どうしても観たいミュージカルがあり、初めての一人旅を決行!<br />5泊6日で4回の観劇をメインに、街歩きを楽しみました(^◇^)

初一人旅☆ニューヨーク5泊6日(3/6)

19いいね!

2019/02/08 - 2019/02/14

1796位(同エリア8141件中)

kannna75

kannna75さん

この旅行記のスケジュール

どうしても観たいミュージカルがあり、初めての一人旅を決行!
5泊6日で4回の観劇をメインに、街歩きを楽しみました(^◇^)

PR

  • 今日はチェルシー方面へ出かけます。地下鉄の駅に向かう途中でコパカバーナを発見!宝塚を観る人にはお馴染みのキーワードですね(*^_^*)

    今日はチェルシー方面へ出かけます。地下鉄の駅に向かう途中でコパカバーナを発見!宝塚を観る人にはお馴染みのキーワードですね(*^_^*)

  • チェルシーエリアに到着しました。Googleの社屋がオシャレです。

    チェルシーエリアに到着しました。Googleの社屋がオシャレです。

  • チェルシーマーケットに到着しました。横浜の赤レンガ倉庫のようなオシャレショッピングエリアです!

    チェルシーマーケットに到着しました。横浜の赤レンガ倉庫のようなオシャレショッピングエリアです!

  • ちょっとしたデコレーションもオシャレです。

    ちょっとしたデコレーションもオシャレです。

  • お腹が空いていたので、まずはお昼ごはんを食べることにします。<br />チェルシーマーケットにはレストランやイートインスペースがたくさんあってどこにしようか迷いましたが、一番行列ができていたこのお店に決定!

    お腹が空いていたので、まずはお昼ごはんを食べることにします。
    チェルシーマーケットにはレストランやイートインスペースがたくさんあってどこにしようか迷いましたが、一番行列ができていたこのお店に決定!

  • 中国か台湾の麺類のお店のようです。チープなネオンサインがかわいい!

    中国か台湾の麺類のお店のようです。チープなネオンサインがかわいい!

  • このお店で食べ物を買った人はカウンターか近くの立ち食いテーブルで食べていました。フォークとスプーンもあるのに、ほとんどの人が箸を使っていて驚きです!<br />このカウンターの裏のキッチンではコックさんが麺をこねたり空中で伸ばしたりしていて、列に並んでいるお客さんがみんな動画を撮っていました。どこの国でもインスタは流行ってるんだな~。

    このお店で食べ物を買った人はカウンターか近くの立ち食いテーブルで食べていました。フォークとスプーンもあるのに、ほとんどの人が箸を使っていて驚きです!
    このカウンターの裏のキッチンではコックさんが麺をこねたり空中で伸ばしたりしていて、列に並んでいるお客さんがみんな動画を撮っていました。どこの国でもインスタは流行ってるんだな~。

  • 箸袋がかわいい!カウンターは麻雀牌の柄です。

    箸袋がかわいい!カウンターは麻雀牌の柄です。

  • 一番上のメニューにRecommend!と書いてあったので、これにしました。牛肉麺?台湾料理のお店でした。山椒のきいた刀削麺で、辛くて美味しかったです(*^_^*)食べながらどんどん麺が伸びて、苦闘しました。笑<br />パクチーがたくさん入っているのも嬉しい!

    一番上のメニューにRecommend!と書いてあったので、これにしました。牛肉麺?台湾料理のお店でした。山椒のきいた刀削麺で、辛くて美味しかったです(*^_^*)食べながらどんどん麺が伸びて、苦闘しました。笑
    パクチーがたくさん入っているのも嬉しい!

  • 腹ごしらえのあとはチェルシーマーケット内をうろうろ。雑貨屋さんや本屋さん、服屋さんなどのテナントが入っています。ワインセラーや輸入系の食料品店などもあり、お酒を飲む人も楽しめそう(*^_^*)<br />Antholopology(アンソロポロジー)というオシャレな雑貨屋さんが気に入りました。Flanc Flancのようなお店です。ディッシュタオルはいろんな柄があって見ているだけでも楽しい!10ドルくらいなので、お土産にもちょうどいいかも。

    腹ごしらえのあとはチェルシーマーケット内をうろうろ。雑貨屋さんや本屋さん、服屋さんなどのテナントが入っています。ワインセラーや輸入系の食料品店などもあり、お酒を飲む人も楽しめそう(*^_^*)
    Antholopology(アンソロポロジー)というオシャレな雑貨屋さんが気に入りました。Flanc Flancのようなお店です。ディッシュタオルはいろんな柄があって見ているだけでも楽しい!10ドルくらいなので、お土産にもちょうどいいかも。

  • チャイナ系の雑貨屋さんで、皮肉の効いたキッチンミトンを発見しました。笑

    チャイナ系の雑貨屋さんで、皮肉の効いたキッチンミトンを発見しました。笑

  • こちらはディッシュタオル。アメリカはディッシュタオルをよく使うのでしょうか?雑貨屋さんでよく見かけました。

    こちらはディッシュタオル。アメリカはディッシュタオルをよく使うのでしょうか?雑貨屋さんでよく見かけました。

  • こちらはレジャーシート素材のポーチ。気に入ったので購入(^O^)8ドルです。

    こちらはレジャーシート素材のポーチ。気に入ったので購入(^O^)8ドルです。

  • 本屋さんは子供向けの書籍が充実していました!立ち読みして、可愛かったのでこちらの絵本を購入。9ドルです。

    本屋さんは子供向けの書籍が充実していました!立ち読みして、可愛かったのでこちらの絵本を購入。9ドルです。

  • か、かわいい~!

    か、かわいい~!

  • こちらはチェルシーマーケットの近くにある、Paper Sourceというお店で買ったレターセットです。文房具が好きな方におすすめ!チェルシーマーケットから徒歩5分くらいです。

    こちらはチェルシーマーケットの近くにある、Paper Sourceというお店で買ったレターセットです。文房具が好きな方におすすめ!チェルシーマーケットから徒歩5分くらいです。

  • チェルシーマーケットから出て、ハイラインへ向かいます。日本でも話題のブルーボトルコーヒーがありました。ニューヨークはコーヒーショップが充実しているので、コーヒー派の人はコーヒーショップ巡りも楽しそうですね!

    チェルシーマーケットから出て、ハイラインへ向かいます。日本でも話題のブルーボトルコーヒーがありました。ニューヨークはコーヒーショップが充実しているので、コーヒー派の人はコーヒーショップ巡りも楽しそうですね!

  • ハイラインに着きました。冬なので、植物はほぼ枯れてますね(^O^)

    ハイラインに着きました。冬なので、植物はほぼ枯れてますね(^O^)

  • ハイラインからだと見通しが良い~。天気がいい日がおすすめです。

    ハイラインからだと見通しが良い~。天気がいい日がおすすめです。

  • ハイライン沿いのあちこちにアート作品があります。

    ハイライン沿いのあちこちにアート作品があります。

  • 小さな白い花が咲いてました!クロッカスだそうです。30分ほどでハイラインを渡り終え、目的地近くに到着しました。

    小さな白い花が咲いてました!クロッカスだそうです。30分ほどでハイラインを渡り終え、目的地近くに到着しました。

  • The McKittrick Hotelに着きました!ホテルというのは設定で、ここは今回FROZENと合わせて楽しみにしていた、Sleep  No  Moreの劇場です!<br />https://mckittrickhotel.com<br /><br />劇場周辺はタイムズスクエアと比べてかなり人通りが少なく、夜になるとかなり暗く心細い雰囲気になるので、1人で行く場合は都合が合うなら昼公演がいいと思います。<br /><br />人気公演なので値下がりせず、tktsなどにもチケットが出てこないので、公式サイトから直接予約するのがオススメ!わたしが予約した時は日曜日のマチネで102.5ドルでした。

    The McKittrick Hotelに着きました!ホテルというのは設定で、ここは今回FROZENと合わせて楽しみにしていた、Sleep No Moreの劇場です!
    https://mckittrickhotel.com

    劇場周辺はタイムズスクエアと比べてかなり人通りが少なく、夜になるとかなり暗く心細い雰囲気になるので、1人で行く場合は都合が合うなら昼公演がいいと思います。

    人気公演なので値下がりせず、tktsなどにもチケットが出てこないので、公式サイトから直接予約するのがオススメ!わたしが予約した時は日曜日のマチネで102.5ドルでした。

  • 入場前の待機列でIDチェックがあります。パスポートがなくてモメているお客さんもいたので、パスポートを持って行きましょう。<br />パスポートチェックが済むと手の甲にスタンプを捺してもらえます。

    入場前の待機列でIDチェックがあります。パスポートがなくてモメているお客さんもいたので、パスポートを持って行きましょう。
    パスポートチェックが済むと手の甲にスタンプを捺してもらえます。

  • Sleep  No  Moreはイマーシブシアターという超体験型の芝居です。中に入ったらこの仮面を付けていないといけません。鼻が低いからか、鼻あて部分にやたら汗をかきました( ̄∇ ̄)周りのアジア人みんなそんな感じだったので、お国柄かな。笑<br /><br />SNMでわたしが見たものはこの記事の最後に書きますので、ネタバレOKな方は読んでみてください。(断片的なので何もわからないかもですが…。)

    Sleep No Moreはイマーシブシアターという超体験型の芝居です。中に入ったらこの仮面を付けていないといけません。鼻が低いからか、鼻あて部分にやたら汗をかきました( ̄∇ ̄)周りのアジア人みんなそんな感じだったので、お国柄かな。笑

    SNMでわたしが見たものはこの記事の最後に書きますので、ネタバレOKな方は読んでみてください。(断片的なので何もわからないかもですが…。)

  • ホテルに戻ってふとパーカーの袖を見たら、もらい血糊が!笑<br />公演中は水しぶきや血しぶきを浴びることもあるので、汚れてもいい格好で行きましょう~!

    ホテルに戻ってふとパーカーの袖を見たら、もらい血糊が!笑
    公演中は水しぶきや血しぶきを浴びることもあるので、汚れてもいい格好で行きましょう~!

  • ホテルへ戻る途中、マディソンスクエアガーデンを通りかかりました。

    ホテルへ戻る途中、マディソンスクエアガーデンを通りかかりました。

  • 夜ごはんはまたしてもホテル近くのデリで調達!昨日とは別のお店にしてみましたが、料理のラインナップはほぼ同じですね( ´ ▽ ` )フライドチキンが美味しかったです!これで11ドル。

    夜ごはんはまたしてもホテル近くのデリで調達!昨日とは別のお店にしてみましたが、料理のラインナップはほぼ同じですね( ´ ▽ ` )フライドチキンが美味しかったです!これで11ドル。

  • 【Sleep  No  Moreネタバレ】<br />わたしが見たものを覚えている範囲で書き出してみました。もっといろんな人を追っかけてみたかったよ~!香港バージョンに行こうかと検討中です。<br /><br />・赤いドレスの女性が仁王立ちして両手を横に広げ、ハッ、ハッ、とリズムに合わせて息をしている。(怖い。)バーのような空間。赤いドレスの女性の絶叫をきっかけにマクベス?バンクォー?(どちらかわからない)と3人の女性(魔女?)が踊り始める。何度か女性がそれぞれものすごい悲鳴をあげるのでびっくりするし怖い。ホラー映画のように仰け反りながらの絶叫。フラッシュライトが明滅して、コマ送りのように見えるのだが赤いドレスの女性以外は激しく踊っているのが分かる。途中で牛の頭を被った全裸の男性が参入。マクベスは1人の女性の喉元から胸元まで、瓶に入った血糊をべったりかける。1人の女性は真っ赤な赤ん坊(バンクォーの子?)を抱きあげ授乳。牛頭と2人(3人だったかも)の女性はテーブルを囲んで座り込み、なにか小さなものを手から手へぐるぐる回し渡している。ライトの明滅が終わり、各々走り去る。最初に立っていた赤いドレスの女性は残る。緑のドレスの女性がバーカウンターの中で激しく踊る。座り込んだと思ったらカウンターの反対の端から急にバン!と出てきたりするのでびっくりする。赤いドレスの女性はカウンターの席に座りただ眺めている。緑のドレスの女性はダンスが終わり、走り去る。赤いドレスの女性は長い裾をきれいに流して、バーのテーブル席に着く。ここまでもこのあともずっと、冷たい微笑みを微かに浮かべた無表情でどこか人間的ではない印象。そこへ、旅行鞄を提げた若い女の子がやってくる(20歳くらいに見える)。女の子は紙切れを女性に手渡すが、一瞥してビリビリに破いて捨てられてしまう。同じテーブルの席に着くよう促す女性。ウイスキーのようなものを2つの小さなグラスに注ぎ、片方を女の子に手渡し、乾杯する。一気に飲み干す女の子。しかし、女性はそれを見届けたあと自分は飲まずに中身を床に捨ててしまう。ポーチから口紅を取り出し、女の子に差し出す女性。受け取ろうとした女の子の手を一度はかわすが、結局渡す。女の子はその場で口紅を塗り、返す。女性は女の子の頬に手を添え、やがて口紅を雑にぬぐう。どこかへ行ってしまう女性。わたしは女の子の方を追いかけることにする。女の子は自分の部屋へと帰る。鏡の前でティッシュで口紅をきれいに拭き取り、ベッドに倒れこんで眠る。そこへ、キャビネットの隠し扉から男が出てくる。男は女の子が眠り込んでいるのを確認すると、何やら探している様子だが、何も見つけられずに女の子に服をかけてやり、そのまま去る。目覚めると女の子は身支度をし、箪笥の上に置いた女性の写真にキスをし、クラッチバッグだけを持って出かける。斜め向かいの仕立て屋の家だ。仕立て屋の主人にドレスの生地を見立ててもらい、親しげにダンスを踊る女の子。主人が何かを探しにちょっと出かけた隙に、焦ったような表情に。慌てて引き出しの中を漁って小さな鍵が入った缶を見つけ出す。(ここの手元灯の使い方が面白い。灯で照らし出す方に視線が上手く誘導される。)棚の上の金庫を開け、札束を盗み出すことに成功した女の子。主人が帰ってくる前に慌てて全て元どおりにし、盗んだ金は自分のクラッチバッグへ。主人は女の子へのプレゼントに花束を買いに行っていたのだった。花束を受け取り、店をあとにする女の子。盗みはバレていない。店の前で主人に引き止められ、キスされそうになるが拒み自分の部屋へと戻る。(ここでは花束はもう持っていなかった。受け取らず主人に突き返していたかも?)部屋では鼻をかみ、旅行鞄に服を詰める。先ほど盗んだ札束は、少し悩んだあとにクラッチバッグではなく服の中に詰め込み隠しておく。鞄を持って向かった先はホテルのロビー。呼び鈴を鳴らすが誰も出てこない。痺れを切らして2度目を鳴らした時、受付の内側ではなくロビーに男性がいることに気づく。(白いシャツに黒いズボン、フォーマルだけどジャケットは着ていなかった。笑顔なのだけど、立ち居振る舞いが粗野な感じで狂気的。)男性は女の子をロビーのソファに掛けさせ、自分は紅茶を用意して持ってくるが、なにせ扱いが雑で紅茶がポットからザブザブ溢れている。溢れた紅茶がテーブルに置いてあった箱庭療法のセットにかかり、箱庭の樹が倒れてしまう。倒れた樹を立て直してあげる女の子。勧められるままに紅茶を飲むが、男性は立ったまま歩き回って女の子のソファのクッションをやたらと置き直したり落ち着かないので、居心地の悪い女の子は向かいの大きなソファに移り、外を眺めて気にする(誰かと待ち合わせをしている?)。女の子が外に気を取られていることをいいことに、男性は女の子の鞄をこっそり開けて札束を見つけ出す。鞄が床に落ちる音で振り向いた女の子。急いで中を確かめるが札束がない。探しているのはこれだろ、と言わんばかりに札束を差し出す男性。女の子が怒って札束をむしりとり、険悪な雰囲気になっているところに、ロビーの電話が鳴り響く。鞄と札束をしっかり抱えて電話に出る女の子。(電話には「Really?」と言っているように聞こえた。)自分の住んでいる街ゾーンに戻り、自分の部屋に戻ったところで一度シャットアウト。(1on1だったかも?)<br />・レターオフィスのような部屋の奥の部屋に、女の子の鞄から札束を盗み出した男性が倒れ込んでいる。奥の部屋は写真の現像室のような雰囲気で、女性の全裸の死体の写真がたくさん吊るしてある。(ここは写真屋なのかもしれない。この男性、やばいやつ…?)男性が店の表側の部屋に戻ると、札束を盗んだ旅行鞄の女の子が席に座って何かを見ている。きれいな女性のポートレート写真だ。男性と女の子は、2人ともなぜか同じ女性の写真を大切に持っていたことが分かる。女の子が持っていた写真の裏には何かが書いてあるが、読もうとした男性を女の子が遮る。女の子は写真屋を出て行き、自分の部屋へ。→シャットアウト(1on1だったかも?)<br />・旅行鞄の女の子。仕立て屋へ行き、小さなロケットに糸を通してネックレスに。ロケットの中には、引き出しに入っていた本のページを切り取って入れていた。自分の首にかけ、外へ。<br />・バレリーナのような格好のマクベス夫人。ベッドの上を縦横無尽に踊りまわる。そこへ、両手を真っ赤に染め取り乱したマクベスが。肩を抱いて部屋の中央のバスタブへ。服を脱がせてバスタブに入れてやり、血を洗い流してやる。震えるマクベスをベッドまで連れて行き、抱きかかえる。2人は眠るが、やがてマクベスだけがどこかへ(全裸のまま…)。目覚めた夫人、何かに怯えるように毛布にくるまる。部屋の向かい側に移動。小上がりになった奥の部分が夫人の部屋になっている?ガラスが鏡に見立てられていて、観客はガラス=夫人の部屋の鏡越しに夫人を見ることに。鬼気迫るダンス。