アグラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2日目にデリーから特急電車でアグラに入りタージマハルとアグラ城を中心に観光。アグラでは部屋からタージマハルが見えるホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスに2泊します。この旅行記ではいろんな角度からのタージマハルとジ・オベロイ・アマルヴィラスだけに特化して書きます。<br /><br />炎天下のタージマハル、そしてジ・オベロイ・アマルヴィラスの部屋からの朝昼夜のタージマハル、またヤムナー川対岸からの日の出のタージマハルを。<br />

インドでゴールデンウイーク4泊5日***(2)タージマハルとホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラス

45いいね!

2019/05/02 - 2019/05/02

58位(同エリア952件中)

旅行記グループ インド旅行4泊5日

4

129

yakkunn

yakkunnさん

2日目にデリーから特急電車でアグラに入りタージマハルとアグラ城を中心に観光。アグラでは部屋からタージマハルが見えるホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスに2泊します。この旅行記ではいろんな角度からのタージマハルとジ・オベロイ・アマルヴィラスだけに特化して書きます。

炎天下のタージマハル、そしてジ・オベロイ・アマルヴィラスの部屋からの朝昼夜のタージマハル、またヤムナー川対岸からの日の出のタージマハルを。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
航空会社
JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • デリーから特急電車で2時間10分。アグラ・カント駅に到着しました。<br /><br />二人だけの専用車が昨夜から先回りしてドライバーさんはアグラに泊まり、電車で来る私たち二人とガイドの3人を待っていました。<br /><br />電車の旅を体験してもらおうというスケジュールです。<br /><br />これからタージマハルを中心にアグラ2泊の観光が始まります。

    デリーから特急電車で2時間10分。アグラ・カント駅に到着しました。

    二人だけの専用車が昨夜から先回りしてドライバーさんはアグラに泊まり、電車で来る私たち二人とガイドの3人を待っていました。

    電車の旅を体験してもらおうというスケジュールです。

    これからタージマハルを中心にアグラ2泊の観光が始まります。

  • 今回のインド旅行ではいろんな乗り物に乗ろうという提案をガイドさんにしました。<br /><br />電車、馬車、オートリキシャ、人力車<br /><br />全て乗ることができました。

    今回のインド旅行ではいろんな乗り物に乗ろうという提案をガイドさんにしました。

    電車、馬車、オートリキシャ、人力車

    全て乗ることができました。

  • タージマハルが近づいてくると観光馬車が目につきます。<br /><br />以前は馬車でタージマハルの入り口まで往復することができていたそうですが、今では禁止され、タージマハルからすこし離れたあたりだけを許可されてるそうです。<br />ガイドさんが交渉してくれました。<br />

    タージマハルが近づいてくると観光馬車が目につきます。

    以前は馬車でタージマハルの入り口まで往復することができていたそうですが、今では禁止され、タージマハルからすこし離れたあたりだけを許可されてるそうです。
    ガイドさんが交渉してくれました。

