パムッカレ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
レモンがいっぱい、オリーブいっぱいのエーゲ海周辺から、温泉と石灰棚で有名なパムッカレへ。突如現れた白い石灰棚の風景。地震で水脈が変わってしまい、水がない!そのため、石灰の白さが際立っていました。そこから、コンヤへ。

「憧れのトルコ夢紀行」はいろいろと想定外の旅。②アフロディシアスからパムッカレ~水はどこ?

25いいね!

2019/08/11 - 2019/08/18

60位(同エリア605件中)

旅行記グループ トルコ8日間

0

20

phoooooosan

phoooooosanさん

レモンがいっぱい、オリーブいっぱいのエーゲ海周辺から、温泉と石灰棚で有名なパムッカレへ。突如現れた白い石灰棚の風景。地震で水脈が変わってしまい、水がない!そのため、石灰の白さが際立っていました。そこから、コンヤへ。

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
ホテル
4.0
同行者
友人
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • アフロディシアスのアフロディーテ神殿。テトラピロン。ここはローマ皇帝アウグストゥスの時代にできたそうです。それって、日本はいつの時代?

    アフロディシアスのアフロディーテ神殿。テトラピロン。ここはローマ皇帝アウグストゥスの時代にできたそうです。それって、日本はいつの時代?

    アフロディスィアス遺跡 史跡・遺跡

  • アフロディシアスの入り口にある看板。ここは、木陰もアリ、カフェもあり、日中の観光で暑さをしのげる貴重な場所です。

    アフロディシアスの入り口にある看板。ここは、木陰もアリ、カフェもあり、日中の観光で暑さをしのげる貴重な場所です。

    アフロディスィアス遺跡 史跡・遺跡

  • 博物館の中。何より冷房が効いていてい涼しい!今まで炎天下を見学していたので、涼しいと気持ちに余裕が出て、ゆっくり見物できました。遺跡を歩いていた時に、そういえば、発掘作業をしている人がいた!とここの説明をみて、暑さでスルーしていたことを思い出しました。まだまだ発掘作業が続いているんですね。

    博物館の中。何より冷房が効いていてい涼しい!今まで炎天下を見学していたので、涼しいと気持ちに余裕が出て、ゆっくり見物できました。遺跡を歩いていた時に、そういえば、発掘作業をしている人がいた!とここの説明をみて、暑さでスルーしていたことを思い出しました。まだまだ発掘作業が続いているんですね。

    アフロディスィアス博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • こんなのが、ごろごろ飾られています。他にも石棺がまるごと飾られていたり、これはもしかして、すごいんじゃないかな、と思うのですが、空いているのでゆっくり見物できます。博物館の入り口に荷物用のロッカーがあるので、そこへ荷物を入れてまわればなおゆっくり見学できます。

    こんなのが、ごろごろ飾られています。他にも石棺がまるごと飾られていたり、これはもしかして、すごいんじゃないかな、と思うのですが、空いているのでゆっくり見物できます。博物館の入り口に荷物用のロッカーがあるので、そこへ荷物を入れてまわればなおゆっくり見学できます。

  • 彫像や、レリーフなどがいくつもの部屋に展示されています。

    彫像や、レリーフなどがいくつもの部屋に展示されています。

    アフロディスィアス博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • こういうの、ルーブル美術館にあったなぁ、すごく見物人が多かったなぁと思いながら、ここでは貸切とまではいかないまでも、好きなだけ鑑賞できます。アフロディシアス遺跡の競技場は群を抜いた保存状態の良さだと聞いたのに、観光客が大挙して押し寄せていないのは、穴場だと思いました。ここからパムッカレへ向かいます

    こういうの、ルーブル美術館にあったなぁ、すごく見物人が多かったなぁと思いながら、ここでは貸切とまではいかないまでも、好きなだけ鑑賞できます。アフロディシアス遺跡の競技場は群を抜いた保存状態の良さだと聞いたのに、観光客が大挙して押し寄せていないのは、穴場だと思いました。ここからパムッカレへ向かいます

    アフロディスィアス博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • お昼ご飯。<br />焼鳥みたいなシシケバブ。大きさも焼鳥みたいで、とても食べやすかったです。

    お昼ご飯。
    焼鳥みたいなシシケバブ。大きさも焼鳥みたいで、とても食べやすかったです。

  • マカロニ…がケーキ状になったもの。ですが、なんと言う料理か聞きそびれました。スープが、レンズ豆?のスープ。胃に優しい薄味のスープです。

    マカロニ…がケーキ状になったもの。ですが、なんと言う料理か聞きそびれました。スープが、レンズ豆?のスープ。胃に優しい薄味のスープです。

  • パムッカレの宿。パムサーマルホテル。食堂は中にレストランがありますが、温泉地のホテルらしく、リゾート感溢れていて、プールサイドにもバーがあり、くつろげるようになっています。ココで、夜ベリーダンスのショーがあります。温泉&プールを楽しみたい場合は水着を持参した方が良いです。

    パムッカレの宿。パムサーマルホテル。食堂は中にレストランがありますが、温泉地のホテルらしく、リゾート感溢れていて、プールサイドにもバーがあり、くつろげるようになっています。ココで、夜ベリーダンスのショーがあります。温泉&プールを楽しみたい場合は水着を持参した方が良いです。

    パム サーマル ホテル クリニック & スパ ホテル

  • さすがの温泉地で、手前のプールは普通のプールですが、写真奥の岩のような演出になっているところが温泉プールです。底の泥で泥パックもできる感じですが、落としにくいので注意です。温泉プールに浸かりながらベリーダンスを鑑賞することができます。ただし、手前の温泉はちょっと熱かったです。

    さすがの温泉地で、手前のプールは普通のプールですが、写真奥の岩のような演出になっているところが温泉プールです。底の泥で泥パックもできる感じですが、落としにくいので注意です。温泉プールに浸かりながらベリーダンスを鑑賞することができます。ただし、手前の温泉はちょっと熱かったです。

    パム サーマル ホテル クリニック & スパ ホテル

  • ホテルからのパムッカレの夕景。昼間は日差しが強くて暑かったのですが、朝夕は過ごしやすい気温になりました。

    ホテルからのパムッカレの夕景。昼間は日差しが強くて暑かったのですが、朝夕は過ごしやすい気温になりました。

    パム サーマル ホテル クリニック & スパ ホテル

  • ヒエラポリスの地図です。広いのがわかります。紀元前190年に始まった都市遺跡だそうです。紀元前の話となると、そのころ日本てなんだっけ?と今回の旅行何度めかの、この時代の日本ていつだっけ?の疑問がアタマをぐるぐる。その時代にしては、劇場も神殿も、大浴場もすごい設備だと思います。ヒエラポリスの北門近くにネクロポリスがあります。

    ヒエラポリスの地図です。広いのがわかります。紀元前190年に始まった都市遺跡だそうです。紀元前の話となると、そのころ日本てなんだっけ?と今回の旅行何度めかの、この時代の日本ていつだっけ?の疑問がアタマをぐるぐる。その時代にしては、劇場も神殿も、大浴場もすごい設備だと思います。ヒエラポリスの北門近くにネクロポリスがあります。

    パムッカレ ヒエラポリス 史跡・遺跡

  • ちょこん、と気球が二つ、見えるでしょうか?気球は早朝に集合して、朝早くあがるのだそうです。ガイドさんに聞いたら、カッパドキアの気球が人気で、予約がとりにくくなり、こちらで気球に乗る観光客が増えたとのことでした。さらに、パラグライダーも飛んでいました。石灰棚を上空から眺めてみるのも楽しそうです。

    ちょこん、と気球が二つ、見えるでしょうか?気球は早朝に集合して、朝早くあがるのだそうです。ガイドさんに聞いたら、カッパドキアの気球が人気で、予約がとりにくくなり、こちらで気球に乗る観光客が増えたとのことでした。さらに、パラグライダーも飛んでいました。石灰棚を上空から眺めてみるのも楽しそうです。

  • トルコでは、たくさん犬や猫が自由にウロウロしているのをみかけます。みんな人間にフレンドリーなので、野良犬というより、みんなでかわいがっている、地域犬&猫という感じがしました。

    トルコでは、たくさん犬や猫が自由にウロウロしているのをみかけます。みんな人間にフレンドリーなので、野良犬というより、みんなでかわいがっている、地域犬&猫という感じがしました。

    パムッカレ ヒエラポリス 史跡・遺跡

  • 気球があがっていくところ。ヒエラポリス&石灰棚の観光は、日差しがキツく、暑くなる前、の朝早い時間がおすすめです。パムッカレは、「綿の城」という意味だそうで、石灰棚は突如開ける白い段々ですが、地震で水脈がかわって水がなくなり、観光客が入れるところが減っているので、上空から鑑賞するのも一つの手だと思います。

    気球があがっていくところ。ヒエラポリス&石灰棚の観光は、日差しがキツく、暑くなる前、の朝早い時間がおすすめです。パムッカレは、「綿の城」という意味だそうで、石灰棚は突如開ける白い段々ですが、地震で水脈がかわって水がなくなり、観光客が入れるところが減っているので、上空から鑑賞するのも一つの手だと思います。

  • これが石灰棚。よくみると、奥に人の点々が見えるでしょうか?あそこが入っても良い部分です。そして本当はブルーの美しい温泉水がたたえられる白い石灰棚…のはずが、水が、ない!地震で水源が変わってしまったと聞きました。

    これが石灰棚。よくみると、奥に人の点々が見えるでしょうか?あそこが入っても良い部分です。そして本当はブルーの美しい温泉水がたたえられる白い石灰棚…のはずが、水が、ない!地震で水源が変わってしまったと聞きました。

  • こちら、人が入れる場所の近くから。ここでの注意点は、裸足にならないとここへ入れないので、あとで足を拭くタオルと靴を入れる袋を持って行くこと。もう一点、滑るのです!水にぬれた石灰質の岩に、苔が生えているところもあり、とにかく、ツルツル歩きにくいので、両手が自由になる身軽な格好が良いです。ガイドさんから下まで滑り落ちた人がいた!と脅されましたが、持ち物を落としてしまったとしても回収できそうにないので注意が必要です。

    こちら、人が入れる場所の近くから。ここでの注意点は、裸足にならないとここへ入れないので、あとで足を拭くタオルと靴を入れる袋を持って行くこと。もう一点、滑るのです!水にぬれた石灰質の岩に、苔が生えているところもあり、とにかく、ツルツル歩きにくいので、両手が自由になる身軽な格好が良いです。ガイドさんから下まで滑り落ちた人がいた!と脅されましたが、持ち物を落としてしまったとしても回収できそうにないので注意が必要です。

  • こちらは、立ち入りできない方向の岩棚。水がないと、ごつごつした感じがします。もともと、石灰成分を含む湯が流れ落ちていつしか結晶し、台地全体を覆ったので、真っ白い雪山みたいになったらしいです。

    こちらは、立ち入りできない方向の岩棚。水がないと、ごつごつした感じがします。もともと、石灰成分を含む湯が流れ落ちていつしか結晶し、台地全体を覆ったので、真っ白い雪山みたいになったらしいです。

  • ここが、夕日に染まったら綺麗だろうなぁと思いました。今回は早朝に観光してコンヤへ向けて出発するので断念。スケジュールに余裕があったら、夕景を鑑賞したり、温泉にのんびりつかったり、もいいかなと思いました。

    ここが、夕日に染まったら綺麗だろうなぁと思いました。今回は早朝に観光してコンヤへ向けて出発するので断念。スケジュールに余裕があったら、夕景を鑑賞したり、温泉にのんびりつかったり、もいいかなと思いました。

  • これは休憩に立ち寄った場所でのオヤツ。ひんやりヨーグルトに、蜂蜜と芥子の実をかけて食べるもの。10トルコリラでした。ヨーグルトは、フォークをつけてくれるんですが、フォークですくって食べられる感じです。

    これは休憩に立ち寄った場所でのオヤツ。ひんやりヨーグルトに、蜂蜜と芥子の実をかけて食べるもの。10トルコリラでした。ヨーグルトは、フォークをつけてくれるんですが、フォークですくって食べられる感じです。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

トルコ8日間

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 728円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集