大津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
紅葉の比叡山を参拝しようと計画し、Q&amp;Aでいろいろ教えて頂きました。<br /><br />https://4travel.jp/dm_qa_each-76773.html<br /><br />11月では寒い頃だと言われたため、しっかり厚手の衣類を着込んで出かけたのでした。市内のホテルを出て比叡山坂本からロープウェイで登り、巡回バスで境内をまわり、叡山ロープウェイとケーブルで八瀬比叡山口に降りるコースを計画しました。<br /><br />JRの比叡山坂本に着くと、たくさんの人が降りました。皆さん比叡山へ行くような雰囲気ですが、その服装が薄めのブルゾンと小型のリュックです。足元はしっかりとウォーキングのシューズの様です。まったくの観光客姿でコートを厚着している自分が浮いて見えました。<br /><br />後はほとんどリュックを背負った詳しそうな人がどう動くのか、それについて行くような参拝でした。根本中堂、東塔、横川中堂などを周ったのですが、西塔は歩き疲れてバスを降りる元気がありませんでした。少し心残りがあり、春にでももう一度来てやるぞと言う気になりました。<br /><br />11月でしたが、とても暖かい一日でした。坂や階段を歩くため、薄着にリュック姿が便利だと納得しました。途中で会った人の中には、半袖半ズボンで走るように進む元気な人もいました。後で聞くと、麓から乗り物を使わずに徒歩で登って参拝する人もいるそうです。これだけ大きな山で修行するのは大変なのではないかと思い、最澄やお坊さんの信仰に驚きを感じながら山を下りました。<br /><br />しかし投稿で悩みました。比叡山は京都府の様で、京都の観光案内のもあります。延暦寺の建物は滋賀側にあるようで大津になるのでしょうか。この旅行記は滋賀でアップして見ましたが、詳しい方がいましたら教えてください。<br />

11月の比叡山は、暑かった。

28いいね!

2021/11/17 - 2021/11/17

274位(同エリア1327件中)

2

29

マリオット

マリオットさん

この旅行記スケジュールを元に

紅葉の比叡山を参拝しようと計画し、Q&Aでいろいろ教えて頂きました。

https://4travel.jp/dm_qa_each-76773.html

11月では寒い頃だと言われたため、しっかり厚手の衣類を着込んで出かけたのでした。市内のホテルを出て比叡山坂本からロープウェイで登り、巡回バスで境内をまわり、叡山ロープウェイとケーブルで八瀬比叡山口に降りるコースを計画しました。

JRの比叡山坂本に着くと、たくさんの人が降りました。皆さん比叡山へ行くような雰囲気ですが、その服装が薄めのブルゾンと小型のリュックです。足元はしっかりとウォーキングのシューズの様です。まったくの観光客姿でコートを厚着している自分が浮いて見えました。

後はほとんどリュックを背負った詳しそうな人がどう動くのか、それについて行くような参拝でした。根本中堂、東塔、横川中堂などを周ったのですが、西塔は歩き疲れてバスを降りる元気がありませんでした。少し心残りがあり、春にでももう一度来てやるぞと言う気になりました。

11月でしたが、とても暖かい一日でした。坂や階段を歩くため、薄着にリュック姿が便利だと納得しました。途中で会った人の中には、半袖半ズボンで走るように進む元気な人もいました。後で聞くと、麓から乗り物を使わずに徒歩で登って参拝する人もいるそうです。これだけ大きな山で修行するのは大変なのではないかと思い、最澄やお坊さんの信仰に驚きを感じながら山を下りました。

しかし投稿で悩みました。比叡山は京都府の様で、京都の観光案内のもあります。延暦寺の建物は滋賀側にあるようで大津になるのでしょうか。この旅行記は滋賀でアップして見ましたが、詳しい方がいましたら教えてください。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルを出て、京都駅からJRで比叡山坂本を目指します。