  • タージマハルに通じるメイン通りをほんの10分ほどだけ往復します。<br /><br />特別楽しいというほどでもありませんが、思い出作りです。

    タージマハルに通じるメイン通りをほんの10分ほどだけ往復します。

    特別楽しいというほどでもありませんが、思い出作りです。

  • タージマハルへは車で乗り入れはできません。<br /><br />駐車場から電気自動車に乗り換え5分ほど移動します。

    タージマハルへは車で乗り入れはできません。

    駐車場から電気自動車に乗り換え5分ほど移動します。

  • 暑い時ですから少しでも車に乗れれば助かります

    暑い時ですから少しでも車に乗れれば助かります

  • 電気自動車を降りてまた5分ほど歩きます。<br /><br />なんせ40度ですから暑いです、こたえます。

    電気自動車を降りてまた5分ほど歩きます。

    なんせ40度ですから暑いです、こたえます。

  • タージマハル参道ですが野良牛が闊歩しています。<br /><br />インドでは当たり前のことです。

    タージマハル参道ですが野良牛が闊歩しています。

    インドでは当たり前のことです。

  • こちらは野良ヤギです。<br /><br />インドの野良牛、野良犬、野良ヤギ、猿は人に寄ってきて危害を与えるというようなことはありませんでした。

    こちらは野良ヤギです。

    インドの野良牛、野良犬、野良ヤギ、猿は人に寄ってきて危害を与えるというようなことはありませんでした。

  • タージマハル入場券売り場です。<br /><br />ここでペットボトルとビニールの靴カバーをもらいます。

    タージマハル入場券売り場です。

    ここでペットボトルとビニールの靴カバーをもらいます。

  • レントゲンの手荷物チェックがあります。<br /><br />ペットボトルと財布とパスポートだけぐらいが入るサイドバックを持って行きました。<br /><br />その他の物は車に置いときます。

    レントゲンの手荷物チェックがあります。

    ペットボトルと財布とパスポートだけぐらいが入るサイドバックを持って行きました。

    その他の物は車に置いときます。

  • レントゲン検査の後はここの門でボディーチェックです。<br /><br />ボディーチェックのため男子と女子は別れて列に並びます。

    レントゲン検査の後はここの門でボディーチェックです。

    ボディーチェックのため男子と女子は別れて列に並びます。

  • 平日だし、5月の暑い季節なので意外と観光客も少なく、ここまではすんなりと通過しました。<br /><br />入場門を入ると広大な庭が広がっています。

    平日だし、5月の暑い季節なので意外と観光客も少なく、ここまではすんなりと通過しました。

    入場門を入ると広大な庭が広がっています。

  • 向こうに見えるのが大楼門です。<br /><br />あの門をくぐるといよいよタージマハルとご対面です。

    向こうに見えるのが大楼門です。

    あの門をくぐるといよいよタージマハルとご対面です。

  • 大楼門正面<br /><br />この赤い大楼門と白い霊廟はホテルの部屋からも見えます。

    大楼門正面

    この赤い大楼門と白い霊廟はホテルの部屋からも見えます。

  • 遠くからみると模様が描かれているのか掘られているのかわかりませんが・・

    遠くからみると模様が描かれているのか掘られているのかわかりませんが・・

  • 象嵌という技術です。<br /><br />赤砂岩を掘って、そこに白と黒の大理石をはめ込んであるのです。

    象嵌という技術です。

    赤砂岩を掘って、そこに白と黒の大理石をはめ込んであるのです。

  • タージマハルの建物の文様は全てこの象嵌の技法で作られています。

    タージマハルの建物の文様は全てこの象嵌の技法で作られています。

  • 大楼門をくぐる時の写真が有名です。<br /><br />ここで初めてタージマハルの白い霊廟が見えてきます。

    大楼門をくぐる時の写真が有名です。

    ここで初めてタージマハルの白い霊廟が見えてきます。

  • 大楼門をくぐると広大な庭園の正面に白亜のドームが目に飛び込んできます

    大楼門をくぐると広大な庭園の正面に白亜のドームが目に飛び込んできます

  • ここからドームまでどれぐらいあるでしょうか?<br /><br />大楼門から霊廟まで写真を撮りながらゆっくり歩いて20分ほどかかりました。<br /><br />30度という暑さの中です。<br /><br />

    ここからドームまでどれぐらいあるでしょうか?

