松前半島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9月22日<br />道の駅「らんこし・ふるさとの丘」から走ること1時間半、駒ヶ岳が見えてきて70軒目の道の駅「YOU 遊 もり」に到着しました。以前訪れた時は、味の良いレストランがあったのですが、残念ながら無くなっていました。駒ヶ岳の眺望だけ楽しんで先に進みました。<br /><br />道の駅「YOU 遊 もり」から10分ちょっとで、71軒目の道の駅「つど~る プラザ さわら」に到着しました。冷凍ブルベーリー100g300円、プルーン「レッドアイ」330円、「いかめし屋のまぜめし」(バター味・醤油味)、「ほたてご飯の素」、ほっきご飯の素」、「牡蠣ご飯の素」各450円と美味しそうなものをたくさん買うことができました。二階が展望台になっていて、噴火湾や駒ヶ岳が見られたので、ブルーベリーを食べながら眺望を楽しみました。<br /><br />道の駅「つど~る プラザ さわら」から20分ほどで、72軒目の道の駅「しかべ間歇泉公園」に到着しました。海産物が豊富で、「函館がごめ昆布」、「北海道鹿部産とろろ昆布」、「昆布だし」、「春摘み北海道鹿部町白口浜真昆布」、「軽石干し」(ほっけ・宗八かれい)を買うことができました。<br /><br />「レストラン ケルン」で夕食をいただきました。16時半ころでしたが店内は満席で20分くらい待ちました。「オリジナルハンバーグ」850円のDセット(漬物、味噌汁、ライス)420円と「ポークカツチーズ(250g)」1500円と大盛ライス300円を注文しました。「オリジナルハンバーグ」は肉々しいハンバーグに濃い目のデミグラスソースがかかっていました。味は悪くなかったです。「ポークカツチーズ(250g)」にも同じデミグラスソースがかかっていましたが、こちらは衣がかなりソースを吸ってしまうので、今度はポークソテーを試してみたいです。<br /><br />この日の宿は約30年ぶりの「函館大沼プリンスホテル」。【禁煙】モデレートツインの七飯町で使えるアップル商品3,000円付き、朝食付きで16000円(税込・サービス料込)が、GoToで5600円引き、じゃらんのクーポンで4500円引きでした。温泉はかけ流しで、塩素消毒はしているようですが、臭いは気にならずいいお湯でした。とくに露天風呂からは大沼の森を感じることができ、とても気持ち良かったです。<br /><br />9月23日<br />朝食ブッフェは、小鉢を自由に取るタイプでした。プリンスホテルだけあって一品一品ワンランクレベルが高く、目の前で握ってくれるおにぎりがふっくらと握られていて、塩加減も絶妙で最高に美味しかったです。<br /><br />「函館大沼プリンスホテル」を出発し10分ちょっとで、73軒目の道の駅「なないろ ななえ」に到着しました。「函館大沼プリンスホテル」で貰った七飯町で使えるアップル商品券を使って、早煮昆布、カボチャ、シイタケを買うことができました。<br /><br />道の駅「なないろ ななえ」を出発し50分ほどで、74軒目の道の駅「あっさぶ」に到着しました。スタンプ帳で黒豆茶140円が100円でしたので買ってみました。それからメロンとミニトマトも買うことができました。黒豆茶は納豆のような香りがしました。<br /><br />道の駅「あっさぶ」を出発し10分ほどで、75軒目の道の駅「江差」に到着しました。繁次郎浜という、綺麗なビーチの前にある道の駅で、「笑え わらえ へば ええごと ある」と書かれた繁次郎のユニークな像が置かれていました。道の駅の建物はとても小さく、「日本一小さい道の駅!?」と書かれていましたが、近くにいた少年に「『足寄湖』の方が小さい」と突っ込まれていました。建物には小さな道の駅にちなみ「小さいものミュージアム」があり、ミニチュアがいくつか展示されていて面白かったです。<br /><br />道の駅「江差」を出発し20分ほどで、76軒目の道の駅「上ノ国もんじゅ」に到着しました。新鮮な野菜がたくさん売られていて、綺麗なトマトとアスパラガスを買うことができました。スタンプ帳でいちごジュースが50円引きでしたのでいただきました。地元産のイチゴと牛乳のみで作ったイチゴジュースはとても美味しかったです。知恵の仏・文殊菩薩に似た「もんじゅ岩」も見ることができました。<br /><br />道の駅「上ノ国もんじゅ」を出発し50分ほどで、77軒目の道の駅「北前船松前」に到着しました。かつて蝦夷地と本州の交易のため往来していた「北前船」の展示がありました。ふのりと本場の松前漬けを買うことができました。<br /><br />道の駅「北前船松前」を出発し20分ほどで、78軒目の道の駅「横綱の里ふくしま」に到着しました。福島町は千代の山、千代の富士と2人の横綱を生み出した町として有名なので、「横綱 千代の山・千代の富士記念館」が併設されていました。するめの生産量全国最大級ということで、直売所では「横綱するめ」を買うことができました。<br /><br />道の駅「北前船松前」を出発し20分ほどで、「青函トンネル出口記念ポイント」の看板が見えたので立ち寄ってみました。展望台に上ってみると、たまたま本州方面に向かってトンネルをくぐろうとする北海道新幹線が見られました。距離がまあまああるのと、防護壁が車体を隠しているのであまりよく見えませんでしたがいい思い出になりました。<br /><br />「青函トンネル出口記念ポイント」を出発してすぐに、79軒目の道の駅「しりうち」に到着しました。「新幹線展望塔」があって、新幹線を見るのなら「青函トンネル出口記念ポイント」よりも近くて良さそうでした。しかし、新幹線はしばらく来ないということであきらめて出発しました。<br /><br />道の駅「しりうち」を出発して20分ほどで、80軒目の道の駅「みそぎの郷 きこない」に到着しました。北海道新幹線の「木古内駅」と並んでいるせいか、ここだけで北海道のお土産は揃いそうなほどいろいろ置いてありました。「北乃蕎麦御膳」という蕎麦を買いました。スタンプ帳でソフトクリームが50円引きでしたので、秋限定の「みそぎの塩ラムレーズンクリーム」300円が250円を食べて見ました。濃厚なソフトクリームの上にラムレーズンソースがかかり、「木古内特産のみそぎの塩」が効いていました。塩キャラメルを食べている感じでインパクトがありました。<br /><br />函館に入り、「グルメ回転寿司 函太郎 宇賀浦本店」で夕食をいただきました。有名店なので期待していたのですが、北海道の魚はほとんどなく、鯛とハマチくらいしか食べたいものがなく残念でした。仕方なく、イカや珍味の軍艦を食べて、「海宝こぼれ巻き」なるものを頼んでみましたが、メニューの写真とは全然違う、かなり残念なものが出てきてがっかりでした。<br /><br />函館の宿は「ラビスタ函館ベイ」でした。部屋は快適でした。屋上の温泉も濁り湯でお湯も良く、眺めも良くて良かったです。<br /><br />9月24日<br />朝食はどんぶりにたっぷりいくらを盛ってもらいました。朝からお刺身やスイーツもたっぷりいただいて、ついつい食べ過ぎてしまうので、ここまで朝食が豪華でなくてもいいのかもしれません。また、人気ホテルなのでお風呂もレストランもけっこう混んでいたので、のんびりとゆっくりしたいのなら別のホテルの方がいいかもしれません。<br /><br />「ラビスタ函館ベイ」を出発して1時間ほどで、80軒目の道の駅「 なとわ えさん」に到着しました。「恵山」を望む道の駅で、昆布がたくさん売られていました。「がごめ粉末昆布」と海のスーパーフード「ダルス」買うことができました。<br /><br />道の駅「なとわ えさん」を出発して30分ほどで、81軒目の道の駅「縄文ロマン南かやべ」に到着しました。国宝「中空土偶」を公開する「函館市縄文文化交流センター」が併設されていました。昆布の切り落としを買うことができました。<br /><br /><br /><br />

GoTo北海道ドライブ紀行2020年9月②(大沼・函館編)

6いいね!

2020/09/22 - 2020/09/24

86位(同エリア137件中)

旅行記グループ 2020年9月北海道紀行(後編)

0

91

まめ夫婦

まめ夫婦さん

この旅行記スケジュールを元に

9月22日
道の駅「らんこし・ふるさとの丘」から走ること1時間半、駒ヶ岳が見えてきて70軒目の道の駅「YOU 遊 もり」に到着しました。以前訪れた時は、味の良いレストランがあったのですが、残念ながら無くなっていました。駒ヶ岳の眺望だけ楽しんで先に進みました。

道の駅「YOU 遊 もり」から10分ちょっとで、71軒目の道の駅「つど~る プラザ さわら」に到着しました。冷凍ブルベーリー100g300円、プルーン「レッドアイ」330円、「いかめし屋のまぜめし」(バター味・醤油味)、「ほたてご飯の素」、ほっきご飯の素」、「牡蠣ご飯の素」各450円と美味しそうなものをたくさん買うことができました。二階が展望台になっていて、噴火湾や駒ヶ岳が見られたので、ブルーベリーを食べながら眺望を楽しみました。

道の駅「つど~る プラザ さわら」から20分ほどで、72軒目の道の駅「しかべ間歇泉公園」に到着しました。海産物が豊富で、「函館がごめ昆布」、「北海道鹿部産とろろ昆布」、「昆布だし」、「春摘み北海道鹿部町白口浜真昆布」、「軽石干し」(ほっけ・宗八かれい)を買うことができました。

「レストラン ケルン」で夕食をいただきました。16時半ころでしたが店内は満席で20分くらい待ちました。「オリジナルハンバーグ」850円のDセット(漬物、味噌汁、ライス)420円と「ポークカツチーズ(250g)」1500円と大盛ライス300円を注文しました。「オリジナルハンバーグ」は肉々しいハンバーグに濃い目のデミグラスソースがかかっていました。味は悪くなかったです。「ポークカツチーズ(250g)」にも同じデミグラスソースがかかっていましたが、こちらは衣がかなりソースを吸ってしまうので、今度はポークソテーを試してみたいです。

この日の宿は約30年ぶりの「函館大沼プリンスホテル」。【禁煙】モデレートツインの七飯町で使えるアップル商品3,000円付き、朝食付きで16000円(税込・サービス料込)が、GoToで5600円引き、じゃらんのクーポンで4500円引きでした。温泉はかけ流しで、塩素消毒はしているようですが、臭いは気にならずいいお湯でした。とくに露天風呂からは大沼の森を感じることができ、とても気持ち良かったです。

9月23日
朝食ブッフェは、小鉢を自由に取るタイプでした。プリンスホテルだけあって一品一品ワンランクレベルが高く、目の前で握ってくれるおにぎりがふっくらと握られていて、塩加減も絶妙で最高に美味しかったです。

「函館大沼プリンスホテル」を出発し10分ちょっとで、73軒目の道の駅「なないろ ななえ」に到着しました。「函館大沼プリンスホテル」で貰った七飯町で使えるアップル商品券を使って、早煮昆布、カボチャ、シイタケを買うことができました。

道の駅「なないろ ななえ」を出発し50分ほどで、74軒目の道の駅「あっさぶ」に到着しました。スタンプ帳で黒豆茶140円が100円でしたので買ってみました。それからメロンとミニトマトも買うことができました。黒豆茶は納豆のような香りがしました。

道の駅「あっさぶ」を出発し10分ほどで、75軒目の道の駅「江差」に到着しました。繁次郎浜という、綺麗なビーチの前にある道の駅で、「笑え わらえ へば ええごと ある」と書かれた繁次郎のユニークな像が置かれていました。道の駅の建物はとても小さく、「日本一小さい道の駅!?」と書かれていましたが、近くにいた少年に「『足寄湖』の方が小さい」と突っ込まれていました。建物には小さな道の駅にちなみ「小さいものミュージアム」があり、ミニチュアがいくつか展示されていて面白かったです。

道の駅「江差」を出発し20分ほどで、76軒目の道の駅「上ノ国もんじゅ」に到着しました。新鮮な野菜がたくさん売られていて、綺麗なトマトとアスパラガスを買うことができました。スタンプ帳でいちごジュースが50円引きでしたのでいただきました。地元産のイチゴと牛乳のみで作ったイチゴジュースはとても美味しかったです。知恵の仏・文殊菩薩に似た「もんじゅ岩」も見ることができました。

道の駅「上ノ国もんじゅ」を出発し50分ほどで、77軒目の道の駅「北前船松前」に到着しました。かつて蝦夷地と本州の交易のため往来していた「北前船」の展示がありました。ふのりと本場の松前漬けを買うことができました。

道の駅「北前船松前」を出発し20分ほどで、78軒目の道の駅「横綱の里ふくしま」に到着しました。福島町は千代の山、千代の富士と2人の横綱を生み出した町として有名なので、「横綱 千代の山・千代の富士記念館」が併設されていました。するめの生産量全国最大級ということで、直売所では「横綱するめ」を買うことができました。

道の駅「北前船松前」を出発し20分ほどで、「青函トンネル出口記念ポイント」の看板が見えたので立ち寄ってみました。展望台に上ってみると、たまたま本州方面に向かってトンネルをくぐろうとする北海道新幹線が見られました。距離がまあまああるのと、防護壁が車体を隠しているのであまりよく見えませんでしたがいい思い出になりました。

「青函トンネル出口記念ポイント」を出発してすぐに、79軒目の道の駅「しりうち」に到着しました。「新幹線展望塔」があって、新幹線を見るのなら「青函トンネル出口記念ポイント」よりも近くて良さそうでした。しかし、新幹線はしばらく来ないということであきらめて出発しました。

道の駅「しりうち」を出発して20分ほどで、80軒目の道の駅「みそぎの郷 きこない」に到着しました。北海道新幹線の「木古内駅」と並んでいるせいか、ここだけで北海道のお土産は揃いそうなほどいろいろ置いてありました。「北乃蕎麦御膳」という蕎麦を買いました。スタンプ帳でソフトクリームが50円引きでしたので、秋限定の「みそぎの塩ラムレーズンクリーム」300円が250円を食べて見ました。濃厚なソフトクリームの上にラムレーズンソースがかかり、「木古内特産のみそぎの塩」が効いていました。塩キャラメルを食べている感じでインパクトがありました。

函館に入り、「グルメ回転寿司 函太郎 宇賀浦本店」で夕食をいただきました。有名店なので期待していたのですが、北海道の魚はほとんどなく、鯛とハマチくらいしか食べたいものがなく残念でした。仕方なく、イカや珍味の軍艦を食べて、「海宝こぼれ巻き」なるものを頼んでみましたが、メニューの写真とは全然違う、かなり残念なものが出てきてがっかりでした。

函館の宿は「ラビスタ函館ベイ」でした。部屋は快適でした。屋上の温泉も濁り湯でお湯も良く、眺めも良くて良かったです。

9月24日
朝食はどんぶりにたっぷりいくらを盛ってもらいました。朝からお刺身やスイーツもたっぷりいただいて、ついつい食べ過ぎてしまうので、ここまで朝食が豪華でなくてもいいのかもしれません。また、人気ホテルなのでお風呂もレストランもけっこう混んでいたので、のんびりとゆっくりしたいのなら別のホテルの方がいいかもしれません。

「ラビスタ函館ベイ」を出発して1時間ほどで、80軒目の道の駅「 なとわ えさん」に到着しました。「恵山」を望む道の駅で、昆布がたくさん売られていました。「がごめ粉末昆布」と海のスーパーフード「ダルス」買うことができました。

道の駅「なとわ えさん」を出発して30分ほどで、81軒目の道の駅「縄文ロマン南かやべ」に到着しました。国宝「中空土偶」を公開する「函館市縄文文化交流センター」が併設されていました。昆布の切り落としを買うことができました。



旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー 徒歩 AIR DO
旅行の手配内容
個別手配

PR

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

松前半島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集