長浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
浅井長政とお市の方の居城だった小谷城。<br />織田信長に攻められ落城しました。<br />このあたり一帯は浅井氏ゆかりの場所です。<br />長浜駅前でレンタサイクルを借りて一回りしてきました。

小谷城など浅井長政ゆかりの地をサイクリング

18いいね!

2021/08/08 - 2021/08/08

273位(同エリア750件中)

あおし

あおしさん

この旅行記スケジュールを元に

浅井長政とお市の方の居城だった小谷城。
織田信長に攻められ落城しました。
このあたり一帯は浅井氏ゆかりの場所です。
長浜駅前でレンタサイクルを借りて一回りしてきました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 前日のうちに米原に到着し、宿泊した東横イン。<br />駅前広場にあり、コスパのいいホテルでした。<br /><br />米原駅からJR北陸線に乗って長浜駅へ。

    前日のうちに米原に到着し、宿泊した東横イン。
    駅前広場にあり、コスパのいいホテルでした。

    米原駅からJR北陸線に乗って長浜駅へ。

    東横イン米原駅新幹線西口 宿・ホテル

    2名1室合計 4,900円~

    駅から近くとても便利 by あおしさん
  • まずはJR長浜駅前で電動レンタサイクルを借りてスタートです。

    まずはJR長浜駅前で電動レンタサイクルを借りてスタートです。

    えきまちテラス長浜 ショッピングモール

    電動レンタサイクルを借りれました by あおしさん
  • 小谷城に向かって北へ向かいます。<br />まず立ち寄ったのは「近江国友村」。<br />戦国時代は鉄砲の生産地として有名だったところです。<br /><br />現在も落ち着いた街並みが残っていました。

    小谷城に向かって北へ向かいます。
    まず立ち寄ったのは「近江国友村」。
    戦国時代は鉄砲の生産地として有名だったところです。

    現在も落ち着いた街並みが残っていました。

  • 時代小説の第一人者・司馬遼太郎さんの石碑。<br />司馬さんもここを訪れたのでしょう。<br />「街道をゆく」の一節が刻まれていました。<br /><br />『国友村は湖の底のようにしずかな村だった。家並はさすがにりっぱでどの家も伊吹山の霧で洗いづつけているように清らかである』<br />

    時代小説の第一人者・司馬遼太郎さんの石碑。
    司馬さんもここを訪れたのでしょう。
    「街道をゆく」の一節が刻まれていました。

    『国友村は湖の底のようにしずかな村だった。家並はさすがにりっぱでどの家も伊吹山の霧で洗いづつけているように清らかである』

  • ここには国友鉄砲の里史料館があります。<br />小さな資料館です。

    ここには国友鉄砲の里史料館があります。
    小さな資料館です。

    国友鉄砲の里資料館 美術館・博物館

    歴史好きには必見の資料館です by あおしさん
  • 1543年、九州鹿児島の種子島に鉄砲が伝来しましたが、翌1544年には将軍・足利義晴、管領細川晴元の指示のもと、ここで鉄砲生産が始まったとされています。<br />もともとここには優秀な鉄鍛冶職人が多かったそうです。<br />戦国時代を通じて、ここ近江国友は日本一の鉄砲生産地でした。

    1543年、九州鹿児島の種子島に鉄砲が伝来しましたが、翌1544年には将軍・足利義晴、管領細川晴元の指示のもと、ここで鉄砲生産が始まったとされています。
    もともとここには優秀な鉄鍛冶職人が多かったそうです。
    戦国時代を通じて、ここ近江国友は日本一の鉄砲生産地でした。

  • 多くの鉄砲、火縄銃が展示されています。<br />小さなピストルのような鉄砲もありました。

    多くの鉄砲、火縄銃が展示されています。
    小さなピストルのような鉄砲もありました。

  • これは「大筒」と言われる鉄砲。<br />関ヶ原の合戦では石田三成が使用して徳川方を散々苦しめ、大阪の冬の陣ではこの大筒からの砲玉が大阪城の天守閣の淀殿の目の前で爆発し、淀殿はあわてて講和に応じたとされています。<br />大砲のイメージでしたが、案外小さな「鉄砲」でした。

    これは「大筒」と言われる鉄砲。
    関ヶ原の合戦では石田三成が使用して徳川方を散々苦しめ、大阪の冬の陣ではこの大筒からの砲玉が大阪城の天守閣の淀殿の目の前で爆発し、淀殿はあわてて講和に応じたとされています。
    大砲のイメージでしたが、案外小さな「鉄砲」でした。

