ジョホールバル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
新年の休みが長いので、海外で。昔住んでいたシンガポールに。<br />ホテル代高い国なので、オーチャードとかマリナベイとかは外して、古い町並みが残る地区のブティック系ホテルを探しました。最近は、チャイナタウンなど古い建物を使ったホステルや安いホテルもあるので、そういうところではなく、そこそこのレベルでホテルライフを楽しめるところをさがして、カトン地区とティヨンバルで1泊づつ泊まり、その間に物価の安いジョホールバルまでわざわざ行ってホテルライフを楽しんできました。<br /><br />いまさら観光でもないので、もっぱらB級グルメを楽しんでます。<br />やっぱりチキンライスです。<br /><br />行き 1月1日 KIX/TPE/SIN CI173/753 台北桃園空港の近くで泊まって、翌朝8時台にシンガポール行きへ<br />1月2日 カトンのコロニアルスタイルのサンタグランドホテル泊<br />1月3日 バスでジョホールバルへ 老舗のプテリパシフィックホテル泊<br />1月4日 ティヨンバルのホテルノスタルジア泊<br />1月5日 台北桃園乗り換えで帰国<br />帰り SIN/TPE/KIX CI752/158<br /><br />********************<br />その2<br />バスで国境越えてジョホールバル(JB)へ<br />市内中心部から出るバスもあるが、MRTでJBの対岸まで行ってバスに乗って国境越え 20年以上ぶりのJB<br />老舗の大型ホテルのペトリパシフィックに泊まる シンガポールに比べて圧倒的に安い シンガポールだとホーカーだが物価が安いのでレストランを楽しむ<br />シンガポールもよいけど円が安くて物価高に感じるので、やっぱりマレーシアはいいね。<br />でも初心者にはややこしい場所。

シンガポールから物価の安いマレーシア・ジョホールバルにわざわざ行って1泊

14いいね!

2020/01/03 - 2020/01/04

160位(同エリア501件中)

ヤムヤムにゃん

ヤムヤムにゃんさん

新年の休みが長いので、海外で。昔住んでいたシンガポールに。
ホテル代高い国なので、オーチャードとかマリナベイとかは外して、古い町並みが残る地区のブティック系ホテルを探しました。最近は、チャイナタウンなど古い建物を使ったホステルや安いホテルもあるので、そういうところではなく、そこそこのレベルでホテルライフを楽しめるところをさがして、カトン地区とティヨンバルで1泊づつ泊まり、その間に物価の安いジョホールバルまでわざわざ行ってホテルライフを楽しんできました。

いまさら観光でもないので、もっぱらB級グルメを楽しんでます。
やっぱりチキンライスです。

行き 1月1日 KIX/TPE/SIN CI173/753 台北桃園空港の近くで泊まって、翌朝8時台にシンガポール行きへ
1月2日 カトンのコロニアルスタイルのサンタグランドホテル泊
1月3日 バスでジョホールバルへ 老舗のプテリパシフィックホテル泊
1月4日 ティヨンバルのホテルノスタルジア泊
1月5日 台北桃園乗り換えで帰国
帰り SIN/TPE/KIX CI752/158

********************
その2
バスで国境越えてジョホールバル(JB)へ
市内中心部から出るバスもあるが、MRTでJBの対岸まで行ってバスに乗って国境越え 20年以上ぶりのJB
老舗の大型ホテルのペトリパシフィックに泊まる シンガポールに比べて圧倒的に安い シンガポールだとホーカーだが物価が安いのでレストランを楽しむ
シンガポールもよいけど円が安くて物価高に感じるので、やっぱりマレーシアはいいね。
でも初心者にはややこしい場所。

旅行の満足度
4.0
観光
3.5
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
3.5
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
チャイナエアライン
旅行の手配内容
個別手配

PR

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集