><br />・トンネルを通り、車でグアナファト市街の西のはずれ、アロンディガ広場へ<br />・ここからは徒歩で、イダルゴ市場<br />・トンネルを歩く<br />・口づけの小道<br />・フアレス通り<br />・ラパス広場とバシリカ<br />・長い階段のグアナファト大学<br />・ラコンパニーア教会<br />・フアレス劇場とサンディエゴ教会<br />・お昼はファレス劇場の向かいのレストランで<br />・ケーブルカーでピピラの丘へ、ピピラからの昼の眺め<br />・サンフランシスコ教会<br />・路地裏歩き<br />・サンロケ教会<br />・2回目のピピラで、夕暮れから夜への景色の変化を楽しむ<br />・メキシコ最後の夕飯はちょっとゴージャスに<br />・翌朝、山の上のクリスト・レイ像を眺めながらグアナファトを後に<br /><br />表紙写真は、ラパス広場から見上げるピピラ像。

2017年のお正月休み、冬は暑い所に行こうと2度目のメキシコへ。前回はメキシコシティとユカタン半島を巡ったので、中央高原を中心に回りました。

その6は、かつてシルバーラッシュに湧いた街、グアナファト。押し寄せた人々が自分の家を隣と区別するために思い思いに色を塗ったのが現在にも引き継がれています。

銀で得た財産を惜しみなく使って建てられた教会建築も見もの。隙間恐怖と呼ばれるほどの過剰な装飾をほどこした、ウルトラバロックのファサード彫刻は、スペイン文化と先住民文化の融合としてとても興味深いものです。ただ、グアナファトは独立戦争の重要な舞台になったことと、その後の政府による宗教弾圧(財産没収)などにより、内部は簡素になっている教会が多いのは少し残念。

谷に沿ってできたグアナファトは、たくさんの路地が入り組んでいますが、主要な見どころは谷底部分にあつまっているので、路地裏をさまよい歩いても、下り坂を選べば自然と中心部に戻ってくることができます。前の旅行記では、バレンシアーナから眺めましたが、ここでは街の南側の丘に立つピピラ像から、昼、夕暮れ、夜と表情を変える街の姿を眺めました。グアナファト名物の地下道体験もほんの少し。

・トンネルを通り、車でグアナファト市街の西のはずれ、アロンディガ広場へ
・ここからは徒歩で、イダルゴ市場
・トンネルを歩く
・口づけの小道
・フアレス通り
・ラパス広場とバシリカ
・長い階段のグアナファト大学
・ラコンパニーア教会
・フアレス劇場とサンディエゴ教会
・お昼はファレス劇場の向かいのレストランで
・ケーブルカーでピピラの丘へ、ピピラからの昼の眺め
・サンフランシスコ教会
・路地裏歩き
・サンロケ教会
・2回目のピピラで、夕暮れから夜への景色の変化を楽しむ
・メキシコ最後の夕飯はちょっとゴージャスに
・翌朝、山の上のクリスト・レイ像を眺めながらグアナファトを後に

表紙写真は、ラパス広場から見上げるピピラ像。

写真 101枚

テーマ:
世界遺産
交通手段 : 
  • 現地移動 :  徒歩
エリア:
メキシコ > グアナファト
エリアの満足度:
4.0
  • 500_47186204

    グアナファト名物のトンネルを通って、車でグアナファト中心部に向かいます。

    昔の鉱山技術を忍ばせますね。

  • 500_47186206

    撮影場所の地図

    このあたりはアーチが続きます。かつては川だったところを暗渠にしているのです。

  • 500_47186208

    撮影場所の地図

    光が反射して見にくいですが、ドン・キホーテ像の前を通過。

  • 500_47186209

    撮影場所の地図

    この階段もグアナファトのランドマークの1つですね。

    UGマーク。グッズを売っているのでしょうか。

  • 500_47186210

    撮影場所の地図

    細い路地を車は抜けていきます。

  • 500_47186211

    撮影場所の地図

    巨大な四角い建物は、アロンディガ・デ・グラナディータス。穀物倉庫です。
    独立戦争の激戦が行われた場所。

    ここで車を降りて、あとは徒歩で街を回ります。

  • 500_47186212

    撮影場所の地図

    ファレス通りに出ました。

    一見教会のような、イダルゴ市場。

  • 500_47186213

    撮影場所の地図

    イダルゴ市場の入り口。

    ピンク色の石と、装飾が可愛いです。

  • 500_47186214

    中は地元の人で賑わっていました。

    階段の上にマリア様が祀られています。

  • 500_47186216

    スナックを食べられる場所かな。

    あれ、犬が迷い込んで?います。

  • 500_47186215

    整然としているのか、無秩序なのか…

  • 500_47186217

    ガラスケースに入って売られているのは、豚の丸焼きをほぐしたもの。

  • 500_47186220

    市場の出口では、なんだかキムチのようなものを売っています。

    大きな唐辛子を焼いて皮をむいて、辛い調味液に漬けたものだそう。ソースのもとになるんですって。それに衣をつけて揚げたのも売っています。

    昔は各家庭で手作りしていたそうですが、とても手間がかかるので、こうして市場で買うことが増えたそうです。

  • 500_47186219

    市場を出たら、巨大なボンネットバスが。

  • 500_47186218

    撮影場所の地図

    階段を下りて…

  • 500_47186222

    かつては川にせり出していた建物でしょうか。

    その横のトンネルに入ります。

  • 500_47186221

    撮影場所の地図

    トンネルを歩く私。

  • 500_47186223

    撮影場所の地図

    トンネルが三方に開く、三叉路に出てきました。

    ちょっとしたトンネル体験でした。

  • 500_47186224

    イチオシ

    撮影場所の地図

    地上に出て少し行くと、口づけの小道。

    隣同士でキスができるほど、道を挟んだ左右の家がとても近いところです。

  • 500_47186225

    小道の先は階段になっていました。

  • 500_47186226

    撮影場所の地図

    「口づけの小道カフェ」があるみたいですね。

  • 500_47186227

    撮影場所の地図

    トンネルへの入り口は突然姿を表します。

  • 500_47186228

    撮影場所の地図

    私たちは上の道を進みます。

    カラフルな家並み。

  • 500_47186229

    撮影場所の地図

    遠くに、黄色いバシリカが見えてきました。

    左手は議会だそう。

  • 500_47186230

    撮影場所の地図

    ラパス広場とバシリカ。

  • 500_47186232

    バシリカの扉。先住民の意匠でしょうか。

  • 500_47186231

    撮影場所の地図

    バシリカの中。淡いレモンイエローが心地よい空間を作っています。

  • 500_47186233

    ラパス広場からは、丘の上のピピラ像がよく見えました。

  • 500_47186234

    イチオシ

    撮影場所の地図

    坂を上がって、グアナファト大学へ。

    この長い階段が、グアナファトのランドマークになっています。

  • 500_47186235

    撮影場所の地図

    その並びには、イエズス会のラコンパニーア教会。

    チュリゲラ様式の典型例とのこと。エスティピテ台柱は比較的端正な感じ。

  • 500_47186484

    中に入ると、十字架に架けられたキリスト像が目に飛び込んできます。

    建物はさっぱりしていますね。独立戦争や宗教弾圧の際に破壊されたためでしょう。

  • 500_47186485

    ラコンパニーア教会の角には狼と魚の泉。何か特別な意味があるのかな。

  • 500_47186486

    撮影場所の地図

    トルコ通りは、その名の通り、かつては中東からの人が住んでいたようです。

  • 500_47186487

    撮影場所の地図

    フアレス劇場です。

    彫刻と、その前は彫刻風にボディペイントした大道芸人です。

