下鴨・宝ヶ池・平安神宮旅行記(ブログ) 一覧に戻る
奈良、神戸に続いての小旅行第3弾は秋真っ盛りの京都へ。京都紅葉名所として名高い東福寺を中心に、周辺のお寺や神社へ紅葉巡りを楽しみました。<br /><br />主な日程はこちら↓<br />11/18(水)東福寺~泉涌寺~今熊野観音寺~智積院~清水寺~高台寺~坂のホテル京都泊<br />11/19(木)祇園散策~南禅寺~哲学の道~安楽寺~二条城⇒帰宅<br /><br />朝食前の早朝散歩を楽しんだ後、祇園周辺を観光しながら蹴上駅へ移動、南禅寺や哲学の道周辺の紅葉巡りをしました。夜は二条城で行われている金魚の祭典「アートアクアリウム」へ。今日も朝から晩まで元気に沢山観光、充実した1日となりました。

もみじ色づく秋真っ盛りの京都へ小旅行☆2日目

66いいね!

2020/11/18 - 2020/11/19

193位(同エリア2328件中)

Sahra

Sahraさん

奈良、神戸に続いての小旅行第3弾は秋真っ盛りの京都へ。京都紅葉名所として名高い東福寺を中心に、周辺のお寺や神社へ紅葉巡りを楽しみました。

主な日程はこちら↓
11/18(水)東福寺~泉涌寺~今熊野観音寺~智積院~清水寺~高台寺~坂のホテル京都泊
11/19(木)祇園散策~南禅寺~哲学の道~安楽寺~二条城⇒帰宅

朝食前の早朝散歩を楽しんだ後、祇園周辺を観光しながら蹴上駅へ移動、南禅寺や哲学の道周辺の紅葉巡りをしました。夜は二条城で行われている金魚の祭典「アートアクアリウム」へ。今日も朝から晩まで元気に沢山観光、充実した1日となりました。

PR

  • 6時35分、日の出と共に朝の散歩に出かけます。<br />

    6時35分、日の出と共に朝の散歩に出かけます。

  • 三年坂を過ぎて二年坂へ、石畳の道に古い町家が立ち並び、昨夜とまた違った京情緒あふれる朝の景色です。

    三年坂を過ぎて二年坂へ、石畳の道に古い町家が立ち並び、昨夜とまた違った京情緒あふれる朝の景色です。

  • 高台寺前から続くねねの道を通り、石塀小路へ入ってみます。石畳が敷き詰められた細い小路の両側には、趣きのある町屋が並んでいます。<br />さらに足を進めると、大雲院にある祇園閣が見えてきました。<br /><br />

    高台寺前から続くねねの道を通り、石塀小路へ入ってみます。石畳が敷き詰められた細い小路の両側には、趣きのある町屋が並んでいます。
    さらに足を進めると、大雲院にある祇園閣が見えてきました。

  • 円山公園<br />1886年に開園した京都市内で最も古い公園で、池泉回遊式の庭園が国の名勝に指定されています。池周辺の紅葉が見頃を迎えて綺麗です。

    円山公園
    1886年に開園した京都市内で最も古い公園で、池泉回遊式の庭園が国の名勝に指定されています。池周辺の紅葉が見頃を迎えて綺麗です。

  • 円山公園の中央にある最も有名な枝垂れ桜、現在は二代目になります。<br />春にはライトアップされ、夜空に浮かび上がる桜は見応えがあります。<br />

    円山公園の中央にある最も有名な枝垂れ桜、現在は二代目になります。
    春にはライトアップされ、夜空に浮かび上がる桜は見応えがあります。

  • 八坂神社 本殿(重要文化財)<br />円山公園に隣接する、京都を代表する八坂神社をお参りします。<br />日本三大祭りの1つ、祇園祭の発祥地です。現在の本殿は1654年に徳川家綱によって再建され、祇園造と呼ばれる独特な建築様式が特徴的です。平成の大修造営で本殿の大改修が2002年に終了、色彩豊かになりました。

    八坂神社 本殿(重要文化財)
    円山公園に隣接する、京都を代表する八坂神社をお参りします。
    日本三大祭りの1つ、祇園祭の発祥地です。現在の本殿は1654年に徳川家綱によって再建され、祇園造と呼ばれる独特な建築様式が特徴的です。平成の大修造営で本殿の大改修が2002年に終了、色彩豊かになりました。

  • 楼門も大改修後で、朱塗りの門が鮮やかです。<br />舞殿 (右上):1866年の火災で焼失後1903年に再建。祗園の御茶屋や料<br />   亭から寄進された提灯は、夜は灯がともされ情緒ある光景です。<br />西楼門(左下、重要文化財):応仁の乱で焼失後1497年に再建。<br />   四条通りに面しているため参拝の際に多くの観光客が利用します。<br />南楼門(右下):八坂神社の正門、応仁の乱でで焼失後1879年に再建。<br />

