名古屋旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東山植物園のバラの紹介です。5月のバラを見学に5月末にもやって来ましたが、残念ながら新型コロナの影響で休園中でした。6月2日の今日が、東山動植物園再開の初日でした。

2020初夏、東山植物園のバラ(1/9):6月2日(1):星ヶ丘門、薬草の道、也有園、奥池、水車、合掌造り、バラ園、ピンク・ヘイズ

28いいね!

2020/06/02 - 2020/06/02

813位(同エリア4287件中)

旅行記グループ 2020春、名古屋のバラ

0

30

旅人のくまさん

旅人のくまさんさん

東山植物園のバラの紹介です。5月のバラを見学に5月末にもやって来ましたが、残念ながら新型コロナの影響で休園中でした。6月2日の今日が、東山動植物園再開の初日でした。

PR

  • 潜り抜けた後で、振り返って眺めた東山動植物園の『星ヶ丘門』の光景です。植物園を主体に見学する場合、『東山公園駅』で下車するより、『星ヶ丘駅』で下車した方が便利です。

    潜り抜けた後で、振り返って眺めた東山動植物園の『星ヶ丘門』の光景です。植物園を主体に見学する場合、『東山公園駅』で下車するより、『星ヶ丘駅』で下車した方が便利です。

  • 『東山動植物園』のタイトルがあった観光案内看板の光景です。北側が下に記された地図ですから、現在位置が右下付近に記されていました。バラ園の場所は、図面の右上付近です。

    『東山動植物園』のタイトルがあった観光案内看板の光景です。北側が下に記された地図ですから、現在位置が右下付近に記されていました。バラ園の場所は、図面の右上付近です。

  • 中央に『東山植物園で観察される野鳥』のタイトルがあった8枚の諸新です。右上から時計回りにヒヨドリ、ヤマガラ、ウグイス、ツグミ、セグロセキレイ、シロハラ、ルリビタキ、シジュウカラの8種です。

    中央に『東山植物園で観察される野鳥』のタイトルがあった8枚の諸新です。右上から時計回りにヒヨドリ、ヤマガラ、ウグイス、ツグミ、セグロセキレイ、シロハラ、ルリビタキ、シジュウカラの8種です。

  • 『野草の道』のタイトルがあった案内看板の紹介です。図面の上側に当たる西側に『陽の当たる野原」、下側に当たる東側に『陽の当たる海岸・山野』に分類して、植栽した野草などが紹介してありました。

    『野草の道』のタイトルがあった案内看板の紹介です。図面の上側に当たる西側に『陽の当たる野原」、下側に当たる東側に『陽の当たる海岸・山野』に分類して、植栽した野草などが紹介してありました。

  • 大きな自然石を組み合わせた、『野草の道』の植栽箇所の光景です。この場所には、左上付近にナデシコ科の『ハマナデシコ』、中央付近にセリ科の『アシタバ』の標識がありました。

    大きな自然石を組み合わせた、『野草の道』の植栽箇所の光景です。この場所には、左上付近にナデシコ科の『ハマナデシコ』、中央付近にセリ科の『アシタバ』の標識がありました。

  • 三皿付近に置かれていた道案内標識の紹介です。手前方向が、やってきた『星ヶ丘門』、右手方面が『動物園と植物園」、左手方面が『お七菜畑、桜の回廊・ビオトープ』の表示でした。バラ園は、『植物園』の表示方向です。

    三皿付近に置かれていた道案内標識の紹介です。手前方向が、やってきた『星ヶ丘門』、右手方面が『動物園と植物園」、左手方面が『お七菜畑、桜の回廊・ビオトープ』の表示でした。バラ園は、『植物園』の表示方向です。

  • 名前:『ムサシアブミ(武蔵鐙)』<br />分類:サトイモ科テンナンショウ属の多年草。<br />分布:関東以西、四国、九州、沖縄に分布 。<br />特徴:赤い花(仏炎苞)の形が、鐙に似ています。<br />その他:別称は「由跋(ユハツ)』、古称は『加岐都波奈(かきつばな)』です。

    名前:『ムサシアブミ(武蔵鐙)』
    分類:サトイモ科テンナンショウ属の多年草。
    分布:関東以西、四国、九州、沖縄に分布 。
    特徴:赤い花(仏炎苞)の形が、鐙に似ています。
    その他:別称は「由跋(ユハツ)』、古称は『加岐都波奈(かきつばな)』です。

  • 名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』<br />分類:アヤメ科アヤメ属の多年草<br />原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。<br />特徴:ショウブ、アヤメ、カキツバタは区別が難しい植物に例えられます。<br />その他:アヤメ類の総称として花菖蒲をアヤメと呼ぶことも多いようです。

    名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』
    分類:アヤメ科アヤメ属の多年草
    原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。
    特徴:ショウブ、アヤメ、カキツバタは区別が難しい植物に例えられます。
    その他:アヤメ類の総称として花菖蒲をアヤメと呼ぶことも多いようです。

  • 名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』<br />分類:アヤメ科アヤメ属の多年草<br />原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。<br />特徴:野生のノハナショウブを元に、江戸時代に数多くの品種が生まれました。<br />その他:江戸系、伊勢系、肥後系、長井古種が古来から有名です。

    名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』
    分類:アヤメ科アヤメ属の多年草
    原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。
    特徴:野生のノハナショウブを元に、江戸時代に数多くの品種が生まれました。
    その他:江戸系、伊勢系、肥後系、長井古種が古来から有名です。

  • 名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』<br />分類:アヤメ科アヤメ属の多年草<br />原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。<br />特徴:端午の節句のショウブ湯に使われるのは、ハナショウブとは別の植物です。<br />その他:絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると、5,000種類はあるようです。

    イチオシ

    名前:『ハナショウブ(花菖蒲)』
    分類:アヤメ科アヤメ属の多年草
    原産:日本、ハナショウブは江戸時代に品種改良が進みました。
    特徴:端午の節句のショウブ湯に使われるのは、ハナショウブとは別の植物です。
    その他:絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると、5,000種類はあるようです。

  • 『音風景百選』の文字が刻まれた石標の光景です。石の断面が、木の年輪を連想させました。日本の音風景100選は、1996年に当時の環境庁(現・環境省)が「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募し、100件を選定したものです。 愛知県からは『東山植物園の野鳥』が選ばれました。

    『音風景百選』の文字が刻まれた石標の光景です。石の断面が、木の年輪を連想させました。日本の音風景100選は、1996年に当時の環境庁(現・環境省)が「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募し、100件を選定したものです。 愛知県からは『東山植物園の野鳥』が選ばれました。

  • 中央に『東山植物園で観察される野鳥』のタイトルがあった8枚の諸新です。右上から時計回りに、メジロ、キジバト、ジョウビタキ、セグロセキレイ、カルガモ、カワセミ、コゲラ、ヤマガラの8種です。咲きに紹介したパネルとは、セグロセキレイとヤマガラの2種が重複していました。ハクセキレイやモズ等もいるはずですから、重複しなくても済んだかもしれません。

    中央に『東山植物園で観察される野鳥』のタイトルがあった8枚の諸新です。右上から時計回りに、メジロ、キジバト、ジョウビタキ、セグロセキレイ、カルガモ、カワセミ、コゲラ、ヤマガラの8種です。咲きに紹介したパネルとは、セグロセキレイとヤマガラの2種が重複していました。ハクセキレイやモズ等もいるはずですから、重複しなくても済んだかもしれません。

  • 立寄らずに、写真一枚だけで紹介する『合掌造りの家』の光景です。この建物はもともと岐阜県大野郡白川村大牧にあったものですが、関西電力鳩ヶ谷ダム建設に伴い、大牧部落が全部水没することになったため、昭和31年に旧太田の建物が東山植物園に移築されました。  

    イチオシ

    立寄らずに、写真一枚だけで紹介する『合掌造りの家』の光景です。この建物はもともと岐阜県大野郡白川村大牧にあったものですが、関西電力鳩ヶ谷ダム建設に伴い、大牧部落が全部水没することになったため、昭和31年に旧太田の建物が東山植物園に移築されました。  

  • 名前:『セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)』<br />分類:アジサイ科アジサイ属の落葉低木<br />原産:日本原産で、ヨーロッパで品種改良されました。<br />特徴:手毬咲や、ホンアジサイとも呼ばれます。<br />その他:まだ蕾の状態です。

    名前:『セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)』
    分類:アジサイ科アジサイ属の落葉低木
    原産:日本原産で、ヨーロッパで品種改良されました。
    特徴:手毬咲や、ホンアジサイとも呼ばれます。
    その他:まだ蕾の状態です。

  • 奥池と、その池に設置された水車小屋と噴水の光景です。右手方面に『也有園』があります。横井也有(1702~1783年)は、江戸時代の尾張藩の武士、国学者で俳人です。鶉衣(俳文集)、蘿葉集・垤集(句集)、漏桶(連句集)、管見草(俳論)、蘿隠編(漢詩文)、行々子(狂歌集)を著わしました。<br />

    奥池と、その池に設置された水車小屋と噴水の光景です。右手方面に『也有園』があります。横井也有(1702~1783年)は、江戸時代の尾張藩の武士、国学者で俳人です。鶉衣(俳文集)、蘿葉集・垤集(句集)、漏桶(連句集)、管見草(俳論)、蘿隠編(漢詩文)、行々子(狂歌集)を著わしました。

  • 奥池の噴水のズームアップ光景です。この辺りは秋の紅葉時にも風情がある景色を眺めることができます。『也有園』の周りは、植物園の中でも、殊にお気に入りの場所です。

    奥池の噴水のズームアップ光景です。この辺りは秋の紅葉時にも風情がある景色を眺めることができます。『也有園』の周りは、植物園の中でも、殊にお気に入りの場所です。

  • 『一里塚(いちりづか)』の復元模型です。一里塚は、旅行者の目印として大きな道路(街道)の側に1里(約3.927キロメートル)毎に設置した塚(土盛り)です。日本では、平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが最初と言われています。一里塚が、全国的に整備されるようになったのは江戸時代です。

    『一里塚(いちりづか)』の復元模型です。一里塚は、旅行者の目印として大きな道路(街道)の側に1里(約3.927キロメートル)毎に設置した塚(土盛り)です。日本では、平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが最初と言われています。一里塚が、全国的に整備されるようになったのは江戸時代です。

  • 新緑の木々に覆いかぶさられた散策路の光景です。星ヶ丘門を潜って、目的地のバラ園の麓付近まで、ずっと緩い下り坂が続きます。

    新緑の木々に覆いかぶさられた散策路の光景です。星ヶ丘門を潜って、目的地のバラ園の麓付近まで、ずっと緩い下り坂が続きます。

  • メインの散策路から左に分かれた小道の光景です。右端に見える立札には、『万葉の散歩道・終点』の表示がありました。雑木林の自然林の面影を残した一帯です。

    メインの散策路から左に分かれた小道の光景です。右端に見える立札には、『万葉の散歩道・終点』の表示がありました。雑木林の自然林の面影を残した一帯です。

  • 名前:『ヒトツバ(一ッ葉)』<br />分類:ウラボシ科ヒトツバ属<br />原産:アジアの熱帯域を中心に約100種が知られます。<br />特徴:シダの一種です。<br />その他:比較的乾燥した場所に生える着生植物です。

    名前:『ヒトツバ(一ッ葉)』
    分類:ウラボシ科ヒトツバ属
    原産:アジアの熱帯域を中心に約100種が知られます。
    特徴:シダの一種です。
    その他:比較的乾燥した場所に生える着生植物です。

  • 名前:『シュンラン(春蘭)』<br />分類:ラン科シュンラン属<br />原産:日本のほか、中国にも分布します。<br />特徴:土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なものです。<br />その他:日本春蘭、中国春蘭、東洋春蘭などとも呼ばれ、花期は3-4月です。

    名前:『シュンラン(春蘭)』
    分類:ラン科シュンラン属
    原産:日本のほか、中国にも分布します。
    特徴:土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なものです。
    その他:日本春蘭、中国春蘭、東洋春蘭などとも呼ばれ、花期は3-4月です。

  • 名前:『キョウガノコ(京鹿の子)』<br />分類:バラ科シモツケソウ属の多年草(宿根草)です。<br />原産:日本<br />特徴:シモツケソウとコシジシモツケソウの雑種の説があります。<br />その他:白花種は、『ナツユキソウ』の呼び名があります。

    名前:『キョウガノコ(京鹿の子)』
    分類:バラ科シモツケソウ属の多年草(宿根草)です。
    原産:日本
    特徴:シモツケソウとコシジシモツケソウの雑種の説があります。
    その他:白花種は、『ナツユキソウ』の呼び名があります。

  • 薬草の道の紹介の締め括りです。名札が混み合っている場所もありました。アヤメ科の『ヒオウギ』、アヤメ科の『アヤメ(湯布院)』、アヤメ科の『ヒメヒオウギスイセン』や、ニシキギ科の『ツルマサキ』などでした。

    薬草の道の紹介の締め括りです。名札が混み合っている場所もありました。アヤメ科の『ヒオウギ』、アヤメ科の『アヤメ(湯布院)』、アヤメ科の『ヒメヒオウギスイセン』や、ニシキギ科の『ツルマサキ』などでした。

  • 名前:『セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)』<br />分類:アジサイ科アジサイ属の落葉低木<br />原産:日本原産で、ヨーロッパで品種改良されました。<br />特徴:手毬咲や、ホンアジサイとも呼ばれます。<br />その他:花序はほとんど装飾花のみです。

    名前:『セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)』
    分類:アジサイ科アジサイ属の落葉低木
    原産:日本原産で、ヨーロッパで品種改良されました。
    特徴:手毬咲や、ホンアジサイとも呼ばれます。
    その他:花序はほとんど装飾花のみです。

  • 名前:『カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)』<br />分類:アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木<br />原産:北米東南部<br />特徴:葉の形がカシワに似ていることが、和名の由来です。<br />その他:咲き始めたところです。

    名前:『カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)』
    分類:アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木
    原産:北米東南部
    特徴:葉の形がカシワに似ていることが、和名の由来です。
    その他:咲き始めたところです。

  • 名前:『ピンク・ヘイズ』<br />系統:S(シュラブ)<br />作出国:ドイツ(1999年)<br />作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)<br />その他:明るいピンクの丸弁平咲です。

    名前:『ピンク・ヘイズ』
    系統:S(シュラブ)
    作出国:ドイツ(1999年)
    作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)
    その他:明るいピンクの丸弁平咲です。

  • 名前:『ピンク・ヘイズ』<br />系統:S(シュラブ)<br />作出国:ドイツ(1999年)<br />作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)<br />その他:中輪の四季咲きです。

    イチオシ

    名前:『ピンク・ヘイズ』
    系統:S(シュラブ)
    作出国:ドイツ(1999年)
    作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)
    その他:中輪の四季咲きです。

  • 名前:『ピンク・ヘイズ』<br />系統:S(シュラブ)<br />作出国:ドイツ(1999年)<br />作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)<br />その他:細い枝先に可憐な小花をたくさん咲かせます。

    名前:『ピンク・ヘイズ』
    系統:S(シュラブ)
    作出国:ドイツ(1999年)
    作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)
    その他:細い枝先に可憐な小花をたくさん咲かせます。

  • 名前:『ピンク・ヘイズ』<br />系統:S(シュラブ)<br />作出国:ドイツ(1999年)<br />作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)<br />その他:超微香です。

    名前:『ピンク・ヘイズ』
    系統:S(シュラブ)
    作出国:ドイツ(1999年)
    作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)
    その他:超微香です。

  • 名前:『ピンク・ヘイズ』<br />系統:S(シュラブ)<br />作出国:ドイツ(1999年)<br />作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)<br />その他:花名は、「ピンクの霧」の意味です。

    名前:『ピンク・ヘイズ』
    系統:S(シュラブ)
    作出国:ドイツ(1999年)
    作出者:ハンス・ユルゲン・エファース(タンタウ社)
    その他:花名は、「ピンクの霧」の意味です。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2020春、名古屋のバラ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

名古屋の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集