シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 3日目の1月11日は、息子夫婦らと別行動してカトンやリトル・インディアの街並みを見学し、孫達とプールで遊ぶ為に午後2時ホテルにバック。<br /> その後、私一人単独でシティホール周辺の観光をしてホテルに戻って家族と合流し、ダウンタウンのホーカーズで夕食を済ませ、タクシー利用でナイトサファリを楽しんで来ました。<br /><br />続いて1月11日の観光の様子を紹介します。<br />

家族3世代でのシンガポール旅行 №2

17いいね!

2020/01/09 - 2020/01/13

4950位(同エリア14086件中)

0

53

hidemi.yさん

 3日目の1月11日は、息子夫婦らと別行動してカトンやリトル・インディアの街並みを見学し、孫達とプールで遊ぶ為に午後2時ホテルにバック。
 その後、私一人単独でシティホール周辺の観光をしてホテルに戻って家族と合流し、ダウンタウンのホーカーズで夕食を済ませ、タクシー利用でナイトサファリを楽しんで来ました。

続いて1月11日の観光の様子を紹介します。

PR

  •  朝食は、マリーナ・ベイ・サンズタワー1の1階のレストラン「ライズ」を利用しました。<br /> このレストランもビュッフェスタイルで、その品数が豊富で、更には味噌汁を含む和食が用意されていました。<br />

     朝食は、マリーナ・ベイ・サンズタワー1の1階のレストラン「ライズ」を利用しました。
     このレストランもビュッフェスタイルで、その品数が豊富で、更には味噌汁を含む和食が用意されていました。

  •  私がチョイスした朝食。<br /> 和食コーナーが設けられていたものの、まだ和食が恋しくなかったため洋食をチョイス。<br /> オムレツが美味しかったです。<br /><br />

     私がチョイスした朝食。
     和食コーナーが設けられていたものの、まだ和食が恋しくなかったため洋食をチョイス。
     オムレツが美味しかったです。

  •  ホテルを出て、MRTベイフロント駅からサークル線でパヤ・レバ駅へ行き、ここから徒歩でプラナカンの街、カトンを散策しました。

     ホテルを出て、MRTベイフロント駅からサークル線でパヤ・レバ駅へ行き、ここから徒歩でプラナカンの街、カトンを散策しました。

  •  散策メインのジョー・チアット・ロード沿いに建ち並ぶパステルカラーのショップハウス。

     散策メインのジョー・チアット・ロード沿いに建ち並ぶパステルカラーのショップハウス。

  •  装飾が綺麗な家並みが集まるクーン・セン・ロード

     装飾が綺麗な家並みが集まるクーン・セン・ロード

  •  同じくクーン・セン・ロード沿いのプラナカン文化が伺えるカラフルな家並み。

     同じくクーン・セン・ロード沿いのプラナカン文化が伺えるカラフルな家並み。

  •  家並みを見学後、MRTパヤ・レバ駅に戻る途中のジョー・チアット・ロード沿いの八百屋。

     家並みを見学後、MRTパヤ・レバ駅に戻る途中のジョー・チアット・ロード沿いの八百屋。

  •  同じくジョー・チアット・ロード沿いのキックボクシングスクール

     同じくジョー・チアット・ロード沿いのキックボクシングスクール

  •  ここもジョー・チアット・沿いのモスク

     ここもジョー・チアット・沿いのモスク

  •  カトン観光後はリトル・インディアに向かう為、今度はMRTパヤ・レバ駅から東西線に乗車してブギス駅でダウンタウン線に乗り換えてリトル・インディア駅に向かいました。<br /> パヤ・レバ駅の東西線は、それまでの地下鉄と違って高架の鉄道で、数駅過ぎると地下に潜って行きました。<br />

     カトン観光後はリトル・インディアに向かう為、今度はMRTパヤ・レバ駅から東西線に乗車してブギス駅でダウンタウン線に乗り換えてリトル・インディア駅に向かいました。
     パヤ・レバ駅の東西線は、それまでの地下鉄と違って高架の鉄道で、数駅過ぎると地下に潜って行きました。

  • リトル・インディア駅を出るとやたら目立つ塔を見つけ、これを目指したところビルの屋上に建っていました。

    リトル・インディア駅を出るとやたら目立つ塔を見つけ、これを目指したところビルの屋上に建っていました。

  •  そこは閉館している様な感じのスリ・ラクシュミナラヤン寺院でした。

     そこは閉館している様な感じのスリ・ラクシュミナラヤン寺院でした。

  •  続いて破壊の女神カーリーを祀ったヒンドゥー教寺院、「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」を訪問するも、日中は閉館しており、午前中と夜のみの開館となっていました。