    楼門も大改修後で、朱塗りの門が鮮やかです。
    舞殿 (右上):1866年の火災で焼失後1903年に再建。祗園の御茶屋や料
       亭から寄進された提灯は、夜は灯がともされ情緒ある光景です。
    西楼門(左下、重要文化財):応仁の乱で焼失後1497年に再建。
       四条通りに面しているため参拝の際に多くの観光客が利用します。
    南楼門(右下):八坂神社の正門、応仁の乱でで焼失後1879年に再建。

  • 本殿を取り囲むように20社程お社があり、様々な神様が祀られています。お参りしたお社のいくつかをご紹介。<br />大国主社・・出雲大社と同じ縁結び・福の神様、大国主命を祀る。<br />大神宮社・・伊勢神宮の式年遷宮での木材を用い2016年完成。<br />北向蛭子社・・重要文化財、1646年建造され商売繁昌の神様を祀る。<br />美御前社・・美を象徴する宗像三女神を祀り、湧き出る美容水が人気。<br />

    本殿を取り囲むように20社程お社があり、様々な神様が祀られています。お参りしたお社のいくつかをご紹介。
    大国主社・・出雲大社と同じ縁結び・福の神様、大国主命を祀る。
    大神宮社・・伊勢神宮の式年遷宮での木材を用い2016年完成。
    北向蛭子社・・重要文化財、1646年建造され商売繁昌の神様を祀る。
    美御前社・・美を象徴する宗像三女神を祀り、湧き出る美容水が人気。

  • 朝6時に開門とのことで昨夜に続いて訪れました。普段は観光客で賑わう境内も7時過ぎならガラガラ、殆ど人気がありません。<br /><br />

    朝6時に開門とのことで昨夜に続いて訪れました。普段は観光客で賑わう境内も7時過ぎならガラガラ、殆ど人気がありません。

  • 三重塔(重要文化財)<br />創建は847年、1632年に再建された国内最大級の三重塔で、清水寺のシンボル的な存在です。<br /><br />

    三重塔(重要文化財)
    創建は847年、1632年に再建された国内最大級の三重塔で、清水寺のシンボル的な存在です。

  • 三重塔の裏手からは、京都市街地の方面が一望。<br />朝日に照らされ、輝いて見えます。<br /><br />

    三重塔の裏手からは、京都市街地の方面が一望。
    朝日に照らされ、輝いて見えます。

  • 見晴らしの良い廻廊を通り抜け、本堂へ向かいます。<br /><br />

    見晴らしの良い廻廊を通り抜け、本堂へ向かいます。

  • 清水の舞台から眺めます。ライトアップでは周囲が薄暗くて全体の色が分かりづらかったですが、明るいと紅葉のグラデーションがくっきり、<br />まさに絶景が広がります。<br /><br />

    清水の舞台から眺めます。ライトアップでは周囲が薄暗くて全体の色が分かりづらかったですが、明るいと紅葉のグラデーションがくっきり、
    まさに絶景が広がります。

  • 左下に音羽の滝、奥へ続く家屋はお茶屋さんが並んでいます。<br /><br />

    左下に音羽の滝、奥へ続く家屋はお茶屋さんが並んでいます。

  • 奥の院(重要文化財)<br />音羽の瀧の真上に建っています。現在の建物は本堂と同じ1633年再建の懸造りで、2017年に修復が完了しました。昨夜はライトに照らされ幻想的な光景、今朝は紅葉に囲まれ華やかな建物、2つの姿を楽しめました。

    奥の院(重要文化財)
    音羽の瀧の真上に建っています。現在の建物は本堂と同じ1633年再建の懸造りで、2017年に修復が完了しました。昨夜はライトに照らされ幻想的な光景、今朝は紅葉に囲まれ華やかな建物、2つの姿を楽しめました。

  • 地主神社(重要文化財)<br />清水寺の境内にあります。縁結びの神様としても有名で、大国主命を主祭神としています。本殿や拝殿などは江戸初期に再建されました。<br />

    地主神社(重要文化財)
    清水寺の境内にあります。縁結びの神様としても有名で、大国主命を主祭神としています。本殿や拝殿などは江戸初期に再建されました。

  • 奥の院からの本堂の舞台を眺めます。舞台周辺紅葉も綺麗に色づき、昨夜と違ってこの景色をほぼ独り占め(^_-)-☆<br /><br />

    奥の院からの本堂の舞台を眺めます。舞台周辺紅葉も綺麗に色づき、昨夜と違ってこの景色をほぼ独り占め(^_-)-☆

  • 少し左へ目を向けると、京都の市街地まで見渡せます。

    少し左へ目を向けると、京都の市街地まで見渡せます。

  • 音羽の瀧<br />昨夜は人が多くて通り過ぎただけ、今日はゆっくりと鑑賞します。<br />清水寺の起源であり、名前の由来となった音羽の瀧は「黄金水」「延命水」と呼ばれ、古くから尊ばれてきました。滝から流れる3筋の水を飲むと、健康長寿のご利益があるといわれています。