    大楼門から霊廟まで写真を撮りながらゆっくり歩いて20分ほどかかりました。

    30度という暑さの中です。

  • 正面のちょっと左手にベンチがあります。<br /><br />なぜかベンチに座らずに立っています。<br /><br />このベンチに立ってこのポーズをとると・・・・・

    正面のちょっと左手にベンチがあります。

    なぜかベンチに座らずに立っています。

    このベンチに立ってこのポーズをとると・・・・・

  • こんな風になります。<br /><br />タージマハルには100回以上来てるといううちのガイドさんは写真スポットにとても詳しくて色んなところでポーズを取らせます。<br /><br />このポーズも一回でピシャリと決めています。

    こんな風になります。

    タージマハルには100回以上来てるといううちのガイドさんは写真スポットにとても詳しくて色んなところでポーズを取らせます。

    このポーズも一回でピシャリと決めています。

  • 写真を撮りまくりながらドームに近づいて行きます

    写真を撮りまくりながらドームに近づいて行きます

  • 水ためがいくつもあり噴水があります

    水ためがいくつもあり噴水があります

  • ご存知のようにタージマハルは17世紀のムガール帝国シャー・ジャハーン皇帝が最愛の妻ムムタズ・マハールの死後に作り上げた霊廟(お墓)なのです。<br /><br />ですからこの総大理石、白亜のタージマハルは夫婦の愛の象徴として世界中で慕われているのです。<br /><br />と勝手に解釈しながらポーズを決めています!!<br /><br />これもガイドさんオススメのスポット。

    ご存知のようにタージマハルは17世紀のムガール帝国シャー・ジャハーン皇帝が最愛の妻ムムタズ・マハールの死後に作り上げた霊廟(お墓)なのです。

    ですからこの総大理石、白亜のタージマハルは夫婦の愛の象徴として世界中で慕われているのです。

    と勝手に解釈しながらポーズを決めています!!

    これもガイドさんオススメのスポット。

  • おそらくここがタージマハルの一番の撮影スポット

    おそらくここがタージマハルの一番の撮影スポット

  • ここです

    ここです

  • このアングルもガイドさんオススメです

    このアングルもガイドさんオススメです

  • 木陰のこの角度もガイドさんオススメ

    木陰のこの角度もガイドさんオススメ

  • いよいよ霊廟ドームへ入って行きます。<br /><br />ここで靴カバーのビニールを履きます。

    いよいよ霊廟ドームへ入って行きます。

    ここで靴カバーのビニールを履きます。

  • 霊廟入り口です。<br /><br />この中は写真は禁止です。<br /><br />中にはシャー・ジャハーンと妻ムムタズ・マハールの棺桶が並んであります。<br /><br />

    霊廟入り口です。

    この中は写真は禁止です。

    中にはシャー・ジャハーンと妻ムムタズ・マハールの棺桶が並んであります。

  • 霊廟入り口の象嵌された模様が美しいです。

    霊廟入り口の象嵌された模様が美しいです。

  • 大理石の彫刻と象嵌(ぞうがん)

    大理石の彫刻と象嵌(ぞうがん)

  • 霊廟出口の窓も大理石が蜂の巣常に掘られています

    霊廟出口の窓も大理石が蜂の巣常に掘られています

  • そこからのぞいて写真を撮りますとこんな感じ。<br /><br />霊廟裏のヤムナー河

    そこからのぞいて写真を撮りますとこんな感じ。

    霊廟裏のヤムナー河

  • 霊廟裏に出てきました。<br /><br />目の前はヤムナー河です。

    霊廟裏に出てきました。

    目の前はヤムナー河です。

  • 霊廟の裏の出口を振り返ってみたところです。

    霊廟の裏の出口を振り返ってみたところです。

  • ヤムナー河ですが今日は水量が少ないとのこと

    ヤムナー河ですが今日は水量が少ないとのこと

  • 川向こうの正面はシャー・ジャハーンが自分の霊廟を立てようとしたところです。<br /><br />現在はマターブ・バーグと呼ばれる有料の公園になっています。<br /><br />明日の早朝にこの川向こうへ行って朝日の昇るタージマハルを背面から見ます。

