ウルム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「ウルム大聖堂」を堪能して、この町を去る前にランチをいただきます。<br />この旅最後のランチ、いえ最後の食事。<br />さあ、どこで何をいただきましょうか。<br /><br />以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。)<br /> 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ<br /> 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り<br /> 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン<br />           ~コンスタンツ~メーアスブルク<br /> 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ<br />           ~メーアスブルク<br /> 5月 4日(土) メーアスブルク~シュトゥットガルト<br />           ~シュヴェービッシュ・ハル<br /> 5月 5日(日) シュヴェービッシュ・ハル~アウクスブルク<br /> 5月 6日(月) アウクスブルク~ドナウヴェルト<br />           ~ディンケルスビュール~ネルトリンゲン<br />           ~アウクスブルク<br />☆5月 7日(火) アウクスブルク~ウルム<br />           ~フランクフルト国際空港より帰国便<br /> 5月 8日(水) 羽田~福岡

2019年GW メモリアル旅はやはり南ドイツ!黒い森~ボーデン湖~ロマンティック街道 【53】再びのウルム ランチしてお暇

19いいね!

2019/05/07 - 2019/05/07

19位(同エリア127件中)

ハッピーねこ

ハッピーねこさん

「ウルム大聖堂」を堪能して、この町を去る前にランチをいただきます。
この旅最後のランチ、いえ最後の食事。
さあ、どこで何をいただきましょうか。

以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。)
 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ
 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り
 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン
           ~コンスタンツ~メーアスブルク
 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ
           ~メーアスブルク
 5月 4日(土) メーアスブルク~シュトゥットガルト
           ~シュヴェービッシュ・ハル
 5月 5日(日) シュヴェービッシュ・ハル~アウクスブルク
 5月 6日(月) アウクスブルク~ドナウヴェルト
           ~ディンケルスビュール~ネルトリンゲン
           ~アウクスブルク
☆5月 7日(火) アウクスブルク~ウルム
           ~フランクフルト国際空港より帰国便
 5月 8日(水) 羽田~福岡

同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ランチをいただきに「ウルム大聖堂」前のミュンスター広場から移動。

    ランチをいただきに「ウルム大聖堂」前のミュンスター広場から移動。

  • 南へ歩きます。

    南へ歩きます。

  • 「漁師の一角」西側の水辺へ出ました。<br />「ラーツケラー」も捨て難かったのですが、数軒見ていた漁師の一角のレストランのどこかでいただくことに。

    「漁師の一角」西側の水辺へ出ました。
    「ラーツケラー」も捨て難かったのですが、数軒見ていた漁師の一角のレストランのどこかでいただくことに。

  • この時時刻は11:30頃。<br />12:49発のICEに乗りますから、12:30頃までに食べ終わって駅へ移動できれば大丈夫でしょう。

    この時時刻は11:30頃。
    12:49発のICEに乗りますから、12:30頃までに食べ終わって駅へ移動できれば大丈夫でしょう。

  • この辺りは前回は歩いていないので初めてのエリア。<br />緑がいっぱいで気持ちがいい~!<br />「漁師の一角(Fischerviertel)」の表示に従って左へ。

    この辺りは前回は歩いていないので初めてのエリア。
    緑がいっぱいで気持ちがいい~!
    「漁師の一角(Fischerviertel)」の表示に従って左へ。

  • あとはガイドブックの地図と勘を頼りに、景色を楽しみながら向かいます。

    あとはガイドブックの地図と勘を頼りに、景色を楽しみながら向かいます。

  • いいエリアですね~。

    いいエリアですね~。

  • 素敵な家並み。

    イチオシ

    素敵な家並み。

  • 見上げると「大聖堂」の塔が覗いていました。

    見上げると「大聖堂」の塔が覗いていました。

  • お店も随分たくさんあります。

    お店も随分たくさんあります。

  • 看板なども楽しみながら歩きます。

    看板なども楽しみながら歩きます。

  • 水車発見!

    水車発見!

  • あの橋、午前中に歩いた辺りかしら?

    あの橋、午前中に歩いた辺りかしら?

  • ここもレストランですね。

    ここもレストランですね。

  • 楽しいエリアだ~♪

    楽しいエリアだ~♪

  • こんな細~い通路も。

    こんな細~い通路も。

  • と、楽しんではいましたが、実は少し迷子に。

    と、楽しんではいましたが、実は少し迷子に。

  • あれあれ、「漁師の一角」、どこをどう行けばたどり着ける??

    あれあれ、「漁師の一角」、どこをどう行けばたどり着ける??

  • とりあえず水路に沿って行けばどうにかなりますかね。

    とりあえず水路に沿って行けばどうにかなりますかね。

  • 人が増えてきました。

    人が増えてきました。

  • ピンクのマロニエがきれい。

    ピンクのマロニエがきれい。

  • 素敵な木組み。でも午前中には目にしていないな~。

    素敵な木組み。でも午前中には目にしていないな~。

  • 少し焦ってきました。

    少し焦ってきました。

  • このお店もよさそうだから、ここでもいいんですけど。

    このお店もよさそうだから、ここでもいいんですけど。

  • いや、でももうちょっと探してみましょう。

    いや、でももうちょっと探してみましょう。

  • うろうろ、うろうろ。<br />水辺のラビリンス。

    うろうろ、うろうろ。
    水辺のラビリンス。

  • 通りの名を見ても何もわからず。

    通りの名を見ても何もわからず。

  • 写真だけは撮っていますが、内心は結構な焦り。<br />列車の時間がありますのでね。

    写真だけは撮っていますが、内心は結構な焦り。
    列車の時間がありますのでね。

  • うろうろ、うろうろ。

    うろうろ、うろうろ。

  • しかし、見事な木組みの多いこと!

    しかし、見事な木組みの多いこと!

  • 白い鳥さん、「漁師の一角」はどっち?

    白い鳥さん、「漁師の一角」はどっち?

  • と彷徨っていたら、この建物に行き着きました!<br />ここは「シーフェス・ハウス」のすぐ近くでした。

    と彷徨っていたら、この建物に行き着きました!
    ここは「シーフェス・ハウス」のすぐ近くでした。

  • そうそう、そしてその先の橋を渡ったのでした。

    そうそう、そしてその先の橋を渡ったのでした。

  • 橋の上から奥に見えるのが「シーフェス・ハウス」。<br />ここまで来たら大丈夫。

    橋の上から奥に見えるのが「シーフェス・ハウス」。
    ここまで来たら大丈夫。

  • そして、目的の場所に辿り着けました。

    そして、目的の場所に辿り着けました。

  • はぁ~、よかった。

    はぁ~、よかった。

  • あまりにもほっとしてこの時は全景を撮っていませんでした。<br />こちらは午前中に来た時に写したものです。

    あまりにもほっとしてこの時は全景を撮っていませんでした。
    こちらは午前中に来た時に写したものです。

  • 中へお邪魔しました。<br />お昼少し前なので、まだ店内は空いていました。

    中へお邪魔しました。
    お昼少し前なので、まだ店内は空いていました。

  • お手洗いを借りに2階へ。<br />なかなか広いお店です。

    お手洗いを借りに2階へ。
    なかなか広いお店です。

  • 上階から見下ろす1階席。

    上階から見下ろす1階席。

  • 「どこでもお好きな席にどうぞ~!」と言われて、入口すぐの小さなコーナーへ。

    「どこでもお好きな席にどうぞ~!」と言われて、入口すぐの小さなコーナーへ。

  • 隅っこが落ち着きます。

    隅っこが落ち着きます。

  • 昔からのお店でしょうか。壁もなかなか年季が入ってそうです。

    昔からのお店でしょうか。壁もなかなか年季が入ってそうです。

  • メニューがきました。

    メニューがきました。

  • この町のイラストの入った、かわいらしいメニューブックでした。

    この町のイラストの入った、かわいらしいメニューブックでした。

  • まずはもちろんビールを。<br />このジョッキのロゴ、どこかで見たと思ったら「大聖堂」の近くのレストランの壁にあったのですよね。<br />お店のコースターもかわいい。

    まずはもちろんビールを。
    このジョッキのロゴ、どこかで見たと思ったら「大聖堂」の近くのレストランの壁にあったのですよね。
    お店のコースターもかわいい。

  • ビールのロゴマークもかわいい。

    ビールのロゴマークもかわいい。

  • そしてオーダーしたのはこちら。<br />やはり最後にシュパーゲルを食べたい。

    そしてオーダーしたのはこちら。
    やはり最後にシュパーゲルを食べたい。

  • そしてこちら、シュニッツェルも。

    そしてこちら、シュニッツェルも。

  • 私の中での、THEドイツ!のメニューです。<br />シュニッツェルはこの旅で4回めでした。<br />どれだけ好きなんだ!(笑)

    イチオシ

    私の中での、THEドイツ!のメニューです。
    シュニッツェルはこの旅で4回めでした。
    どれだけ好きなんだ!(笑)

  • シュパーゲル、太いのに柔らかでとても美味しかったです。

    シュパーゲル、太いのに柔らかでとても美味しかったです。

  • お腹いっぱいいただきました。<br />そしてお店を出る頃に気が付いた前方の壁の線と文字。

    お腹いっぱいいただきました。
    そしてお店を出る頃に気が付いた前方の壁の線と文字。

  • 痛恨のぶれぶれ写真ですが、1999年5月22日に水位がここまで来たということのよう。<br />大雨でドナウが氾濫したのでしょうね。<br />床から1mほどはあったでしょうか。大変だったでしょうね。

    痛恨のぶれぶれ写真ですが、1999年5月22日に水位がここまで来たということのよう。
    大雨でドナウが氾濫したのでしょうね。
    床から1mほどはあったでしょうか。大変だったでしょうね。

  • この旅最後の食事、美味しくいただきました。<br />ごちそうさまでした。

    この旅最後の食事、美味しくいただきました。
    ごちそうさまでした。

  • お店を出てすぐの前方に、午前中に歩いた城壁の遊歩道。<br />またここを歩ける日が来ますように。

    お店を出てすぐの前方に、午前中に歩いた城壁の遊歩道。
    またここを歩ける日が来ますように。

  • 駅への道は何となく大丈夫。行きに迷った分、学習できていました。<br />窓ガラス部分が三角に飛び出した、斬新なビル。

    駅への道は何となく大丈夫。行きに迷った分、学習できていました。
    窓ガラス部分が三角に飛び出した、斬新なビル。

  • あ、ここは午前中に通った。

    あ、ここは午前中に通った。

  • その辺りから北上して・・・

    その辺りから北上して・・・

  • 「大聖堂」前に出ました。<br />次はまた塔に上って、ウルムの町とドナウ川を眺めたいものです。<br />工事云々の前に、私の体力の方が問題ですが。(汗)

    「大聖堂」前に出ました。
    次はまた塔に上って、ウルムの町とドナウ川を眺めたいものです。
    工事云々の前に、私の体力の方が問題ですが。(汗)

  • そこからはもう大丈夫。バーンホフ通りをあるいて・・・

    そこからはもう大丈夫。バーンホフ通りをあるいて・・・

  • 大工事中のウルム中央駅へ到着です。

    大工事中のウルム中央駅へ到着です。

  • 仮設の通路を通って・・・

    仮設の通路を通って・・・

  • 駅構内へ。ここにもあのビールロゴがありました。<br />この町を代表するローカルビールなのですね。

    駅構内へ。ここにもあのビールロゴがありました。
    この町を代表するローカルビールなのですね。

  • ロッカーからトランクを出して、ドルトムント行きのICEを待ちます。<br />いよいよ空港へ移動です。

    ロッカーからトランクを出して、ドルトムント行きのICEを待ちます。
    いよいよ空港へ移動です。

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集