    音羽の瀧
    昨夜は人が多くて通り過ぎただけ、今日はゆっくりと鑑賞します。
    清水寺の起源であり、名前の由来となった音羽の瀧は「黄金水」「延命水」と呼ばれ、古くから尊ばれてきました。滝から流れる3筋の水を飲むと、健康長寿のご利益があるといわれています。

  • 境内各所で彩る紅葉を眺めながら、順路に従い進みます。<br /><br />

    境内各所で彩る紅葉を眺めながら、順路に従い進みます。

  • 見上げると、真っ赤な紅葉に覆われる三重塔。<br />2015年に修復が完了し、朱色が鮮やか。真っ赤な紅葉に映えます。<br /><br />

    見上げると、真っ赤な紅葉に覆われる三重塔。
    2015年に修復が完了し、朱色が鮮やか。真っ赤な紅葉に映えます。

  • 着いたときはまだ薄暗い境内でしたが、段々と日が差し込み明るくなってきました。秋の清々しい空気の中、静けさに包まれた朝のお散歩を楽しみました。<br /><br />

    着いたときはまだ薄暗い境内でしたが、段々と日が差し込み明るくなってきました。秋の清々しい空気の中、静けさに包まれた朝のお散歩を楽しみました。

  • ホテルに戻って朝食、ダイニング「清水茶寮」でいただきます。<br />

    ホテルに戻って朝食、ダイニング「清水茶寮」でいただきます。

  • 御膳で提供されます。鱒の西京焼、京湯葉、きのこ新丈まんじゅう等、彩豊かな小鉢が並びます。あらぼし焼き海苔は炙って香りを楽しみ、ご飯に振りかけたりお味噌汁に入れていただきます。どれも京都らしい上品な味付けで、器も美しく見た目も華やかな朝食でした。

    御膳で提供されます。鱒の西京焼、京湯葉、きのこ新丈まんじゅう等、彩豊かな小鉢が並びます。あらぼし焼き海苔は炙って香りを楽しみ、ご飯に振りかけたりお味噌汁に入れていただきます。どれも京都らしい上品な味付けで、器も美しく見た目も華やかな朝食でした。

  • 売店でお土産など見て回りチェックアウトしました。落ち着いた内装で食事も美味しく、居心地よく過ごせました。観光の中心地にある為、早朝や夜の散策も楽しめ、古都京都の風情を感じることができました。

    売店でお土産など見て回りチェックアウトしました。落ち着いた内装で食事も美味しく、居心地よく過ごせました。観光の中心地にある為、早朝や夜の散策も楽しめ、古都京都の風情を感じることができました。

  • 庚申堂 <br />少し寄り道しながら祇園駅へ向かいます。正式名称は、大黒山金剛寺庚申堂と言いますが、庚申さんの呼び名で親しまれています。

    庚申堂 
    少し寄り道しながら祇園駅へ向かいます。正式名称は、大黒山金剛寺庚申堂と言いますが、庚申さんの呼び名で親しまれています。

  • 境内には「見ざる、言わざる、聞かざる」の3猿があちこちにいます。<br />カラフルで可愛い“くくり猿”にお願い事を書き込んで吊るすと、願いが叶うと言われています。

    境内には「見ざる、言わざる、聞かざる」の3猿があちこちにいます。
    カラフルで可愛い“くくり猿”にお願い事を書き込んで吊るすと、願いが叶うと言われています。

  • 八坂の塔 <br />八坂庚申堂を出て右を見ると、そびえ立つ八坂の塔(法観寺)。<br />一般拝観はありませんが京都の顔として広く知られています。

    八坂の塔 
    八坂庚申堂を出て右を見ると、そびえ立つ八坂の塔(法観寺)。
    一般拝観はありませんが京都の顔として広く知られています。

  • 坂の途中で振り返って。五重塔をバックに趣ある町家も入り、これぞ京都という風景が広がっています。<br />

    坂の途中で振り返って。五重塔をバックに趣ある町家も入り、これぞ京都という風景が広がっています。

  • 安井金比羅宮<br />縁切り神社として有名ですが、悪縁を切るだけではなく良縁を結ぶ神社としても親しまれています。東大路通にある鳥居から入り参道を進みます。

    安井金比羅宮
    縁切り神社として有名ですが、悪縁を切るだけではなく良縁を結ぶ神社としても親しまれています。東大路通にある鳥居から入り参道を進みます。

  • 本殿<br />金比羅宮で悪縁を断ち切ったと言われる、崇徳天皇をご祭神として祀っています。良縁を望むお札や絵馬が沢山奉納されていました。

    本殿
    金比羅宮で悪縁を断ち切ったと言われる、崇徳天皇をご祭神として祀っています。良縁を望むお札や絵馬が沢山奉納されていました。

  • 縁切り縁結び碑(写真左上)<br />白い塊に見える物は形代と呼ばれる身代わりのお札、びっしり覆われていてちょっとビックリ。朝から多くの参拝客に囲まれていました。<br /><br />安井天満宮(右上)<br />末社の一つ、最近建て替えられたのか、朱色が鮮やかで綺麗でした。

