新穂高温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2021年11月中旬の週末に岐阜県北部の奥飛騨温泉郷へ一泊二日の一人旅に行ってきました。<br /><br />前回2021年9月の旅で長野県松本市を訪問した時に、次回の旅はここから西を目指そうと思い立ったのがきっかけです。<br /><br />今回の旅の1日目は松本経由で奥飛騨温泉郷の中の一つ栃尾温泉を訪れ、現地の温泉民宿に宿泊しました。<br /><br />2日目は午前中に新穂高ロープウェイに乗って標高2,156m付近で積雪の北アルプスの絶景を楽しんだ後、帰りに途中の平湯温泉で平湯大滝を観てから平湯民俗館の露天風呂に立ち寄り湯をしました。<br /><br />東京周辺から奥飛騨地方はアクセス的には決して良くないですが、晩秋から初冬へ移ろう北アルプスの雄大な風景を束の間の時間でしたが楽しんで来ました。<br /><br />本編は後編の新穂高ロープウェイと平湯温泉の旅行記です。

2021年11月秋の週末一泊一人旅~岐阜県奥飛騨温泉郷②:新穂高ロープウェイ・平湯温泉~

29いいね!

2021/11/14 - 2021/11/14

73位(同エリア398件中)

チャムンパス

チャムンパスさん

この旅行記スケジュールを元に

2021年11月中旬の週末に岐阜県北部の奥飛騨温泉郷へ一泊二日の一人旅に行ってきました。

前回2021年9月の旅で長野県松本市を訪問した時に、次回の旅はここから西を目指そうと思い立ったのがきっかけです。

今回の旅の1日目は松本経由で奥飛騨温泉郷の中の一つ栃尾温泉を訪れ、現地の温泉民宿に宿泊しました。

2日目は午前中に新穂高ロープウェイに乗って標高2,156m付近で積雪の北アルプスの絶景を楽しんだ後、帰りに途中の平湯温泉で平湯大滝を観てから平湯民俗館の露天風呂に立ち寄り湯をしました。

東京周辺から奥飛騨地方はアクセス的には決して良くないですが、晩秋から初冬へ移ろう北アルプスの雄大な風景を束の間の時間でしたが楽しんで来ました。

本編は後編の新穂高ロープウェイと平湯温泉の旅行記です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス JR特急 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この前編は『2021年11月秋の週末一泊一人旅~岐阜県奥飛騨温泉郷①:栃尾温泉~』です。<br /><br />宿泊先最寄りの栃尾診療所前バス停から7時58分発の新穂高ロープウェイ行きの濃飛バスに乗車して、8時10分頃に終点の新穂高ロープウェイバス停に到着しました。

    この前編は『2021年11月秋の週末一泊一人旅~岐阜県奥飛騨温泉郷①:栃尾温泉~』です。

    宿泊先最寄りの栃尾診療所前バス停から7時58分発の新穂高ロープウェイ行きの濃飛バスに乗車して、8時10分頃に終点の新穂高ロープウェイバス停に到着しました。

  • バス停そばの駐車場から北アルプスの峰々を間近に見ることが出来ます。<br /><br />2日目の朝は晴れていましたが、やや雲が多めでした。<br /><br />山岳の天気は目まぐるしく変わります。

    バス停そばの駐車場から北アルプスの峰々を間近に見ることが出来ます。

    2日目の朝は晴れていましたが、やや雲が多めでした。

    山岳の天気は目まぐるしく変わります。

  • 2日目の旅の最初は、新穂高ロープウェイの新穂高温泉駅から展望台のある西穂高口駅を目指しました。

    2日目の旅の最初は、新穂高ロープウェイの新穂高温泉駅から展望台のある西穂高口駅を目指しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高温泉駅の券売機で、第1・第2ロープウェイの往復券3,000円を買いました。<br /><br />第1ロープウェイの搭乗を待つ乗客の方達は、混雑を避けて朝早くから来られているようでした。

    新穂高温泉駅の券売機で、第1・第2ロープウェイの往復券3,000円を買いました。

    第1ロープウェイの搭乗を待つ乗客の方達は、混雑を避けて朝早くから来られているようでした。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 駅構内に貼り出されていたポスターです。

    駅構内に貼り出されていたポスターです。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 搭乗予定の第1ロープウェイのゴンドラがやって来ました。<br /><br />こちらのゴンドラは定員45名、ごく一般的なサイズです。

    搭乗予定の第1ロープウェイのゴンドラがやって来ました。

    こちらのゴンドラは定員45名、ごく一般的なサイズです。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 第1ロープウェイの全長は573m、高低差188mです。<br /><br />約4分程で終点の鍋平高原駅に到着しました。

    第1ロープウェイの全長は573m、高低差188mです。

    約4分程で終点の鍋平高原駅に到着しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 搭乗したゴンドラ内の立ち位置が悪かったため、外の撮影はしませんでした。<br /><br />駅のホームから撮影しました。

    搭乗したゴンドラ内の立ち位置が悪かったため、外の撮影はしませんでした。

    駅のホームから撮影しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 鍋平高原駅の標高は1,305mです。<br /><br />これ覚えておいてください。

    鍋平高原駅の標高は1,305mです。

    これ覚えておいてください。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 鍋平高原駅の駅舎の全景です。

    鍋平高原駅の駅舎の全景です。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 第2ロープウェイの乗り場のしらかば平駅は少し離れた場所にあります。

    第2ロープウェイの乗り場のしらかば平駅は少し離れた場所にあります。

  • 2~3分程歩いてしらかば平駅に到着しました。

    2~3分程歩いてしらかば平駅に到着しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 駅構内は第2ロープウェイの搭乗を待つ乗客の方達の長い行列が出来ていました。

    駅構内は第2ロープウェイの搭乗を待つ乗客の方達の長い行列が出来ていました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイの第2ロープウェイは、全国で唯一の2階建てゴンドラで運行しています。<br /><br />定員は第1ロープウェイの倍以上の105名ですが、往きの便は満員で1階側に搭乗しました。

    新穂高ロープウェイの第2ロープウェイは、全国で唯一の2階建てゴンドラで運行しています。

    定員は第1ロープウェイの倍以上の105名ですが、往きの便は満員で1階側に搭乗しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • ゴンドラが出発しました。<br /><br />これから到着までの間、第2ロープウェイのゴンドラの中から撮った写真だけが続きます。<br /><br />コメントなしでお楽しみ下さい。

    ゴンドラが出発しました。

    これから到着までの間、第2ロープウェイのゴンドラの中から撮った写真だけが続きます。

    コメントなしでお楽しみ下さい。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイ 乗り物

  • イチオシ

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイ 乗り物

  • イチオシ

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 第2ロープウェイの全長は2,598m、約7分程で終点の西穂高口駅に到着しました。<br /><br />降り口から1階上に上ってゴンドラ全体を撮影しましたが、今まで乗ったロープウェイの中では一番大きいと思いました。

    第2ロープウェイの全長は2,598m、約7分程で終点の西穂高口駅に到着しました。

    降り口から1階上に上ってゴンドラ全体を撮影しましたが、今まで乗ったロープウェイの中では一番大きいと思いました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 西穂高口駅の標高は2,156m、一気に850m程上がってきました。<br /><br />当時の気温はマイナス1.3℃で、11月中旬ながらここは一足お先に冬が訪れていました。

    西穂高口駅の標高は2,156m、一気に850m程上がってきました。

    当時の気温はマイナス1.3℃で、11月中旬ながらここは一足お先に冬が訪れていました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • まずは、階段を上って屋上の西穂高口駅展望台に行きました。

    まずは、階段を上って屋上の西穂高口駅展望台に行きました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 最上階の展望台にはテイクアウト用のカフェコーナー『Cafe Peak&#39;s』さんがあります。<br /><br />訪問当日は営業されていましたが、冬季は休業されるそうです。<br /><br />ソフトクリームを販売されていましたが、この時期に注文される方はいらっしゃるのでしょうか。

    最上階の展望台にはテイクアウト用のカフェコーナー『Cafe Peak's』さんがあります。

    訪問当日は営業されていましたが、冬季は休業されるそうです。

    ソフトクリームを販売されていましたが、この時期に注文される方はいらっしゃるのでしょうか。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 曇りがちでしたが、展望台からの眺めは格別でした。<br /><br />生憎展望台から比較的近い西穂高岳は、この時雲が掛かって山頂部を見ることが出来ませんでした。<br /><br />展望台には日本最高所にある通年投函可能な赤ポスト『山びこポスト』があります。

    曇りがちでしたが、展望台からの眺めは格別でした。

    生憎展望台から比較的近い西穂高岳は、この時雲が掛かって山頂部を見ることが出来ませんでした。

    展望台には日本最高所にある通年投函可能な赤ポスト『山びこポスト』があります。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 西穂高岳より奥に聳える南岳、中岳、槍ヶ岳方面を撮影しました。

    イチオシ

    西穂高岳より奥に聳える南岳、中岳、槍ヶ岳方面を撮影しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 笠ヶ岳、抜戸岳方面を撮影しました。

