アマルフィ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青い海が恋しくなって、南イタリアに行くことにした。<br /><br />ずっと前から行きたいと思っていたアマルフィがまず浮かび、アクセス方法を調べていたら最寄空港がナポリと分かり、ナポリでピッツァも食べたい!ということでナポリも追加。<br />地図を眺めていたらカプリ島も近い事が分かる。名前は聞いたことがあるけれどどんな島?と思ったらあの有名な「青の洞窟」がある島なのね。<br />こりゃ行かねば!ということでカプリ島も追加。<br /><br />折しもヨーロッパに記録的な熱波の到来した1週間、暑い暑い6泊7日の旅になった。<br /><br />旅程:<br /><br />6月23日(日) 早朝出発、空路ナポリから陸路アマルフィ アマルフィ泊<br />6月24日(月) アマルフィ泊<br />6月25日(火) 高速船でカプリ島に移動 カプリ島泊<br />6月26日(水) カプリ島泊<br />6月27日(木) 高速船でナポリに移動 ナポリ泊<br />6月28日(金) ナポリ泊<br />6月29日(土) 深夜帰宅<br />

2019夏 イタリア(アマルフィ~カプリ島~ナポリ):アマルフィ③

13いいね!

2019/06/23 - 2019/06/29

241位(同エリア582件中)

0

11

ぶたこさん

青い海が恋しくなって、南イタリアに行くことにした。

ずっと前から行きたいと思っていたアマルフィがまず浮かび、アクセス方法を調べていたら最寄空港がナポリと分かり、ナポリでピッツァも食べたい!ということでナポリも追加。
地図を眺めていたらカプリ島も近い事が分かる。名前は聞いたことがあるけれどどんな島?と思ったらあの有名な「青の洞窟」がある島なのね。
こりゃ行かねば!ということでカプリ島も追加。

折しもヨーロッパに記録的な熱波の到来した1週間、暑い暑い6泊7日の旅になった。

旅程:

6月23日(日) 早朝出発、空路ナポリから陸路アマルフィ アマルフィ泊
6月24日(月) アマルフィ泊
6月25日(火) 高速船でカプリ島に移動 カプリ島泊
6月26日(水) カプリ島泊
6月27日(木) 高速船でナポリに移動 ナポリ泊
6月28日(金) ナポリ泊
6月29日(土) 深夜帰宅

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アマルフィに戻って来て、ジェラートでちょっと一休み。<br />実はこの前に本日のグラニータ2回目を食べてるんだけど。<br />ピスタチオ、ミックスベリー、パンナコッタの3種。5ユーロはやっぱり観光地価格だな。でもどれも美味しかった。<br /><br />バスに乗ってPogerolaの宿まで戻ってちょっと休憩。<br />ネットでメールチェックや翌日の計画等立てる。

    アマルフィに戻って来て、ジェラートでちょっと一休み。
    実はこの前に本日のグラニータ2回目を食べてるんだけど。
    ピスタチオ、ミックスベリー、パンナコッタの3種。5ユーロはやっぱり観光地価格だな。でもどれも美味しかった。

    バスに乗ってPogerolaの宿まで戻ってちょっと休憩。
    ネットでメールチェックや翌日の計画等立てる。

  • さて、お待ちかねの夕食は、これまた宿から歩いて2分のこちらのお店。<br /><br />【Osteria da Rispoli】<br /><br />おばあちゃんが一人で厨房を取り仕切る家庭的なお店。<br />こちらも眺めの良いテラス席があって、山の景色を見ながら食事が出来る。

    さて、お待ちかねの夕食は、これまた宿から歩いて2分のこちらのお店。

    【Osteria da Rispoli】

    おばあちゃんが一人で厨房を取り仕切る家庭的なお店。
    こちらも眺めの良いテラス席があって、山の景色を見ながら食事が出来る。

  • 今回はちゃんとイタリア式にパスタから先にいただくことにした。<br /><br />プリモ(パスタ類)は、二人分からのオーダーになっているので、お一人様にはちょっと難しいかも。<br /><br />ということで、貝類が苦手な夫も食べられるようにナスとモッツァレラ入りのトマトソースにしてみた。<br /><br />これで一人分。山盛り!<br /><br />自家製パスタがコシがあってモッチリしていて本当に美味しい。イタリアマンマの味、最強。<br />

    今回はちゃんとイタリア式にパスタから先にいただくことにした。

    プリモ(パスタ類)は、二人分からのオーダーになっているので、お一人様にはちょっと難しいかも。

    ということで、貝類が苦手な夫も食べられるようにナスとモッツァレラ入りのトマトソースにしてみた。

    これで一人分。山盛り!

    自家製パスタがコシがあってモッチリしていて本当に美味しい。イタリアマンマの味、最強。

  • 景色も美味しさを何割増しかしてくれるね。

    景色も美味しさを何割増しかしてくれるね。

  • 続いて、小さいサラダとこちらの海老とイカのフリット。<br />アマルフィ特産のレモンをたっぷり絞っていただく。<br />アマルフィのレモンは酸味がまろやかで香りが高くてフルーティー。普段口にしているレモンとは明らかに違う。<br /><br />飾り気はないけれど本物のマンマの家庭料理といった趣で、このお店気に入りました。

    続いて、小さいサラダとこちらの海老とイカのフリット。
    アマルフィ特産のレモンをたっぷり絞っていただく。
    アマルフィのレモンは酸味がまろやかで香りが高くてフルーティー。普段口にしているレモンとは明らかに違う。

    飾り気はないけれど本物のマンマの家庭料理といった趣で、このお店気に入りました。

  • ほろ酔いで宿に戻り就寝。<br />のはずが、この日は向かいの山の集落で何かのお祭りがあったらしく、花火やブラスバンドの演奏が良く聞こえてくる。<br />しまいにはオペラまで始まって、山の向こうから流れてくる有名なイタリアオペラ全部聞きながら眠りに着くという嬉しいオマケつきだった。

    ほろ酔いで宿に戻り就寝。
    のはずが、この日は向かいの山の集落で何かのお祭りがあったらしく、花火やブラスバンドの演奏が良く聞こえてくる。
    しまいにはオペラまで始まって、山の向こうから流れてくる有名なイタリアオペラ全部聞きながら眠りに着くという嬉しいオマケつきだった。

  • 翌朝。<br />部屋からの素晴らしすぎる景色もこれで見納め。

    翌朝。
    部屋からの素晴らしすぎる景色もこれで見納め。

  • 朝食は基本的に前日と変わらず。<br />イタリア人は朝食に甘いケーキや菓子パンと、エスプレッソというのが定番らしい。<br />アプリコットのタルトと、リコッタの入ったカップケーキが美味しかった。

    朝食は基本的に前日と変わらず。
    イタリア人は朝食に甘いケーキや菓子パンと、エスプレッソというのが定番らしい。
    アプリコットのタルトと、リコッタの入ったカップケーキが美味しかった。

  • パンンもトーストできるようにしてある。

    パンンもトーストできるようにしてある。

  • 荷物をまとめてチェックアウトし、バス停に向かう。<br /><br />バス停からの景色もこんな感じ。聞こえるのは鶏の鳴き声と、地元のじいちゃんばあちゃんの会話という実に長閑な村だった。<br /><br />パスでアマルフィまで行き、カプリ島行きの船に乗ります。

    荷物をまとめてチェックアウトし、バス停に向かう。

    バス停からの景色もこんな感じ。聞こえるのは鶏の鳴き声と、地元のじいちゃんばあちゃんの会話という実に長閑な村だった。

    パスでアマルフィまで行き、カプリ島行きの船に乗ります。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集