  • 「近江国友」から北に向かい、小谷城の麓にやってきました。<br />小谷城は浅井氏3代の居城で、山々を使った山城でした。

    「近江国友」から北に向かい、小谷城の麓にやってきました。
    小谷城は浅井氏3代の居城で、山々を使った山城でした。

    小谷城跡 名所・史跡

    番所跡までは道路があります。そこから本丸までは歩いて15分 by あおしさん
  • まずは資料館へ。<br />掘立小屋のようなささやかな資料館です。<br />浅井3代、浅井長政と妻・お市の方、淀、初、江の3姉妹などについての展示がされていました。<br />写真撮影禁止は残念。

    まずは資料館へ。
    掘立小屋のようなささやかな資料館です。
    浅井3代、浅井長政と妻・お市の方、淀、初、江の3姉妹などについての展示がされていました。
    写真撮影禁止は残念。

    小谷城戦国歴史資料館 美術館・博物館

    掘っ建て小屋のような資料館です。 by あおしさん
  • ここから小谷城へ登って行きます。<br />途中までは道路があり、クルマでも小谷城を登って行けます。<br />日によっては登山バスも運行されますが、本日は運航なし。<br />電動レンタサイクルなので坂道でも大丈夫。

    ここから小谷城へ登って行きます。
    途中までは道路があり、クルマでも小谷城を登って行けます。
    日によっては登山バスも運行されますが、本日は運航なし。
    電動レンタサイクルなので坂道でも大丈夫。

    小谷寺 寺・神社

    小谷城の登山道路の入り口にあります by あおしさん
  • 青い空と緑の木々の組み合わせが美しい山道。<br />一部すでに紅葉が始まっていました。

    青い空と緑の木々の組み合わせが美しい山道。
    一部すでに紅葉が始まっていました。

  • 「番所」という城の入口に到着。<br />ここで舗装道路も終わり、ここからは自転車を降りて徒歩で山登りとなります。<br />

    「番所」という城の入口に到着。
    ここで舗装道路も終わり、ここからは自転車を降りて徒歩で山登りとなります。

  • ここが登山口である「番所」。<br />城があったときにはここに衛兵がいたことでしょう。

    ここが登山口である「番所」。
    城があったときにはここに衛兵がいたことでしょう。

  • 山を登って行くと、目の前には虎御前山がよく見えます。<br />小谷城攻めのときにはこの山に織田信長は本陣を置きました。<br />その周りには羽柴秀吉(豊臣秀吉)をはじめとする大軍勢がひしめきあっていたことでしょう。

    山を登って行くと、目の前には虎御前山がよく見えます。
    小谷城攻めのときにはこの山に織田信長は本陣を置きました。
    その周りには羽柴秀吉(豊臣秀吉)をはじめとする大軍勢がひしめきあっていたことでしょう。

    虎御前山 自然・景勝地

    小谷城から虎御前山の全景がよく見えます by あおしさん
  • 番所から上ってくると最初の曲輪は「お茶屋」跡。<br />お茶屋という風雅な名称とは裏腹に城攻めでは最初の激戦が行われる場所です。

    番所から上ってくると最初の曲輪は「お茶屋」跡。
    お茶屋という風雅な名称とは裏腹に城攻めでは最初の激戦が行われる場所です。

  • ここからは近江を代表する山である伊吹山がよく見えます。<br />「お茶屋」という風雅な名称も普段はこの曲輪では伊吹山を見ながらお茶会でもしてたからでしょうか。

    ここからは近江を代表する山である伊吹山がよく見えます。
    「お茶屋」という風雅な名称も普段はこの曲輪では伊吹山を見ながらお茶会でもしてたからでしょうか。

  • 次の曲輪は「御馬屋」跡。<br />この曲輪にはその名のとおり、多くの馬がここに飼われていたようです。

    次の曲輪は「御馬屋」跡。
    この曲輪にはその名のとおり、多くの馬がここに飼われていたようです。

  • 御馬屋からさらに上ると、「桜馬場」跡。<br />馬場なのでここも馬が飼われていたようですが、「桜」という名前を付けたのは何か意味があったのでしょうか。

    御馬屋からさらに上ると、「桜馬場」跡。
    馬場なのでここも馬が飼われていたようですが、「桜」という名前を付けたのは何か意味があったのでしょうか。

  • 「御茶屋」「御馬屋」「桜馬場」と登ってきて、ここが本丸への入口、「黒金門」があったところ。<br />黒金となると鉄を打ちつけた立派な門があったことでしょう。