    ホテルを出て、京都駅からJRで比叡山坂本を目指します。

    京都駅

  • 車窓から、たぶんあの山の辺りが比叡山の山並みではないだろうかと眺めます。

    車窓から、たぶんあの山の辺りが比叡山の山並みではないだろうかと眺めます。

  • 比叡山坂本の駅を降りると、皆さんハイキングの様なスタイル。ベテランの方々は、気候と歩く事を計算してきているようでした。

    比叡山坂本の駅を降りると、皆さんハイキングの様なスタイル。ベテランの方々は、気候と歩く事を計算してきているようでした。

    比叡山坂本駅

  • 駅を降りるとバス乗り場がわかりやすく表示されていました。

    駅を降りるとバス乗り場がわかりやすく表示されていました。

  • 電車にあわせてバスの時刻が決まっているようで、降りた方々は真っすぐバスに向かいました。その後をついて行くだけで、迷わう事はありませんでした。

    電車にあわせてバスの時刻が決まっているようで、降りた方々は真っすぐバスに向かいました。その後をついて行くだけで、迷わう事はありませんでした。

  • 坂本ケーブルの駅に着くと長蛇の列でした。果たして乗り切れるのか、最後の方に並びました。

    坂本ケーブルの駅に着くと長蛇の列でした。果たして乗り切れるのか、最後の方に並びました。

    坂本ケーブル 乗り物

  • なんと並んでいた人すべてが、乗り切れました。ブルーの車両は、戦国BASARAのラッピングで伊達政宗号だそうです。

    なんと並んでいた人すべてが、乗り切れました。ブルーの車両は、戦国BASARAのラッピングで伊達政宗号だそうです。

  • 木立やトンネルの中を進んでいきます。現在では日本一の長さを誇るケーブルカーだと言う説明でした。

    木立やトンネルの中を進んでいきます。現在では日本一の長さを誇るケーブルカーだと言う説明でした。

  • 終点の駅に到着、ここはもう比叡山の中でしょうか。どう進んで良いのかもわからないため、集団の後に続きます。

    終点の駅に到着、ここはもう比叡山の中でしょうか。どう進んで良いのかもわからないため、集団の後に続きます。

  • 「こちらへどうぞ、まずは琵琶湖の展望がご覧いただけます」とツアーのガイドさんが言うので、ツアーの参加客でもないのに一緒になって眺めを楽しみました。

    「こちらへどうぞ、まずは琵琶湖の展望がご覧いただけます」とツアーのガイドさんが言うので、ツアーの参加客でもないのに一緒になって眺めを楽しみました。

  • 人の流れについて行くと、駐車場の脇を進み、その先に延暦寺の門柱?が立っていました。ここが入口になるのか、参拝券代わりの様な大きめのパンフレットをもらいました。

    人の流れについて行くと、駐車場の脇を進み、その先に延暦寺の門柱?が立っていました。ここが入口になるのか、参拝券代わりの様な大きめのパンフレットをもらいました。

  • そのまま真っすぐに進んで、根本中堂へ。大改修中とは聞いていましたが、建物全体を覆うカバーの大きさに驚きます。

    そのまま真っすぐに進んで、根本中堂へ。大改修中とは聞いていましたが、建物全体を覆うカバーの大きさに驚きます。

    比叡山延暦寺 寺・神社

  • 中へは靴を脱いでお参りしました。修学ステージが出来ていて、屋根の高さまで上がって改修を見学できました。終わったらどんな姿になるのか、もう一度来たくなりました。

    中へは靴を脱いでお参りしました。修学ステージが出来ていて、屋根の高さまで上がって改修を見学できました。終わったらどんな姿になるのか、もう一度来たくなりました。

  • 周辺は紅葉がとても綺麗でした。道は緩やかに登っていますが、ゆっくり歩くと疲れませんでした。

    周辺は紅葉がとても綺麗でした。道は緩やかに登っていますが、ゆっくり歩くと疲れませんでした。

  • 通路沿いに最澄と延暦寺について書かれた絵と説明があり、それを読みながら国宝館へ着きました。信長に焼かれたことで、昔から残るものは少ないのでしょうか。琵琶湖を泳いだ仏様とか、焼け焦げた像が印象的でした。

    通路沿いに最澄と延暦寺について書かれた絵と説明があり、それを読みながら国宝館へ着きました。信長に焼かれたことで、昔から残るものは少ないのでしょうか。琵琶湖を泳いだ仏様とか、焼け焦げた像が印象的でした。

  • 東塔と阿弥陀堂の方へ進みます。やはり山ですから、緩やかですが登っています。歩くのがだんだん遅くなってきました。

    東塔と阿弥陀堂の方へ進みます。やはり山ですから、緩やかですが登っています。歩くのがだんだん遅くなってきました。

  • ついに長い階段が目の前に現れてしまいました。さて登ろうか、悩んでいるとお坊さんの案内するグループが、横へ進んでいきました。それについて行くと、遠回りですが緩やかな道がありました。

    ついに長い階段が目の前に現れてしまいました。さて登ろうか、悩んでいるとお坊さんの案内するグループが、横へ進んでいきました。それについて行くと、遠回りですが緩やかな道がありました。

