ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 年末年始休暇を使って、ロンドンを中心に6日間にわたって行きたいところに行ってきた一人旅の記録です。<br /> プレミアリーグ観戦、ミュージカル「オペラ座の怪人」観劇、大英博物館などの博物館、美術館巡り。そして日帰りバス旅行で行ったストーンヘンジなどについて現地で気付いた事を紹介します。<br /><br /> その3は大英博物館とナショナルギャラリーへの訪問とロンドンの街歩きです。

ロンドンの魅力満喫一人旅 その3 大英博物館~ナショナルギャラリー

11いいね!

2019/12/31 - 2020/01/05

3882位(同エリア9460件中)

白まっと

白まっとさん

この旅行記のスケジュール

2019/12/02

この旅行記スケジュールを元に

 年末年始休暇を使って、ロンドンを中心に6日間にわたって行きたいところに行ってきた一人旅の記録です。
 プレミアリーグ観戦、ミュージカル「オペラ座の怪人」観劇、大英博物館などの博物館、美術館巡り。そして日帰りバス旅行で行ったストーンヘンジなどについて現地で気付いた事を紹介します。

 その3は大英博物館とナショナルギャラリーへの訪問とロンドンの街歩きです。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 観光バス タクシー 徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  1月3日の朝食はイタリアンにしました。量が程々で味も良かったです。スモークサーモンは少し生臭かったので明日からは取りません。緑色のジュースは「Green Cleanser」という名前で、きゅうり、しょうが、りんごなどのオリジナルミックスジュースです。不思議な味(飲めないこともないが美味しくもない)で、ウェイターさん曰く「胃腸の調子を整えてくれるジュースなんだ」とのことでした。なんとなくハマってしまい、次の日も飲みました。

     1月3日の朝食はイタリアンにしました。量が程々で味も良かったです。スモークサーモンは少し生臭かったので明日からは取りません。緑色のジュースは「Green Cleanser」という名前で、きゅうり、しょうが、りんごなどのオリジナルミックスジュースです。不思議な味(飲めないこともないが美味しくもない)で、ウェイターさん曰く「胃腸の調子を整えてくれるジュースなんだ」とのことでした。なんとなくハマってしまい、次の日も飲みました。

  •  ホテルから歩いて10分くらい、09:50に大英博物館に到着。流れに沿って正門をくぐった左手にあるセキュリティチェックを受けてから入館。ここも入場料は無料です。大英帝国の底力おそるべし。<br /> 入ってすぐの広場左手のブースで音声ガイドを借ります。

     ホテルから歩いて10分くらい、09:50に大英博物館に到着。流れに沿って正門をくぐった左手にあるセキュリティチェックを受けてから入館。ここも入場料は無料です。大英帝国の底力おそるべし。
     入ってすぐの広場左手のブースで音声ガイドを借ります。

    大英博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  •  オーディオガイドは料金7£、現金でもクレジットカードもOKで、受付に「Japanese please」といって本体を借りて、隣のスペースにおいて自分でヘッドホンを取ります。<br /> 他のサイトで「借用時にはデポジットとしてクレジットカードやパスポートなどを預ける必要がある」という記事を見かけたのですが、そのような事はありませんでした。他の人も求められていなかったので要領が変わったのだと思います(2020年1月現在)。<br /> オーディオガイドは大変便利で、これがあれば有人ガイドを雇わなくても良いかもしれません。ただしチャンネルに限りがあるのか、たまに他の言語が混信してしまうことがありました。<br />

     オーディオガイドは料金7£、現金でもクレジットカードもOKで、受付に「Japanese please」といって本体を借りて、隣のスペースにおいて自分でヘッドホンを取ります。
     他のサイトで「借用時にはデポジットとしてクレジットカードやパスポートなどを預ける必要がある」という記事を見かけたのですが、そのような事はありませんでした。他の人も求められていなかったので要領が変わったのだと思います(2020年1月現在)。
     オーディオガイドは大変便利で、これがあれば有人ガイドを雇わなくても良いかもしれません。ただしチャンネルに限りがあるのか、たまに他の言語が混信してしまうことがありました。

  •  この写真はロゼッタストーンを見ようとしている人の集まりです。入口近くにあり、かつ目玉の一つなのでこれくらい混み合います。しかし、館全体が広いため、ここ以外は混み合うことはあまりありません。<br /><br /> とにかく展示物が多く、全世界の貴重な品々が展示されているので、無計画で行くと時間がいくらあっても足りません。ガイドブックなどを参考に「これだけはしっかり見る」ものを決めて行動したほうが良いと思います。私は「地球の歩き方」を参考にしつつ約3時間くらいで見て回りました。

     この写真はロゼッタストーンを見ようとしている人の集まりです。入口近くにあり、かつ目玉の一つなのでこれくらい混み合います。しかし、館全体が広いため、ここ以外は混み合うことはあまりありません。

     とにかく展示物が多く、全世界の貴重な品々が展示されているので、無計画で行くと時間がいくらあっても足りません。ガイドブックなどを参考に「これだけはしっかり見る」ものを決めて行動したほうが良いと思います。私は「地球の歩き方」を参考にしつつ約3時間くらいで見て回りました。

  •  個人的に、最も感銘を受けたのはroom 1の「啓蒙主義ギャラリー(The Enlightenment Gallery)」です。<br /> まず部屋としての造形が美しく、両サイドの本棚や展示ケースには、ハンス・スローン卿のコレクションが綺麗に並べられています。1つ1つを眺めているだけでも楽しくて素敵な場所でした。<br /> 細かい内容は下記のサイトが詳しいです。<br /><br />「大英博物館「1号室」を訪れてみませんか?」<br />https://www.londonnavi.com/special/5040053

     個人的に、最も感銘を受けたのはroom 1の「啓蒙主義ギャラリー(The Enlightenment Gallery)」です。
     まず部屋としての造形が美しく、両サイドの本棚や展示ケースには、ハンス・スローン卿のコレクションが綺麗に並べられています。1つ1つを眺めているだけでも楽しくて素敵な場所でした。
     細かい内容は下記のサイトが詳しいです。

    「大英博物館「1号室」を訪れてみませんか?」
    https://www.londonnavi.com/special/5040053

  •  コレクションの中には日本の物もありました。これは形状的からみて「墨つぼ」でしょうか?<br /><br /> イギリス人は古いものを大切に保管する気質を有しているので、このような素晴らしいコレクションが残っているのだと感じました。とても素晴らしいことです。

     コレクションの中には日本の物もありました。これは形状的からみて「墨つぼ」でしょうか?

     イギリス人は古いものを大切に保管する気質を有しているので、このような素晴らしいコレクションが残っているのだと感じました。とても素晴らしいことです。

  •  大英博物館では、日本の展示コーナーやモアイ像や最古のボードゲームなど色々見て回り、3時間ほど滞在したらちょうど12時頃になっていたので休憩することにしました。<br /> 休憩場所は博物館の道を挟んで目の前にある「ミュージアム・タヴァーン(Museum Tavern)」です。<br /> とても混んでいて店員さんが忙しそうにしていました。なんとか席を確保してビール一杯(4.80£)を飲んで13時に退店。<br /> ここのシステムは、まず席を確保してから注文。たとえビール1杯でも会計は後払いです。<br /> そういえば、ここでうっかり「Could I have my check please?」と言ったら変な顔をされたのですが、アメリカ英語とイギリス英語の違いをたまに忘れてしまいますね。会計は「bill」で通じます。ゴミ箱も「trash can」ではなく「bin」なので注意が必要です。

     大英博物館では、日本の展示コーナーやモアイ像や最古のボードゲームなど色々見て回り、3時間ほど滞在したらちょうど12時頃になっていたので休憩することにしました。
     休憩場所は博物館の道を挟んで目の前にある「ミュージアム・タヴァーン(Museum Tavern)」です。
     とても混んでいて店員さんが忙しそうにしていました。なんとか席を確保してビール一杯(4.80£)を飲んで13時に退店。
     ここのシステムは、まず席を確保してから注文。たとえビール1杯でも会計は後払いです。
     そういえば、ここでうっかり「Could I have my check please?」と言ったら変な顔をされたのですが、アメリカ英語とイギリス英語の違いをたまに忘れてしまいますね。会計は「bill」で通じます。ゴミ箱も「trash can」ではなく「bin」なので注意が必要です。

    パブ ミュージアム タヴァーン 地元の料理

  •  歩いてトッテナムコートロード駅まで行き、そこからチャリング・クロス駅まで電車に乗って、ナショナルギャラリーへ向かいます。<br /> 13時過ぎに到着したのですが、わりと混んでいました。<br />

     歩いてトッテナムコートロード駅まで行き、そこからチャリング・クロス駅まで電車に乗って、ナショナルギャラリーへ向かいます。
     13時過ぎに到着したのですが、わりと混んでいました。

    ナショナルギャラリー 博物館・美術館・ギャラリー

  •  親切なことに、それぞれのフロアの見どころの絵画が紹介されていたので、こちらを参考に鑑賞しました。「地球の歩き方」に書かれていた場所と、こちらの案内図とは相違があったので、ガイドブックが書かれた以降に配置換えがあったのでしょうね。<br /> ゴッホの「ひまわり」など有名な名画がたくさんあって、これで入場料無料というのはすごいとしか言いようがありません。

     親切なことに、それぞれのフロアの見どころの絵画が紹介されていたので、こちらを参考に鑑賞しました。「地球の歩き方」に書かれていた場所と、こちらの案内図とは相違があったので、ガイドブックが書かれた以降に配置換えがあったのでしょうね。
     ゴッホの「ひまわり」など有名な名画がたくさんあって、これで入場料無料というのはすごいとしか言いようがありません。

  •  個人的に、印象に残った絵はルーベンスの「サムソンとデリラ」でした。専門的なことは詳しくありませんが、構図や陰影などが素晴らしいと感じて、しばらく立ち止まってしまいました。

     個人的に、印象に残った絵はルーベンスの「サムソンとデリラ」でした。専門的なことは詳しくありませんが、構図や陰影などが素晴らしいと感じて、しばらく立ち止まってしまいました。

  •  15時頃、少し遅めの昼ごはんでも食べようと思って、近くのシャーロックホームズパブに行ってみたのですが、2Fレストランフロアは予約で満席でした。1Fのドリンクのみのスペースは席に余裕がありましたがビールを飲む気分ではなかったので、あえなく退散。<br />

     15時頃、少し遅めの昼ごはんでも食べようと思って、近くのシャーロックホームズパブに行ってみたのですが、2Fレストランフロアは予約で満席でした。1Fのドリンクのみのスペースは席に余裕がありましたがビールを飲む気分ではなかったので、あえなく退散。

    シャーロック ホームズ バー

  •  せっかく中心地に来たので、適当に街歩き。今回のロンドンの滞在中、一度も晴れることなく、どんよりとしたくもりでたまに小雨が降る天気でした。日本みたいに強い雨が降るわけではないので、この時期の服装でアウターはフード付きのナイロンダウンコートがオススメです。<br /><br /> また、歩いていて感じたのは、横断歩道を渡る際、かなりの人が信号を無視して赤でも道を渡ってしまう人が多いことです。せっかちなのかよくわかりませんが、なんででしょうね?<br /><br /> この日の夜は旅の疲れも溜まっていたので、特に出かけることもなくホテルで早めに休みました。

     せっかく中心地に来たので、適当に街歩き。今回のロンドンの滞在中、一度も晴れることなく、どんよりとしたくもりでたまに小雨が降る天気でした。日本みたいに強い雨が降るわけではないので、この時期の服装でアウターはフード付きのナイロンダウンコートがオススメです。

     また、歩いていて感じたのは、横断歩道を渡る際、かなりの人が信号を無視して赤でも道を渡ってしまう人が多いことです。せっかちなのかよくわかりませんが、なんででしょうね?

     この日の夜は旅の疲れも溜まっていたので、特に出かけることもなくホテルで早めに休みました。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集