    川向こうの正面はシャー・ジャハーンが自分の霊廟を立てようとしたところです。

    現在はマターブ・バーグと呼ばれる有料の公園になっています。

    明日の早朝にこの川向こうへ行って朝日の昇るタージマハルを背面から見ます。

  • そしてヤムナー河の上流をみると赤い城壁のアグラ城が見えます。<br /><br />タージマハルの後にアグラ城見学に行きます。

    そしてヤムナー河の上流をみると赤い城壁のアグラ城が見えます。

    タージマハルの後にアグラ城見学に行きます。

  • タージマハル霊廟のドームを挟むように向かって左にモスクがあり

    タージマハル霊廟のドームを挟むように向かって左にモスクがあり

  • 向かって右にはモスクと全く同じ形をした迎賓館があります。<br />

    向かって右にはモスクと全く同じ形をした迎賓館があります。

  • 霊廟正面から先ほど入ってきた大楼門と庭園を眺めたところです。<br /><br />庭園をぐるりと回りながら出口へ行きます。

    霊廟正面から先ほど入ってきた大楼門と庭園を眺めたところです。

    庭園をぐるりと回りながら出口へ行きます。

  • 暑いので木陰で休みながら歩きます。<br /><br />この角度のタージマハルもガイドさんオススメです。

    暑いので木陰で休みながら歩きます。

    この角度のタージマハルもガイドさんオススメです。

  • 出口に近いところへ水の宮殿と全く同じ形のタージマハル博物館がありますが外から見るだけにしました。<br /><br />この頃は暑さでかなり疲れていました。

    出口に近いところへ水の宮殿と全く同じ形のタージマハル博物館がありますが外から見るだけにしました。

    この頃は暑さでかなり疲れていました。

  • 出口に近づいてきました。<br /><br />大勢の観光客が日陰で休んでいます。

    出口に近づいてきました。

    大勢の観光客が日陰で休んでいます。

  • 白亜のドームの修理は済んでいましたが一部修理もしていました。

    白亜のドームの修理は済んでいましたが一部修理もしていました。

  • タージマハルから出てきました。<br /><br />約1時間あまり中にいました。<br /><br />気候が良ければもう少し長居をするのですが、なんせ暑かった。<br /><br />タージマハルから出たところにはお土産屋さんが並んでいます。

    タージマハルから出てきました。

    約1時間あまり中にいました。

    気候が良ければもう少し長居をするのですが、なんせ暑かった。

    タージマハルから出たところにはお土産屋さんが並んでいます。

  • このあたりは歩いて帰らなければなりません。<br /><br />暑いのでお店を除く余裕もありません。

    このあたりは歩いて帰らなければなりません。

    暑いのでお店を除く余裕もありません。

  • ガイドさんがなんだか交渉して止まってる車に乗り、駐車場まで送ってもらいます。<br /><br />この後食事をしてアグラ城見学に行くのですが、一度ホテルにチェックインして休むことにします。<br /><br />旅行記は一旦中止してホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスの紹介に入ります。

    ガイドさんがなんだか交渉して止まってる車に乗り、駐車場まで送ってもらいます。

    この後食事をしてアグラ城見学に行くのですが、一度ホテルにチェックインして休むことにします。

    旅行記は一旦中止してホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスの紹介に入ります。

  • <ホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラス><br /><br />タージマハル正面玄関に続く参道に面してジ・オベロイ・アマルヴィラスはあります。<br /><br />立地はとてもいいです。

