中標津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
道東5日目、朝の散歩で中標津の4つの登録文化財をめぐってホテルへ帰ってきました。<br />今日の予定は、厚床の伊藤牧場での「ミニ・フットパス撤退」のリベンジを予定していました。中標津のフットパスを利用して、牧場を歩いてモアン山に登ろうという計画です。厚床の撤退を中標津で取り返そうという目論見です。<br /><br />しかし、これが出来なくなりまたもや「予定は未定」状態へ。<br />地図を見ていた配偶者の呟きは「裏摩周・神の子池は響きにロマンがあるな」<br />この一言で、ロマンを求めて裏摩周・神の子池巡りにいきます。<br />それでも時間はまだ充分にあります。<br />次に出てきたのが野天湯巡りでした。<br />

中標津6月 野天湯と展望台めぐり

61いいね!

2019/06/19 - 2019/06/28

2位(同エリア91件中)

1

40

道東5日目、朝の散歩で中標津の4つの登録文化財をめぐってホテルへ帰ってきました。
今日の予定は、厚床の伊藤牧場での「ミニ・フットパス撤退」のリベンジを予定していました。中標津のフットパスを利用して、牧場を歩いてモアン山に登ろうという計画です。厚床の撤退を中標津で取り返そうという目論見です。

しかし、これが出来なくなりまたもや「予定は未定」状態へ。
地図を見ていた配偶者の呟きは「裏摩周・神の子池は響きにロマンがあるな」
この一言で、ロマンを求めて裏摩周・神の子池巡りにいきます。
それでも時間はまだ充分にあります。
次に出てきたのが野天湯巡りでした。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
利用旅行会社
個別手配

PR

  • 最初にやって来たのはここ<br />朝早くて誰もいません。

    最初にやって来たのはここ
    朝早くて誰もいません。

  • 「地球が丸く見える開陽台」です。<br />最初にここに立ったときの感動は今でも忘れられません。<br />大地の広がり、知床の山脈から太平洋へ向けての根釧平野の広がりを目で実感できる場所です。

    「地球が丸く見える開陽台」です。
    最初にここに立ったときの感動は今でも忘れられません。
    大地の広がり、知床の山脈から太平洋へ向けての根釧平野の広がりを目で実感できる場所です。

  • キャンプ場にはテントが1つ<br />

    キャンプ場にはテントが1つ

  • 古代条里制のように開拓時に引かれた線に沿って、防風林が植えられ今でも格子文様が見られます。まだまだ、内陸部のこの地が開拓されて100年も経っていないのです。

    古代条里制のように開拓時に引かれた線に沿って、防風林が植えられ今でも格子文様が見られます。まだまだ、内陸部のこの地が開拓されて100年も経っていないのです。

  • 風は強く帽子を飛ばされそうになります。<br />雲の動きも早い。<br />

    風は強く帽子を飛ばされそうになります。
    雲の動きも早い。

  • 鐘を突いて開陽台を後にします。<br />次に向かうはモアン山。

    鐘を突いて開陽台を後にします。
    次に向かうはモアン山。

  • その前に、フットパスの入場許可書兼地図を手に入れるためにレストラン牧舎にやってきました。ところが「臨時休業」<br />

    その前に、フットパスの入場許可書兼地図を手に入れるためにレストラン牧舎にやってきました。ところが「臨時休業」

  • 地図がなければ・・・フットパス散策はできません。<br />予定変更です。<br />とりあえずここまで来たのでモアン山だけでも見ておくことにします。

    地図がなければ・・・フットパス散策はできません。
    予定変更です。
    とりあえずここまで来たのでモアン山だけでも見ておくことにします。

  • 裏摩周へつながる「牛の文字のある山」がモアン山です。

    裏摩周へつながる「牛の文字のある山」がモアン山です。

  • 牛の文字が見えてきました。

    牛の文字が見えてきました。

  • 広い牧場の中に古墳のようにぽっつりとかわいい姿が見えます。

    広い牧場の中に古墳のようにぽっつりとかわいい姿が見えます。

  • この山は摩周湖の裾野に広がる中標津の牧場にポツンと飛び出た緑の山で、よくCMに登場しています。標高365.7mと高くはありませんが周りに障害物がないので眺望は360°の大パノラマのようです。フットパスのコースにも入っているので登れるとおもったのですが・・・。<br /> 帰って調べてみると計根別農協の育成牧場なので、5月下旬から11月上旬のモアン山の立ち入りは制限されるようです。今回は残念ながら登れません。<br />フットパス2連敗です。<br /><br />さてどうしようか?<br />予定は未定になってしまいました。

    この山は摩周湖の裾野に広がる中標津の牧場にポツンと飛び出た緑の山で、よくCMに登場しています。標高365.7mと高くはありませんが周りに障害物がないので眺望は360°の大パノラマのようです。フットパスのコースにも入っているので登れるとおもったのですが・・・。
     帰って調べてみると計根別農協の育成牧場なので、5月下旬から11月上旬のモアン山の立ち入りは制限されるようです。今回は残念ながら登れません。
    フットパス2連敗です。

    さてどうしようか?
    予定は未定になってしまいました。

  • そこで足を伸ばしてやって来たのがここです。<br />

    そこで足を伸ばしてやって来たのがここです。

  • 裏摩周と言われるとおり、ここは第1や第2展望台に比べるとひっそりとしています。<br />それだけに神秘性があるのかもしれません。

    裏摩周と言われるとおり、ここは第1や第2展望台に比べるとひっそりとしています。
    それだけに神秘性があるのかもしれません。

  • さて摩周湖は姿を見せてくれるでしょうか?<br />展望台への階段を登っていきます。

    さて摩周湖は姿を見せてくれるでしょうか?
    展望台への階段を登っていきます。

  • 見えるのは湖面だけ。<br />霧が切れるのを待ちますが気温は10度前後。<br />親潮の流れる太平洋から流れてくる空気と霧は冷たいのです。<br />長くはいられません。<br />寒さとの戦いに敗れてて撤退です。<br /><br /><br />

    見えるのは湖面だけ。
    霧が切れるのを待ちますが気温は10度前後。
    親潮の流れる太平洋から流れてくる空気と霧は冷たいのです。
    長くはいられません。
    寒さとの戦いに敗れてて撤退です。


  • 撤退ばかりの本日の展開となりました。<br /><br />ついでに清里方面に下りて、予定にはなかった神の子池をのぞいて見ることにします。

    撤退ばかりの本日の展開となりました。

    ついでに清里方面に下りて、予定にはなかった神の子池をのぞいて見ることにします。

  • 神の子池の駐車場にやってきました。<br />砂利道を5㎞余り走るダート道路です・<br />ここも大型観光バスがやってくる気配はありません。<br />6月末の平日の朝ですから思っていたよりも人は少なかったです。

    神の子池の駐車場にやってきました。
    砂利道を5㎞余り走るダート道路です・
    ここも大型観光バスがやってくる気配はありません。
    6月末の平日の朝ですから思っていたよりも人は少なかったです。

  • しっかりと整備された木道を川沿いに歩いて行くと・・

    しっかりと整備された木道を川沿いに歩いて行くと・・

  • 周囲の森に囲まれた湧水が現れます。

    周囲の森に囲まれた湧水が現れます。

  • 神の子池です。

    神の子池です。

  • この色はなんとも言えません。<br />配偶者は黙って見つめたまま動きません。<br /><br />池の中に倒れ込んだ倒木が何かの「作品」のようにも思えてきます。

    この色はなんとも言えません。
    配偶者は黙って見つめたまま動きません。

    池の中に倒れ込んだ倒木が何かの「作品」のようにも思えてきます。

  • 池の周囲に木道はめぐります。<br />それを一周して、色々な角度からコバルトブルーの湧水を眺めます。<br />

    池の周囲に木道はめぐります。
    それを一周して、色々な角度からコバルトブルーの湧水を眺めます。

  • 見ていると引き込まれそうです。<br />摩周湖の水が、ここから湧き上がっていると説明されると、なおさら神秘性が高まるような気がします。

    見ていると引き込まれそうです。
    摩周湖の水が、ここから湧き上がっていると説明されると、なおさら神秘性が高まるような気がします。

  • 周りの森も良い感じ。

    周りの森も良い感じ。

  • 配偶者にとってはモアン山よりも、こちらの方がよかったのかもしれません。<br />

    配偶者にとってはモアン山よりも、こちらの方がよかったのかもしれません。

  • さて、裏摩周展望台で冷たい風に吹かれたので野天湯に行くことにします。<br />やってきたのは養老牛温泉のからまつの湯の駐車場。

    さて、裏摩周展望台で冷たい風に吹かれたので野天湯に行くことにします。
    やってきたのは養老牛温泉のからまつの湯の駐車場。

  • かつての温泉宿の閉館後に建物は無くなりましたが、温泉は残ったと聞いています。先客に御挨拶して、川の側にある野天湯に浸かります。<br />躰が芯から温まってきます。<br />

    かつての温泉宿の閉館後に建物は無くなりましたが、温泉は残ったと聞いています。先客に御挨拶して、川の側にある野天湯に浸かります。
    躰が芯から温まってきます。

  • しかし、ここは男女混浴。<br />配偶者は車の中で待機。<br />機嫌はよくありません。

    しかし、ここは男女混浴。
    配偶者は車の中で待機。
    機嫌はよくありません。

  • そこで養老牛温泉のだいいちで日帰り温泉を楽しもうとしたのですが、13:00からということで断られました。<br /><br />ちなみに養老牛温泉にあった温泉宿も今は、この旅館のみになってしまいました。<br />かつて、山田洋次が「はるかなる山の呼び声」や「夜霧にむせぶ寅次郎」のロケの時に使った定宿も最近閉館したそうです。残念。<br /><br />そんなことに思いをはせてばかりはいられません。今は隣の配偶者の機嫌をいかに復活させるかです。つまり、野天湯です。

    そこで養老牛温泉のだいいちで日帰り温泉を楽しもうとしたのですが、13:00からということで断られました。

    ちなみに養老牛温泉にあった温泉宿も今は、この旅館のみになってしまいました。
    かつて、山田洋次が「はるかなる山の呼び声」や「夜霧にむせぶ寅次郎」のロケの時に使った定宿も最近閉館したそうです。残念。

    そんなことに思いをはせてばかりはいられません。今は隣の配偶者の機嫌をいかに復活させるかです。つまり、野天湯です。

  • そこで、5㎞荒れたダート道を越えてやって来たのが川北温泉です。

    そこで、5㎞荒れたダート道を越えてやって来たのが川北温泉です。

  • ここはかつての営林署の作業所があったところ。<br />沢から湧き出す温泉を引いて営林署職員が疲れを癒やした温泉と聞いています。<br />そして、男女別の施設が地元の人たちの努力で整備されています。

    ここはかつての営林署の作業所があったところ。
    沢から湧き出す温泉を引いて営林署職員が疲れを癒やした温泉と聞いています。
    そして、男女別の施設が地元の人たちの努力で整備されています。

  • お邪魔します。<br />湯船には乳白色の湯でいっぱい。<br />きれいに整備されています。

    お邪魔します。
    湯船には乳白色の湯でいっぱい。
    きれいに整備されています。

  • それもそのはず。<br />先客の地元の人が清掃をしていました。<br />私もお手伝い。

    それもそのはず。
    先客の地元の人が清掃をしていました。
    私もお手伝い。

  • おじさんと湯に浸かりながらいろいろな話を聞きます。<br />そして、この湯を管理していくことの難しさや面白さも話してくれました。<br />「掃除しよったら、外で待っとる連中が「まだ終わらんな」と言う。<br />自分たちがお客さんやと思とる。<br />「お客さんは神様です」いうけど、ただで入りに来て「協力金」も置いていかん。<br />誰のおかげでこの温泉に入れとるのか見えんのやの。<br />物が見えんようになっとる連中が増えたわ。」と苦言も出ます。<br />でも、色々な人が全国、今や世界中からやって来て感謝してくれる。それは楽しみの一つだと言います。

    おじさんと湯に浸かりながらいろいろな話を聞きます。
    そして、この湯を管理していくことの難しさや面白さも話してくれました。
    「掃除しよったら、外で待っとる連中が「まだ終わらんな」と言う。
    自分たちがお客さんやと思とる。
    「お客さんは神様です」いうけど、ただで入りに来て「協力金」も置いていかん。
    誰のおかげでこの温泉に入れとるのか見えんのやの。
    物が見えんようになっとる連中が増えたわ。」と苦言も出ます。
    でも、色々な人が全国、今や世界中からやって来て感謝してくれる。それは楽しみの一つだと言います。

  • おじさんが出て行った後はひとり。<br />のんびりと隣を流れる川のせせらぎの音を聞きながら体を冷やし、また湯船に入ります。アブが出てくるまえの季節だからできるのでしょう。<br />ここで2時間近くのんびりして、向かったのは・・・

    おじさんが出て行った後はひとり。
    のんびりと隣を流れる川のせせらぎの音を聞きながら体を冷やし、また湯船に入ります。アブが出てくるまえの季節だからできるのでしょう。
    ここで2時間近くのんびりして、向かったのは・・・

  • 連泊するのモシリバです。<br />手作りのログハウスが風雪を越えて良い味を出していました。

    連泊するのモシリバです。
    手作りのログハウスが風雪を越えて良い味を出していました。

  • 案内された2Fの部屋に早々に布団を敷きお昼寝。<br />目が覚めれば窓際で読書。<br />良い時間を作ってくれる部屋でした。<br /><br />朝はこちら側の窓から、国後島から登る朝日が見えました。<br />すぐ目の前は、道路を挟んでオホーツク海で、冬には流氷が漂着するそうです。<br />夕食の際には流氷のオンザロックをいただきました。

    案内された2Fの部屋に早々に布団を敷きお昼寝。
    目が覚めれば窓際で読書。
    良い時間を作ってくれる部屋でした。

    朝はこちら側の窓から、国後島から登る朝日が見えました。
    すぐ目の前は、道路を挟んでオホーツク海で、冬には流氷が漂着するそうです。
    夕食の際には流氷のオンザロックをいただきました。

  • 反対側のまどはかつては家庭菜園だったのが自然に帰っています。<br />エゾエンニュウなどの北国の夏鳥が飛び交っています。

    反対側のまどはかつては家庭菜園だったのが自然に帰っています。
    エゾエンニュウなどの北国の夏鳥が飛び交っています。

  • 私は窓際に置かれたロッキングチェアがお気に入りになりました。<br />庭を飛び交う鳥を見ながら、本を読みます。<br />良い時間が送れた宿でした。<br />感謝

    私は窓際に置かれたロッキングチェアがお気に入りになりました。
    庭を飛び交う鳥を見ながら、本を読みます。
    良い時間が送れた宿でした。
    感謝

61いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • nikさん 2019/07/12 13:43:48
    一部の写真はマズイかも。
    温泉写真は気をつけたほうが良いかも知れませんね。
    僕も来月北海道出張ですが、赤の湯(野天)に行ってみようと計画中です。

tono202さんのトラベラーページ

tono202さんの関連旅行記

tono202さんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集