しばらくして夫人はイブニングドレスを着て、ウイスキーを飲み、引き出しからペンダントを引っ張り出して部屋の外へ。別の階で、道に倒れこむ。狂気に犯されていて、観客を抱き寄せ頬を撫でて耳元で何かを囁く。何人かにそれを繰り返し、(where is my son?と聞いているように聞こえたけど、sonじゃなかったかも…。)ボールルームへ。ボールルームの長机には既に客が揃っている。ちょうどマクベス(服を着ているが、血まみれ。返り血?)もやってきて、長机の反対側に座るマクベス夫妻。マクベス夫人は先ほどのペンダントを掲げてマクベスに見せつける。宴会のシーンへ。3回目のループは、マクベス夫妻が合流せず、マクベスが机の中央へ。いつのまにか天井から首吊りロープが下がっている。大人しくロープを首にかけるも、少し間を置いていやだ、いやだと首をかきむしるマクベス。覆されることはなく、イスを倒す音で暗転。そのまま首吊り処刑。一瞬ののちに明るくなると、首を吊られてぶらぶら揺れているマクベスが。(どうやっているんだろう…!?安全帯を付けられそうな瞬間なんてほとんどなかった!あるとしたら、一瞬の暗転中?本当に首を吊っているように見えて、恐ろしかった。)マクベス夫人は、ただ静かに見ていた。<br />・1組の夫婦。(妻が妊娠しているので、バンクォー夫妻か?以降バンクォー夫妻と呼ぶ)箪笥と天井の間の狭い空間で、天井の片隅には祭壇。祭壇のマリア像(キリスト像かも)をキーキー音が鳴るほどに必死に磨く妻と、それをなだめるバンクォー。妊婦がそんなに踊っちゃ危ないぜと思うくらい激しい2人でのダンス。天井とのわずかな隙間で行き交ったり、天井に張り付いたりと息がぴったり。隣のリビングに場所を移し、イライラ落ち着かない妻と、それを優しくなだめてやる夫のダンス。ソファごと抱き寄せたり。しばらくして、夫はどこかへ。妻は服を正装風のドレスに着替え、靴を履き、お腹をしんどそうにしながらボールルームへ。ボールルームではダンスパーティーが開かれている。男女4組くらいと、老メイド(レベッカのダンヴァース夫人?)。夫と少し踊るが、お腹の子が心配なのか、夫人は端の方で眺めていることに。すると、夫は見知らぬ若い女性(どう見ても彼に気がある)と踊り始める。この女性、緑の、胸がおへそあたりまでばっくり開いた大胆なドレスを着ていて、バンクォーと踊りながら観客に「どう?いいでしょ?」みたいな挑発的な目線をバシバシ送ってくるし、もちろん、夫人にもその目線を送る。頭に血が上った夫人は、落ち着こうとメイドからウイスキーの小さなグラスを受け取り、一気に飲み干す。男女のダンスは続き、やがて夫人が床に倒れこむ。夫人は観客の手を借りて起き上がり、夫婦のリビングルームへ。1on1でシャットアウト。<br />・旅行鞄の女の子の部屋や仕立て屋がある街。緑のドレスの女性と、男女の3人組でのダンス。急に走ったり、ドレスの女性をキリストのように掲げたりと激しい。<br />・ドライフラワーと鳥かごがたくさん吊るされた部屋。女性がたらいの水を飲んだ後、手を洗い、肩を洗い、胸を洗って最後に髪を洗う。観客にタオルを手渡し、水を拭わせる。<br />・夫婦が言い争いながらどこかへ向かっている。(妻が「murder!」と言っているように聞こえた)<br />・老婦人と男性の、外したドアを使ったダンスパフォーマンス。<br />・狭い部屋で手術台(?)を使った男女のダンスパフォーマンス。部屋に入れたのは10人くらい。

    【Sleep No Moreネタバレ】
    わたしが見たものを覚えている範囲で書き出してみました。もっといろんな人を追っかけてみたかったよ~!香港バージョンに行こうかと検討中です。

    ・赤いドレスの女性が仁王立ちして両手を横に広げ、ハッ、ハッ、とリズムに合わせて息をしている。(怖い。)バーのような空間。赤いドレスの女性の絶叫をきっかけにマクベス?バンクォー?(どちらかわからない)と3人の女性(魔女?)が踊り始める。何度か女性がそれぞれものすごい悲鳴をあげるのでびっくりするし怖い。ホラー映画のように仰け反りながらの絶叫。フラッシュライトが明滅して、コマ送りのように見えるのだが赤いドレスの女性以外は激しく踊っているのが分かる。途中で牛の頭を被った全裸の男性が参入。マクベスは1人の女性の喉元から胸元まで、瓶に入った血糊をべったりかける。1人の女性は真っ赤な赤ん坊(バンクォーの子?)を抱きあげ授乳。牛頭と2人(3人だったかも)の女性はテーブルを囲んで座り込み、なにか小さなものを手から手へぐるぐる回し渡している。ライトの明滅が終わり、各々走り去る。最初に立っていた赤いドレスの女性は残る。緑のドレスの女性がバーカウンターの中で激しく踊る。座り込んだと思ったらカウンターの反対の端から急にバン!と出てきたりするのでびっくりする。赤いドレスの女性はカウンターの席に座りただ眺めている。緑のドレスの女性はダンスが終わり、走り去る。赤いドレスの女性は長い裾をきれいに流して、バーのテーブル席に着く。ここまでもこのあともずっと、冷たい微笑みを微かに浮かべた無表情でどこか人間的ではない印象。そこへ、旅行鞄を提げた若い女の子がやってくる(20歳くらいに見える)。女の子は紙切れを女性に手渡すが、一瞥してビリビリに破いて捨てられてしまう。同じテーブルの席に着くよう促す女性。ウイスキーのようなものを2つの小さなグラスに注ぎ、片方を女の子に手渡し、乾杯する。一気に飲み干す女の子。しかし、女性はそれを見届けたあと自分は飲まずに中身を床に捨ててしまう。ポーチから口紅を取り出し、女の子に差し出す女性。受け取ろうとした女の子の手を一度はかわすが、結局渡す。女の子はその場で口紅を塗り、返す。女性は女の子の頬に手を添え、やがて口紅を雑にぬぐう。どこかへ行ってしまう女性。わたしは女の子の方を追いかけることにする。女の子は自分の部屋へと帰る。鏡の前でティッシュで口紅をきれいに拭き取り、ベッドに倒れこんで眠る。そこへ、キャビネットの隠し扉から男が出てくる。男は女の子が眠り込んでいるのを確認すると、何やら探している様子だが、何も見つけられずに女の子に服をかけてやり、そのまま去る。目覚めると女の子は身支度をし、箪笥の上に置いた女性の写真にキスをし、クラッチバッグだけを持って出かける。斜め向かいの仕立て屋の家だ。仕立て屋の主人にドレスの生地を見立ててもらい、親しげにダンスを踊る女の子。主人が何かを探しにちょっと出かけた隙に、焦ったような表情に。慌てて引き出しの中を漁って小さな鍵が入った缶を見つけ出す。(ここの手元灯の使い方が面白い。灯で照らし出す方に視線が上手く誘導される。)棚の上の金庫を開け、札束を盗み出すことに成功した女の子。主人が帰ってくる前に慌てて全て元どおりにし、盗んだ金は自分のクラッチバッグへ。主人は女の子へのプレゼントに花束を買いに行っていたのだった。花束を受け取り、店をあとにする女の子。盗みはバレていない。店の前で主人に引き止められ、キスされそうになるが拒み自分の部屋へと戻る。(ここでは花束はもう持っていなかった。受け取らず主人に突き返していたかも?)部屋では鼻をかみ、旅行鞄に服を詰める。先ほど盗んだ札束は、少し悩んだあとにクラッチバッグではなく服の中に詰め込み隠しておく。鞄を持って向かった先はホテルのロビー。呼び鈴を鳴らすが誰も出てこない。痺れを切らして2度目を鳴らした時、受付の内側ではなくロビーに男性がいることに気づく。(白いシャツに黒いズボン、フォーマルだけどジャケットは着ていなかった。笑顔なのだけど、立ち居振る舞いが粗野な感じで狂気的。)男性は女の子をロビーのソファに掛けさせ、自分は紅茶を用意して持ってくるが、なにせ扱いが雑で紅茶がポットからザブザブ溢れている。溢れた紅茶がテーブルに置いてあった箱庭療法のセットにかかり、箱庭の樹が倒れてしまう。倒れた樹を立て直してあげる女の子。勧められるままに紅茶を飲むが、男性は立ったまま歩き回って女の子のソファのクッションをやたらと置き直したり落ち着かないので、居心地の悪い女の子は向かいの大きなソファに移り、外を眺めて気にする(誰かと待ち合わせをしている?)。女の子が外に気を取られていることをいいことに、男性は女の子の鞄をこっそり開けて札束を見つけ出す。鞄が床に落ちる音で振り向いた女の子。急いで中を確かめるが札束がない。探しているのはこれだろ、と言わんばかりに札束を差し出す男性。女の子が怒って札束をむしりとり、険悪な雰囲気になっているところに、ロビーの電話が鳴り響く。鞄と札束をしっかり抱えて電話に出る女の子。(電話には「Really?」と言っているように聞こえた。)自分の住んでいる街ゾーンに戻り、自分の部屋に戻ったところで一度シャットアウト。(1on1だったかも?)
    ・レターオフィスのような部屋の奥の部屋に、女の子の鞄から札束を盗み出した男性が倒れ込んでいる。奥の部屋は写真の現像室のような雰囲気で、女性の全裸の死体の写真がたくさん吊るしてある。(ここは写真屋なのかもしれない。この男性、やばいやつ…?)男性が店の表側の部屋に戻ると、札束を盗んだ旅行鞄の女の子が席に座って何かを見ている。きれいな女性のポートレート写真だ。男性と女の子は、2人ともなぜか同じ女性の写真を大切に持っていたことが分かる。女の子が持っていた写真の裏には何かが書いてあるが、読もうとした男性を女の子が遮る。女の子は写真屋を出て行き、自分の部屋へ。→シャットアウト(1on1だったかも?)
    ・旅行鞄の女の子。仕立て屋へ行き、小さなロケットに糸を通してネックレスに。ロケットの中には、引き出しに入っていた本のページを切り取って入れていた。自分の首にかけ、外へ。
    ・バレリーナのような格好のマクベス夫人。ベッドの上を縦横無尽に踊りまわる。そこへ、両手を真っ赤に染め取り乱したマクベスが。肩を抱いて部屋の中央のバスタブへ。服を脱がせてバスタブに入れてやり、血を洗い流してやる。震えるマクベスをベッドまで連れて行き、抱きかかえる。2人は眠るが、やがてマクベスだけがどこかへ(全裸のまま…)。目覚めた夫人、何かに怯えるように毛布にくるまる。部屋の向かい側に移動。小上がりになった奥の部分が夫人の部屋になっている?ガラスが鏡に見立てられていて、観客はガラス=夫人の部屋の鏡越しに夫人を見ることに。鬼気迫るダンス。しばらくして夫人はイブニングドレスを着て、ウイスキーを飲み、引き出しからペンダントを引っ張り出して部屋の外へ。別の階で、道に倒れこむ。狂気に犯されていて、観客を抱き寄せ頬を撫でて耳元で何かを囁く。何人かにそれを繰り返し、(where is my son?と聞いているように聞こえたけど、sonじゃなかったかも…。)ボールルームへ。ボールルームの長机には既に客が揃っている。ちょうどマクベス(服を着ているが、血まみれ。返り血?)もやってきて、長机の反対側に座るマクベス夫妻。マクベス夫人は先ほどのペンダントを掲げてマクベスに見せつける。宴会のシーンへ。3回目のループは、マクベス夫妻が合流せず、マクベスが机の中央へ。いつのまにか天井から首吊りロープが下がっている。大人しくロープを首にかけるも、少し間を置いていやだ、いやだと首をかきむしるマクベス。覆されることはなく、イスを倒す音で暗転。そのまま首吊り処刑。一瞬ののちに明るくなると、首を吊られてぶらぶら揺れているマクベスが。(どうやっているんだろう…!?安全帯を付けられそうな瞬間なんてほとんどなかった!あるとしたら、一瞬の暗転中?本当に首を吊っているように見えて、恐ろしかった。)マクベス夫人は、ただ静かに見ていた。
    ・1組の夫婦。(妻が妊娠しているので、バンクォー夫妻か?以降バンクォー夫妻と呼ぶ)箪笥と天井の間の狭い空間で、天井の片隅には祭壇。祭壇のマリア像(キリスト像かも)をキーキー音が鳴るほどに必死に磨く妻と、それをなだめるバンクォー。妊婦がそんなに踊っちゃ危ないぜと思うくらい激しい2人でのダンス。天井とのわずかな隙間で行き交ったり、天井に張り付いたりと息がぴったり。隣のリビングに場所を移し、イライラ落ち着かない妻と、それを優しくなだめてやる夫のダンス。ソファごと抱き寄せたり。しばらくして、夫はどこかへ。妻は服を正装風のドレスに着替え、靴を履き、お腹をしんどそうにしながらボールルームへ。ボールルームではダンスパーティーが開かれている。男女4組くらいと、老メイド(レベッカのダンヴァース夫人?)。夫と少し踊るが、お腹の子が心配なのか、夫人は端の方で眺めていることに。すると、夫は見知らぬ若い女性(どう見ても彼に気がある)と踊り始める。この女性、緑の、胸がおへそあたりまでばっくり開いた大胆なドレスを着ていて、バンクォーと踊りながら観客に「どう?いいでしょ?」みたいな挑発的な目線をバシバシ送ってくるし、もちろん、夫人にもその目線を送る。頭に血が上った夫人は、落ち着こうとメイドからウイスキーの小さなグラスを受け取り、一気に飲み干す。男女のダンスは続き、やがて夫人が床に倒れこむ。夫人は観客の手を借りて起き上がり、夫婦のリビングルームへ。1on1でシャットアウト。
    ・旅行鞄の女の子の部屋や仕立て屋がある街。緑のドレスの女性と、男女の3人組でのダンス。急に走ったり、ドレスの女性をキリストのように掲げたりと激しい。
    ・ドライフラワーと鳥かごがたくさん吊るされた部屋。女性がたらいの水を飲んだ後、手を洗い、肩を洗い、胸を洗って最後に髪を洗う。観客にタオルを手渡し、水を拭わせる。
    ・夫婦が言い争いながらどこかへ向かっている。(妻が「murder!」と言っているように聞こえた)
    ・老婦人と男性の、外したドアを使ったダンスパフォーマンス。
    ・狭い部屋で手術台(?)を使った男女のダンスパフォーマンス。部屋に入れたのは10人くらい。

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集