    笠ヶ岳、抜戸岳方面を撮影しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 焼岳、乗鞍岳方面を撮影しました。

    焼岳、乗鞍岳方面を撮影しました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 新穂高ロープウェイのマスコット『にしほくん』です。<br /><br />要は雪だるまなんですけど、毎年積雪時に作られるのが恒例らしく、冬季限定のキャラクターなのだそうです。

    新穂高ロープウェイのマスコット『にしほくん』です。

    要は雪だるまなんですけど、毎年積雪時に作られるのが恒例らしく、冬季限定のキャラクターなのだそうです。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 外気がマイナス1℃の展望台に長くいたので、身体がすっかり冷えてしまいました。<br /><br />温かい飲み物を頂きに、1階下の4階にある軽食喫茶『マウントビュー』さんを訪れました。

    外気がマイナス1℃の展望台に長くいたので、身体がすっかり冷えてしまいました。

    温かい飲み物を頂きに、1階下の4階にある軽食喫茶『マウントビュー』さんを訪れました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 熱いブレンドコーヒー税込300円を頂きました。

    熱いブレンドコーヒー税込300円を頂きました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 西穂高口駅に隣接する千石園地にも出てみました。<br /><br />雪が積もった階段は滑りそうでした。

    西穂高口駅に隣接する千石園地にも出てみました。

    雪が積もった階段は滑りそうでした。

    千石園地 自然・景勝地

  • 西穂高口駅は穂高連峰や上高地に向かうルートの拠点です。<br /><br />訪問当日も観光客の方以外に、冬山装備の登山グループの方々がロープウェイを利用されていました。

    西穂高口駅は穂高連峰や上高地に向かうルートの拠点です。

    訪問当日も観光客の方以外に、冬山装備の登山グループの方々がロープウェイを利用されていました。

    千石園地 自然・景勝地

  • 3階の売店では土産物以外に登山グッズも販売されています。

    3階の売店では土産物以外に登山グッズも販売されています。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 帰りは臨時便に搭乗しました。<br /><br />往きの便と違いゴンドラ内は空いていて、2階部分に乗りました。

    帰りは臨時便に搭乗しました。

    往きの便と違いゴンドラ内は空いていて、2階部分に乗りました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 山岳の天気は刻々と変わっていきます。<br /><br />展望台では雲が掛かって見えなかった西穂高岳が、この時はハッキリと見えました。

    イチオシ

    山岳の天気は刻々と変わっていきます。

    展望台では雲が掛かって見えなかった西穂高岳が、この時はハッキリと見えました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • ゴンドラの進行方向に聳える抜戸岳、笠ヶ岳です。

    イチオシ

    ゴンドラの進行方向に聳える抜戸岳、笠ヶ岳です。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • すれ違うゴンドラを撮影しました。<br /><br />あちらは満員でした。

    すれ違うゴンドラを撮影しました。

    あちらは満員でした。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 焼岳もくっきりと見えました。

    焼岳もくっきりと見えました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 第2ロープウェイの終点のしらかば平駅に到着しました。<br /><br />ゴンドラから降りた乗客の方達は、乗務員さんのアナウンスで紹介された2階にあるベーカリー『アルプスのパン屋さん』に来店されていました。

    第2ロープウェイの終点のしらかば平駅に到着しました。

    ゴンドラから降りた乗客の方達は、乗務員さんのアナウンスで紹介された2階にあるベーカリー『アルプスのパン屋さん』に来店されていました。

    アルプスのパン屋さん グルメ・レストラン

  • 売れ筋商品の第2ロープウェイの2階建てゴンドラをかたどって焼き上げた『ゴンドラ食パン』です。

    売れ筋商品の第2ロープウェイの2階建てゴンドラをかたどって焼き上げた『ゴンドラ食パン』です。

    アルプスのパン屋さん グルメ・レストラン

  • 標高1,300m付近のしらかば平駅周辺の樹々の紅葉は、この時期もう終わっていました。<br /><br />駅建屋そばのモミジだけは、最後の紅葉を観光客に見せていました。

    標高1,300m付近のしらかば平駅周辺の樹々の紅葉は、この時期もう終わっていました。

    駅建屋そばのモミジだけは、最後の紅葉を観光客に見せていました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • しらかば平駅の近くには、足湯があります。

    しらかば平駅の近くには、足湯があります。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 日帰り露天風呂『神宝乃湯』が併設されている、新穂高ロープウェイビジターセンター『山楽館』です。<br /><br />今回の旅の立ち寄り湯は最後にする予定なので、外観のみ撮影です。

    日帰り露天風呂『神宝乃湯』が併設されている、新穂高ロープウェイビジターセンター『山楽館』です。

    今回の旅の立ち寄り湯は最後にする予定なので、外観のみ撮影です。

    新穂高ロープウェイビジターセンター山楽館 美術館・博物館

  • 晩秋から初冬へ移ろう北アルプスの絶景を、束の間でしたが満喫することが出来ました。

    晩秋から初冬へ移ろう北アルプスの絶景を、束の間でしたが満喫することが出来ました。

    新穂高ロープウェイ 乗り物

  • 鍋平高原駅から第1ロープウェイに搭乗して新穂高温泉駅に戻り、10時55分発の高山バスターミナル行きの濃飛バスに乗車しました。<br /><br />11時30分頃に平湯温泉バスターミナルに到着し、次の目的地に徒歩で向かいました。<br /><br />旅の2日目の朝食は朝早く摂っていたので、早めの昼食を摂ることにしました。<br /><br />次の目的地に行く途中にある、平湯IC交差点近くの『あんき屋』さんに来店しました。

    鍋平高原駅から第1ロープウェイに搭乗して新穂高温泉駅に戻り、10時55分発の高山バスターミナル行きの濃飛バスに乗車しました。

    11時30分頃に平湯温泉バスターミナルに到着し、次の目的地に徒歩で向かいました。

    旅の2日目の朝食は朝早く摂っていたので、早めの昼食を摂ることにしました。

    次の目的地に行く途中にある、平湯IC交差点近くの『あんき屋』さんに来店しました。

    御食事処 あんき屋 グルメ・レストラン

  • 店内は年季を感じさせる梁や柱で建てられた古民家の佇まいです。

    店内は年季を感じさせる梁や柱で建てられた古民家の佇まいです。

    御食事処 あんき屋 グルメ・レストラン

  • 国産豚バラ朴葉みそ焼定食税込1,600円を注文しました。<br /><br />飛騨牛は前日のお宿の夕食で頂いていましたので、気分を変えて2日目のお昼は豚肉です。

    国産豚バラ朴葉みそ焼定食税込1,600円を注文しました。

    飛騨牛は前日のお宿の夕食で頂いていましたので、気分を変えて2日目のお昼は豚肉です。

    御食事処 あんき屋 グルメ・レストラン

  • 豚バラ肉に甘めの味噌が絡んで、これはこれで美味しかったです。

    豚バラ肉に甘めの味噌が絡んで、これはこれで美味しかったです。

    御食事処 あんき屋 グルメ・レストラン

  • 昼食を頂いて次の目的地に向かいました。<br /><br />国道158号線とあんき屋さんの角で交差する道を歩くと、左手に平湯温泉スキー場があります。

    昼食を頂いて次の目的地に向かいました。

    国道158号線とあんき屋さんの角で交差する道を歩くと、左手に平湯温泉スキー場があります。

    平湯温泉スキー場 スキー場

  • あんき屋さんを出てから徒歩で約10分程で、駐車場とその奥に平湯大滝が見えました。

    あんき屋さんを出てから徒歩で約10分程で、駐車場とその奥に平湯大滝が見えました。

    平湯大滝 自然・景勝地

  • 平湯大滝は落差64m、奥飛騨温泉郷界隈では最も大きな滝です。<br /><br />前月10月の紅葉シーズンの時の眺めは、さぞかしよかったことでしょう。

    イチオシ

    平湯大滝は落差64m、奥飛騨温泉郷界隈では最も大きな滝です。

    前月10月の紅葉シーズンの時の眺めは、さぞかしよかったことでしょう。

    平湯大滝 自然・景勝地

  • 平湯大滝から徒歩で約25分程かけて平湯温泉街に行きました。<br /><br />そろそろ旅の終わりに近づいて来ましたので、締めくくりの立ち寄り湯です。<br /><br />今回の訪問先は、前日に訪れた平湯神社の右隣りにある『平湯民俗館』です。

    平湯大滝から徒歩で約25分程かけて平湯温泉街に行きました。

    そろそろ旅の終わりに近づいて来ましたので、締めくくりの立ち寄り湯です。

    今回の訪問先は、前日に訪れた平湯神社の右隣りにある『平湯民俗館』です。

    平湯民俗館 美術館・博物館

  • 園内には岐阜県飛騨地方に建っていた合掌造などの古民家を移築して展示されています。

    園内には岐阜県飛騨地方に建っていた合掌造などの古民家を移築して展示されています。

    平湯民俗館 美術館・博物館

  • 敷地内に公共の露天風呂『平湯の湯』があります。<br /><br />今回こちらのお風呂を利用させていただきました。<br /><br />平湯民俗館内の建物の見学は無料ですが、露天風呂を利用する場合は別棟の女湯に向かう通路と分かれる場所に設置されている合掌造住居の形をした集金箱に、寸志として300円入金します。

