フランクフルト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
15年ぶりのドイツ。<br />銀行の用事と、旧友に会いに。<br /><br />フランクフルト郊外の友人宅に滞在。<br /><br />一日目、銀行の用を済ませてから在住の友人と市内をぶらぶら。<br /><br />彼女も住んではいても、乗ったことはないから、市内の観光バスに乗ってみよう!ということになりました。

15年ぶりのドイツ その2 第一日目 バスツアー

17いいね!

2019/02/06 - 2019/02/06

800位(同エリア2485件中)

UPUPさん

15年ぶりのドイツ。
銀行の用事と、旧友に会いに。

フランクフルト郊外の友人宅に滞在。

一日目、銀行の用を済ませてから在住の友人と市内をぶらぶら。

彼女も住んではいても、乗ったことはないから、市内の観光バスに乗ってみよう!ということになりました。

PR

  • バスの発車時間までに時間があるので、暖を取ろうと目にとまったのが、このマギーショップ。<br />MAGGIE(マギー)といえば、日本人にとってのキッコーマン的な国民的調味料。<br />調味料だけでなく、インスタントものも色々出している。<br /><br />興味津々で中に入ってみる。

    バスの発車時間までに時間があるので、暖を取ろうと目にとまったのが、このマギーショップ。
    MAGGIE(マギー)といえば、日本人にとってのキッコーマン的な国民的調味料。
    調味料だけでなく、インスタントものも色々出している。

    興味津々で中に入ってみる。

  • 壁には、ありとあらゆるマギー商品が並ぶ

    壁には、ありとあらゆるマギー商品が並ぶ

  • アンテナショップ的な?<br />ドイツの(簡易)食生活を垣間見れる。

    アンテナショップ的な?
    ドイツの(簡易)食生活を垣間見れる。

  • カップヌードルも各種。

    カップヌードルも各種。

  • 併設されているセルフのカフェ?で、軽食が取れます。<br />寒くて暖かいものが欲しかったので、レンズ豆のスープと、フランクフルトソーセージを。<br />

    併設されているセルフのカフェ?で、軽食が取れます。
    寒くて暖かいものが欲しかったので、レンズ豆のスープと、フランクフルトソーセージを。

  • 支払った食べ物につける調味料の各種ももちろんマギー商品。

    支払った食べ物につける調味料の各種ももちろんマギー商品。

  • 食べ終わって時間になったので、バスに。<br /><br />ローマ―の広場からは、毎時出発だった。<br />直接バスの中にいたおねえさんにお金を払えばOK。予約は必要なし。

    食べ終わって時間になったので、バスに。

    ローマ―の広場からは、毎時出発だった。
    直接バスの中にいたおねえさんにお金を払えばOK。予約は必要なし。

  • 運転席。時間になる前は誰もいない。

    運転席。時間になる前は誰もいない。

  • CITY TOURS HOP ON HOP OFF<br />これが正式名称なのかな<br /><br />二階の一番前の席に陣取る

    CITY TOURS HOP ON HOP OFF
    これが正式名称なのかな

    二階の一番前の席に陣取る

  • なぜなら誰もいないから。(笑)

    なぜなら誰もいないから。(笑)

  • 一時間コースと一時間半コースがある。<br />途中で降りてもいいらしいが、どういうところに連れていかれるのか、私たちは眺めたいだけなので、降りる気は毛頭ない。

    一時間コースと一時間半コースがある。
    途中で降りてもいいらしいが、どういうところに連れていかれるのか、私たちは眺めたいだけなので、降りる気は毛頭ない。

  • 出発すると、すぐにこの陸橋状の建物に。<br />STANDESAMT、婚姻関係を担う市庁舎の一部だけれど、今見ると、こんな不思議な構造だったとは気が付かなかった

    出発すると、すぐにこの陸橋状の建物に。
    STANDESAMT、婚姻関係を担う市庁舎の一部だけれど、今見ると、こんな不思議な構造だったとは気が付かなかった

  • 下を路面電車が走る。<br /><br />この電車は、昔住んでいた隣町OFFENBACH(その1)にまで通じている。

    下を路面電車が走る。

    この電車は、昔住んでいた隣町OFFENBACH(その1)にまで通じている。

  • バスは銀行が立ち並ぶ中心へ。<br /><br />高い建物が少ないドイツで、高層ビルが立ち並ぶこのあたりは珍しい光景。

    バスは銀行が立ち並ぶ中心へ。

    高い建物が少ないドイツで、高層ビルが立ち並ぶこのあたりは珍しい光景。

  • このあたりは欧州中央銀行などもあったが今は引っ越して、中心から少し離れた場所へ移転。

    このあたりは欧州中央銀行などもあったが今は引っ越して、中心から少し離れた場所へ移転。

  • ドイツ経済、ヨーロッパ経済を支えるドイツ銀行の本社ビル。<br />ツインタワーになっている

    ドイツ経済、ヨーロッパ経済を支えるドイツ銀行の本社ビル。
    ツインタワーになっている

  • メッセ(国際展示会)会場。<br /><br />色とりどりの旗。<br />この時も翌日からの展示会の広告がでていた。<br />

    メッセ(国際展示会)会場。

    色とりどりの旗。
    この時も翌日からの展示会の広告がでていた。

    フランクフルト メッセ 劇場・ホール・ショー

  • メッセのアイコン、HAMMERING MAN.<br /><br />こうやって見ると、巨大だったのね。

    メッセのアイコン、HAMMERING MAN.

    こうやって見ると、巨大だったのね。

    フランクフルト メッセ 劇場・ホール・ショー

  • バスは南下して、交通の要点になる中央駅へ。<br /><br />サイドから見るとこうなります。

    バスは南下して、交通の要点になる中央駅へ。

    サイドから見るとこうなります。

  • 正面からの中央駅。

    正面からの中央駅。

  • そのまま、南に行き、マイン川を渡る

    そのまま、南に行き、マイン川を渡る

  • 途中、ごみ回収車を発見。<br /><br />ものすごい派手な制服だけれど、暗いところでは、絶対に必須。

    途中、ごみ回収車を発見。

    ものすごい派手な制服だけれど、暗いところでは、絶対に必須。

  • 川岸を走る。<br />川の北側が開発されて、高級住居マンションが立ち並んだということだが、写真取れず。

    川岸を走る。
    川の北側が開発されて、高級住居マンションが立ち並んだということだが、写真取れず。

  • この川岸は、MUSEUM UFERと言われ、美術館、博物館が立ち並ぶエリア

    この川岸は、MUSEUM UFERと言われ、美術館、博物館が立ち並ぶエリア

  • 一番有名な、STADEL美術館は改装中で、大きな工事現場になっていた。<br />昔はよくいったなぁ。。<br /><br />この辺は駐車場がないのがネック。<br />今だにないそうな

    一番有名な、STADEL美術館は改装中で、大きな工事現場になっていた。
    昔はよくいったなぁ。。

    この辺は駐車場がないのがネック。
    今だにないそうな

    シュテーデル美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • ここもたしか映画博物館

    ここもたしか映画博物館

  • 動く車からなので、ブレブレですが、この奥が、ザクセンハウゼンの居酒屋街

    動く車からなので、ブレブレですが、この奥が、ザクセンハウゼンの居酒屋街

    ザクセンハウゼン地区 旧市街・古い町並み

  • バスはまた北の方角へ。<br /><br />

    バスはまた北の方角へ。

  • 川を渡り、遠くにかすむ高層ビルのスカイライン

    川を渡り、遠くにかすむ高層ビルのスカイライン

  • 古い鉄橋。今も渡れる。<br />それ以外は、ここからフェリーに乗れる。<br />考えてみたら、一度も乗ったことないかも

    古い鉄橋。今も渡れる。
    それ以外は、ここからフェリーに乗れる。
    考えてみたら、一度も乗ったことないかも

  • また出発地の市庁舎地区へ戻る。<br /><br />実際一時間かかってぐるっと回ったけれど、やはり目新しい場所はそれほどなかった。(川岸の開発地区だけかな)<br /><br />でもまあ、観光客の目線でみるとこんな街だったんだな、と実感できて、面白かったかな。

    また出発地の市庁舎地区へ戻る。

    実際一時間かかってぐるっと回ったけれど、やはり目新しい場所はそれほどなかった。(川岸の開発地区だけかな)

    でもまあ、観光客の目線でみるとこんな街だったんだな、と実感できて、面白かったかな。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集