ミトー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
最終日の後半です。ミトーで名物料理の昼食を頂いた後、メコン川の観光を楽しみました。<br />最終日の最後の最後まで、全てを満喫しきることのできた旅行でした。<br /><br /><br />2019年4月28日~2019年5月6日<br />□4月28日<br /> 大阪→ハノイ経由でルアンパバーンへ移動<br /> KIX10:30-[VN311/4:55]-HAN13:10/19:10-[VN2905/1:20]-LPQ20:30<br /> ルアンパバーン泊<br />□4月29日<br /> ルアンパバーン滞在:街歩き<br />□4月30日<br /> ルアンパバーン滞在:料理教室、街歩き<br />□5月1日<br /> ルアンパバーン滞在:街歩き、クアンシーの滝<br />□5月2日<br /> ルアンパバーン:街歩き、パークウー洞窟<br /> ルアンパバーン→ハノイ経由でホーチミンへ移動<br /> LPQ17:10-[QV313/1:20]-HAN18:30/21:00-[VN285/2:10]-SGN23:10<br /> ホーチミン泊<br />□5月3日<br /> ホーチミン滞在:街歩き<br />□5月4日<br /> ホーチミン滞在:街歩き<br />■5月5日<br /> ホーチミン:クチ(地下トンネル)・ミトー(メコン川クルーズ)ツアー<br />■5月6日<br /> ホーチミン→大阪へ移動<br /> SGN0:25-[VN320/5:05]-KIX7:20

GW ラオス&ベトナムの旅9/9

9いいね!

2019/04/28 - 2019/05/06

93位(同エリア223件中)

旅行記グループ GW ラオス&ベトナムの旅

0

62

blackcomb

blackcombさん

最終日の後半です。ミトーで名物料理の昼食を頂いた後、メコン川の観光を楽しみました。
最終日の最後の最後まで、全てを満喫しきることのできた旅行でした。


2019年4月28日~2019年5月6日
□4月28日
 大阪→ハノイ経由でルアンパバーンへ移動
 KIX10:30-[VN311/4:55]-HAN13:10/19:10-[VN2905/1:20]-LPQ20:30
 ルアンパバーン泊
□4月29日
 ルアンパバーン滞在:街歩き
□4月30日
 ルアンパバーン滞在:料理教室、街歩き
□5月1日
 ルアンパバーン滞在:街歩き、クアンシーの滝
□5月2日
 ルアンパバーン:街歩き、パークウー洞窟
 ルアンパバーン→ハノイ経由でホーチミンへ移動
 LPQ17:10-[QV313/1:20]-HAN18:30/21:00-[VN285/2:10]-SGN23:10
 ホーチミン泊
□5月3日
 ホーチミン滞在:街歩き
□5月4日
 ホーチミン滞在:街歩き
■5月5日
 ホーチミン:クチ(地下トンネル)・ミトー(メコン川クルーズ)ツアー
■5月6日
 ホーチミン→大阪へ移動
 SGN0:25-[VN320/5:05]-KIX7:20

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
観光バス 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昼食会場は幹線道路沿いにあるかなり規模の大きなレストランでした。

    昼食会場は幹線道路沿いにあるかなり規模の大きなレストランでした。

    メコン レスト ストップ 地元の料理

  • 広~い敷地には散策もできる中庭があります。

    広~い敷地には散策もできる中庭があります。

  • レストランの店内とは思えない立派な池もありました。

    レストランの店内とは思えない立派な池もありました。

  • 入口の様子です。

    入口の様子です。

  • 通路のすぐ脇、調理している様子を見ることができました。

    通路のすぐ脇、調理している様子を見ることができました。

  • 上は空っぽでしたが雷魚の生簀です。他にもナマズなどの生簀がいくつもありました。

    上は空っぽでしたが雷魚の生簀です。他にもナマズなどの生簀がいくつもありました。

  • お客が行き来する所に隠すでもなくありました。見えてしまうのが苦手な人には辛いかも。

    お客が行き来する所に隠すでもなくありました。見えてしまうのが苦手な人には辛いかも。

  • お手洗いにあった注意書き。自動翻訳なのか惜しい日本語です。

    お手洗いにあった注意書き。自動翻訳なのか惜しい日本語です。

  • 私たちは店内でもかなり奥の、団体向けと思しき広い食事会場に通されました。

    私たちは店内でもかなり奥の、団体向けと思しき広い食事会場に通されました。

  • 茹で海老は前菜です。フォーの具は豚肉で、濃いめのスープが美味しかったです。

    茹で海老は前菜です。フォーの具は豚肉で、濃いめのスープが美味しかったです。

  • こちらが名物のエレファントフィッシュ。松笠焼のように鱗を残して丸揚げにされています。<br />店員さんが身をほぐして生春巻きにしてくれました。

    こちらが名物のエレファントフィッシュ。松笠焼のように鱗を残して丸揚げにされています。
    店員さんが身をほぐして生春巻きにしてくれました。

  • ほぐした後にも身は残っているので、そのまま頂きました。生春巻きより白身の魚の味そのままが楽しめました。鱗もしっかり揚がっている所は香ばしくて美味しかったです。<br />そして気になる横の丸いものは揚げ餅でした。