    「御茶屋」「御馬屋」「桜馬場」と登ってきて、ここが本丸への入口、「黒金門」があったところ。
    黒金となると鉄を打ちつけた立派な門があったことでしょう。

  • 小谷城の中心の建物、「大広間」があったところ。<br />浅井長政やお市、淀、初、江の3姉妹も普段はここで生活していたり、家臣たちとの会議なども行われていた場所とされています。<br />山城にしてはとても広い場所です。

    小谷城の中心の建物、「大広間」があったところ。
    浅井長政やお市、淀、初、江の3姉妹も普段はここで生活していたり、家臣たちとの会議なども行われていた場所とされています。
    山城にしてはとても広い場所です。

  • 「大広間」とそれに続く「本丸」についての説明板です。

    「大広間」とそれに続く「本丸」についての説明板です。

  • 「大広間」から「本丸」への登り口。<br />石垣も残っていました。

    「大広間」から「本丸」への登り口。
    石垣も残っていました。

  • 小谷城の中心・「本丸」。<br />かつてはここに天守があったことでしょう。<br />

    小谷城の中心・「本丸」。
    かつてはここに天守があったことでしょう。

  • 「本丸」跡から見下ろした「大広間」

    「本丸」跡から見下ろした「大広間」

  • 「本丸」からさらに登り、「中丸」を通り、「京極丸」へ。<br />もともと近江北部の守護大名は京極家。<br />京極家は源頼朝が伊豆の流人時代の家人・佐々木定綱、足利尊氏とともに足利幕府を作った「バサラ大名」佐々木道誉からの流れの武家の中では名門中の名門の家柄。<br />しかし下剋上の戦国時代の中で家臣の浅井家に実権を奪われ、京極家の当主はここに閉じ込められていたようです。<br /><br />小谷城攻めでは、まず浅井長政の父、久政が羽柴秀吉に攻められてここで自刃しまいした。<br /><br />まだ上はありますが、疲れてきたので、ここでいったん本丸まで戻ります。

    「本丸」からさらに登り、「中丸」を通り、「京極丸」へ。
    もともと近江北部の守護大名は京極家。
    京極家は源頼朝が伊豆の流人時代の家人・佐々木定綱、足利尊氏とともに足利幕府を作った「バサラ大名」佐々木道誉からの流れの武家の中では名門中の名門の家柄。
    しかし下剋上の戦国時代の中で家臣の浅井家に実権を奪われ、京極家の当主はここに閉じ込められていたようです。

    小谷城攻めでは、まず浅井長政の父、久政が羽柴秀吉に攻められてここで自刃しまいした。

    まだ上はありますが、疲れてきたので、ここでいったん本丸まで戻ります。

  • 本丸から少し下ったところにある「赤尾屋敷」跡。<br />赤尾氏の屋敷があったところとされています。<br /><br />本丸の近くに屋敷があるということは赤尾氏は一番の重臣だったようです。<br />

    本丸から少し下ったところにある「赤尾屋敷」跡。
    赤尾氏の屋敷があったところとされています。

    本丸の近くに屋敷があるということは赤尾氏は一番の重臣だったようです。

  • 織田信長は浅井長政を惜しみ、降伏を促しましたが、長政は妻・お市、淀、初、江の3姉妹を信長に託し、自らはここ赤尾屋敷で自刃しました。<br /><br />結局2時間近く山登りをして、下山しました。<br />

    織田信長は浅井長政を惜しみ、降伏を促しましたが、長政は妻・お市、淀、初、江の3姉妹を信長に託し、自らはここ赤尾屋敷で自刃しました。

    結局2時間近く山登りをして、下山しました。

  • 小谷城からは南下します。<br />途中にある道の駅「浅井三姉妹の郷」<br /><br />お市と3姉妹の銅像が建っています。

    小谷城からは南下します。
    途中にある道の駅「浅井三姉妹の郷」

    お市と3姉妹の銅像が建っています。

    道の駅 浅井三姉妹の郷 道の駅

    浅井氏ゆかりの旧浅井町の道の駅です by あおしさん
  • このあたり一帯は旧浅井町(平成の大合併で長浜市に編入)。<br />旧浅井町の郷土資料館へ立ち寄ります。