     続いて破壊の女神カーリーを祀ったヒンドゥー教寺院、「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」を訪問するも、日中は閉館しており、午前中と夜のみの開館となっていました。

  •  正面は門扉が閉じられていました。

     正面は門扉が閉じられていました。

  •  正面の脇の出入口は外周のみ入場可能てした。

     正面の脇の出入口は外周のみ入場可能てした。

  •  これはゴープラムと呼ばれる高門でインドの神々が彫刻され、街の象徴的存在とのこと。

     これはゴープラムと呼ばれる高門でインドの神々が彫刻され、街の象徴的存在とのこと。

  •  ゴープラムの天井画です。

     ゴープラムの天井画です。

  •  外周から入場できた通路の建物です。

     外周から入場できた通路の建物です。

  •  同じく通路の建物。<br /> この中にネックレスを着けて生首を持ち、舌を出すカーリー像があります、

     同じく通路の建物。
     この中にネックレスを着けて生首を持ち、舌を出すカーリー像があります、

  •  スリ・ヴィーラマカリアマン寺院の前は、「セラングーン・ロード」というメインストリートです。北東方向の街並みで、この先に所在するスリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院の見学を失念してしまいました。

     スリ・ヴィーラマカリアマン寺院の前は、「セラングーン・ロード」というメインストリートです。北東方向の街並みで、この先に所在するスリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院の見学を失念してしまいました。

  •  セラングーン・ロード南西方向の街並み。

     セラングーン・ロード南西方向の街並み。

  •  セラングーン・ロード沿いの商店街。

     セラングーン・ロード沿いの商店街。

  •  リトル・インディア・アーケード付近の建物

     リトル・インディア・アーケード付近の建物

  • アーケードの八百屋さん。

    アーケードの八百屋さん。

  •  見どころを逃したリトル・インディア観光を終え、孫とホテルのプール入る約束がしてあったことでMRTリトル・インディア駅からダウンタウン線に乗り換えてホテルに戻りました。

     見どころを逃したリトル・インディア観光を終え、孫とホテルのプール入る約束がしてあったことでMRTリトル・インディア駅からダウンタウン線に乗り換えてホテルに戻りました。

  •  部屋に戻るとベッドメイキングが終わっており、ベッドの上にはハンドタオルでこさえた2匹のウサギがさりげなく置かれていました。

     部屋に戻るとベッドメイキングが終わっており、ベッドの上にはハンドタオルでこさえた2匹のウサギがさりげなく置かれていました。

  •  その後、孫とプール遊びする妻とは別行動で単独で徒歩にてシティホール周辺の観光をすることとしました。<br /> 持参のタブレットを息子達との連絡用に妻に手渡した為、出発前にホテルの27階エレベータホールから地図と建物群の位置を確認。

     その後、孫とプール遊びする妻とは別行動で単独で徒歩にてシティホール周辺の観光をすることとしました。
     持参のタブレットを息子達との連絡用に妻に手渡した為、出発前にホテルの27階エレベータホールから地図と建物群の位置を確認。

  •  ホテルから、まずは聖アンドリュース大聖堂を目指してヘリックス・ブリッジを渡橋し、左折してラッフルズ通を北西に進みMRTシティ・ホール駅近くの交差点までやって来ました。

     ホテルから、まずは聖アンドリュース大聖堂を目指してヘリックス・ブリッジを渡橋し、左折してラッフルズ通を北西に進みMRTシティ・ホール駅近くの交差点までやって来ました。

  •  聖アンドリュース大聖堂は、地図上ではシティ・ホール駅近くの上に建っている感じです。

     聖アンドリュース大聖堂は、地図上ではシティ・ホール駅近くの上に建っている感じです。

  • 聖堂内のステンドグラス

    聖堂内のステンドグラス

  •  大聖堂から北西に進みプラナカン博物館が建つアルメニアン通に至りました。

     大聖堂から北西に進みプラナカン博物館が建つアルメニアン通に至りました。

  •  この通を少し入ったところにプラナカンの文化を紹介するプラナカン博物館がありました。

     この通を少し入ったところにプラナカンの文化を紹介するプラナカン博物館がありました。

  •  しかしながらリトル・インディア観光に続き、またもやクローズで残念。

     しかしながらリトル・インディア観光に続き、またもやクローズで残念。

  •  この先の目標はシンガポール国立博物館でしたが、道に迷いながら綺麗な建物を発見。

     この先の目標はシンガポール国立博物館でしたが、道に迷いながら綺麗な建物を発見。

  •  消防署でした。

     消防署でした。

  •  シンガポール国立博物館に到着。

     シンガポール国立博物館に到着。

  •  博物館の正面の様子

     博物館の正面の様子

  •  建物のドームの内部です。<br /> ここのフロアーが博物館内への入口ですが、この後夕食、そしてナイトサファリ観光を控えており、時間に余裕が無くて入場を断念。<br />

     建物のドームの内部です。
     ここのフロアーが博物館内への入口ですが、この後夕食、そしてナイトサファリ観光を控えており、時間に余裕が無くて入場を断念。

  •  博物館近くのMRTベンクレーン駅からダウンタウン線でホテルに戻り、プールサイドで家族と合流しました。

     博物館近くのMRTベンクレーン駅からダウンタウン線でホテルに戻り、プールサイドで家族と合流しました。

  •  プールには大勢の宿泊客が水浴び。

     プールには大勢の宿泊客が水浴び。

  •  時刻は午後4時、3槽の内の2層目のプールの清掃が始まりました。

     時刻は午後4時、3槽の内の2層目のプールの清掃が始まりました。

  •  するとそれまで清掃中だった槽が開放され、瞬く間に人だかり。

     するとそれまで清掃中だった槽が開放され、瞬く間に人だかり。

  •  夕食は、ホーカーズ「ラオ・パ・サ・フェスティバル・マーケット」としていたことで、MRTベイフロント駅からダウンタウン線でテロック・アヤ駅まで行き、少し歩いて到着。

     夕食は、ホーカーズ「ラオ・パ・サ・フェスティバル・マーケット」としていたことで、MRTベイフロント駅からダウンタウン線でテロック・アヤ駅まで行き、少し歩いて到着。

  •  ホーカーズのキーポイントは、最初に席を取ることですが、午後5時過ぎの時点ではガラガラでした。

     ホーカーズのキーポイントは、最初に席を取ることですが、午後5時過ぎの時点ではガラガラでした。

  •  唯一建物の脇の路上でサテーの屋台が建ち並ぶホーカーズ。

     唯一建物の脇の路上でサテーの屋台が建ち並ぶホーカーズ。

  •  サテーは現地の串焼き。ビーフ、マトン、チキンや海老からチョイスして甘いピーナッツソースで頂きます。

     サテーは現地の串焼き。ビーフ、マトン、チキンや海老からチョイスして甘いピーナッツソースで頂きます。

  •  夕食を終え、店の近くで流しのタクシーを拾い、ナイトサファリが所在する自然保護区へ直行。

     夕食を終え、店の近くで流しのタクシーを拾い、ナイトサファリが所在する自然保護区へ直行。

  •  園内手前のモニュメント。

     園内手前のモニュメント。

  •  この先がチケット売場。私達は、1時間後の午後8時からのトリム乗車が指定されました。

     この先がチケット売場。私達は、1時間後の午後8時からのトリム乗車が指定されました。

  •  トラム乗車までの間は、シンガポール動物園開園45周年記念の一環として開園された「レインフォレスト・ルミナ」を見学。

     トラム乗車までの間は、シンガポール動物園開園45周年記念の一環として開園された「レインフォレスト・ルミナ」を見学。

  •  ここは夜の熱帯雨林に光と音を使った幻想的なアトラクションゾーンです。

     ここは夜の熱帯雨林に光と音を使った幻想的なアトラクションゾーンです。

  •  トラム乗り場への規制路

     トラム乗り場への規制路

  •  このトラムに乗車して約45分間の夜行性動物の見学にスタート。<br /> 園内は動物保護のためストロボ禁止。<br /> 全体にかなり暗くて写真撮影は困難かと。<br /> また、鹿の見学ばかりでイマイチ。<br /> 見学後はタクシーでホテルに戻り、お休みなさい。<br />

     このトラムに乗車して約45分間の夜行性動物の見学にスタート。
     園内は動物保護のためストロボ禁止。
     全体にかなり暗くて写真撮影は困難かと。
     また、鹿の見学ばかりでイマイチ。
     見学後はタクシーでホテルに戻り、お休みなさい。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 40円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集