湯河原温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1日目は熱海温泉で温泉 宴会 ゴルフ<br />2日目は 湯河原温泉で山登りと街めぐり<br />

2023年5月 熱海 湯河原温泉 ゴルフ 山登りの旅2

3いいね!

2023/05/23 - 2023/05/25

772位(同エリア864件中)

0

35

metalanimal

metalanimalさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

1日目は熱海温泉で温泉 宴会 ゴルフ
2日目は 湯河原温泉で山登りと街めぐり

PR

  • 7時ちょいすぎで朝食<br />湯河原の城山を登るためにちょっと<br />早めに旅館を出たい<br />バランスの良い 盛り付けで悪くはない朝食です

    7時ちょいすぎで朝食
    湯河原の城山を登るためにちょっと
    早めに旅館を出たい
    バランスの良い 盛り付けで悪くはない朝食です

    温泉民宿美湯香 宿・ホテル

  • 城山を登るルートはいくつかありますが<br />こちらのしとどの窟側から昇る ルートの方が 駐車場は無料だし 結局は山の上から降りてまた登るという、裏から登るか表から登るかの差 なので 結局は同じ道です。湯河原の駅前からアクセスすると駐車場代がおそらく 1500円かかるので ここは 1500円されど1500円節約せねば

    城山を登るルートはいくつかありますが
    こちらのしとどの窟側から昇る ルートの方が 駐車場は無料だし 結局は山の上から降りてまた登るという、裏から登るか表から登るかの差 なので 結局は同じ道です。湯河原の駅前からアクセスすると駐車場代がおそらく 1500円かかるので ここは 1500円されど1500円節約せねば

    鵐窟 自然・景勝地

  • この山一帯は 山伏 たちの修行の場であったのですね。源頼朝が石橋山の合戦で敗れた際 この山中に逃げ落ち潜伏していた場所がしとどの窟。大河ドラマでもかなり描写に出ていたので有名なところである。

    この山一帯は 山伏 たちの修行の場であったのですね。源頼朝が石橋山の合戦で敗れた際 この山中に逃げ落ち潜伏していた場所がしとどの窟。大河ドラマでもかなり描写に出ていたので有名なところである。

  • 鬱蒼としており 何か 雰囲気が下界の様子とは全然違う。さすがは修験道で栄えた場所

    鬱蒼としており 何か 雰囲気が下界の様子とは全然違う。さすがは修験道で栄えた場所

  • こんなところにどでかい岩がある なぜなんだろう

    こんなところにどでかい岩がある なぜなんだろう

  • 源頼朝の戦記については ここにも詳細を記されておる

    源頼朝の戦記については ここにも詳細を記されておる

  • 天狗か ニンジャ か 修験者か 舞い降りてきそうな雰囲気である

    天狗か ニンジャ か 修験者か 舞い降りてきそうな雰囲気である

  • 源頼朝がこの洞窟で身を潜めたとされている<br />まんざら 嘘でもなさそうな 神秘的な雰囲気が漂う

    源頼朝がこの洞窟で身を潜めたとされている
    まんざら 嘘でもなさそうな 神秘的な雰囲気が漂う

    鵐窟 自然・景勝地

  • 洞窟の上からは 滝のように湧き水が流れ出ている

    洞窟の上からは 滝のように湧き水が流れ出ている

  • しとどの窟側から登る山城ルートはなだらかな山道なので女子供でも楽勝に進むことができますよ

    しとどの窟側から登る山城ルートはなだらかな山道なので女子供でも楽勝に進むことができますよ

  • 2、30分もしないうちに 山城のてっぺんに到着

    2、30分もしないうちに 山城のてっぺんに到着

  • 今度は下りのルートになっていく<br />なんか変な気分である 通常は登って登って 山頂に着くのだが簡単に山頂についてしまったので、いきなり下りになってしまうのだから<br />ちょっとしたスポット立岩

    今度は下りのルートになっていく
    なんか変な気分である 通常は登って登って 山頂に着くのだが簡単に山頂についてしまったので、いきなり下りになってしまうのだから
    ちょっとしたスポット立岩

  • 余計な説明はいらない この看板の通り

    余計な説明はいらない この看板の通り

  • カブト岩である<br />これも 源頼朝の伝説の岩である

    カブト岩である
    これも 源頼朝の伝説の岩である

  • 石橋山の合戦で破れた 頼朝はこの岩の上にでも乗って 何かを考えていたのだろう

    石橋山の合戦で破れた 頼朝はこの岩の上にでも乗って 何かを考えていたのだろう

  • 立石、かぶと岩を見た後は再び山のてっぺんを目指して歩き始めました。早速 頂上の景色ですが、駿河湾 は 何とか見えます。どんよりとした天気で初島 が 何 か 雲の上にぽっかり 浮いてるような感覚で これもまた良い景色だなと思います。