    <ホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラス>

    タージマハル正面玄関に続く参道に面してジ・オベロイ・アマルヴィラスはあります。

    立地はとてもいいです。

  • セキュリティーもあります。

    セキュリティーもあります。

  • 参道に面したゲートを一歩入ると静かなリゾートホテルのアプローチです

    参道に面したゲートを一歩入ると静かなリゾートホテルのアプローチです

  • 車はここまで入れます

    車はここまで入れます

  • 車を止め 門をくぐると噴水の庭です

    車を止め 門をくぐると噴水の庭です

  • 噴水の庭を横目に見ながら回るように進むと

    噴水の庭を横目に見ながら回るように進むと

  • フロントとなります

    フロントとなります

  • ロビーにはタージマハルが見える居間があります。<br /><br />恥ずかしながらこのポーズもガイドさんにとらされました。<br />

    ロビーにはタージマハルが見える居間があります。

    恥ずかしながらこのポーズもガイドさんにとらされました。

  • 隣にタージマハルが見えるバーがあります

    隣にタージマハルが見えるバーがあります

  • レストランへ通じる廊下には小物のショップがありますが、私たちには買うものがありませんでした

    レストランへ通じる廊下には小物のショップがありますが、私たちには買うものがありませんでした

  • ショップの奥にレストランがあり、朝食はここでビュッフェです

    ショップの奥にレストランがあり、朝食はここでビュッフェです

  • 受付を済ませエレベータで部屋へ案内してもらいます。<br /><br />ホテルができて20年ほどだそうですが、クラシックなエレベータです。

    受付を済ませエレベータで部屋へ案内してもらいます。

    ホテルができて20年ほどだそうですが、クラシックなエレベータです。

  • 部屋は3階の321号室

    部屋は3階の321号室

  • 3回の部屋の並びを見てみると全ての部屋がタージマハルに面しています。

    3回の部屋の並びを見てみると全ての部屋がタージマハルに面しています。

  • 部屋は結構広いです。<br /><br />落ち着いた調度品です。

    部屋は結構広いです。

    落ち着いた調度品です。

  • テレビはNHKは無理なようです。

    テレビはNHKは無理なようです。

  • 冷蔵庫はミネラルウオータ以外は有料

    冷蔵庫はミネラルウオータ以外は有料

  • トイレは水洗、紙も流せますがウオシュレットはありません。

    トイレは水洗、紙も流せますがウオシュレットはありません。

  • シャワーブースあり、

    シャワーブースあり、

  • このホテルの最大のセールスポイントなんと行っても部屋からタージマハルが見えること!!

    このホテルの最大のセールスポイントなんと行っても部屋からタージマハルが見えること!!

  • これから部屋からの写真を何枚も載せます

    これから部屋からの写真を何枚も載せます

  • 写真ではタージマハルが小さく見えますが、実際はもっと大きく見えます。<br /><br />部屋の窓を開けて眺めています。

    写真ではタージマハルが小さく見えますが、実際はもっと大きく見えます。

    部屋の窓を開けて眺めています。

  • ベランダからの景色<br /><br />右矢印がタージマハルの霊廟<br /><br />左の矢印が大楼門<br /><br />

    ベランダからの景色

    右矢印がタージマハルの霊廟

    左の矢印が大楼門

  • 窓の下にはジ・オベロイ・アマルヴィラスのプールサイド

    窓の下にはジ・オベロイ・アマルヴィラスのプールサイド

  • こちらにはアグラ街の家並みが

    こちらにはアグラ街の家並みが

  • タージマハルを少し望遠で撮ります

    タージマハルを少し望遠で撮ります

  • 肉眼ではこれぐらいの大きさに見えます

    肉眼ではこれぐらいの大きさに見えます

  • このアングルこそジ・オベロイ・アマルヴィラスの値打ち。

    このアングルこそジ・オベロイ・アマルヴィラスの値打ち。

  • ジ・オベロイ・アマルヴィラスのプールサイドに降りて部屋の方を見上げます

    ジ・オベロイ・アマルヴィラスのプールサイドに降りて部屋の方を見上げます

  • 全室からプールサイドとタージマハルが正面に見える設計です。

    全室からプールサイドとタージマハルが正面に見える設計です。

  • 部屋の窓の下から音楽が聞こえてきました。

    部屋の窓の下から音楽が聞こえてきました。

  • プールサイドの屋上で音楽に合わせて踊りが始まりました

    プールサイドの屋上で音楽に合わせて踊りが始まりました

  • 部屋では毎日フルーツがセットされます

    部屋では毎日フルーツがセットされます

  • 初日のホテルの夕食はレストランかルームサービスが選択できました。<br /><br />疲れもあるのでルームサービスをお願いしました。<br /><br />食事のメニューが全くわからないのでガイドさんに手伝ってもらってオーダーしました。<br /><br />