    縁切り縁結び碑(写真左上)
    白い塊に見える物は形代と呼ばれる身代わりのお札、びっしり覆われていてちょっとビックリ。朝から多くの参拝客に囲まれていました。

    安井天満宮(右上)
    末社の一つ、最近建て替えられたのか、朱色が鮮やかで綺麗でした。

  • お茶屋や小料理店が立ち並び、古都の風情が漂う花見小路を進みます。<br /><br />

    お茶屋や小料理店が立ち並び、古都の風情が漂う花見小路を進みます。

  • 荷物を預けて地下鉄東西線に乗り、祇園四条駅⇒蹴上駅へ。

    荷物を預けて地下鉄東西線に乗り、祇園四条駅⇒蹴上駅へ。

  • 無鄰菴<br />1894~1896年に造営された政治家山縣有朋の別荘です。随分前に訪れて以来になります。が、新型コロナの影響でまさかの予約制、満席で入れませんでした(&gt;_&lt;)今日1番楽しみにしていたのでショック。。

    無鄰菴
    1894~1896年に造営された政治家山縣有朋の別荘です。随分前に訪れて以来になります。が、新型コロナの影響でまさかの予約制、満席で入れませんでした(>_<)今日1番楽しみにしていたのでショック。。

  • 予定が空いてしまい、先にランチを済ませることにしました。<br />お花の写真を撮ったりと時間つぶしながら。。。<br /><br />

    予定が空いてしまい、先にランチを済ませることにしました。
    お花の写真を撮ったりと時間つぶしながら。。。

  • 京都市国際交流会館<br />無鄰菴から歩くこと数分で到着(^^;)国際交流の拠点として1989年にオープン。国際交流を目的とした様々な企画が行われているようです。

    京都市国際交流会館
    無鄰菴から歩くこと数分で到着(^^;)国際交流の拠点として1989年にオープン。国際交流を目的とした様々な企画が行われているようです。

  • 高い吹抜天井で開放感ある広々とした会館です。1階には案内所やカフェがあり、ランチの時間までこちらで待つことにしました。

    高い吹抜天井で開放感ある広々とした会館です。1階には案内所やカフェがあり、ランチの時間までこちらで待つことにしました。

  • 東山和み館 玄<br />会館の2階にある和食店です。開店と同時に入店、店内はとても広く、景色が眺められる窓側カウンターは予約されていたようで奥の席へ。<br />

    東山和み館 玄
    会館の2階にある和食店です。開店と同時に入店、店内はとても広く、景色が眺められる窓側カウンターは予約されていたようで奥の席へ。

  • 朝食をたっぷりいただいた後なので、ランチは軽めに箱膳を注文。<br />京の野菜を中心とした箱盛、豆乳湯豆腐に玄米ご飯と京つけものがついたヘルシーな御膳です。可愛い小鉢に盛り付けられ、季節感を感じるお料理でした。<br />

    朝食をたっぷりいただいた後なので、ランチは軽めに箱膳を注文。
    京の野菜を中心とした箱盛、豆乳湯豆腐に玄米ご飯と京つけものがついたヘルシーな御膳です。可愛い小鉢に盛り付けられ、季節感を感じるお料理でした。

  • 紅葉巡りは南禅寺へ。参道の紅葉も楽しみながら向かいます♪<br /><br />

    紅葉巡りは南禅寺へ。参道の紅葉も楽しみながら向かいます♪

  • 南禅寺門 中門<br />最初にくぐる、南禅寺の玄関口とも言える門です。<br /><br />

    南禅寺門 中門
    最初にくぐる、南禅寺の玄関口とも言える門です。

  • 三門(重要文化財)<br />石川五右衛門の名セリフ「絶景かな、絶景かな」の舞台で有名です。<br />急階段を登ると、広大な南禅寺の境内を一望できます。<br /><br />

    三門(重要文化財)
    石川五右衛門の名セリフ「絶景かな、絶景かな」の舞台で有名です。
    急階段を登ると、広大な南禅寺の境内を一望できます。

  • 天授庵(南禅寺塔頭)<br />紅葉が見頃とのことで、2度目の訪問になります。<br />門をくぐって境内に入ります。<br /><br />

    天授庵(南禅寺塔頭)
    紅葉が見頃とのことで、2度目の訪問になります。
    門をくぐって境内に入ります。

  • 境内入って正面には庫裏、1853年に再建されました。<br />入口から中を覗くと、見事な額縁紅葉が見えました。<br /><br />

    境内入って正面には庫裏、1853年に再建されました。
    入口から中を覗くと、見事な額縁紅葉が見えました。

  • 本堂へと続く道、整然と並んだ石畳がとても素敵です。<br /><br />

    本堂へと続く道、整然と並んだ石畳がとても素敵です。

  • 天授庵には本堂前庭(本堂東庭)と書院南庭、2つの美しい庭園があります。まずは本堂前庭へ。比較的早くに色づくそうで、門に隣接する紅葉も真っ赤に染まっています。右へ振り向くと、、<br />

    天授庵には本堂前庭(本堂東庭)と書院南庭、2つの美しい庭園があります。まずは本堂前庭へ。比較的早くに色づくそうで、門に隣接する紅葉も真っ赤に染まっています。右へ振り向くと、、

  • 赤い紅葉、緑の松に白い砂、見事なコントラストが美しい枯山水庭園が広がっています。本堂の縁側に座り、暫くの間眺めていました。

    赤い紅葉、緑の松に白い砂、見事なコントラストが美しい枯山水庭園が広がっています。本堂の縁側に座り、暫くの間眺めていました。

  • 松の周囲にある紅葉は、日の光が当たりオレンジ色に輝いて見えます。<br />赤や黄の散り落ち葉も、白砂に敷かれて風情があります。<br />

    松の周囲にある紅葉は、日の光が当たりオレンジ色に輝いて見えます。
    赤や黄の散り落ち葉も、白砂に敷かれて風情があります。

  • もう1つのお庭、書院南庭へ向かいます。大小2つの池を取り囲む池泉回遊式になっており、池の周りを1周できます。<br /><br /><br />

    もう1つのお庭、書院南庭へ向かいます。大小2つの池を取り囲む池泉回遊式になっており、池の周りを1周できます。


  • 水面を飾る黄色い紅葉、奥には竹林が広がり、幻想的な光景です。<br /><br /><br />

    水面を飾る黄色い紅葉、奥には竹林が広がり、幻想的な光景です。


  • 飛び石や木製の橋を渡りながら進みます。<br />池の周囲に広がる紅葉が水面に映えて美しいです。

    飛び石や木製の橋を渡りながら進みます。
    池の周囲に広がる紅葉が水面に映えて美しいです。

  • 広い庭園を1周して書院が見えてきました。嘉永年間(1848-1854)に再建され通常は非公開となっています。書院と紅葉をバックに写真を撮ってもらいました(*^^*)<br />

    広い庭園を1周して書院が見えてきました。嘉永年間(1848-1854)に再建され通常は非公開となっています。書院と紅葉をバックに写真を撮ってもらいました(*^^*)

  • 書院前の池には沢山の鯉が優雅に泳いでいます。人慣れしていて近くから眺めることが出来ます。2つの庭園で、趣ある紅葉を楽しみました。

    書院前の池には沢山の鯉が優雅に泳いでいます。人慣れしていて近くから眺めることが出来ます。2つの庭園で、趣ある紅葉を楽しみました。

  • 永観堂<br />紅葉名所として有名な永観堂、こちらも見頃を迎えているようです。<br />何度も拝観したことがあるので、外からチラッと眺めて進みます。

    永観堂
    紅葉名所として有名な永観堂、こちらも見頃を迎えているようです。
    何度も拝観したことがあるので、外からチラッと眺めて進みます。

  • 熊野若王子神社<br />昨日訪れた「京都三熊野」の1つ、新熊野神社に続き2つ目です。樹齢400年以上のご神木・椰(なぎ)の葉のお守りは悩みを「なぎ倒す」と人気があるそうです。神社周辺は鮮やかに紅葉が色づき、とても綺麗でした。

    熊野若王子神社
    昨日訪れた「京都三熊野」の1つ、新熊野神社に続き2つ目です。樹齢400年以上のご神木・椰(なぎ)の葉のお守りは悩みを「なぎ倒す」と人気があるそうです。神社周辺は鮮やかに紅葉が色づき、とても綺麗でした。

  • 哲学の道 <br />南は熊野若王子神社~北は銀閣寺周辺まで、琵琶湖疏水に沿って約2km程続く道です。哲学者・西田幾多郎が思いにふけりながら歩いたことが名前の由来とのことで、日本の道100選に選ばれています。

    哲学の道 
    南は熊野若王子神社~北は銀閣寺周辺まで、琵琶湖疏水に沿って約2km程続く道です。哲学者・西田幾多郎が思いにふけりながら歩いたことが名前の由来とのことで、日本の道100選に選ばれています。

  • 紅葉に包まれた疏水沿いを散策します。周囲は休業中のお店も多い為か、歩く人を殆ど見かけず、心なしかちょっと寂しげ。

    紅葉に包まれた疏水沿いを散策します。周囲は休業中のお店も多い為か、歩く人を殆ど見かけず、心なしかちょっと寂しげ。

  • 人はいなくとも、水鳥がいました(笑)水が透き通って綺麗です。<br />疏水の中をゆっくりと進み、南天の赤が良いアクセントです。<br />

    人はいなくとも、水鳥がいました(笑)水が透き通って綺麗です。
    疏水の中をゆっくりと進み、南天の赤が良いアクセントです。

  • 住蓮山安楽寺<br />通常非公開ですが、さくら・つつじ・紅葉などの時期に合わせ一般公開されます。石段が散紅葉で真っ赤に染まる光景が有名ですが、赤黄緑とグラデーションが楽しめる紅葉真っ盛りの時期も、また美しいです。

    住蓮山安楽寺
    通常非公開ですが、さくら・つつじ・紅葉などの時期に合わせ一般公開されます。石段が散紅葉で真っ赤に染まる光景が有名ですが、赤黄緑とグラデーションが楽しめる紅葉真っ盛りの時期も、また美しいです。

  • 山門から見下ろすと、紅葉で赤く染まった石段も少し見れました(*^^*)

    山門から見下ろすと、紅葉で赤く染まった石段も少し見れました(*^^*)

  • 山門をくぐり境内へ。風情ある石畳みと緑豊かな美しい庭園です。<br />天文年間(1532~1555年)に法然上人の弟子、住蓮と安楽の二僧を供養するため創建されました。正式名称は住蓮山安楽寺ですが、松虫姫・鈴虫姫に関する悲しいお話が由来となり、松虫鈴虫寺とも呼ばれています。

    山門をくぐり境内へ。風情ある石畳みと緑豊かな美しい庭園です。
    天文年間(1532~1555年)に法然上人の弟子、住蓮と安楽の二僧を供養するため創建されました。正式名称は住蓮山安楽寺ですが、松虫姫・鈴虫姫に関する悲しいお話が由来となり、松虫鈴虫寺とも呼ばれています。

  • よく見ると、あちらこちらに南天が。<br />赤い実を付け、秋の彩に包まれています。

    よく見ると、あちらこちらに南天が。
    赤い実を付け、秋の彩に包まれています。

  • 地蔵堂<br />皮膚病などにご利益があるとされる、くさの地蔵菩薩を祀っています。<br /><br />カボチャ水掛け地蔵<br />地蔵堂の前、可愛い表情が印象なお地蔵様です。手水鉢もハート型(^^♪<br /><br />

    地蔵堂
    皮膚病などにご利益があるとされる、くさの地蔵菩薩を祀っています。

    カボチャ水掛け地蔵
    地蔵堂の前、可愛い表情が印象なお地蔵様です。手水鉢もハート型(^^♪

  • 本堂には本尊の阿弥陀三尊像(重要文化財)が祀られています。ちょうど住職によるお話が始まり、お寺の歴史や仏像などについて説明されていました。<br /><br /><br />

    本堂には本尊の阿弥陀三尊像(重要文化財)が祀られています。ちょうど住職によるお話が始まり、お寺の歴史や仏像などについて説明されていました。


  • 渡り廊下を進み、中庭から本堂と書院を。<br /><br />

    渡り廊下を進み、中庭から本堂と書院を。

  • 書院<br />訪れる人も少なく静かです。こちらで少しゆっくりすることに。

    書院
    訪れる人も少なく静かです。こちらで少しゆっくりすることに。

  • 斜面一面にサツキツツジの刈込を配した枯山水庭園と紅葉、秋ならではの景色を縁側に座り眺めていました。<br /><br />

    斜面一面にサツキツツジの刈込を配した枯山水庭園と紅葉、秋ならではの景色を縁側に座り眺めていました。

  • 再び哲学の道へ戻り、北へ進みます。今日は昨日以上にポカポカ陽気でお散歩日和、琵琶湖疏水沿いに建つ紅葉を中心に、南天やススキと秋の風景を楽しめました。

    再び哲学の道へ戻り、北へ進みます。今日は昨日以上にポカポカ陽気でお散歩日和、琵琶湖疏水沿いに建つ紅葉を中心に、南天やススキと秋の風景を楽しめました。

  • 銀閣寺からバスで30分程、二条城前に着きました。<br />まだ15時半ですが、もう夕暮れ時のようです。<br />

    銀閣寺からバスで30分程、二条城前に着きました。
    まだ15時半ですが、もう夕暮れ時のようです。

  • 丸久小川園<br />元禄年間(1688~1704年)創業した老舗茶屋です。併設した茶房「元庵」で抹茶スイーツをいただきます。ランチ後は歩きっぱなしでちょっとお疲れ、ゆっくり休憩することにしました。

    丸久小川園
    元禄年間(1688~1704年)創業した老舗茶屋です。併設した茶房「元庵」で抹茶スイーツをいただきます。ランチ後は歩きっぱなしでちょっとお疲れ、ゆっくり休憩することにしました。

  • 抹茶ロールケーキセットを注文、飲み物は冷抹茶をいただきました。<br />大きいロールケーキは見た目も華やか、中の抹茶クリームが濃くて、風味豊かなお味でした。

    抹茶ロールケーキセットを注文、飲み物は冷抹茶をいただきました。
    大きいロールケーキは見た目も華やか、中の抹茶クリームが濃くて、風味豊かなお味でした。

  • 最後のイベントこちら、金魚の展覧会「アートアクアリウム」です。二条城では4回目の開催で、通常非公開のエリアが会場となっています。<br />17~17時半で予約し、16時40分頃お城に到着。新型コロナ対策で入場を待つ間、良い感じに辺りも暗くなってきました。

    最後のイベントこちら、金魚の展覧会「アートアクアリウム」です。二条城では4回目の開催で、通常非公開のエリアが会場となっています。
    17~17時半で予約し、16時40分頃お城に到着。新型コロナ対策で入場を待つ間、良い感じに辺りも暗くなってきました。

  • 「花魁」<br />入場してすぐにある、アートアクアリウムを代表する作品です。江戸の遊郭を表現しているとのことで、様々な色に変化する水槽が綺麗☆<br />

    「花魁」
    入場してすぐにある、アートアクアリウムを代表する作品です。江戸の遊郭を表現しているとのことで、様々な色に変化する水槽が綺麗☆

  • 「超花魁」<br />先程の「花魁」をさらに巨大化させた作品。<br />国宝・二の丸御殿のすぐ前に設置され存在感を放っています。<br /><br />

    「超花魁」
    先程の「花魁」をさらに巨大化させた作品。
    国宝・二の丸御殿のすぐ前に設置され存在感を放っています。

  • 提灯をくぐって二の丸御殿台所に行くと、着物や京都の伝統工芸品が展示されていました。<br /><br />

    提灯をくぐって二の丸御殿台所に行くと、着物や京都の伝統工芸品が展示されていました。

  • 「金魚品評」<br />通路に沿っていくつも並べられる小さい水槽。様々な品種の金魚が、生き生きと泳いでいるのが印象的でした。が、すばしっこく泳ぐ金魚をカメラに収めるのは至難の業、バッテリーも気になり途中でギブアップ(&gt;_&lt;) <br /><br />

    「金魚品評」
    通路に沿っていくつも並べられる小さい水槽。様々な品種の金魚が、生き生きと泳いでいるのが印象的でした。が、すばしっこく泳ぐ金魚をカメラに収めるのは至難の業、バッテリーも気になり途中でギブアップ(>_<) 

  • 「大奥 御殿スペシャル」<br />スペシャルというだけあってひときわ豪華!<br />美を競い合う大奥の女性たちを金魚に重ね合わせた作品です。<br /><br />

    「大奥 御殿スペシャル」
    スペシャルというだけあってひときわ豪華!
    美を競い合う大奥の女性たちを金魚に重ね合わせた作品です。

  • 「ロータスリウム」<br />会場をさらに奥に進んだ場所にある、夏の花である蓮がモチーフの作品です。大奥御殿スペシャル、超花魁と共に巨大金魚鉢シリーズ作の1つ。<br /><br />「ギヤマンリウム」<br />江戸時代、ダイヤモンドやガラスを“ギヤマン”と呼んでいたことに由来。

    「ロータスリウム」
    会場をさらに奥に進んだ場所にある、夏の花である蓮がモチーフの作品です。大奥御殿スペシャル、超花魁と共に巨大金魚鉢シリーズ作の1つ。

    「ギヤマンリウム」
    江戸時代、ダイヤモンドやガラスを“ギヤマン”と呼んでいたことに由来。

  • 「大政奉還金魚大屏風」<br />プロジェクションマッピングと水槽に泳ぐ金魚が一体となった超大作!<br />日本の美術史や、四季の移り変わりを表現した映像が、屏風型の水槽に映し出されます。<br /><br />

    「大政奉還金魚大屏風」
    プロジェクションマッピングと水槽に泳ぐ金魚が一体となった超大作!
    日本の美術史や、四季の移り変わりを表現した映像が、屏風型の水槽に映し出されます。

  • 辺りはもう真っ暗、月の明かりに照らされて幻想的な光景です。<br />色とりどりの照明の中、美しく彩られた金魚の世界を堪能できました♪<br /><br />

    辺りはもう真っ暗、月の明かりに照らされて幻想的な光景です。
    色とりどりの照明の中、美しく彩られた金魚の世界を堪能できました♪

  • 二条城のライトアップを眺めながら会場を後にします。<br /><br />

    二条城のライトアップを眺めながら会場を後にします。

  • 河原町へ戻り、近くで晩ご飯。<br />京都らしい古民家を改装したお店で、美味しい料理を頂きました。<br /><br />

    河原町へ戻り、近くで晩ご飯。
    京都らしい古民家を改装したお店で、美味しい料理を頂きました。

  • 京都の中心街に宿泊したの初めてでしたが、静けさに包まれた早朝や夜の散歩は、観光客で賑わっている姿とはまた別の古都京都を見ることができてとても新鮮でした。紅葉も見頃でお天気にも恵まれ、紅葉狩り日和の2日間でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

    京都の中心街に宿泊したの初めてでしたが、静けさに包まれた早朝や夜の散歩は、観光客で賑わっている姿とはまた別の古都京都を見ることができてとても新鮮でした。紅葉も見頃でお天気にも恵まれ、紅葉狩り日和の2日間でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

66いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • うふふ♪♪さん 2021/05/17 22:55:27
    初めまして! うふふ♪♪と申します!
    Sahraさんへ💛

    初めまして!
    うふふ♪♪と申します!
    うふふ♪♪のページに何度もご訪問いただいて本当にありがとうございます!!
    とっても嬉しいです!

    京都旅行記、素晴らしいですね~!!
    美しい!!
    お写真が本当に綺麗で!
    感動的です!!
    うふふ♪♪も今、去年の秋の旅行記作成中ですが、
    わ~・・Sahraさんのような美しい旅行記には足元にも及びませんが、
    こんな素敵な旅行記に、少しでも近づくべく!(無理?爆笑!)、
    出来るだけのことをしよう!!
    と思いました!

    清水も紅葉綺麗なんですネ!
    清水は小学校のときの社会見学で行ったことがあるので、
    なんとな~く行先からいつも外しておりました(笑)。
    ほかにも永観堂など行ったことのない美しい景色。
    今秋、来秋、運良く紅葉時期に体調がましであれば、
    行ってみようか!と思います。

    アクアリウムって色んな方の旅行記で拝見しますが、
    実物は見たことがなくて。
    幻想的ですね~☆☆
    二条城のお写真もとても素敵です!

    早朝の産寧坂はとても印象に残りました!
    うふふ♪♪も早起きせねば・・
    久しぶりに京都に泊まってみたいなぁ~とも思いました♪

    最後になりましたが、
    うふふ♪♪の札幌食い意地紀行2前編・神戸食散歩2後編に
    ご訪問と投票をありがとうございます♪♪
    札幌編は後編が、神戸編は前編もありますので、
    良かったら、ご覧になって下さい!
    Sahraさんの美しい旅行記とは違い、拙い・食べてるだけの旅行記ですが(苦笑)・・
    もうちょっとしたら、また旅行記Up.しますので、
    お越しいただけたら幸いです☆☆

    今日は、既に30いいね!を押してしまったので、
    投票は明日までお待ち下さいませ。

    眼福、眼福・・
    の素晴らしい旅行記をどうもありがとうございます!!

               
       私もクラシック大好きです!最近は和菓子にはまっています!・うふふ♪♪

    Sahra

    Sahraさん からの返信 2021/05/19 12:30:37
    RE: 初めまして! うふふ♪♪と申します!
    うふふ♪♪さん、こんにちは。
    掲示板に書き込み、ありがとうございます。

    秋の京都旅行は紅葉真っ盛りで、お天気も良かったので
    本当に良い思い出になりました。
    特に東福寺の紅葉は素晴らしく、今でも目に焼き付いています。

    札幌と神戸の旅行記、拝見しました。
    宿泊したホテルや食事、スイーツなどなど
    情報盛り沢山でとても参考になります。

    私もパンが大好きなので、新しい店に訪れて買うのが楽しみです!

    うふふ♪♪さん、文章を書くのがとてもお上手で、
    読んでいると、こちらまで楽しい気分になります♪

    私は語彙力や文才がなく、旅行記書くのに四苦八苦しています(>_<)

    アップするのも遅く、あまり参考にならないかもしれませんが
    またご覧いただければ嬉しいです♪

    Sahra
  • comodoさん 2021/03/27 12:47:26
    京都の美しい紅葉
    Sahraさん、はじめまして

    旅行記に、いいね!をありがとうございました(o^^o)
    京都の旅行記、拝見しました。
    紅葉の美しい時期、十分に京都を堪能されて良かったですね。
    なかなかタイミングが合わないと、紅く染まった景色には出会えませんものね。
    それだけに、一日でこれだけ回れるのはすごい!

    ようやく緊急事態宣言も解除されましたが、なかなか事態はいい方向にはいきませんね・・・
    これから近場の桜を見に行ってきます♪

       comodo

    Sahra

    Sahraさん からの返信 2021/03/29 11:04:47
    Re: 京都の美しい紅葉
    comodoさん、はじめまして。
    こちらこそ、コメントありがとうございます。

    京都一人旅、楽しく拝見しました。
    抹茶パフェ、とっても美味しそう(#^^#)
    スイーツ&抹茶好きなので、是非食べてみたいです!

    春がきて暖かくなり、お花見に良い時期ですね。
    新型コロナの影響で外出にも気を使いながらですが、
    私も桜を見に行けたらと思っています♪

    Sahra

Sahraさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

下鴨・宝ヶ池・平安神宮の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集