    ほぐした後にも身は残っているので、そのまま頂きました。生春巻きより白身の魚の味そのままが楽しめました。鱗もしっかり揚がっている所は香ばしくて美味しかったです。
    そして気になる横の丸いものは揚げ餅でした。

  • 揚げ餅はボールのように中が空洞です。<br />そのままでは食べられないので、店員さんが一口大に切り分けてくれました。食感は日本のお餅とほとんど同じ。粽のようなほのかな甘みがあって美味しかったです。

    揚げ餅はボールのように中が空洞です。
    そのままでは食べられないので、店員さんが一口大に切り分けてくれました。食感は日本のお餅とほとんど同じ。粽のようなほのかな甘みがあって美味しかったです。

  • さらに豚肉を焼いたもの、空芯菜と豚肉の炒め物、ご飯、パイナップルやスイカなどのデザートもあって、とても食べ切れません。全部を少しずつ、美味しく頂きました。

    さらに豚肉を焼いたもの、空芯菜と豚肉の炒め物、ご飯、パイナップルやスイカなどのデザートもあって、とても食べ切れません。全部を少しずつ、美味しく頂きました。

  • 昼食は約1時間ほどでした。その後はメコン川クルーズです。レストランからはバスで15分ほどの移動でした。

    昼食は約1時間ほどでした。その後はメコン川クルーズです。レストランからはバスで15分ほどの移動でした。

    ミトー・メコンデルタクルーズ アクティビティ・乗り物体験

  • クルーズのコースや周辺の島の地図があります。

    クルーズのコースや周辺の島の地図があります。

  • いくつも停泊していた中の一艘に乗り込みます。

    いくつも停泊していた中の一艘に乗り込みます。

  • いよいよ出航。見えているのは対岸ではなく大きな島です。このあたりで一番大きな有人島で人口は約4千人もあるそうです。

    いよいよ出航。見えているのは対岸ではなく大きな島です。このあたりで一番大きな有人島で人口は約4千人もあるそうです。

  • こちらはミトー側の河岸です。川に面した建物は高床式なのがわかります。

    こちらはミトー側の河岸です。川に面した建物は高床式なのがわかります。

  • 下流には大きな橋が見えました。

    下流には大きな橋が見えました。

  • 島のひとつに上陸します。最後のデルタクルーズを終えて帰りの船に戻るまでの観光コースは全てこの島の中でした。

    島のひとつに上陸します。最後のデルタクルーズを終えて帰りの船に戻るまでの観光コースは全てこの島の中でした。

    ミトー・メコンデルタクルーズ アクティビティ・乗り物体験

  • 最初は蜂蜜の説明です。

    最初は蜂蜜の説明です。

  • 希望した人には巣箱から取り出した蜂の巣を触らせてくれました。

    希望した人には巣箱から取り出した蜂の巣を触らせてくれました。

  • 蜂蜜と生姜のドリンクを、揚げたバナナと一緒に頂きました。

    蜂蜜と生姜のドリンクを、揚げたバナナと一緒に頂きました。

  • さらにローヤルゼリーの試食も。売り込みのパンフレットはもちろん日本語です。

    さらにローヤルゼリーの試食も。売り込みのパンフレットはもちろん日本語です。

  • 次はココナツキャンディーの工房です。

    次はココナツキャンディーの工房です。

  • ガイドさんがココナツの捌き(?)方や利用方法等を説明してくれました。

    ガイドさんがココナツの捌き(?)方や利用方法等を説明してくれました。

  • 先の尖った棒にココナツを突き刺し、腕ずくで殻を剥きます。女性の従業員の方が実演してくれましたが、かなりの力業で大変そうでした。

    先の尖った棒にココナツを突き刺し、腕ずくで殻を剥きます。女性の従業員の方が実演してくれましたが、かなりの力業で大変そうでした。

  • ココナツを処理する機械です。左側の機械の下にのぞいているのが、ココナツの中の白い部分を砕いたものです。

    ココナツを処理する機械です。左側の機械の下にのぞいているのが、ココナツの中の白い部分を砕いたものです。

  • こちらはココナツジュースを煮詰める釜。剥いた後の殻を燃料として利用しているそうです。

    こちらはココナツジュースを煮詰める釜。剥いた後の殻を燃料として利用しているそうです。

  • 次は伝統民謡です。会場へ移動する途中には土産物店が並びます。<br />ここまで来て、やっとこの島が「観光島」だったんだということに気付きました(笑)。<br />この日はお客が少なかったようですが、忙しい日にはもっと活気も人出もあるのかもしれません。