    初日のホテルの夕食はレストランかルームサービスが選択できました。

    疲れもあるのでルームサービスをお願いしました。

    食事のメニューが全くわからないのでガイドさんに手伝ってもらってオーダーしました。

  • 何種類かのカレー、何種類かのナンとチャパティーをオーダー

    何種類かのカレー、何種類かのナンとチャパティーをオーダー

  • ボリュームが多いので全ては到底食べ切れません。<br /><br />少しずつ味をきくということになります。<br /><br />ナンもチャパティーもカレーもさすがにインド一流の味です。<br /><br />

    ボリュームが多いので全ては到底食べ切れません。

    少しずつ味をきくということになります。

    ナンもチャパティーもカレーもさすがにインド一流の味です。

  • ビールはやはりキングフィッシャー<br /><br />大のお気に入りになりました。

    ビールはやはりキングフィッシャー

    大のお気に入りになりました。

  • デザートはフルーツとクリーム。<br /><br />とても美味しくいただきました。

    デザートはフルーツとクリーム。

    とても美味しくいただきました。

  • ターンダウンされたベッド

    ターンダウンされたベッド

  • 夕食後夜景の写真を撮りにホテルの玄関前まで出てみました。<br /><br />静かです。

    夕食後夜景の写真を撮りにホテルの玄関前まで出てみました。

    静かです。

  • ライトアップされたプールサイド、部屋からの眺め。

    ライトアップされたプールサイド、部屋からの眺め。

  • タージマハルのシルエット

    タージマハルのシルエット

  • 中央の少しとんがってるのがタージマハル<br />

    中央の少しとんがってるのがタージマハル

  • ベランダから顔を覗けるとホテルの隣部屋と街明かりが見える

    ベランダから顔を覗けるとホテルの隣部屋と街明かりが見える

  • アグラ2日目(インド3日目)の朝です。<br /><br />朝食のため朝食会場へ

    アグラ2日目(インド3日目)の朝です。

    朝食のため朝食会場へ

  • 朝食会場の受付

    朝食会場の受付

  • 7時に行くと貸切状態、まだ誰もいません。

    7時に行くと貸切状態、まだ誰もいません。

  • パンはどれも美味しい!!<br /><br />揚げパンが最高です!!

    パンはどれも美味しい!!

    揚げパンが最高です!!

  • ガイドさんが朝食会場まで付いて入ってきて一つずつ解説してくれました。<br /><br />ガイドさんオススメの餅みたいなものでしたが、これはちょっと口に合わなかった。<br /><br />

    ガイドさんが朝食会場まで付いて入ってきて一つずつ解説してくれました。

    ガイドさんオススメの餅みたいなものでしたが、これはちょっと口に合わなかった。

  • デザートも綺麗

    デザートも綺麗

  • フルーツも注意しながら少し食べる。

    フルーツも注意しながら少し食べる。

  • 本日の家内の取り皿

    本日の家内の取り皿

  • 注文しないのに別アラカルトがきました。<br /><br />

    注文しないのに別アラカルトがきました。

  • いろんなナッツが混ぜてあるこの料理も注文しないのにきた。<br /><br />きっと昨夜部屋の不備を訴えたのでその誤りの意味かな?と解釈。<br /><br />せっかくだけど少ししか食べれなかった。