    このあたり一帯は旧浅井町(平成の大合併で長浜市に編入)。
    旧浅井町の郷土資料館へ立ち寄ります。

    浅井歴史民俗資料館 美術館・博物館

    なかなか充実した郷土資料館でした。 by あおしさん
  • 郷土資料館にしては、真新しく、浅井氏関係の展示が充実していました。

    郷土資料館にしては、真新しく、浅井氏関係の展示が充実していました。

  • さきほど登ってきた旧小谷城のジオラマ。

    さきほど登ってきた旧小谷城のジオラマ。

  • 信長の小谷城攻めのときの浅井長政、お市、と子供たち。<br />落城寸前の家族のだんらんのひととき。<br />3姉妹の末っ子・江はまだ生まれたばかりの赤ちゃんです。

    信長の小谷城攻めのときの浅井長政、お市、と子供たち。
    落城寸前の家族のだんらんのひととき。
    3姉妹の末っ子・江はまだ生まれたばかりの赤ちゃんです。

  • お市と淀、初、江の3姉妹が信長のもとへ行くところ。<br />この門は小谷城の門で唯一現存しているものを使っています。

    お市と淀、初、江の3姉妹が信長のもとへ行くところ。
    この門は小谷城の門で唯一現存しているものを使っています。

  • 郷土資料館の近くにある姉川古戦場。<br />この姉川を挟んで織田信長・徳川家康の連合軍と浅井長政・朝倉の連合軍が激突し、激戦の末、織田・徳川軍が勝利しました。<br /><br />この川も兵士の血で赤く染まったことでしょう。

    郷土資料館の近くにある姉川古戦場。
    この姉川を挟んで織田信長・徳川家康の連合軍と浅井長政・朝倉の連合軍が激突し、激戦の末、織田・徳川軍が勝利しました。

    この川も兵士の血で赤く染まったことでしょう。

    姉川古戦場 名所・史跡

    あまり戦場らしさはありません by あおしさん
  • 浅井長政の本陣のあった場所には、ここで戦死した兵士たちの慰霊碑がありました。

    浅井長政の本陣のあった場所には、ここで戦死した兵士たちの慰霊碑がありました。

  • 姉川古戦場からさらに南下すると「石田集落」。<br />バス停の名前も「石田」<br /><br />

    姉川古戦場からさらに南下すると「石田集落」。
    バス停の名前も「石田」

  • 石田三成はここ石田村の庄屋の息子として生まれました。<br />三成の生家跡には彼の銅像。<br /><br />なかなか広い屋敷だったようで、先ほどのバス停のあたりまで屋敷だったそうです。<br />周辺には三成の慰霊碑、石田神社など三成ゆかりの史跡などがありました。<br />徳川時代は逆賊とされた彼ですが、地元では英雄だったのでしょう。

    石田三成はここ石田村の庄屋の息子として生まれました。
    三成の生家跡には彼の銅像。

    なかなか広い屋敷だったようで、先ほどのバス停のあたりまで屋敷だったそうです。
    周辺には三成の慰霊碑、石田神社など三成ゆかりの史跡などがありました。
    徳川時代は逆賊とされた彼ですが、地元では英雄だったのでしょう。

    石田会館 (石田三成出生地) 名所・史跡

    石田三成の生まれた屋敷跡  by あおしさん
  • 「石田村」から峠を越えたところにあるお寺が観音寺。<br /><br />三成は子供のころはこのお寺で修業をしていました。<br />羽柴秀吉がここにきてお茶を所望し、三成が最初はぬるめの量の多いお茶、次は普通のお茶、最後は熱めで量の少ないお茶を出したとされる2人の出会いの場所でもあります。

    「石田村」から峠を越えたところにあるお寺が観音寺。

    三成は子供のころはこのお寺で修業をしていました。
    羽柴秀吉がここにきてお茶を所望し、三成が最初はぬるめの量の多いお茶、次は普通のお茶、最後は熱めで量の少ないお茶を出したとされる2人の出会いの場所でもあります。

  • 寺の前から見た伊吹山はとても見事。<br />松尾芭蕉も感動したそうで、歌碑がありました。<br /><br />この寺で修行していた三成もこの山をよく眺めていたことでしょう。

    寺の前から見た伊吹山はとても見事。
    松尾芭蕉も感動したそうで、歌碑がありました。

    この寺で修行していた三成もこの山をよく眺めていたことでしょう。

    長浜駅観光案内所 名所・史跡

    レンタサイクルの場所を案内してもらいました by あおしさん
18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

長浜の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集