    次は伝統民謡です。会場へ移動する途中には土産物店が並びます。
    ここまで来て、やっとこの島が「観光島」だったんだということに気付きました(笑)。
    この日はお客が少なかったようですが、忙しい日にはもっと活気も人出もあるのかもしれません。

  • 伝統民謡の会場。休憩所のようなスペースで、同じような建物、席が周囲にいくつかありました。やはりもっと多くの観光客にも対応できるようです。

    伝統民謡の会場。休憩所のようなスペースで、同じような建物、席が周囲にいくつかありました。やはりもっと多くの観光客にも対応できるようです。

  • 試食というには立派すぎる果物が出されました。手前のパイナップルから時計回りに竜眼、グァバ、柿、パパイヤです。初めて食べた竜眼はライチみたいな味、柿は日本のものよりさらに甘みが強かったです。<br />頂きながら、7~8人の歌い手さん達がが代わる代わる、あるいは全員で歌う民謡を聞きました。10分ほどだったと思います。

    試食というには立派すぎる果物が出されました。手前のパイナップルから時計回りに竜眼、グァバ、柿、パパイヤです。初めて食べた竜眼はライチみたいな味、柿は日本のものよりさらに甘みが強かったです。
    頂きながら、7~8人の歌い手さん達がが代わる代わる、あるいは全員で歌う民謡を聞きました。10分ほどだったと思います。

  • 最後はデルタクルーズです。船着き場までしばらく歩きます。<br />自生なのか栽培なのかはわかりませんが、ジャックフルーツを見かけました。

    最後はデルタクルーズです。船着き場までしばらく歩きます。
    自生なのか栽培なのかはわかりませんが、ジャックフルーツを見かけました。

  • 小さいボートに乗って出発です。

    小さいボートに乗って出発です。

    ミトー・メコンデルタクルーズ アクティビティ・乗り物体験

  • 漕ぎ手2人にお客は4人です。陽射しが強かったので、貸してくれた笠をかぶると結構涼しく、昔ながらの笠の威力を実感できました。

    漕ぎ手2人にお客は4人です。陽射しが強かったので、貸してくれた笠をかぶると結構涼しく、昔ながらの笠の威力を実感できました。

  • 漕ぎ手は女性が多かったです。

    漕ぎ手は女性が多かったです。

  • 狭い水路をのんびり漕ぎ進みます。天気がよかったので本当に気持ちよかったです。

    狭い水路をのんびり漕ぎ進みます。天気がよかったので本当に気持ちよかったです。

  • どこまで行くのかと思っていたら、15分ほどで開けた所に出ました。すでに島から戻るための船が待っていました。

    どこまで行くのかと思っていたら、15分ほどで開けた所に出ました。すでに島から戻るための船が待っていました。

  • 通ってきた水路の方を振り返ってみるとこんな感じです。思ったより短い時間だったので少し拍子抜けしましたが、暑さ等を考えるとこれぐらいが「デルタクルーズ体験」としてはちょうどいいのかもしれません。

    通ってきた水路の方を振り返ってみるとこんな感じです。思ったより短い時間だったので少し拍子抜けしましたが、暑さ等を考えるとこれぐらいが「デルタクルーズ体験」としてはちょうどいいのかもしれません。

  • 船に乗り換えて最初の船着き場に戻りました。こんな感じで他にも何艘も泊まっていたので、やっぱりこの日は暇だったのかもしれません。

    船に乗り換えて最初の船着き場に戻りました。こんな感じで他にも何艘も泊まっていたので、やっぱりこの日は暇だったのかもしれません。

  • バスに乗る所で、魚を運んでいる様子を見かけました。先ほどの船は地元の日常的な交通・輸送手段としても利用されているそうです。ちなみにこの魚は、地元の人向けの販売用として島に運ばれるそうです。

    バスに乗る所で、魚を運んでいる様子を見かけました。先ほどの船は地元の日常的な交通・輸送手段としても利用されているそうです。ちなみにこの魚は、地元の人向けの販売用として島に運ばれるそうです。

  • ミトーから帰路につきます。ホーチミン郊外までは1時間半ほどでした。都心が近づくにつれてバイクがどんどん増えます。<br />東南アジアの国には秒数表示がある信号機が多い気がします。

    ミトーから帰路につきます。ホーチミン郊外までは1時間半ほどでした。都心が近づくにつれてバイクがどんどん増えます。
    東南アジアの国には秒数表示がある信号機が多い気がします。

  • 圧がすごい(笑)。

    圧がすごい(笑)。

  • ホテルの近くまで戻ってきました。一気に街中感が急上昇です。

    ホテルの近くまで戻ってきました。一気に街中感が急上昇です。

  • 行きたいお店の近くを通ったので、ホテルに立ち寄る前にバスから降ろしてもらいました。遠くに人民委員会庁舎が見えます。

    行きたいお店の近くを通ったので、ホテルに立ち寄る前にバスから降ろしてもらいました。遠くに人民委員会庁舎が見えます。

    グエンフエ通り 散歩・街歩き

  • 雑貨屋さんを巡って最後のお土産探しです。

    雑貨屋さんを巡って最後のお土産探しです。

    タンポポ その他の店舗

  • 同行者はこのお店を一番気に入っていました。<br />この後ホテルに戻ります。部屋に戻ったのは18時半ごろでした。

    同行者はこのお店を一番気に入っていました。
    この後ホテルに戻ります。部屋に戻ったのは18時半ごろでした。

    トンボ 専門店

  • チェックアウトは21時だったので、シャワーを浴びてすっきりして、荷造りも済ませてからベトナムビールでホーチミン最後の乾杯です。

    チェックアウトは21時だったので、シャワーを浴びてすっきりして、荷造りも済ませてからベトナムビールでホーチミン最後の乾杯です。

    ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン ホテル

    立地が良く、サービスも期待以上 by blackcombさん
  • 到着時と同じく、事前に申し込んでおいた空港への送迎で21時にホテルを出発。<br />この日は何かイベントがあったようで、ライトアップされ、たくさんの人で賑わっている通りがありました。

    到着時と同じく、事前に申し込んでおいた空港への送迎で21時にホテルを出発。
    この日は何かイベントがあったようで、ライトアップされ、たくさんの人で賑わっている通りがありました。

  • 空港には20分ほどで到着。

    空港には20分ほどで到着。

  • 深夜便を利用する人もかなり多いようです。

    深夜便を利用する人もかなり多いようです。

    タンソンニャット国際空港 (SGN) 空港

  • 帰国便は日付が変わって一番下に表示されている0:15の便です。

    帰国便は日付が変わって一番下に表示されている0:15の便です。

  • チェックイン、出国手続きも無事に済ませました。出発まではまだ2時間ほどあるので、とりあえず出国エリアのターミナルを端から端まで探検します。

    チェックイン、出国手続きも無事に済ませました。出発まではまだ2時間ほどあるので、とりあえず出国エリアのターミナルを端から端まで探検します。

  • ノイバイ国際空港のような無料の休憩エリアだけでなく、有料の仮眠室もありました。

    ノイバイ国際空港のような無料の休憩エリアだけでなく、有料の仮眠室もありました。

  • 見られる所は全部見てしまったので、結局は搭乗口でのんびり待ちました。

    見られる所は全部見てしまったので、結局は搭乗口でのんびり待ちました。

  • 搭乗直前の長蛇の列。きっとほぼ満席だったと思います。

    搭乗直前の長蛇の列。きっとほぼ満席だったと思います。

  • 日本までは約5時間。旅行のことをいろいろ思い出したりしていたらあまり眠れませんでした。

    日本までは約5時間。旅行のことをいろいろ思い出したりしていたらあまり眠れませんでした。

  • 着陸前に朝食です。洋食はオムレツにヨーグルトやフルーツなど。もちろんワインも頂きました。

    着陸前に朝食です。洋食はオムレツにヨーグルトやフルーツなど。もちろんワインも頂きました。

  • 余韻に浸っているうちにほぼ定刻で関西空港に到着。

    余韻に浸っているうちにほぼ定刻で関西空港に到着。

  • 荷物も無事でした。

    荷物も無事でした。

  • 旅の最後は久々の日本食で昼食です。ターミナル内のフードコートにて、ベタな居酒屋メニューで最後の乾杯。旅の思い出を肴に楽しみながら、無事に旅を締めくくりました。

    旅の最後は久々の日本食で昼食です。ターミナル内のフードコートにて、ベタな居酒屋メニューで最後の乾杯。旅の思い出を肴に楽しみながら、無事に旅を締めくくりました。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集