    敷地内に公共の露天風呂『平湯の湯』があります。

    今回こちらのお風呂を利用させていただきました。

    平湯民俗館内の建物の見学は無料ですが、露天風呂を利用する場合は別棟の女湯に向かう通路と分かれる場所に設置されている合掌造住居の形をした集金箱に、寸志として300円入金します。

    平湯民俗館 美術館・博物館

  • 訪問当時、露天風呂は数名の方が利用されていました。<br /><br />更衣室内には100円コインロッカーもありますが、浴場に洗い場はなくただ温泉に浸かるだけです。<br /><br />一瞬誰も入浴していない状態がありましたので撮影させていただきましたが、お風呂は山奥のひなびた湯宿の雰囲気です。<br /><br />泉質はナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉ですが、浴槽の縁石が赤茶化ていたことから、鉄分も含まれているかもしれません。<br /><br />白濁したお湯はやや熱めの適温で、冷たい外気を顔に感じながら平湯温泉を楽しませていただきました。

    訪問当時、露天風呂は数名の方が利用されていました。

    更衣室内には100円コインロッカーもありますが、浴場に洗い場はなくただ温泉に浸かるだけです。

    一瞬誰も入浴していない状態がありましたので撮影させていただきましたが、お風呂は山奥のひなびた湯宿の雰囲気です。

    泉質はナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉ですが、浴槽の縁石が赤茶化ていたことから、鉄分も含まれているかもしれません。

    白濁したお湯はやや熱めの適温で、冷たい外気を顔に感じながら平湯温泉を楽しませていただきました。

    平湯民俗館 美術館・博物館

  • 露天風呂を楽しんでから、平湯バスターミナルに向かいました。<br /><br />平湯民俗館の入口近くにある岐阜県指定の重要文化財の薬師堂を撮影しました。

    露天風呂を楽しんでから、平湯バスターミナルに向かいました。

    平湯民俗館の入口近くにある岐阜県指定の重要文化財の薬師堂を撮影しました。

  • 平湯バスターミナル内の『アルプス街道平湯』の売店『アルプラザ』でお土産を買い求めました。

    平湯バスターミナル内の『アルプス街道平湯』の売店『アルプラザ』でお土産を買い求めました。

    アルプス街道平湯 名所・史跡

  • 濃飛バスが運行する平湯バスターミナル14時55分発の松本バスターミナル行きの特急バスに乗車しました。<br /><br />松本バスターミナルには16時10分頃に到着し、その後JR松本駅17時20分発の千葉行き特急『あずさ50号』に乗り換えて、家路につきました。

    濃飛バスが運行する平湯バスターミナル14時55分発の松本バスターミナル行きの特急バスに乗車しました。

    松本バスターミナルには16時10分頃に到着し、その後JR松本駅17時20分発の千葉行き特急『あずさ50号』に乗り換えて、家路につきました。

    平湯バスターミナル 乗り物

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • takaさん 2021/12/31 09:59:02
    奥飛騨温泉。
    チャムンパスさん、こんにちは。

    いつもありがとうございます。奥飛騨温泉と穂高の山々、いい旅でしたね。私は以前ツアーで立山までは行ったことがあるのですが。アルプスの山々は壮大で迫力があって大好きです。

    私も登山はできませんが、眺めるのは夏山も冬山も好きです。この時季の緑の中に白い雪を一部いただく山はとりわけきれいです。そんな場所でゆっくりと温泉に浸かるのは贅沢ですね。また、アルプスの山々を眺めたくなりました。

    旅心をくすぐる旅行記を、そして今年1年のお付き合いに感謝いたします。

    どうかよいお年をお迎えください。

                          taka

    チャムンパス

    チャムンパスさん からの返信 2021/12/31 22:18:34
    Re: 奥飛騨温泉。
    takaさん、こんにちは。

    コメントをお寄せいただきありがとうございます。

    登山は趣味ではありませんが、大自然の風景を見るのも旅先の楽しみの一つにしています。

    私もtakaさんが四季を通して投稿される自然豊かな旅行記を見て、今年一年間心を癒されました。

    来年こそは道外を出て本格的な旅行が出来るといいですね。

    冬の北海道は一際寒さが厳しいことと思います。

    どうぞお身体に気をつけて、良いお年をお迎えください。

                チャムンパス

チャムンパスさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

新穂高温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集