    立石、かぶと岩を見た後は再び山のてっぺんを目指して歩き始めました。早速 頂上の景色ですが、駿河湾 は 何とか見えます。どんよりとした天気で初島 が 何 か 雲の上にぽっかり 浮いてるような感覚で これもまた良い景色だなと思います。

  • 本当に どんよりしてる

    本当に どんよりしてる

  • 城山の主格にあたる部分ですが ここが ハイキングコースのほぼ 頂上に値します。 人はほぼいません。 誰もいない 優越感というものはこういう時に感じます。

    城山の主格にあたる部分ですが ここが ハイキングコースのほぼ 頂上に値します。 人はほぼいません。 誰もいない 優越感というものはこういう時に感じます。

    土肥城址 名所・史跡

  • 再びしとどの窟の方面に戻りますがこの城山の途中 石垣らしきものがありましたが これが いつの時代に作られたのは分かりません。

    再びしとどの窟の方面に戻りますがこの城山の途中 石垣らしきものがありましたが これが いつの時代に作られたのは分かりません。

  • ちなみにこの城山のハイキングコースは多岐にわたっており 幕山方面まで足を伸ばせば それこそ 1日中遊べるハイキング ワールドですね。 次回 チャレンジしよう

    ちなみにこの城山のハイキングコースは多岐にわたっており 幕山方面まで足を伸ばせば それこそ 1日中遊べるハイキング ワールドですね。 次回 チャレンジしよう

  • 城山を下山してまず向かったのは五所神社

    城山を下山してまず向かったのは五所神社

    五所神社 寺・神社・教会

  • この五所神社はご覧の通り この案内板の解説 通り 由緒あります

    この五所神社はご覧の通り この案内板の解説 通り 由緒あります

  • そして 特筆すべき点として境内にあるこのご神木でしょう

    そして 特筆すべき点として境内にあるこのご神木でしょう

  • 本当に立派で惚れ惚れ とします

    本当に立派で惚れ惚れ とします

  • この 神社の 向かい、道路を挟んで立派なクスノキ が あります

    この 神社の 向かい、道路を挟んで立派なクスノキ が あります

  • この後 土肥氏の菩提寺ともなっている 城願寺に参拝

    この後 土肥氏の菩提寺ともなっている 城願寺に参拝

    城願寺 寺・神社・教会

  • やっぱり ここもすごい 由緒ある場所ですね<br />樹齢何百年経つのだろうか ビャクシンがすごい

    やっぱり ここもすごい 由緒ある場所ですね
    樹齢何百年経つのだろうか ビャクシンがすごい

  • 参道からの風景です

    参道からの風景です

  • 土肥実平の腰掛石だそうな

    土肥実平の腰掛石だそうな

  • そしてこのお寺の目玉 七騎堂

    そしてこのお寺の目玉 七騎堂

  • 土肥一族の菩提寺でもあります

    土肥一族の菩提寺でもあります

  • こういううんちく 看板も歴史マニアには食いついて 見てしまう

    こういううんちく 看板も歴史マニアには食いついて 見てしまう

  • ちょっと場所は変わって歩いて5、6分<br />湯河原の駅前には土肥氏の銅像があります

    ちょっと場所は変わって歩いて5、6分
    湯河原の駅前には土肥氏の銅像があります

    湯河原駅

  • 土肥一族 万歳<br />やはり その場所 場所に根付いた重要な人物がおり<br />この街を発展させてきているのである<br />やはりこういった人たちの一つ一つの功績が<br />この日本を築き上げてきたのだ

    土肥一族 万歳
    やはり その場所 場所に根付いた重要な人物がおり
    この街を発展させてきているのである
    やはりこういった人たちの一つ一つの功績が
    この日本を築き上げてきたのだ

  • 今回も良い旅だったな<br />今度はどこの町に行こう<br />可愛いハツカネズミの赤ちゃんが<br />お出迎えしてくれたのは 人生初 だな

    今回も良い旅だったな
    今度はどこの町に行こう
    可愛いハツカネズミの赤ちゃんが
    お出迎えしてくれたのは 人生初 だな

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP