ウルム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ウルムの町歩き中です。<br />駅からドナウ河畔まで来て、城壁の遊歩道を歩いています。<br />ここからまた下へ降りて、「漁師の一角(Fischerviertel)」と呼ばれる水辺のエリアへ。<br />木組みの家と水路の織り成す、中世の面影を感じられる素敵な一角です。<br /><br />以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。)<br /> 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ<br /> 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り<br /> 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン<br />           ~コンスタンツ~メーアスブルク<br /> 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ<br />           ~メーアスブルク<br /> 5月 4日(土) メーアスブルク~シュトゥットガルト<br />           ~シュヴェービッシュ・ハル<br /> 5月 5日(日) シュヴェービッシュ・ハル~アウクスブルク<br /> 5月 6日(月) アウクスブルク~ドナウヴェルト<br />           ~ディンケルスビュール~ネルトリンゲン<br />           ~アウクスブルク<br />☆5月 7日(火) アウクスブルク~ウルム<br />           ~フランクフルト国際空港より帰国便<br /> 5月 8日(水) 羽田~福岡

2019年GW メモリアル旅はやはり南ドイツ!黒い森~ボーデン湖~ロマンティック街道 【50】再びのウルム 漁師の一角

14いいね!

2019/05/07 - 2019/05/07

34位(同エリア128件中)

ハッピーねこ

ハッピーねこさん

ウルムの町歩き中です。
駅からドナウ河畔まで来て、城壁の遊歩道を歩いています。
ここからまた下へ降りて、「漁師の一角(Fischerviertel)」と呼ばれる水辺のエリアへ。
木組みの家と水路の織り成す、中世の面影を感じられる素敵な一角です。

以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。)
 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ
 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り
 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン
           ~コンスタンツ~メーアスブルク
 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ
           ~メーアスブルク
 5月 4日(土) メーアスブルク~シュトゥットガルト
           ~シュヴェービッシュ・ハル
 5月 5日(日) シュヴェービッシュ・ハル~アウクスブルク
 5月 6日(月) アウクスブルク~ドナウヴェルト
           ~ディンケルスビュール~ネルトリンゲン
           ~アウクスブルク
☆5月 7日(火) アウクスブルク~ウルム
           ~フランクフルト国際空港より帰国便
 5月 8日(水) 羽田~福岡

同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 「肉屋の塔」の辺りからドナウ河畔の遊歩道を西へ歩いてきました。

    「肉屋の塔」の辺りからドナウ河畔の遊歩道を西へ歩いてきました。

  • 右下に水辺が見えてきました。

    右下に水辺が見えてきました。

  • ジョギングの似合う素敵な環境です。

    ジョギングの似合う素敵な環境です。

  • しばらくすると右手に下り階段が。

    しばらくすると右手に下り階段が。

  • 下りま~す。

    下りま~す。

  • 下りた先を右へ出ると・・・

    下りた先を右へ出ると・・・

  • すぐにこの風景に!

    すぐにこの風景に!

  • このエリアの一番の観光スポット、「シーフェス・ハウス(Schiefes Haus)」~傾いた家です。

    このエリアの一番の観光スポット、「シーフェス・ハウス(Schiefes Haus)」~傾いた家です。

  • 近くにはこんな素敵なオブジェが。

    イチオシ

    近くにはこんな素敵なオブジェが。

  • では、「シーフェス・ハウス」をよーく拝見してみましょう。<br />水路側の壁、ご覧のとおり大きく傾いています。

    では、「シーフェス・ハウス」をよーく拝見してみましょう。
    水路側の壁、ご覧のとおり大きく傾いています。

  • その上部の屋根。こんな傾きってあります?っていう程の傾斜。<br />屋根裏窓もこんな不規則な並びはめずらしいですよね。

    その上部の屋根。こんな傾きってあります?っていう程の傾斜。
    屋根裏窓もこんな不規則な並びはめずらしいですよね。

  • 1階の窓。シックな色合いの鎧戸がいいですね。

    1階の窓。シックな色合いの鎧戸がいいですね。

  • 壁に「SCHIEFES HAUS」の銘。

    壁に「SCHIEFES HAUS」の銘。

  • 水路の方へ完璧に傾斜しています。

    水路の方へ完璧に傾斜しています。

  • 水路の反対側から。<br />「シーフェス・ハウス」にばかり気を取られていましたが、奥の建物もかなり素敵でしたね。

    水路の反対側から。
    「シーフェス・ハウス」にばかり気を取られていましたが、奥の建物もかなり素敵でしたね。

  • 色合い的に見えづらいですが、角にはグレーの鉄看板が掛かっています。

    色合い的に見えづらいですが、角にはグレーの鉄看板が掛かっています。

  • 「シーフェス・ハウス」の向かいにはこの壁。

    「シーフェス・ハウス」の向かいにはこの壁。

  • 壁に「Staufenmauer」~城壁とあります。

    壁に「Staufenmauer」~城壁とあります。

  • この町も城壁に囲まれた町だったのですね。<br />先程歩いて来たドナウ河畔の遊歩道もその一部とのことです。

    この町も城壁に囲まれた町だったのですね。
    先程歩いて来たドナウ河畔の遊歩道もその一部とのことです。

  • 近くの建物の壁には藤の木。

    近くの建物の壁には藤の木。

  • きれいに咲いていました。

    きれいに咲いていました。

  • 「シーフェス・ハウス」に戻って、こちらは水路と反対側の壁。<br />現在はホテルになっているこの建物。こちら側が正面入口ですね。

    「シーフェス・ハウス」に戻って、こちらは水路と反対側の壁。
    現在はホテルになっているこの建物。こちら側が正面入口ですね。

  • こちらの壁にもプレート。

    こちらの壁にもプレート。

  • その先を左へ入る通りがありました。

    その先を左へ入る通りがありました。

  • 角のこちらはお土産屋さんでしたでしょうか。<br />蔦の絡まる素敵な建物です。

    角のこちらはお土産屋さんでしたでしょうか。
    蔦の絡まる素敵な建物です。

  • そこを進んだ先の橋の上から。<br />奥の方に水路に突き出しているのが「シーフェス・ハウス」です。<br />ぐるっと回って来ました。

    そこを進んだ先の橋の上から。
    奥の方に水路に突き出しているのが「シーフェス・ハウス」です。
    ぐるっと回って来ました。

  • 反対側は緑豊かな水辺。

    反対側は緑豊かな水辺。

  • 橋を渡った先の木組みもいい味出しています。

    橋を渡った先の木組みもいい味出しています。

  • その先にも水路がもう一筋。<br />その中州に家が建っています。

    その先にも水路がもう一筋。
    その中州に家が建っています。

  • 素敵な眺めですね~。

    素敵な眺めですね~。

  • 水路を眺めながらあんなベランダで寛いでみたいもの。

    水路を眺めながらあんなベランダで寛いでみたいもの。

  • 反対側にも水路の中に建物。すごいですね~、地盤は大丈夫なのかしら。

    反対側にも水路の中に建物。すごいですね~、地盤は大丈夫なのかしら。

  • 小さな段差ですが結構勢いよく流れています。

    小さな段差ですが結構勢いよく流れています。

  • 気持ちのいいこと。

    気持ちのいいこと。

  • ここの屋根の傾斜もかなりのものですね。<br />屋根裏はどうなっているのでしょう。中に入ってみたいものです。

    ここの屋根の傾斜もかなりのものですね。
    屋根裏はどうなっているのでしょう。中に入ってみたいものです。

  • 水辺の景色はどこから眺めてもいいものですね。

    水辺の景色はどこから眺めてもいいものですね。

  • 先程の蔦の絡まる建物。

    先程の蔦の絡まる建物。

  • ずい分大きな建物。集合住宅なのかしら?

    ずい分大きな建物。集合住宅なのかしら?

  • あんな小さな橋で行ったり来たりするの、楽しそうですね♪

    あんな小さな橋で行ったり来たりするの、楽しそうですね♪

  • こちらはレストランですね。

    こちらはレストランですね。

  • 壁に”Spargel”の文字。<br />この日のお昼がドイツ最後の食事になるので、やはりシュパーゲルをいただきたいな~。

    壁に”Spargel”の文字。
    この日のお昼がドイツ最後の食事になるので、やはりシュパーゲルをいただきたいな~。

  • 看板には魚の模様。<br />川の町ですものね。お魚もいいな~。

    看板には魚の模様。
    川の町ですものね。お魚もいいな~。

  • と、ランチ構想をしながら歩きます。

    と、ランチ構想をしながら歩きます。

  • このお店も素敵。

    このお店も素敵。

  • ドアにビールジョッキの模様が。

    ドアにビールジョッキの模様が。

  • のっぽの木組みもいい雰囲気です。

    のっぽの木組みもいい雰囲気です。

  • 素敵な門ですね。

    イチオシ

    素敵な門ですね。

  • そのお隣のこちらも大きな木組み。

    そのお隣のこちらも大きな木組み。

  • 看板にはビールと船。

    看板にはビールと船。

  • そしてシュパーゲル!!

    そしてシュパーゲル!!

  • どれどれ、メニューは?

    どれどれ、メニューは?

  • ドイツの建物はこういうパーツを眺めるのも楽しいです。

    ドイツの建物はこういうパーツを眺めるのも楽しいです。

  • そのお向かい辺りの大きな立派な建物。

    そのお向かい辺りの大きな立派な建物。

  • モニュメントのようにボートが置かれていました。

    モニュメントのようにボートが置かれていました。

  • 素敵なエントランス。

    素敵なエントランス。

  • 手前部分の壁にプレートがありました。

    手前部分の壁にプレートがありました。

  • ”美しい家”?<br />読んでみると、ギルドマスターのヨハン・マットハウスという人が1717年にベオグラードの絵画に基づいて装飾した家。オスマン帝国との戦争下のウルムの船員による艦隊の活躍を記念した。ようなことが書いてあります。<br />意味はよく理解しかねましたが、確かに美しい館でした。

    ”美しい家”?
    読んでみると、ギルドマスターのヨハン・マットハウスという人が1717年にベオグラードの絵画に基づいて装飾した家。オスマン帝国との戦争下のウルムの船員による艦隊の活躍を記念した。ようなことが書いてあります。
    意味はよく理解しかねましたが、確かに美しい館でした。

  • その先にドナウ河畔が見えてきました。

    その先にドナウ河畔が見えてきました。

  • 川クルーズもできるみたいですね。

    川クルーズもできるみたいですね。

  • ここから上の遊歩道へ戻ります。

    ここから上の遊歩道へ戻ります。

  • 上から眺める先程の”美しい家”。

    上から眺める先程の”美しい家”。

  • その並びのこの辺り、低いところの屋根などかなり古そう。

    その並びのこの辺り、低いところの屋根などかなり古そう。

  • 歩道へ戻りました。東へ歩きます。

    歩道へ戻りました。東へ歩きます。

  • 先程チェックしたレストラン。

    先程チェックしたレストラン。

  • このピンクの花は河畔の地面に植えられた木から伸びてきたもの。<br />色鮮やかで美しい。

    このピンクの花は河畔の地面に植えられた木から伸びてきたもの。
    色鮮やかで美しい。

  • 北側を見下ろすと水路。勢いのいい流れです。

    北側を見下ろすと水路。勢いのいい流れです。

  • ドナウ川に注ぐ手前にはボートが6隻。

    ドナウ川に注ぐ手前にはボートが6隻。

  • この屋根、窓が多数あり屋根瓦も苔むしてとても私好みです。

    この屋根、窓が多数あり屋根瓦も苔むしてとても私好みです。

  • 小さな一角にテーブルと椅子。いい雰囲気です。

    小さな一角にテーブルと椅子。いい雰囲気です。

  • 緑豊か。

    緑豊か。

  • 西方向へ歩いて行かれるオレンジの服の方は清掃員さん。<br />町を美しく保って下さっているのですよね。ありがとうございます。

    西方向へ歩いて行かれるオレンジの服の方は清掃員さん。
    町を美しく保って下さっているのですよね。ありがとうございます。

  • 「肉屋の塔」が見えてきました。

    「肉屋の塔」が見えてきました。

  • ドナウ川。穏やかで美しい流れです。

    ドナウ川。穏やかで美しい流れです。

  • 左の建物もまた古そうな。

    左の建物もまた古そうな。

  • 「肉屋の塔」まで戻りました。

    「肉屋の塔」まで戻りました。

  • 赤いベンチが素敵なアクセント。

    赤いベンチが素敵なアクセント。

  • ドナウを挟んで対岸はNeu-Ulm(ノイ・ウルム)。<br />あちらはバイエルン州になるのですね。<br />(ウルムはバーデン=ヴュルテンベルク州。)<br />2010年にこの町を訪ねた時は、あちら側に渡って「大聖堂」の塔など旧市街の風景を眺めました。なつかしい。

    ドナウを挟んで対岸はNeu-Ulm(ノイ・ウルム)。
    あちらはバイエルン州になるのですね。
    (ウルムはバーデン=ヴュルテンベルク州。)
    2010年にこの町を訪ねた時は、あちら側に渡って「大聖堂」の塔など旧市街の風景を眺めました。なつかしい。

  • 大きな建物が現れ始めました。

    大きな建物が現れ始めました。

  • 数輪咲く薔薇がかわいらしい。

    数輪咲く薔薇がかわいらしい。

  • ドナウ川とは一旦ここでお別れです。<br />美しい姿を見せてくれて感謝。

    ドナウ川とは一旦ここでお別れです。
    美しい姿を見せてくれて感謝。

  • ケーニッヒ・ケバブですって!興味が湧きます。

    ケーニッヒ・ケバブですって!興味が湧きます。

  • ノイ・ウルムへ渡る橋まで来ました。<br />今回はそちらは訪ねず、未踏の町の東の方へ歩いてみます。<br />

    ノイ・ウルムへ渡る橋まで来ました。
    今回はそちらは訪ねず、未踏の町の東の方へ歩いてみます。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • frau.himmelさん 2020/03/24 22:14:09
    表紙の写真に胸キューーンとなりました
    ハッピーねこさん、こんばんは。
    いよいよ最後の日ですね。
    ウルムを観光してフランクフルトの空港から帰国なのですね。

    ウルム・・・、懐かしい~~。
    昔々、シュベービッシュ・ハルでシニア語学教室でドイツ語の勉強をしていた時に学校で連れて行ってくれました。
    シーフェスハウス、美しいお堀(水辺?)、ドナウ川・・・、よく覚えています。あの写真に胸キューンとなりました。
    ウルムにはそれからも2度ほど行きましたが、駅と街中を往復しただけで、シーフェスハウスの方までは行かなかったので、なおさらです。

    ハッピーねこさんの今回のご旅行記、懐かしいところばかりでしたので、ゆっくり時間があるときに楽しみながら拝見していました。それもあと数回で終わり、なんだか名残惜しいです。

    今年は、にっくきコロナウィルスの大流行で旅行どころではなくなり、さぞかし悔しい思いをしていらっしゃることでしょう。いつまで続くのでしょうね。ドイツに行けないとなると行きたい思いが募ります。

    もう少しハッピーねこさんのご旅行記、楽しませていただきます。

    himmel

    ハッピーねこ

    ハッピーねこさん からの返信 2020/03/24 22:42:26
    ありがとうございます。
    himmelさん、こんばんは。
    私の拙い旅行記を丁寧にご覧いただいているのがいつも伝わってきて、コメントをいただく度に本当にうれしい気持ちになります。
    ありがとうございます。

    ウルムへは、シュヴェービッシュハルからお出かけにもなられたのですね。
    思い出深いドイツご滞在時の出来事、きっと印象深くお心に刻まれているのではないでしょうか。
    帰国日にどこに寄り道するか色々悩みましたが、ウルムを選んでよかったと思います。
    ドナウ河畔、特に漁師の一角のあたりは水辺と木組みと豊かな緑が美しくマッチして、いいエリアだな~と今回特に好きになりました。
    ドイツは本当に素敵な町がいっぱい。
    早くまた安心して訪ねられるようになってほしいものですね。
    例年ならばGWの旅ひと月前で一番楽しいこの時期、返す返すもにっくきコロナウィルスですが、今は辛抱するしかないですね。
    自分も周囲も守れるよう、できることをきちんとして過ごしたいと思います。
    感染拡大も止まらず心配な毎日ですが、himmelさんもくれぐれもご自愛のほど。
    私の2019年旅はもうエンディングですが、himmelさんのライプツィヒ、続きを楽しみにさせていただいておりますので♪ よろしくお願いします。

    ハッピーねこ
  • しゃんみーさん 2019/11/23 19:50:40
    ウルム、素敵~、行きたいです♪
    ハッピーねこさん、こんばんは!
    ウルムの街、いいですね~。
    私も一度、訪ねているのですが、大聖堂と水路近くのカフェでクレープ食べたくらいしか覚えていません。
    歴史ある建物もいろいろあるんですね。
    傾いてる家にはビックリしました。
    ドナウ川沿いの風景も素敵ですね。

    この旅行記も最終に近づいているみたいですが、ドイツの魅力がいっぱい見れて、また行きたくなりました(^^♪
    DBもバスも自由自在に活用して、素敵な旅をされてますよね~。
    前の旅行記もゆっくりと訪問させていただきます。

    ハッピーねこ

    ハッピーねこさん からの返信 2019/11/23 23:22:46
    ウルム、よかったです〜!
    しゃんみーさん、ご訪問ありがとうございます。
    ウルムは9年ぶりでしたが、再訪してみるとなかなか素敵な町でした。
    前回はまだドイツ旅2回めで町歩きも慣れておらず、滞在時間も長くなかったのであまりじっくり見れていなかったのか、今回の方が断然楽しめました。
    前はお天気がよくなかったのも大きいのでしょうが。

    しゃんみーさんはドイツにお住まいでしたからいろんな町に行かれたのでしょうね。
    うらやましいです。
    またお訪ねになったら、きっとその時の思い出と新しい発見と、両方お楽しみになれるでしょうね。
    是非またドイツへ! しゃんみーさんのドイツご旅行記、また拝見したいです。

    だらだら書いてきた今年の旅も残すはウルムでのランチと帰国の巻だけになりました。
    年内に書き終われそうでほっとしているようなちょっと寂しいような。
    また覗いていただけましたら幸いです。

ハッピーねこさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集