門司・関門海峡旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2023年6月9日から6月10日まで、8,000円で福岡・大分県内のJR九州在来線が乗れる「福岡・大分ごほうびきっぷ」(2023年4~9月発売)を利用して、福岡・大分に行ってきました。1日目は北九州空港から入って特急「ゆふいんの森」に乗車、2日目は大分県内を移動して福岡空港から帰る、という流れになります。本旅行記では、1日目(6月9日)の様子をお届けします。

【ゆふいんの森】JR九州のデザインを満喫する福岡・大分1泊2日の旅(1日目・北九州→大分編)

14いいね!

2023/06/09 - 2023/06/10

491位(同エリア1222件中)

旅行記グループ 2023年福岡・大分1泊2日

0

45

むつぬま381

むつぬま381さん

この旅行記スケジュールを元に

2023年6月9日から6月10日まで、8,000円で福岡・大分県内のJR九州在来線が乗れる「福岡・大分ごほうびきっぷ」(2023年4~9月発売)を利用して、福岡・大分に行ってきました。1日目は北九州空港から入って特急「ゆふいんの森」に乗車、2日目は大分県内を移動して福岡空港から帰る、という流れになります。本旅行記では、1日目(6月9日)の様子をお届けします。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス JR特急 JRローカル 徒歩 スターフライヤー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回は雨降る中で西船橋駅からバスに乗り、

    今回は雨降る中で西船橋駅からバスに乗り、

    西船橋駅

  • 羽田空港に到着しましたがなんかいつもとは様子が違います。

    羽田空港に到着しましたがなんかいつもとは様子が違います。

  • 本日はいつもとは異なり第1ターミナルから、

    本日はいつもとは異なり第1ターミナルから、

    羽田空港 第1旅客ターミナル 空港

  • スターフライヤーの北九州便に搭乗します。<br />(セールの都合で予約はANAからですが)

    スターフライヤーの北九州便に搭乗します。
    (セールの都合で予約はANAからですが)

  • 黒い見た目はすごく目立ちます。

    黒い見た目はすごく目立ちます。

  • A320の機内は革張りのシートが余裕の150席で並びます。

    A320の機内は革張りのシートが余裕の150席で並びます。

  • コーヒーを頼むとチョコレートももらえます。

    コーヒーを頼むとチョコレートももらえます。

  • 北九州空港に到着しました。

    北九州空港に到着しました。

    北九州空港 空港

  • 国内線は羽田便のみですが、コンパクトできれいにまとまった空港です。

    国内線は羽田便のみですが、コンパクトできれいにまとまった空港です。

  • 飛行機の発着に合わせて小倉駅との間でバスが走っています。高速道路を通るため、満席で次の便に回されることもあります。

    飛行機の発着に合わせて小倉駅との間でバスが走っています。高速道路を通るため、満席で次の便に回されることもあります。

  • 小倉駅新幹線口からJR九州の旅が始まります。

    小倉駅新幹線口からJR九州の旅が始まります。

    小倉駅 (福岡県)

  • まずは門司港駅行きの電車に乗ります。

    まずは門司港駅行きの電車に乗ります。

  • 今回は2023年4月~9月に発売された「福岡・大分ごほうびきっぷ」を利用します。3日間8,000円で福岡・大分県内JR九州在来線の特急自由席が乗り降り自由で、指定席も3回取ることができます。

    今回は2023年4月~9月に発売された「福岡・大分ごほうびきっぷ」を利用します。3日間8,000円で福岡・大分県内JR九州在来線の特急自由席が乗り降り自由で、指定席も3回取ることができます。