  • 500_47186488

    撮影場所の地図

    フアレス劇場の隣には、サンディエゴ教会。

  • 500_47186489

    イチオシ

    こじんまりしていますが、エスティピテ台柱は装飾で満載。

  • 500_47186490

    中はこちらも新古典様式ですね。

  • 500_47186491

    可愛らしいパイプオルガンがありました。

  • 500_47186492

    銅像のところからみたサンディエゴ教会。

    大道芸人さんもいらっしゃいます。

    そして、教会のドームのすぐ左に、小さくピピラ像が見えています。

  • 500_47186493

    お昼は、フアレス劇場に面するレストランで。写真左手の赤いひさしのところです。

  • 500_47186494

    撮影場所の地図

    女性のシェフなのですね。

  • 500_47186495

    石の板に載って、パンが出てきました。カットして食べるそうです。

  • 500_47186496

    お昼はリーズナブルなランチメニューがあって、とても賑わっていました。

    サラダ、スープ(2種類から選択)、メイン(同)、コーヒーがついて1000円ぐらい。

    メインは魚のフライにしました。なかなかおいしい。

  • 500_47186497

    食後のファレス劇場。

    あいかわらず逆光でなかなかきれいに写真が撮れません。

  • 500_47186498

    撮影場所の地図

    むしろ、その強い日差しを浴びて輝く街を見るために、ピピラの丘へ。1ねんほど運休していたケーブルカー、ようやく開通したようです。

  • 500_47186499

    ケーブルカーのチケット。片道25ペソ。

    8人ほどしか乗れないので、並んでいる人数で左右どちらに行くか、判断してください。

  • 500_47186500

    先頭に並んでいれば、ケーブルカーの一番下、窓側の場所を確保できます。

    動き出しました。手前の三角屋根はフアレス劇場。

    赤いサンディエゴ教会のドームの向こうは、ラコンパニーア教会のドームです。

    谷沿いに、山に沿って家が立ち並んでいる様子がよくわかります。

  • 500_47186501

    高度があがって、黄色のバシリカが見えてきました。その奥はグアナファト大学です。

  • 500_47186502

    さらに高度が上がります。

  • 500_47186506

    撮影場所の地図

    ピピラ像のところまでやってきました。

  • 500_47186503

    イチオシ

    テラスからのパノラマ写真。谷に沿って形成された街の様子が手に取るように分かります。

    写真をクリックすると拡大します。

  • 500_47186504

    バシリカと大学あたりをアップにしてみます。

  • 500_47186505

    あ、奥の山際にある要塞みたいなのは、現在も操業中の銀鉱山です。

    朝はあのテラスから、こちら側を見たのですね。

  • 500_47186508

    左の方に目をやると、山の上に教会が見えます。

  • 500_47186509

    アップにすると… これも今朝訪れた、サンバレンシアーナ教会。

  • 500_47186507

    ついでにバシリカの超アップ。

  • 500_47186510

    カラフルな街並み。いつまでも見飽きることがありません。

  • 500_47186511

    テラスから街を見下ろす人々。

    ここにも大道芸人さんがいますね。鉱山労働者に扮しているのでしょうか。

  • 500_47186512

    ピピラの丘からは、階段で下りることもできますが…

  • 500_47186513

    おとなしく、ケーブルカーで戻ることにしましょう。

  • 500_47186852

    イチオシ

    実は、このケーブルカーの途中からの景色が、建物の側面が見えるので、一番きれいだなあと思います。

  • 500_47186853

    撮影場所の地図

    続いてはサンフランシスコ教会。この教会もファサードの彫刻は面白いのですが、中はすっきりしていました。

  • 500_47186854

    撮影場所の地図

    カンパネロ通り。

    橋の上にあるカフェとして写真スポットになっているところです。

  • 500_47186855

    イチオシ

    撮影場所の地図

    坂の多い街をさまよいます。

    絵になる風景があちこちに。

    カラフルな街並みの向こうに見える塔は、バシリカかな。

  • 500_47186856

    撮影場所の地図

    強烈な色合いの家もあります。

    こんな家が不思議と街並みに溶け込んでいるのです。

  • 500_47186857

    撮影場所の地図

    まさにおもちゃ箱のようです。

    バラティージョ広場からサンホセ小道に入ったあたり。

  • 500_47186858

    撮影場所の地図

    ラコンパニーア教会の横手に出てきました。

  • 500_47186859

    撮影場所の地図

    もう一度大学の前を通って‥

  • 500_47186860

    撮影場所の地図

    プエブロ美術館を通り過ぎ‥

  • 500_47186861

    撮影場所の地図

    ディエゴ・リベラの生家。

    いずれも中には入らず。

  • 500_47186862

    撮影場所の地図

    修復中の教会は、サンロケ教会。

  • 500_47186863

    横の入口から中へ。

  • 500_47186864

    淡いピンクと淡いイエローで、とてもかわいらしい教会でした。

  • 500_47186865

    教会の前の家。

    ブーゲンビレアが家の色合いとマッチしています。

  • 500_47186866

    撮影場所の地図

    フアレス通りからもピピラ像が見えました。

  • 500_47186867

    イチオシ

    撮影場所の地図

    このあたりはよく整備されていますね。

  • 500_47186868

    撮影場所の地図

    道の途中にトンネルへの道。

    トンネルの中を車が通っているのも見えました。

  • 500_47186869

    さあ、夕暮れのグアナファトを眺めに、またケーブルカーに乗り込みます。

  • 500_47186870

    撮影場所の地図

    日が陰ると一気に寒くなってくるので、このカフェに入ることにしました。

    といっても、外に張り出したテラスなので、寒いことには変わりませんが。
    座ってドリンクを飲みながら景色を眺められるのはラッキーです。

  • 500_47186871

    イダルゴ市場の方向。

    すでに中心部は陰になってきました。アロディンガに夕日があたっています。

  • 500_47186872

    テラスの人々。

  • 500_47186873

    カフェからのパノラマ。

    夕日に照らされて、輝く街並み。

  • 500_47186874

    銀鉱山のあたりも夕日に照らされています。

  • 500_47186875

    イチオシ

    サンバレンシアーナ教会も。

  • 500_47186876

    灯りがつき始めました。

  • 500_47186878

    イダルゴ市場も。

  • 500_47186879

    イチオシ

    黄昏の時間。

  • 500_47186880

    街が少しずつ闇に溶け込んでいきます。

  • 500_47186881

    大学も。

  • 500_47187680

    イチオシ

    中心部はすっかり暗くなりました。

  • 500_47187681

    西の方、山際には暁の淡い光。

  • 500_47187682

    ピピラ像もライトアップされています。

  • 500_47187683

    撮影場所の地図

    今回の旅、最後のディナーは、政府高官も利用するという高級レストラン、La Virgen de la Cuevaへ。

    http://www.restaurantelavirgendelacueva.com/

  • 500_47187684

    内装もたしかにゴージャスな感じ。

  • 500_47187685

    お料理は二人で一皿をシェアしながら、前菜とメインを注文することにしました。

    前菜のケサディーヤ。
    かぼちゃの花とキノコの2種の具が入っています。

  • 500_47187686

    かぼちゃの花のアップ。

  • 500_47187687

    こちらはキノコの方。

  • 500_47187688

    メインはサーモン。これを二人で分けました。

    付け合せにいちごがついてくるのがメキシコらしい。添えられていたソースもいちごでした。

    グアナファトの近郊に、いちごの有名な産地があるのだそう。

  • 500_47187689

    ダイジェスティブにテキーラクリーム。

  • 500_47187690

    デザートは、メキシコらしいドクロをあしらったもの。

  • 500_47187691

    撮影場所の地図

    翌朝、グアナファトを後にします。

グアナファト人気旅行記ランキング21位(123件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で行った観光スポット

グアナファト 観光スポットランキング

この旅行で利用したグルメスポット

グアナファト グルメスポットランキング

この旅行で利用した交通施設

グアナファト 交通施設ランキング

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

メキシコ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら840円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

このエリアのホテル

グアナファト ホテル一覧へ

この旅行記の地図

拡大する


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報