出雲市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夜が明ける。<br />9月15日 <br /><br />未明の山々は、白いベールに包まれている。<br />やがて、ゆっくりとゆっくりと朝もやが流れ、谷川が煙る。<br />山あいの小さな集落にも灯がともる。<br /><br />鉄路に、わずかな音。<br />鈍く光る二本の道に、『瑠璃紺(るりこん)色』の列車が姿を現す。<br /><br />【WEST EXPRESS 銀河】は、岡山から北北西に進路を取り、苔むす静かなプラットホームに滑り込んだ。<br /><br />旅人たちは、車外に出て深呼吸、新鮮な空気を吸う。<br />やや肌寒いが、思い思い寛ぐ。<br /><br /><br />出雲市まで、あと数時間。<br />もう少し【銀河】の旅を楽しもう。<br /><br /><br /><br /><br />※注意事項<br />今回の旅は、出雲市行の夜行便。<br />1号車のグリーン車(ファーストシート)から後部のフリースペースへ行くには、必ず女性専用の2号車を通る(深夜でも、男性でも関係なく)。<br />始発の京都から終点の出雲市まで、女性の乗務員が全く乗車していなかった。<br />ファーストシートを寝台使用にすると、ベッドの位置が高い。<br />子どもさんやお年寄り、ハンディキャップがある人には利用しづらい。<br />さらに、ベッド(座席)と通路を仕切るカーテンが薄い(女性客にとっては、イヤだと思う)。<br /><br />このヘン、どーなのかな?(JRサンの都合もあるけどネ・・・)<br /><br />また、少々列車の走行音が大きいので車内放送が聞きづらい。<br />車掌さんがマイク越しに名調子で地元の説明をする。<br />それもよいが、独特の節まわしで喋るので雑音にかき消されて、ほとんど聞こえない。<br />(自分に酔っているのか、もう少しお客さん目線でお願いしたい)<br /><br /><br />

北北西に進路をとれ! 「銀河」は、駆ける その3

10いいね!

2020/09/15 - 2020/09/15

906位(同エリア1862件中)

0

66

レモンパパ

レモンパパさん

この旅行記のスケジュール

2020/09/15

この旅行記スケジュールを元に

夜が明ける。
9月15日 

未明の山々は、白いベールに包まれている。
やがて、ゆっくりとゆっくりと朝もやが流れ、谷川が煙る。
山あいの小さな集落にも灯がともる。

鉄路に、わずかな音。
鈍く光る二本の道に、『瑠璃紺(るりこん)色』の列車が姿を現す。

【WEST EXPRESS 銀河】は、岡山から北北西に進路を取り、苔むす静かなプラットホームに滑り込んだ。

旅人たちは、車外に出て深呼吸、新鮮な空気を吸う。
やや肌寒いが、思い思い寛ぐ。


出雲市まで、あと数時間。
もう少し【銀河】の旅を楽しもう。




※注意事項
今回の旅は、出雲市行の夜行便。
1号車のグリーン車(ファーストシート)から後部のフリースペースへ行くには、必ず女性専用の2号車を通る(深夜でも、男性でも関係なく)。
始発の京都から終点の出雲市まで、女性の乗務員が全く乗車していなかった。
ファーストシートを寝台使用にすると、ベッドの位置が高い。
子どもさんやお年寄り、ハンディキャップがある人には利用しづらい。
さらに、ベッド(座席)と通路を仕切るカーテンが薄い(女性客にとっては、イヤだと思う)。

このヘン、どーなのかな?(JRサンの都合もあるけどネ・・・)

また、少々列車の走行音が大きいので車内放送が聞きづらい。
車掌さんがマイク越しに名調子で地元の説明をする。
それもよいが、独特の節まわしで喋るので雑音にかき消されて、ほとんど聞こえない。
(自分に酔っているのか、もう少しお客さん目線でお願いしたい)


交通手段
JR特急
利用旅行会社
日本旅行

PR

  • 夜が明け、中国山地をひた走る。<br /><br />

    夜が明け、中国山地をひた走る。

  • 時刻は 06時02分<br />

    時刻は 06時02分

  • 【銀河】は、生山(しょうやま)駅に

    【銀河】は、生山(しょうやま)駅に

  • 定刻に到着

    定刻に到着

  • 32分間の<br />

    32分間の

  • 停車時間がある

    停車時間がある

  • 早朝の“おもてなし”<br />

    早朝の“おもてなし”

  • 生山駅

    生山駅

  • 駅前まで出てみます。<br />

    駅前まで出てみます。

  • ガランと・・・<br /><br />

    ガランと・・・

  • でも、かつては交通の要衝地

    でも、かつては交通の要衝地

  • えっ!?<br /><br />「オッサンレンタカー」だって(゜ロ゜;<br /><br />受付にコワオモテのオッサンばかりだったら・・・<br />

    えっ!?

    「オッサンレンタカー」だって(゜ロ゜;

    受付にコワオモテのオッサンばかりだったら・・・

  • 気を取り直し・・・<br />

    気を取り直し・・・

  • しばしの休憩をとる。

    しばしの休憩をとる。

  • 再度、乗車します。

    再度、乗車します。

  • 上り列車の「やくも」

    上り列車の「やくも」

  • 地元の高校生の御用達、

    地元の高校生の御用達、

  • 各駅停車を先に通す。<br />

    各駅停車を先に通す。

  • 出発します。<br />

    出発します。

  • 黒坂駅で、

    黒坂駅で、

  • 再び「やくも」をやり過ごす。<br />

    再び「やくも」をやり過ごす。

  • 遠くに見えるのは、伯耆大山<br />

    遠くに見えるのは、伯耆大山

  • 米子駅に

    米子駅に

  • 到着しました。<br />

    到着しました。

  • この駅からは境港へ行ける。<br />

    この駅からは境港へ行ける。

  • (よにゃーご駅だって)<br /><br />境港は、知る人ぞ知る、

    (よにゃーご駅だって)

    境港は、知る人ぞ知る、

  • “ゲゲゲの鬼太郎”の生みの親、水木しげるさんのゆかりの地

    “ゲゲゲの鬼太郎”の生みの親、水木しげるさんのゆかりの地

  • 地元の学生も、ベンチに座っている人も “ねずみ男”じゃぁー!?

    地元の学生も、ベンチに座っている人も “ねずみ男”じゃぁー!?

  • んな訳ないか( ^ω^)・・・

    んな訳ないか( ^ω^)・・・

  • なかなか、シャレのきいた駅ですね(^^♪<br />

    なかなか、シャレのきいた駅ですね(^^♪

  • でもって、列車に乗り込みます。<br />

    でもって、列車に乗り込みます。

  • 朝食の時間です。<br />

    朝食の時間です。

  • 「銀河特製・幕の内弁当」

    「銀河特製・幕の内弁当」

  • 美味しいけど、地元の食材の説明とかもあれば・・・<br />

    美味しいけど、地元の食材の説明とかもあれば・・・

  • やがて列車は

    やがて列車は

  • 宍道(しんじ)湖沿いに

    宍道(しんじ)湖沿いに

  • 立派な安来(やすぎ)駅<br />

    立派な安来(やすぎ)駅

  • 足立美術館への

    足立美術館への

  • 最寄り駅です。<br />

    最寄り駅です。

  • “ドジョウすくい”でも有名<br />

    “ドジョウすくい”でも有名

  • 特急列車「スーパーおき」

    特急列車「スーパーおき」

  • 列車交換をして<br />

    列車交換をして

  • 次は、「鬼太郎列車」<br />

    次は、「鬼太郎列車」

  • 松江の街を通り

    松江の街を通り

  • 湖の側を抜け

    湖の側を抜け

  • 沿岸を走る「瑠璃紺」

    沿岸を走る「瑠璃紺」

  • 玉造(たまつくり)温泉郷が見える。

    玉造(たまつくり)温泉郷が見える。

  • 玉造温泉駅に到着<br />

    玉造温泉駅に到着

  • 玉造温泉駅<br />

    玉造温泉駅

  • 神話の言い伝えがある斐伊川を渡る。<br /><br />

    神話の言い伝えがある斐伊川を渡る。

  • 定刻の 9時31分

    定刻の 9時31分

  • 「銀河」は、長い旅を終え

    「銀河」は、長い旅を終え

  • 終着駅の

    終着駅の

  • 出雲市駅に到着

    出雲市駅に到着

  • 長時間、お疲れさま。<br />

    長時間、お疲れさま。

  • 西日本の魅力ある観光地を図案化したヘッドマーク<br /><br />

    西日本の魅力ある観光地を図案化したヘッドマーク

  • これで「銀河」の旅は、終わりです。<br /><br /><br />※「銀河」の旅を1~3まで記してきた。<br />個人的な感想を少々。<br />JR西日本が、満を持して投入した観光の“おもてなし列車”なら、少々期待外れ。<br />私のように「列車に乗るだけ、揺られるだけでも満足」するお客なら良い。<br />が、そうでない一般人には、やや焦点がぼやけている。<br />途中駅での“おもてなし”はあるが、車内ではそれらしいサービスは一切ない(もちろん、キャビンアテンダントなる人もいない)。<br />車内放送で沿線のガイドもあるが、車掌さんによりバラつきがある。<br />(運休していた4か月間は、いったい何をしていたんだろう?お客様を想定した訓練や研修とか、やらなかったのかな)<br /><br />前にも書いたが、車内には女性の車掌もいない、車内販売無し、自動販売機もない。<br /><br />長時間かけて走るだけの、どうも中途半端な旅であった。<br />(一般の人がフツーに列車の旅を楽しむなら、もう少し待った方が良いのかも・・・?)<br /><br />

    これで「銀河」の旅は、終わりです。


    ※「銀河」の旅を1~3まで記してきた。
    個人的な感想を少々。
    JR西日本が、満を持して投入した観光の“おもてなし列車”なら、少々期待外れ。
    私のように「列車に乗るだけ、揺られるだけでも満足」するお客なら良い。
    が、そうでない一般人には、やや焦点がぼやけている。
    途中駅での“おもてなし”はあるが、車内ではそれらしいサービスは一切ない(もちろん、キャビンアテンダントなる人もいない)。
    車内放送で沿線のガイドもあるが、車掌さんによりバラつきがある。
    (運休していた4か月間は、いったい何をしていたんだろう?お客様を想定した訓練や研修とか、やらなかったのかな)

    前にも書いたが、車内には女性の車掌もいない、車内販売無し、自動販売機もない。

    長時間かけて走るだけの、どうも中途半端な旅であった。
    (一般の人がフツーに列車の旅を楽しむなら、もう少し待った方が良いのかも・・・?)

  • 去り行く「銀河」

    去り行く「銀河」

  • こちらは「石見神楽(いわみかぐら)」のラッピング

    こちらは「石見神楽(いわみかぐら)」のラッピング

  • 「神話のふるさと出雲」です。<br />

    「神話のふるさと出雲」です。

  • おゃ、

    おゃ、

  • もうひとりの役者が入ってきました。<br />

    もうひとりの役者が入ってきました。

  • 唯一の寝台電車<br />

    唯一の寝台電車

  • 「サンライズ出雲」です。

    「サンライズ出雲」です。

  • 東京からの長旅を終えました。<br />

    東京からの長旅を終えました。

  • 名残惜しいですが、私たちの【WEST EXPRESS 銀河】の旅も、ここで終了です。<br /><br /><br />※「銀河」の山陰コースは、11月までの運行です。<br />※12月からは、期間限定で大阪から下関まで昼行で走る予定です。<br /> <br /><br /><br /><br />

    名残惜しいですが、私たちの【WEST EXPRESS 銀河】の旅も、ここで終了です。


    ※「銀河」の山陰コースは、11月までの運行です。
    ※12月からは、期間限定で大阪から下関まで昼行で走る予定です。
     



10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

出雲市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集