  • たくさんの建物に仏様が祀られていて、さて何回目の参拝になるだろうか。

    たくさんの建物に仏様が祀られていて、さて何回目の参拝になるだろうか。

  • バスセンターでバスを待ち、横川中堂を目指しました。

    バスセンターでバスを待ち、横川中堂を目指しました。

  • 駐車場でバスを降りると、ここも紅葉がきれいでした。ここからは歩いて行きます。

    駐車場でバスを降りると、ここも紅葉がきれいでした。ここからは歩いて行きます。

  • 横川中堂まではなだらかな散歩と言った感じでした。しかし紅葉はすでに終わっていました。

    横川中堂まではなだらかな散歩と言った感じでした。しかし紅葉はすでに終わっていました。

  • 地面に落ちている紅葉を見学。確かに事前の紅葉情報では、一週間前に真っ盛りと書かれていたので仕方ありません。

    地面に落ちている紅葉を見学。確かに事前の紅葉情報では、一週間前に真っ盛りと書かれていたので仕方ありません。

  • 三元大師御廟に着くと、おみくじの発祥は延暦寺だとか。初めて聞きました。

    三元大師御廟に着くと、おみくじの発祥は延暦寺だとか。初めて聞きました。

  • 横川中堂から少しの距離ですが、ここの紅葉は見ごろでした。「おみくじは運試しではない」と注意書きがあったので、おみくじは何処で引けるのかと愚かな質問をしてしまいました。<br /><br />すると「おみくじとは僧侶が祈り、仏から聞いた言葉を伝えるものです」との説明を受けました。本来のおみくじとは、そのような物だったようです。

    横川中堂から少しの距離ですが、ここの紅葉は見ごろでした。「おみくじは運試しではない」と注意書きがあったので、おみくじは何処で引けるのかと愚かな質問をしてしまいました。

    すると「おみくじとは僧侶が祈り、仏から聞いた言葉を伝えるものです」との説明を受けました。本来のおみくじとは、そのような物だったようです。

  • さすがに歩き疲れ、西塔は諦めて展望台のバス停へ。ロープウェイの駅までは登りのためゆっくりと歩くと、列の最後になってしまいました。<br /><br />すると直前で満員になり、次の便を待つことになりました。

    さすがに歩き疲れ、西塔は諦めて展望台のバス停へ。ロープウェイの駅までは登りのためゆっくりと歩くと、列の最後になってしまいました。

    すると直前で満員になり、次の便を待つことになりました。

  • しかし、乗った次の便はガラガラの貸し切り状態でした。とても長めが良く、待ったかいがありました。

    しかし、乗った次の便はガラガラの貸し切り状態でした。とても長めが良く、待ったかいがありました。

  • さらに叡山ケーブルに乗り換えております。すでに午後の時間でしたが、すれ違う車両にはこれから登るたくさんの参拝者が乗っていました。

    さらに叡山ケーブルに乗り換えております。すでに午後の時間でしたが、すれ違う車両にはこれから登るたくさんの参拝者が乗っていました。

    叡山ケーブル・ロープウェイ 乗り物

  • 降りて行く途中の山も、紅葉が真っ盛りの色合いでした。

    降りて行く途中の山も、紅葉が真っ盛りの色合いでした。

  • 最後の乗り物は、叡山電鉄。これで京都市内へ戻りました。考えて見ると、いろいろな乗り物にもよく乗った旅でした。

    最後の乗り物は、叡山電鉄。これで京都市内へ戻りました。考えて見ると、いろいろな乗り物にもよく乗った旅でした。

    八瀬比叡山口駅

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • マリオットさん 2022/04/01 17:22:53
    ゆっくりと歩いて。
    私も行く前は、写真で見る階段がとても気になり、登れる自信がありませんでした。そこで4travelに質問したところ、何度も参拝している経験豊富な方からアドバイスを受けました。

    山ですので、斜面はあります。階段などは迂回できる道もあり、ゆっくり歩けば参拝出来ると教えて頂きました。

    こちらもお読みいただくと、参考になるかも知れません。

    https://4travel.jp/dm_qa_each-76773.html
  • pedaruさん 2022/03/31 16:48:53
    比叡山
    マリオットさん こんにちは

    比叡山に行くにはこの様に行くと便利だと言うことを学びました。
    日本人なら一度は行くべきところですね。
    おみくじの発祥の寺とは知りませんでした、仏の言葉を伝えてくれるのが本来のおみくじなんですね。比叡山には行きやすいのはわかりましたが、あの石段を見たらちょっと
    不安になりました。
    私たち夫婦は老いが加速しているので元気なうちにどこへでも行きたいと思っております。たいへん参考になりました。

    pedaru

マリオットさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

大津の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集