  • 門司港駅に到着です。

    門司港駅に到着です。

    門司港駅

  • 駅からすぐのところにある「九州鉄道記念館」に行ってみましょう。

    駅からすぐのところにある「九州鉄道記念館」に行ってみましょう。

    九州鉄道記念館 美術館・博物館

  • 準鉄道記念物のC59 1号機です。

    準鉄道記念物のC59 1号機です。

  • ボンネットタイプの485系先頭車も展示されています。

    ボンネットタイプの485系先頭車も展示されています。

  • こちらは昼夜兼用の特急車両581・583系です。後に一般列車用に改造され715系となりましたが、外見のみ復元されています。

    こちらは昼夜兼用の特急車両581・583系です。後に一般列車用に改造され715系となりましたが、外見のみ復元されています。

  • 旧九州鉄道本社屋が展示館となっています。

    旧九州鉄道本社屋が展示館となっています。

  • 模様が派手だったときの883系「ソニック」の座席です。九州の鉄道についての資料が多数展示されています。

    模様が派手だったときの883系「ソニック」の座席です。九州の鉄道についての資料が多数展示されています。

  • こちらの機関車などの運転台には入ることもできます。

    こちらの機関車などの運転台には入ることもできます。

  • そろそろ小倉駅に戻りましょう。

    そろそろ小倉駅に戻りましょう。

  • 福岡・北九州都市圏の鹿児島本線では様々な車両が使われていますが、813系が最も多いです。

    福岡・北九州都市圏の鹿児島本線では様々な車両が使われていますが、813系が最も多いです。

  • 小倉駅で特急「ソニック24号」に乗り換えです。

    小倉駅で特急「ソニック24号」に乗り換えです。

    特急 ソニック (883系 885系) 乗り物

  • 今回は一部編成の増備中間車で採用されている885系タイプの座席を利用しました。

    今回は一部編成の増備中間車で採用されている885系タイプの座席を利用しました。

  • 博多駅に到着です。

    博多駅に到着です。

    博多駅

  • 駅から直結の「博多めん街道」にある「長浜ナンバーワン」でお昼です。

    駅から直結の「博多めん街道」にある「長浜ナンバーワン」でお昼です。

  • 「長浜伝説ラーメン」(1,050円)です。

    「長浜伝説ラーメン」(1,050円)です。

    長浜ナンバーワン 博多デイトス店 グルメ・レストラン

  • ここからは今回の旅最大の目的である、特急「ゆふいんの森5号」に乗車します。

    ここからは今回の旅最大の目的である、特急「ゆふいんの森5号」に乗車します。

  • 通常は3世(キハ72系)で運行されますが、この日は検査中だったので1世(キハ71系)での運行でした。

    通常は3世(キハ72系)で運行されますが、この日は検査中だったので1世(キハ71系)での運行でした。

    ゆふいんの森 乗り物

  • フリースペースなどもあり、歩き回りながら列車の旅を楽しむことができます。

    フリースペースなどもあり、歩き回りながら列車の旅を楽しむことができます。

  • 久留米から久大線に入ると、景色が良くなってきます。

    久留米から久大線に入ると、景色が良くなってきます。

  • トンネルに入ると、車内の雰囲気がかなり変わります。この日はほぼ満席でした。

    トンネルに入ると、車内の雰囲気がかなり変わります。この日はほぼ満席でした。

  • 車内にはカフェもあり、ドリンクやお菓子などを購入できます。

    車内にはカフェもあり、ドリンクやお菓子などを購入できます。

  • 気が付いたら終点の由布院駅に到着です。

    気が付いたら終点の由布院駅に到着です。

    由布院駅

  • 駅構内には足湯もあります。

    駅構内には足湯もあります。

  • ここからは大分駅行きの普通列車に乗り換えです。

    ここからは大分駅行きの普通列車に乗り換えです。

  • 大分駅に到着しました。

    大分駅に到着しました。

    大分駅

  • 大分駅は4面8線の高架駅で、いろいろな列車が来ます。

    大分駅は4面8線の高架駅で、いろいろな列車が来ます。

  • 駅舎も立派で、JR九州の駅では4番目に利用客が多いです。

    駅舎も立派で、JR九州の駅では4番目に利用客が多いです。

  • 本日は駅ビルに入っている「JR九州ホテルブラッサム大分」に宿泊です。

    本日は駅ビルに入っている「JR九州ホテルブラッサム大分」に宿泊です。

    JR九州ホテルブラッサム大分 宿・ホテル

  • このホテルの魅力としては、何と言ってもJR九州らしさ全開であることです。

    このホテルの魅力としては、何と言ってもJR九州らしさ全開であることです。

  • ちょうど夕暮れを迎える大分の街並みをきれいに見ることができました。19時30分頃ですがまだ明るいです。

    ちょうど夕暮れを迎える大分の街並みをきれいに見ることができました。19時30分頃ですがまだ明るいです。

  • 夕食は駅直結の「豊後にわさき市場」にある

    夕食は駅直結の「豊後にわさき市場」にある

  • 「豊後茶屋」で「とり天ざるそば」(850円・写真)に加えて、「チキン南蛮」(600円)を注文しました。遅めの時間だったこともあり、定食やご飯ものは売り切れでした。

    「豊後茶屋」で「とり天ざるそば」(850円・写真)に加えて、「チキン南蛮」(600円)を注文しました。遅めの時間だったこともあり、定食やご飯ものは売り切れでした。

    豊後茶屋 大分駅店 グルメ・レストラン

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP