サンダカン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2020年2月またしてもマレーシアへ。<br />これで3年連続4回目。<br />KL、マラッカ、ペナン、イポー、キャメロンハイランド、ランカウイ、ゲッティンハイランドなど主要観光地は既に訪問したため、今回は東マレーシアのボルネオ島に行くことに!<br />ボルネオ島には世界最古と言われる原生林と希少生物・植物が残されている。<br />代表格は、オランウータン、天狗猿、ボルネオ象などなど。<br />今回はこの島に4泊しジャングルの中で大自然を満喫することに。<br /><br />2020年を迎え1月中旬頃から中国武漢で発生した新型コロナウィルスが日本や東南アジアの国々でも感染者が確認され、さてさて今回の旅はどうしたものかと悩んだものの決行を決意。<br />結果的には中国春節の人民大移動が制限されていたため、中国からの観光客はほとんど見かけず。<br />(当然のことながらマスク、消毒薬など万全な準備を整えた。)<br /><br />今回のルートは以下の通り。<br />2/8 広島から羽田へ<br />2/9 ANA深夜便で羽田→KL・・KLIAのチューン ホテル KLIA2 エアポート トランジット ホテル(トランジットホテル)泊<br />2/10エアアジアでKL→ボルネオ島サンダカン・・Sepilok Jungle Resort Sandakan泊<br />2/11セピロック→スカウ・・ボルネオ ナチュラル スカウ ビリ リゾート2泊<br />2/12終日キナバタンガン川<br />2/13エアアジアでサンダカン→コタキナバル・・Le M&amp;eacute;ridien Kota Kinabalu泊<br />2/14エアアジアでコタキナバル→KL・・長男宅泊<br />2/15終日KL・・Sama-Sama Hotel, KLIA(トランジットホテル)泊<br />2/16ANAで日本帰国<br /><br />そして旅の訪問先とテーマは以下。<br />①キナバタンガン川自然保護区でリバークルーズ&ジャングルトレッキング<br />②セピロックのオランウータン保護区<br />③  〃   マレークマ保護センター<br />④ラブックベイのテングザル保護区<br />⑤コタキナバルでグルメ満喫<br />⑥KLのインド人街訪問<br /><br />セピロックでオランウータンとマレーグマを見た後、今夜の宿セピロック・ジャングル・リゾートで荷を降ろし、ラブックベイのテングザル保護区へ向かう。<br />ホテルでラブックベイへのツアーを手配するよりGrabの運ちゃんにお願いする方が安い。<br />セピロック・オランウータン・リハビリセンターの駐車場にはGrabの運転手が屯っているので、ラブックベイへの往復を交渉。<br />ポイントはラブックベイのテングザル保護区には2ヵ所(AとB)の観察用プラットホームがあり、またこの2カ所が離れていること。<br />目安としては、14:00セピロック→14:30ラブックベイA→16:30ラブックベイB→18:00セピロックの往復。<br />運ちゃんもこの辺は良く解っており交渉もスムーズ。<br />ラブックベイ周辺はGrabやタクシー待ちは無いと思った方が良いので、サンダカンからのツアーか、セピロックからのGrab送迎が良いと思われる。<br /><br />テングザルはボルネオ島の固有種でやはり絶滅危惧種。<br />名前の通り天狗のような大きく長い鼻、そして太鼓腹。<br />見た目は猿とは思えない面妖な動物、そして何よりも動作や仕草がユーモラスで人間チック。<br />ボルネオ島の人気物だ!

ボルネオ島のジャングルを訪ねる旅③ラブックベイ・テングザル保護区へ

168いいね!

2020/02/08 - 2020/02/16

2位(同エリア57件中)

Brighton

Brightonさん

2020年2月またしてもマレーシアへ。
これで3年連続4回目。
KL、マラッカ、ペナン、イポー、キャメロンハイランド、ランカウイ、ゲッティンハイランドなど主要観光地は既に訪問したため、今回は東マレーシアのボルネオ島に行くことに!
ボルネオ島には世界最古と言われる原生林と希少生物・植物が残されている。
代表格は、オランウータン、天狗猿、ボルネオ象などなど。
今回はこの島に4泊しジャングルの中で大自然を満喫することに。

2020年を迎え1月中旬頃から中国武漢で発生した新型コロナウィルスが日本や東南アジアの国々でも感染者が確認され、さてさて今回の旅はどうしたものかと悩んだものの決行を決意。
結果的には中国春節の人民大移動が制限されていたため、中国からの観光客はほとんど見かけず。
(当然のことながらマスク、消毒薬など万全な準備を整えた。)

今回のルートは以下の通り。
2/8 広島から羽田へ
2/9 ANA深夜便で羽田→KL・・KLIAのチューン ホテル KLIA2 エアポート トランジット ホテル(トランジットホテル)泊
2/10エアアジアでKL→ボルネオ島サンダカン・・Sepilok Jungle Resort Sandakan泊
2/11セピロック→スカウ・・ボルネオ ナチュラル スカウ ビリ リゾート2泊
2/12終日キナバタンガン川
2/13エアアジアでサンダカン→コタキナバル・・Le M&eacute;ridien Kota Kinabalu泊
2/14エアアジアでコタキナバル→KL・・長男宅泊
2/15終日KL・・Sama-Sama Hotel, KLIA(トランジットホテル)泊
2/16ANAで日本帰国

そして旅の訪問先とテーマは以下。
①キナバタンガン川自然保護区でリバークルーズ&ジャングルトレッキング
②セピロックのオランウータン保護区
③  〃   マレークマ保護センター
④ラブックベイのテングザル保護区
⑤コタキナバルでグルメ満喫
⑥KLのインド人街訪問

セピロックでオランウータンとマレーグマを見た後、今夜の宿セピロック・ジャングル・リゾートで荷を降ろし、ラブックベイのテングザル保護区へ向かう。
ホテルでラブックベイへのツアーを手配するよりGrabの運ちゃんにお願いする方が安い。
セピロック・オランウータン・リハビリセンターの駐車場にはGrabの運転手が屯っているので、ラブックベイへの往復を交渉。
ポイントはラブックベイのテングザル保護区には2ヵ所(AとB)の観察用プラットホームがあり、またこの2カ所が離れていること。
目安としては、14:00セピロック→14:30ラブックベイA→16:30ラブックベイB→18:00セピロックの往復。
運ちゃんもこの辺は良く解っており交渉もスムーズ。
ラブックベイ周辺はGrabやタクシー待ちは無いと思った方が良いので、サンダカンからのツアーか、セピロックからのGrab送迎が良いと思われる。

テングザルはボルネオ島の固有種でやはり絶滅危惧種。
名前の通り天狗のような大きく長い鼻、そして太鼓腹。
見た目は猿とは思えない面妖な動物、そして何よりも動作や仕草がユーモラスで人間チック。
ボルネオ島の人気物だ!

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配
  • 保護区の周りは広大なアブラヤシのプランテーション<br />Grab運転手君はガイド役も務めてくれる<br />アブラヤシの収穫方法や用途を説明してくれる<br />

    保護区の周りは広大なアブラヤシのプランテーション
    Grab運転手君はガイド役も務めてくれる
    アブラヤシの収穫方法や用途を説明してくれる

  • 料金は一人60RM+カメラ持ち込み代10RM<br />これでA・B二つのプラットホーム入場可

    料金は一人60RM+カメラ持ち込み代10RM
    これでA・B二つのプラットホーム入場可

  • まずはプラットホームAの入口

    まずはプラットホームAの入口

    ラブックベイ テングザル保護区 サファリ・動物観察

    絶滅危惧種テングザル・サンクチュアリ by Brightonさん
  • この辺はマングローブ林の湿地帯<br />テングザルの主食はマングローブの葉っぱ

    この辺はマングローブ林の湿地帯
    テングザルの主食はマングローブの葉っぱ

  • 周りがアブラヤシ畑に開墾されたため結果残されたこのマングローブ林が『保護区』になった<br />プランテーションの経営者が副業で行っているようだ

    周りがアブラヤシ畑に開墾されたため結果残されたこのマングローブ林が『保護区』になった
    プランテーションの経営者が副業で行っているようだ

  • プラットホームAには広い屋根付き観察台がある

    プラットホームAには広い屋根付き観察台がある

  • 係員が猿の鳴きまねをするとマングローブ林の奥から群れが現れる

    係員が猿の鳴きまねをするとマングローブ林の奥から群れが現れる

  • 主食はマングローブの葉っぱだが、ここでは果物で餌付けされている

    主食はマングローブの葉っぱだが、ここでは果物で餌付けされている

  • 赤子を抱いた母ザル

    赤子を抱いた母ザル

  • 子ザル・・・顔の表情や食べる仕草は人間に似ている

    子ザル・・・顔の表情や食べる仕草は人間に似ている

  • ボス猿<br />見よ、この見事な太鼓腹!<br />猿には珍しく牛と同じく反芻するらしく、このお腹の中に消化酵素が溜まっているらしい

    ボス猿
    見よ、この見事な太鼓腹!
    猿には珍しく牛と同じく反芻するらしく、このお腹の中に消化酵素が溜まっているらしい

  • ボスを恐れエサ場に降りてこれない若者猿<br />やっぱ人間っぽい座り方

    ボスを恐れエサ場に降りてこれない若者猿
    やっぱ人間っぽい座り方

  • ボスの周りはメス猿とその子たち<br />ハーレムだ

    ボスの周りはメス猿とその子たち
    ハーレムだ

  • 子ザル

    子ザル

  • 赤ちゃんザル

    赤ちゃんザル

  • 鼻の大きさとお腹のハリがボスの証

    イチオシ

    鼻の大きさとお腹のハリがボスの証

  • じゃれ合う子ザル

    じゃれ合う子ザル

  • よちよち歩きの赤子

    よちよち歩きの赤子

  • プラットホームA、14:30からのフィーディングタイムは欧米系ツアー客で結構賑わっていた

    プラットホームA、14:30からのフィーディングタイムは欧米系ツアー客で結構賑わっていた

  • そしてテングザル最大の特徴はこのジャンプ

    そしてテングザル最大の特徴はこのジャンプ

  • ビッグバン・ベイダーのビッグバン・クラッシュ(ダイビング・ボディー・プレス)!

    イチオシ

    ビッグバン・ベイダーのビッグバン・クラッシュ(ダイビング・ボディー・プレス)!

  • 皆ジャンプの先は水飲み場

    皆ジャンプの先は水飲み場

  • そして飲み終わるとまたジャンプ!

    そして飲み終わるとまたジャンプ!

  • この大きなお腹を膨らませての大跳躍

    この大きなお腹を膨らませての大跳躍

  • ユーモラス!!

    ユーモラス!!

  • そして長い鼻をたらして水を飲む姿も笑える!

    そして長い鼻をたらして水を飲む姿も笑える!

  • 赤子を抱いたまま大ジャンプする母ザル

    赤子を抱いたまま大ジャンプする母ザル

  • そして親子で水飲み

    そして親子で水飲み

  • プラットホームBへ移動

    プラットホームBへ移動

  • 車でダートな道を10分程、歩いての移動は無理だ

    車でダートな道を10分程、歩いての移動は無理だ

    ラブックベイ・テングザル保護区 サファリ・動物観察

  • こちらには売店や東屋あり

    こちらには売店や東屋あり

  • 当然だが触れてはダメ

    当然だが触れてはダメ

  • いきなりの出迎えを受ける<br />人間の表情に似ている、透き通った眼とつぶらな瞳<br />

    イチオシ

    いきなりの出迎えを受ける
    人間の表情に似ている、透き通った眼とつぶらな瞳

  • プラットホームBではフィーディングタイム前だったが、ここに居ついている連中がいるようだ<br />見学者は我々と白人の女のコの3人だけ

    プラットホームBではフィーディングタイム前だったが、ここに居ついている連中がいるようだ
    見学者は我々と白人の女のコの3人だけ

  • 記念撮影!

    イチオシ

    地図を見る

    記念撮影!

  • サージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツクラブバンド♪?

    サージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツクラブバンド♪?

  • 慣れたもんでカメラ目線決めてくれる

    慣れたもんでカメラ目線決めてくれる

  • フィーディングタイム開始<br />マングローブ林から群れが現れる

    フィーディングタイム開始
    マングローブ林から群れが現れる

  • 親子かな

    親子かな

  • 見事な太鼓腹

    見事な太鼓腹

  • じゃれ合うお子達

    じゃれ合うお子達

  • ボス&メスが餌を独占

    ボス&メスが餌を独占

  • ボスが退くのを待っている親子

    ボスが退くのを待っている親子

  • 赤子を連れた母ザル

    赤子を連れた母ザル

  • そろそろプラットホームBを後に

    そろそろプラットホームBを後に

  • 駐車場でGrab運ちゃんと合流

    駐車場でGrab運ちゃんと合流

  • 帰りの道すがら、運ちゃんが色々とガイドしてくれる<br />巨大な水トカゲ

    イチオシ

    帰りの道すがら、運ちゃんが色々とガイドしてくれる
    巨大な水トカゲ

  • そして泥の中で涼む水牛

    イチオシ

    そして泥の中で涼む水牛

  • ホテルに帰着<br />ジャングルの中にしては過ごし易い部屋

    ホテルに帰着
    ジャングルの中にしては過ごし易い部屋

    セピロック ジャングル リゾート ホテル

    セピロックのオランウータン・リハビリセンター近くのホテル by Brightonさん
  • エアコン有り、TVはブラウン管

    エアコン有り、TVはブラウン管

    セピロック ジャングル リゾート ホテル

    セピロックのオランウータン・リハビリセンター近くのホテル by Brightonさん
  • バルコニー

    バルコニー

  • ジャングルの中の桟橋を渡りレストランへ

    ジャングルの中の桟橋を渡りレストランへ

  • 牛肉の黒胡椒炒めと冷えたタイガー!

    牛肉の黒胡椒炒めと冷えたタイガー!

  • 野菜炒め<br /><br />明日は更にジャングル奥地へ進むことに!!

    野菜炒め

    明日は更にジャングル奥地へ進むことに!!

168いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 63円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP