サマルカンド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
突き抜ける快晴のもと、サマルカンドブルーを堪能した。<br />滞在2日目はラマダン明けの休日。ホテルのオーナー家族たちも、着飾って親戚を迎えて茶会を開き、モスクや霊廟には、多くのウズベクの人たちが繰り出し、祝日を楽しんでいた。<br /><br />6/2.3出発・タシケント→6/4.5サマルカンド→6/6バス泊→6/7ビシュケク→6/8.9.10.11カラ・コル(アルティン・アラシャントレッキング/家畜市)→6/12ボコンバエバ(スカスカ)→6/13コチコル→6/14.15.16ソン・クル湖へホーストレッキング→6/16.17.18.19ナリン(タシュ・ラバット)→6.20.21.22.23.24ジャララバード(アスランバブ/カラルマ)→6/25.26.27コーカンド(リシタン「NORIKO学級」) →6/28.29.30タシケント→7/1帰国     <br />

サマルカンド【ウズベキスタンとキルギスの1ヶ月の旅2】

13いいね!

2019/06/02 - 2019/07/01

180位(同エリア478件中)

3

50

突き抜ける快晴のもと、サマルカンドブルーを堪能した。
滞在2日目はラマダン明けの休日。ホテルのオーナー家族たちも、着飾って親戚を迎えて茶会を開き、モスクや霊廟には、多くのウズベクの人たちが繰り出し、祝日を楽しんでいた。

6/2.3出発・タシケント→6/4.5サマルカンド→6/6バス泊→6/7ビシュケク→6/8.9.10.11カラ・コル(アルティン・アラシャントレッキング/家畜市)→6/12ボコンバエバ(スカスカ)→6/13コチコル→6/14.15.16ソン・クル湖へホーストレッキング→6/16.17.18.19ナリン(タシュ・ラバット)→6.20.21.22.23.24ジャララバード(アスランバブ/カラルマ)→6/25.26.27コーカンド(リシタン「NORIKO学級」) →6/28.29.30タシケント→7/1帰国

PR

  • ■3日目(6/4火)<br /><br />タシケントからサマルカンドに移動する。宿を出るとき、フロントでレギストラーツィア(滞在証明)を受け取っておいた。※後日陸路で出国した時には、これの提示を求められた。<br /><br />ホテルのすぐ近くのバス停からバスでタシケント南駅に向かった。列車は中央駅からでなく、南駅から発車する。この駅も中央駅同様とても立派だ。<br />

    ■3日目(6/4火)

    タシケントからサマルカンドに移動する。宿を出るとき、フロントでレギストラーツィア(滞在証明)を受け取っておいた。※後日陸路で出国した時には、これの提示を求められた。

    ホテルのすぐ近くのバス停からバスでタシケント南駅に向かった。列車は中央駅からでなく、南駅から発車する。この駅も中央駅同様とても立派だ。

  • 広い待合室

    広い待合室

  • 座席は3席のコンパートメントだった。<br />8:55発のテルメズ行き特急列車(102000スム)は、定刻に出発して、サマルカンド着いたのが12時。3時間要した。<br />

    座席は3席のコンパートメントだった。
    8:55発のテルメズ行き特急列車(102000スム)は、定刻に出発して、サマルカンド着いたのが12時。3時間要した。

  • サマルカンド駅

    サマルカンド駅

  • タクシードライバーの勧誘を断って、73番バスでレギスタン広場に向かった。

    タクシードライバーの勧誘を断って、73番バスでレギスタン広場に向かった。

  • ここでも「wikiroutes」が活躍した。<br /><br />途中、対向車線を走っていた車の右後輪が、あろうことか外れてバスの前を横切っていった。実はタシケントまでの機内で、邦画「空飛ぶタイヤ」を観ていたものだから、ヒヤリとしたが、タイヤはゆるゆると路肩に止まり、車はソフトランディング。降りてきた男たちは笑っている始末。大事にいたらなくて良かった。<br />

    ここでも「wikiroutes」が活躍した。

    途中、対向車線を走っていた車の右後輪が、あろうことか外れてバスの前を横切っていった。実はタシケントまでの機内で、邦画「空飛ぶタイヤ」を観ていたものだから、ヒヤリとしたが、タイヤはゆるゆると路肩に止まり、車はソフトランディング。降りてきた男たちは笑っている始末。大事にいたらなくて良かった。

  • レギスタン広場近くの宿「Timur The Great」(1泊3850円)の外塀。

    レギスタン広場近くの宿「Timur The Great」(1泊3850円)の外塀。

  • 私邸を開放している宿で、あてがわれた部屋は広く、専用のバスルームも付いていた。<br />ここの主人もその家族も、気遣いができる人たちで、気持ちよく2日間滞在できた。<br />

    私邸を開放している宿で、あてがわれた部屋は広く、専用のバスルームも付いていた。
    ここの主人もその家族も、気遣いができる人たちで、気持ちよく2日間滞在できた。

  • 宿に荷を置いて、近くのチャイハネで食べたのは、プロフとマンティ。<br />プロフは、茹でた細切り人参と肉との相性も良く美味しかったが、後々食べ続けたそれと比べると、油が多かったように思う。マンティは、東アジアに繋がるシルクロードの食べ物。熱々の肉汁が一杯詰まっていて、クミンの香りも爽やだった。※サラダやコーラなども含めて54000ソム。<br />

    宿に荷を置いて、近くのチャイハネで食べたのは、プロフとマンティ。
    プロフは、茹でた細切り人参と肉との相性も良く美味しかったが、後々食べ続けたそれと比べると、油が多かったように思う。マンティは、東アジアに繋がるシルクロードの食べ物。熱々の肉汁が一杯詰まっていて、クミンの香りも爽やだった。※サラダやコーラなども含めて54000ソム。

  • レギスタン広場の3つのメドレセ見学(40000ソム)。<br /><br />まさにティムール朝の華、「青の都」を代表する建築群で、ミナレットもドームも美しかった。<br />

    レギスタン広場の3つのメドレセ見学(40000ソム)。

    まさにティムール朝の華、「青の都」を代表する建築群で、ミナレットもドームも美しかった。

  • 「ウルグベク・メドレセ」

    「ウルグベク・メドレセ」

  • どこもかしこも、一階の小部屋が土産物になっている。メドレセが現在はその役割を終えているので、致し方ない流れだろうが、これには少し興ざめ。まだしも売り子がしつこくないのが救いだったけれど・・。<br />

    どこもかしこも、一階の小部屋が土産物になっている。メドレセが現在はその役割を終えているので、致し方ない流れだろうが、これには少し興ざめ。まだしも売り子がしつこくないのが救いだったけれど・・。

  • 中央に建つ「ティラカラリ・メドレセ」の礼拝所。<br />黄金に輝く天井。このメドレセがティラカリ(=金で覆われた)と名付けられている理由がわかる。<br />

    中央に建つ「ティラカラリ・メドレセ」の礼拝所。
    黄金に輝く天井。このメドレセがティラカリ(=金で覆われた)と名付けられている理由がわかる。

  • ティラカラリ・メドレセの中庭は、静謐感があってとても良かった。強い日差しをさけて木陰のベンチに腰掛けて過ごした。<br />

    ティラカラリ・メドレセの中庭は、静謐感があってとても良かった。強い日差しをさけて木陰のベンチに腰掛けて過ごした。

  • 「シェルドル・メドレセ」

    「シェルドル・メドレセ」

  • シェルドル・メドレセのライオンのタイル画。

    シェルドル・メドレセのライオンのタイル画。

  • シェルドル・メドレセ内

    シェルドル・メドレセ内

  • 遊歩道として整備されたタシケント通りを進み、巨大な「ビビハニム・モスク」に至った。

    遊歩道として整備されたタシケント通りを進み、巨大な「ビビハニム・モスク」に至った。

  • ハズラティ・ヒズル・モスク遠望

    ハズラティ・ヒズル・モスク遠望

  • 雲行きが怪しくなった。先ほどまで、あれだけ青い空が広がっていたのに・・。一雨来るような予感がして、足早に宿に戻った。<br />その後案の定、雷鳴とともに激しい雨が降り始めた。<br /><br />ヒビハニム廟・・手前から日の光が当たり青のドームが際立つが、後ろから暗雲が垂れ込めてきた。<br />

    雲行きが怪しくなった。先ほどまで、あれだけ青い空が広がっていたのに・・。一雨来るような予感がして、足早に宿に戻った。
    その後案の定、雷鳴とともに激しい雨が降り始めた。

    ヒビハニム廟・・手前から日の光が当たり青のドームが際立つが、後ろから暗雲が垂れ込めてきた。

  • 雨が止んだので夕食に出かけた。初めてのタクシー利用。複数台聞いてみると、10000ソム(140円)あたりが相場と判断。ネットで見つけておいたお目当ての店はあいにく休み。再びタクシーを拾って、「・・歩き方」に出ていた「ボーチカ」に行った。名の通りアプローチが樽仕様になっていて、いかにもビアガーデン風の店構え。<br />

    雨が止んだので夕食に出かけた。初めてのタクシー利用。複数台聞いてみると、10000ソム(140円)あたりが相場と判断。ネットで見つけておいたお目当ての店はあいにく休み。再びタクシーを拾って、「・・歩き方」に出ていた「ボーチカ」に行った。名の通りアプローチが樽仕様になっていて、いかにもビアガーデン風の店構え。

  • サマルカンド産のパルサーの生ビール2種に、ミンチシシャリク/ソーセージ/ポテトをオーダー(86000ソム)。黒ビールは独特の風味と苦みがあってちょっと引いた。

    サマルカンド産のパルサーの生ビール2種に、ミンチシシャリク/ソーセージ/ポテトをオーダー(86000ソム)。黒ビールは独特の風味と苦みがあってちょっと引いた。

  • 帰り、レギスタン広場前でタクシーを降りた。<br />時刻は20時前

    帰り、レギスタン広場前でタクシーを降りた。
    時刻は20時前

  • ・・そして20時を回った時にライトアップされた。予期しない点灯の瞬間にたまたま居合わせてラッキーだった。<br />

    ・・そして20時を回った時にライトアップされた。予期しない点灯の瞬間にたまたま居合わせてラッキーだった。

  • ■4日目(6/5水)<br /><br />宿のダイニング<br />

    ■4日目(6/5水)

    宿のダイニング

  • 朝食・・手作りのサモサ、バクラバが美味しかった。<br />民泊の楽しいところは、それぞの家のカラーを楽しめるところ。この家のセンスの良さがうかがえた。<br />同席していたのは、中国系のアメリカ人夫婦とイギリス人男性。アメリカ人夫妻は、55歳以上のシニアが住める住宅にいて、年250日以上旅に出ているという。ウズベクには10日間いて、今からタジキスタンに行くと言っていた。<br />イギリス人男性は、今夜は知人の結婚式に参加して、明日はヒヴァに移動し、その後キルギスにも向かう予定のようだ。その彼と8日後にキルギスの町で再会し、この旅の最高の体験に導かれようとは、当然この時は思いもよらなかった。<br />宿の主人に明日のタシケントまでのタクシー(240000スム)頼んでおいた。<br />両替したかったが、今日は休日なので、どうかなあ・・と心配していたが、運よく、宿に両替人が来ていて、速攻でスムを手に入れた。<br />

    朝食・・手作りのサモサ、バクラバが美味しかった。
    民泊の楽しいところは、それぞの家のカラーを楽しめるところ。この家のセンスの良さがうかがえた。
    同席していたのは、中国系のアメリカ人夫婦とイギリス人男性。アメリカ人夫妻は、55歳以上のシニアが住める住宅にいて、年250日以上旅に出ているという。ウズベクには10日間いて、今からタジキスタンに行くと言っていた。
    イギリス人男性は、今夜は知人の結婚式に参加して、明日はヒヴァに移動し、その後キルギスにも向かう予定のようだ。その彼と8日後にキルギスの町で再会し、この旅の最高の体験に導かれようとは、当然この時は思いもよらなかった。
    宿の主人に明日のタシケントまでのタクシー(240000スム)頼んでおいた。
    両替したかったが、今日は休日なので、どうかなあ・・と心配していたが、運よく、宿に両替人が来ていて、速攻でスムを手に入れた。

  • 旧市街を散歩した。ほとんど観光客は行き来していない。<br /><br />「ハマム」・・妻は、2011年にもウズベキスタンに来ていて、サマルカンドでは、このハマムを利用している。<br />

    旧市街を散歩した。ほとんど観光客は行き来していない。

    「ハマム」・・妻は、2011年にもウズベキスタンに来ていて、サマルカンドでは、このハマムを利用している。

  • 子どもたちがグミを採っていた。

    子どもたちがグミを採っていた。

  • 木造の小さなモスクの中庭では、池で子どもたちが泳いでいた。<br />日差しは強烈で、30℃はすでに回っていたようだ。<br /><br />歩いていたら、流暢な日本語で話しかけられた。日本語ガイドをしている男性で、住まいの前に立ち、兄を見送っていた。ラマダン明けの今日は、こうしてあちこちで親戚縁者が集まっている。<br />

    木造の小さなモスクの中庭では、池で子どもたちが泳いでいた。
    日差しは強烈で、30℃はすでに回っていたようだ。

    歩いていたら、流暢な日本語で話しかけられた。日本語ガイドをしている男性で、住まいの前に立ち、兄を見送っていた。ラマダン明けの今日は、こうしてあちこちで親戚縁者が集まっている。

  • 「ショブバザール」もお休み。<br />モスクや霊廟にも、人たちがたくさん見受けられ、祝日を楽しんでいた。<br />それにしても、ウズベキスタンに暮らす人たちの顔立ちの多様なこと。典型的なくくりが難しい。まさに様々な民族が行き交った歴史を体現しているかのようだ。<br /><br />

    「ショブバザール」もお休み。
    モスクや霊廟にも、人たちがたくさん見受けられ、祝日を楽しんでいた。
    それにしても、ウズベキスタンに暮らす人たちの顔立ちの多様なこと。典型的なくくりが難しい。まさに様々な民族が行き交った歴史を体現しているかのようだ。

  • 人の流れに身を任せて歩いて行った先は、アフラシャブの丘に建つ「ハズラティ・ヒズル・モスク」。・・ラマダン明けの祝祭のせいか、入場料は徴収されず。<br />カリモフ前大統領の墓があるためか、警備する警官の姿も見られた。<br />

    人の流れに身を任せて歩いて行った先は、アフラシャブの丘に建つ「ハズラティ・ヒズル・モスク」。・・ラマダン明けの祝祭のせいか、入場料は徴収されず。
    カリモフ前大統領の墓があるためか、警備する警官の姿も見られた。

  • ハズラティ・ヒズル・モスクより見た、ビビハニム・モスク界隈。

    ハズラティ・ヒズル・モスクより見た、ビビハニム・モスク界隈。

  • ティムールの縁者の霊廟が立ち並ぶ「シャーヒズィンダ廟群」に行った。<br />

    ティムールの縁者の霊廟が立ち並ぶ「シャーヒズィンダ廟群」に行った。

  • まさに青の回廊だ。突き抜ける青空のもとで、輝く青タイルが実に美しく、ここにしかない景観を堪能した。<br /><br />階段をのぼってすぐ。<br />手前・「アミールゾダ廟」、奥・「シャーディムルク・アカ廟」<br />

    まさに青の回廊だ。突き抜ける青空のもとで、輝く青タイルが実に美しく、ここにしかない景観を堪能した。

    階段をのぼってすぐ。
    手前・「アミールゾダ廟」、奥・「シャーディムルク・アカ廟」

  •  クサム・イブン・アッバース廟の礼拝所では、多くの参拝者が代わる代わる入り、導師が祈りを捧げていた。

    クサム・イブン・アッバース廟の礼拝所では、多くの参拝者が代わる代わる入り、導師が祈りを捧げていた。

  • 礼拝所天井

    礼拝所天井

  • 「フッジャ・アフマッド廟」が一番奥に。

    「フッジャ・アフマッド廟」が一番奥に。

  • 「トゥマン・アカ廟」<br />女性がまとった赤い服とのコントラストに目が行った。

    「トゥマン・アカ廟」
    女性がまとった赤い服とのコントラストに目が行った。

  • どこの廟の天井だっただろうか・・。落ち着いた配色が印象的だった。<br /><br />明日は、タシケントにもどり、カザフスタン経由で、キルギス・ビシュケクに至る9<br />00kmを移動する。

    どこの廟の天井だっただろうか・・。落ち着いた配色が印象的だった。

    明日は、タシケントにもどり、カザフスタン経由で、キルギス・ビシュケクに至る9
    00kmを移動する。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • ぐれーぷふるーつさん 2019/07/17 10:33:53
    はじめまして。
    スタリモストさん、はじめまして。
    今年の5月に渡ウズしたので、
    楽しく読ませていただいています。
    wikiroutes,ってアプリ初めてしりました。
    これ、知ってたらもっとバスのれたなあ、なんて思ったりしました。
    ところで、ハマムに行かれたそうですが、
    詳しく教えていただけないでしょうか?
    9月に友人とサマルカンドに行く予定があります。

      ぐれーぷふるーつ。

    スタリモスト

    スタリモストさん からの返信 2019/07/17 14:47:26
    RE: はじめまして。
    ぐれーぷふるーつさん こんにちは

    「ハマム」のことですが・・妻に聞きました。
    店に行ってすぐにしてもらったのではなく、まず予約をしたようです。
    入館後は、サウナで汗を出したあと、ベッドに横たわって、全身石鹸で泡立てしてマッサージしてもらったようです。・・・2011年のことで、記憶はそれぐらいで詳しく覚えていないようです。ごめんなさい。
    ※「Dovudi Hammam」で検索されましたら、色々でてきますよ。

    今回の旅では、コーカンド(ウズベクの南部の街)でハマム体験をしたのですが、そこは男性のみ利用可能でした。
    流れは乾式サウナで十分汗を出したあと、別室のベッドに横たわり、屈強な男が、全身を石鹸もつけずにひたすら、こすり揉みほぐしてくれました。途中垢すりのためにタワシを使い始めたのですが、それが痛くて、すべて素手でやってくれました。
    30分ほどやってもらい、料金は35000スム(内マッサージ代20000、ハマムで汗を流しシャワー室で体を洗うだけでしたら15000)でした。
    石づくりのサウナの雰囲気がとても良かったし、マッサージでリフレッシュしました。

    ぐれーぷふるーつさんも、ぜひ体験してみてください。
    スタリモスト

    ぐれーぷふるーつ

    ぐれーぷふるーつさん からの返信 2019/07/17 15:45:24
    Re: はじめまして。
    素早い返信ありがとうございました。
    検索してみます。
    スタリモストさんの旅行記よんでキルギスにも行きたくなりました。

       ぐれーぷふるーつ。

スタリモストさんのトラベラーページ

スタリモストさんの関連旅行記

スタリモストさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集