パリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
パリ旅行といいつつ、ここでベルギー。なぜかというとこの日は日曜日でパリのお店、レストランがめちゃくちゃ閉まってしまう…。ということで、ド観光地であるブリュッセルに逃げることにしました。<br />使ったのはタリス。期間限定で返金不可のチケットが安くなっていたのでウェブで事前購入。<br />交通費が抑えられるの嬉しい。<br /><br />早起きも頑張って、地下鉄を乗り継ぎ北駅へ到着。<br />北駅の情報については、他サイトで詳しく載っていますが、カルフールやパン屋等朝から中々に充実しております。<br />事前に市街地で買っておくとかは不要そうです。お店のお兄さんも外国人には慣れているようで、簡単な英語には対応してくれました。不親切なパリ人とやらには未だ逢わず。みんな優しい…。<br /><br />朝食用にPaulでパンも購入し、準備万端!と、思いきやここでもトラブル…。タリスが発車しないんですね。<br />もうなんだこれ。なんの情報もないんです。ただ、電光掲示板に10分遅れと表示されただけ(その時点ですでに10分以上遅れ)。<br />乗客の人数からしても、いまから手荷物検査しても絶対10分では済まない…あ、20分遅れに表示変わった。もうほんとなんだこれ。<br /><br />と、もやもやしてたらですね、ゲートオープン♪<br />手荷物検査無し(←?)♪<br />申し訳程度に金属探査ゲートは作動しておりますがくぐらなくてもみんなずんずん乗車していきます(←??)。<br />もちろんパスポートも確認無し(←???)。<br /><br />これ結構普通なんですかね。パリ初心者には、わかりません。<br /><br />さて、無事乗車できた暁に、車内で朝食。こんなことなら、あと30分は寝られた…とか思ってしまいます。<br />因みに車内でチケットコントロールがあったので流石に無賃乗車はできません。でもパスポートは不要(いいの?)。<br /><br />無事にブリュッセル南駅には着いたのですが、ここでもトラブル~。<br />南駅→中央駅に行く電車を逆方向に乗り間違えてしまいました…。チケットコントロールのおじさんに、「これちゃうで(意訳)」と言われ絶望。親切にも正しい電車の発車時刻を教えてくださいました。<br />だって、南駅、乗り換え案内板に英語表記なかったんだよ~(言い訳)。<br />漢字圏を出た時は、漢字のありがたみ、英語圏に出た時は英語のありがたみを感じますね。<br /><br />そんなこんなでようやく中央駅到着。ここからブリュッセル観光が始まります。<br />駅周辺は、ホームレスの人もいましたが危ない感じはあまりなく。夜遅くなら、まだしも昼間は特に怖い感じはありません。<br />ここからグランプラスまで徒歩で行きます。<br /><br />景色はやっぱり綺麗。日本人が憧れる理想のヨーロッパでこれなんじゃないかって感じ。スリや物売りの人もいなくて観光しやすいのも嬉しい。治安がいいと心も休まります。<br />途中のカフェでトラディショナルなワッフルとホットチョコレートをいただきました。<br />あまあまで最っ高。<br /><br />さて、糖分もチャージしたところで、市内観光再開ここでは王立美術館(のショップだけ。お土産購入)→芸術の丘を目指します。<br />で、きれいな教会を見つけて寄り道。修繕中の箇所はありますが中はいたって静か。名前も知らずに入った(失礼。後で調べました)ですが、とってもきれいでした。観光地化していなくて純宗教施設という感じ。小銭寄付。<br /><br /><br />で、芸術の丘からだいぶそれたので戻って、楽器博物館へ。「あと1時間で閉まるわよ」と受付のお姉さんに言われ超特急で見学します。<br /><br />と見終わったところで、そろそろ帰りの電車を気にする時間になりましたので帰路につきます。今度は方向間違えません(笑)<br />物価は心なしか、ベルギーの方が安い気が。旅行者の方は、水等必需品をベルギーで揃えた方が少し安くなるかもしれません。少し。<br /><br />乗り場には着きましたが案の定、定時出発とはならず。またかー。<br />しかも今度はどこから出るかもわからない。<br />やっぱり海外旅行でさらに外国へ行く場合、元の宿に戻れるかはちょっと怖いところ。<br /><br />仕方なく聞いたタリスのスタッフ、白人のお姉さんはなんか怖くて不親切…。同じ制服着た、黒人のお姉さんは優しかった( ;∀;)メルシーボク―<br /><br />そんなこんなでなんとかパリへ。<br />その後、鶏料理のフランス料理を食べ、ホテルへ帰還。<br /><br />ブリュッセル楽しかったー。<br />

個人手配でやってみた GWパリ4日間の旅③

13いいね!

2019/04/26 - 2019/05/02

5177位(同エリア15813件中)

0

5

こももさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

パリ旅行といいつつ、ここでベルギー。なぜかというとこの日は日曜日でパリのお店、レストランがめちゃくちゃ閉まってしまう…。ということで、ド観光地であるブリュッセルに逃げることにしました。
使ったのはタリス。期間限定で返金不可のチケットが安くなっていたのでウェブで事前購入。
交通費が抑えられるの嬉しい。

早起きも頑張って、地下鉄を乗り継ぎ北駅へ到着。
北駅の情報については、他サイトで詳しく載っていますが、カルフールやパン屋等朝から中々に充実しております。
事前に市街地で買っておくとかは不要そうです。お店のお兄さんも外国人には慣れているようで、簡単な英語には対応してくれました。不親切なパリ人とやらには未だ逢わず。みんな優しい…。

朝食用にPaulでパンも購入し、準備万端!と、思いきやここでもトラブル…。タリスが発車しないんですね。
もうなんだこれ。なんの情報もないんです。ただ、電光掲示板に10分遅れと表示されただけ(その時点ですでに10分以上遅れ)。
乗客の人数からしても、いまから手荷物検査しても絶対10分では済まない…あ、20分遅れに表示変わった。もうほんとなんだこれ。

と、もやもやしてたらですね、ゲートオープン♪
手荷物検査無し(←?)♪
申し訳程度に金属探査ゲートは作動しておりますがくぐらなくてもみんなずんずん乗車していきます(←??)。
もちろんパスポートも確認無し(←???)。

これ結構普通なんですかね。パリ初心者には、わかりません。

さて、無事乗車できた暁に、車内で朝食。こんなことなら、あと30分は寝られた…とか思ってしまいます。
因みに車内でチケットコントロールがあったので流石に無賃乗車はできません。でもパスポートは不要(いいの?)。

無事にブリュッセル南駅には着いたのですが、ここでもトラブル~。
南駅→中央駅に行く電車を逆方向に乗り間違えてしまいました…。チケットコントロールのおじさんに、「これちゃうで(意訳)」と言われ絶望。親切にも正しい電車の発車時刻を教えてくださいました。
だって、南駅、乗り換え案内板に英語表記なかったんだよ~(言い訳)。
漢字圏を出た時は、漢字のありがたみ、英語圏に出た時は英語のありがたみを感じますね。

そんなこんなでようやく中央駅到着。ここからブリュッセル観光が始まります。
駅周辺は、ホームレスの人もいましたが危ない感じはあまりなく。夜遅くなら、まだしも昼間は特に怖い感じはありません。
ここからグランプラスまで徒歩で行きます。

景色はやっぱり綺麗。日本人が憧れる理想のヨーロッパでこれなんじゃないかって感じ。スリや物売りの人もいなくて観光しやすいのも嬉しい。治安がいいと心も休まります。
途中のカフェでトラディショナルなワッフルとホットチョコレートをいただきました。
あまあまで最っ高。

さて、糖分もチャージしたところで、市内観光再開ここでは王立美術館(のショップだけ。お土産購入)→芸術の丘を目指します。
で、きれいな教会を見つけて寄り道。修繕中の箇所はありますが中はいたって静か。名前も知らずに入った(失礼。後で調べました)ですが、とってもきれいでした。観光地化していなくて純宗教施設という感じ。小銭寄付。


で、芸術の丘からだいぶそれたので戻って、楽器博物館へ。「あと1時間で閉まるわよ」と受付のお姉さんに言われ超特急で見学します。

と見終わったところで、そろそろ帰りの電車を気にする時間になりましたので帰路につきます。今度は方向間違えません(笑)
物価は心なしか、ベルギーの方が安い気が。旅行者の方は、水等必需品をベルギーで揃えた方が少し安くなるかもしれません。少し。

乗り場には着きましたが案の定、定時出発とはならず。またかー。
しかも今度はどこから出るかもわからない。
やっぱり海外旅行でさらに外国へ行く場合、元の宿に戻れるかはちょっと怖いところ。

仕方なく聞いたタリスのスタッフ、白人のお姉さんはなんか怖くて不親切…。同じ制服着た、黒人のお姉さんは優しかった( ;∀;)メルシーボク―

そんなこんなでなんとかパリへ。
その後、鶏料理のフランス料理を食べ、ホテルへ帰還。

ブリュッセル楽しかったー。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.5
交通
3.5
一人あたり費用
10万円 - 15万円
旅行の手配内容
個別手配

PR

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集