    いろんなナッツが混ぜてあるこの料理も注文しないのにきた。

    きっと昨夜部屋の不備を訴えたのでその誤りの意味かな?と解釈。

    せっかくだけど少ししか食べれなかった。

  • フルーツのデザート。<br /><br />見た目より少しクセがあった。

    フルーツのデザート。

    見た目より少しクセがあった。

  • アグラ2日目(インド3日目)の朝、4時半起床、5時40分のタージマハル日の出を見にヤムナー河対岸にあるマターブ・バーグ公園に出かけます。

    アグラ2日目(インド3日目)の朝、4時半起床、5時40分のタージマハル日の出を見にヤムナー河対岸にあるマターブ・バーグ公園に出かけます。

  • タージマハルの裏に流れるヤムナー河の対岸に公園があります。

    タージマハルの裏に流れるヤムナー河の対岸に公園があります。

  • マターブ・バーグという有料の公園です。

    マターブ・バーグという有料の公園です。

  • 朝5:30ですが観光客が10名ほどいました

    朝5:30ですが観光客が10名ほどいました

  • 朝日が上がってきました。<br /><br />

    朝日が上がってきました。

  • この公園からはタージマハルの背に朝日が昇るという角度の写真は取れません。<br /><br />朝日に照らされるタージマハルは見ることができます。

    この公園からはタージマハルの背に朝日が昇るという角度の写真は取れません。

    朝日に照らされるタージマハルは見ることができます。

  • 朝日に照らされるタージマハルの写真を撮ってます

    朝日に照らされるタージマハルの写真を撮ってます

  • この公園にはタージマハルを建てたシャー・ジャハーンが自身の霊廟を建てるつもりでしたが、完成は叶わず、途中までの基礎部分だけが残っています。

    この公園にはタージマハルを建てたシャー・ジャハーンが自身の霊廟を建てるつもりでしたが、完成は叶わず、途中までの基礎部分だけが残っています。

  • ここに建てようとした跡が保存されています。

    ここに建てようとした跡が保存されています。

  • 最後は悲運な人生となったシャー・ジャハーンですが、タージマハルは夫婦の愛情のメッカとなっています。

    最後は悲運な人生となったシャー・ジャハーンですが、タージマハルは夫婦の愛情のメッカとなっています。

  • ヤムナー河を挟んでいつも見つめあっていたいという願望からここに自分の霊廟を作りたかったのです。

    ヤムナー河を挟んでいつも見つめあっていたいという願望からここに自分の霊廟を作りたかったのです。

  • ヤムナー河対岸からのタージマハルは必見です

    ヤムナー河対岸からのタージマハルは必見です

  • 朝日に照らされるタージマハルを振り向きながらホテルへ帰ります。<br /><br />今日はこれからファーテープル・シークリーに出かけます。

    朝日に照らされるタージマハルを振り向きながらホテルへ帰ります。

    今日はこれからファーテープル・シークリーに出かけます。

  • こちらはちなみにアグラ2日目の夜にルームサービスでオーダーしたクラブサンドウイッチ。<br /><br />2日目ともなると疲れはピークで食欲もなく、二人でこれをシェアーして十分でした。<br /><br />もちろん味の方は二重丸。

    こちらはちなみにアグラ2日目の夜にルームサービスでオーダーしたクラブサンドウイッチ。

    2日目ともなると疲れはピークで食欲もなく、二人でこれをシェアーして十分でした。

    もちろん味の方は二重丸。

  • アグラ3日目(インド4日目)の朝、すなわちアグラ最後の朝です。<br /><br />ホテルの前のタージマハル参道の朝を見に出てみました。

    アグラ3日目(インド4日目)の朝、すなわちアグラ最後の朝です。

    ホテルの前のタージマハル参道の朝を見に出てみました。

  • インドの現地の人は朝が早い。<br /><br />涼しい時に散歩してる人が多い。<br /><br />ジ・オベロイ・アマルヴィラスの正面

    インドの現地の人は朝が早い。

    涼しい時に散歩してる人が多い。

    ジ・オベロイ・アマルヴィラスの正面

  • タージマハル参道<br /><br />野良犬も散歩してる。<br /><br />デリーやアグラの下町の喧騒とは無関係なとても静かなタージマハル通りです。<br /><br />

    タージマハル参道

    野良犬も散歩してる。

    デリーやアグラの下町の喧騒とは無関係なとても静かなタージマハル通りです。

  • 部屋から見る朝日に照らされるタージマハルを見納めに。<br /><br />左に大楼門、右に霊廟のドーム

    部屋から見る朝日に照らされるタージマハルを見納めに。

    左に大楼門、右に霊廟のドーム

  • 部屋から見る大楼門のアップ

    部屋から見る大楼門のアップ

  • 部屋から見るタージマハルのアップ。<br /><br />部屋からタージマハルが見えるホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスを堪能しました。

    部屋から見るタージマハルのアップ。

    部屋からタージマハルが見えるホテル、ジ・オベロイ・アマルヴィラスを堪能しました。

  • インド4日目(アグラ3日目) 朝<br /><br />ジ・オベロイ・アマルヴィラス最後の朝食はパンケーキを注文。<br /><br />いろんな思い出を抱いて今日はデリーへ車で帰ります。<br /><br />アグラ、良かったよ!!<br /><br />

    インド4日目(アグラ3日目) 朝

    ジ・オベロイ・アマルヴィラス最後の朝食はパンケーキを注文。

    いろんな思い出を抱いて今日はデリーへ車で帰ります。

    アグラ、良かったよ!!

45いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • fuzzさん 2019/11/14 16:05:13
    ガイドさんが気が利く~
    yakkunnさん、ナマステ~

    タージマハルでの写真、あれイイですね!
    ガイドさんが良い方でラッキーでしたね。
    私のガイドさんは話し上手なのですが、写真のセンスはイマイチ(笑)
    インドは私の旅行の中でも一番印象が強くて、再訪したい国です。
    でも家族にはやめろと止められそうです。
    帰国後、謎の咳で通院したり、母は乳がんになって手術をしたり。
    母の乳がんは関係ないかもしれませんが、私の謎の咳は間違いなくインド病(笑)
    一言何かを言おうとすれば咳こんで、しばらくは外出も出来なくなりました。
    それでもインドは魅力的で。
    また一度は行ってみたいです。

    fuzz

    yakkunn

    yakkunnさん からの返信 2019/11/14 17:13:25
    RE: ガイドさんが気が利く?
    fuzzさん、こんにちは、

    書き込みありがとうございます。
    確かにガイドさんが良かったので思い出深いインド旅行になりました。
    絶対に下痢しないように最大限の注意をしたのですが、それでも一度下痢しました。
    それ以外は何も問題なく楽しく回れましたよ、
    fuzzさんは咳がひどくて大変でしたね、
    でもその後も旅行記が出てるので元気になられてる様子で何よりです。
    fuzzさんの旅行記を色々と参考にさせていただきます。

    yakkunn
  • たらよろさん 2019/06/26 12:41:51
    ハードル高いインド
    こんにちは、 yakkunnさん

    タージマハル、やはり素晴らしい対称建築物で、
    一度はこの建築を間近で見てみたいと思いますが・・・・
    なかなかインドという国にハードルが高くて踏み込めず(笑)
    素晴らしい文化や建築、いろいろありそうなんだけれどなぁ。
    でも、歳をとると、余計に行けなくなりそうだし、
    行くならここ数年のうちだよなぁ。
    悩むな(笑)


      たらよろ

    yakkunn

    yakkunnさん からの返信 2019/06/26 16:53:02
    Re: ハードル高いインド
    たらよろさんこんにちは、

    インドはとってもITが進んでるというイメージと人が多くて貧困というイメージを持って行ってきました。どちらかというと後者の方だけが目立ちました。
    未知なるものを見る旅行という点では楽しい旅でした。
    ぜひ挑戦してみてください。

    yakkunn

yakkunnさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集