紀伊田辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
年末の和歌山湯巡りの二日目です。<br />勝浦で朝日を眺める湯からスタートして、絶景温泉を三か所巡れました。<br />その後も白浜、田辺、有田と温泉を巡りました。<br />帰り道は最後の最後でやっぱり雪が降ってびっくりしましたが、<br />なんとか無事に帰ることができました。

2018年末の和歌山湯巡り(2)

4いいね!

2018/12/29 - 2018/12/30

76位(同エリア121件中)

0

20

年末の和歌山湯巡りの二日目です。
勝浦で朝日を眺める湯からスタートして、絶景温泉を三か所巡れました。
その後も白浜、田辺、有田と温泉を巡りました。
帰り道は最後の最後でやっぱり雪が降ってびっくりしましたが、
なんとか無事に帰ることができました。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.0
観光
4.0

PR

  • 今日も朝から湯巡りを開始します。<br />まず訪れたのは、勝浦温泉でもう一軒。<br />勝浦観光ホテルです。

    今日も朝から湯巡りを開始します。
    まず訪れたのは、勝浦温泉でもう一軒。
    勝浦観光ホテルです。

  • ホテルのロビーにはマグロのオブジェがありました。

    ホテルのロビーにはマグロのオブジェがありました。

  • 実はこちらに来たのは朝7時。<br />朝一番にこちらに来たのは、こちらがお目当て。<br />朝日を眺めながらの朝風呂です。<br />那智勝浦の少し高台に位置するので、那智勝浦の街を一望し、また朝日が美しいとHPで見ていたからです。<br />美しい朝日を眺めながら浸かる温泉は気持ちよかったです。

    イチオシ

    実はこちらに来たのは朝7時。
    朝一番にこちらに来たのは、こちらがお目当て。
    朝日を眺めながらの朝風呂です。
    那智勝浦の少し高台に位置するので、那智勝浦の街を一望し、また朝日が美しいとHPで見ていたからです。
    美しい朝日を眺めながら浸かる温泉は気持ちよかったです。

  • 国道42号線沿いに南に進みます。<br />途中、海霧がかかり美しい風景に思わずパチリ。

    国道42号線沿いに南に進みます。
    途中、海霧がかかり美しい風景に思わずパチリ。

  • こちらは田原海岸です。こちらも海霧がとても美しい風景でした。

    イチオシ

    地図を見る

    こちらは田原海岸です。こちらも海霧がとても美しい風景でした。

  • 続いての湯は、串本のダイワロイヤルホテルです。<br />こちらはリゾートホテルですが、朝から温泉に立ち寄ることができます。<br />しかも朝風呂は夕方の半額なのでとてもお得です。

    続いての湯は、串本のダイワロイヤルホテルです。
    こちらはリゾートホテルですが、朝から温泉に立ち寄ることができます。
    しかも朝風呂は夕方の半額なのでとてもお得です。

  • 温泉自体も苦味と塩味のある濃い湯で、こちらの露天からは橋杭岩も含めて美しい海を眺めることができる素晴らしい湯でした。<br />こちらはホテルの庭からの写真ですが、こんな感じの眺めを眺めながら浸かることができます。

    温泉自体も苦味と塩味のある濃い湯で、こちらの露天からは橋杭岩も含めて美しい海を眺めることができる素晴らしい湯でした。
    こちらはホテルの庭からの写真ですが、こんな感じの眺めを眺めながら浸かることができます。

  • ホテルは高台にあるので、串本の街や紀伊大島の眺めも一望できました。

    ホテルは高台にあるので、串本の街や紀伊大島の眺めも一望できました。

  • 再び国道42号線を西へ進み、やってきたのはすさみ町。<br />街の西の海近くの国道から少し高台に上がったところにあるホテルベルヴェデーレです。

    再び国道42号線を西へ進み、やってきたのはすさみ町。
    街の西の海近くの国道から少し高台に上がったところにあるホテルベルヴェデーレです。

  • こちらの写真は中庭からの眺めです。こちらもリゾートホテルで、露天風呂からは素晴らしい海の眺めを楽しみながら浸かれます。<br />こちらの露天はインフィニティプールのようになっており、これが中々いい気持ちでした。<br />

    こちらの写真は中庭からの眺めです。こちらもリゾートホテルで、露天風呂からは素晴らしい海の眺めを楽しみながら浸かれます。
    こちらの露天はインフィニティプールのようになっており、これが中々いい気持ちでした。

  • 続いては白浜町に入り、日置川を7キロほど山間に入ったところの河川敷にある、<br />えびね温泉にやってきました。<br />こちらは硫黄の香りがあるつるつる感の良い湯がかけ流しのいい湯でした。

    続いては白浜町に入り、日置川を7キロほど山間に入ったところの河川敷にある、
    えびね温泉にやってきました。
    こちらは硫黄の香りがあるつるつる感の良い湯がかけ流しのいい湯でした。

  • 続いては白浜温泉へやってきました。<br />訪れたのはとれとれの湯です。<br />こちらは大人気の施設ですね。<br />本物の温泉を楽しみたいという人には向かないかも。

    続いては白浜温泉へやってきました。
    訪れたのはとれとれの湯です。
    こちらは大人気の施設ですね。
    本物の温泉を楽しみたいという人には向かないかも。

  • 白浜から田辺へやってきました。<br />市街地の北部にある弁慶のさと湯です。<br />こちらは温泉施設と言うよりスパ銭的な施設ですね。<br />温泉は露天に一つありました。

    白浜から田辺へやってきました。
    市街地の北部にある弁慶のさと湯です。
    こちらは温泉施設と言うよりスパ銭的な施設ですね。
    温泉は露天に一つありました。

  • 続いては田辺市街の西の目良にあるかんぽの宿紀伊田辺です。<br />

    続いては田辺市街の西の目良にあるかんぽの宿紀伊田辺です。

  • ロビーは正月を迎える準備が整っていました。

    ロビーは正月を迎える準備が整っていました。

  • こちらの湯は意外にも析出物が多く濃い湯を感じさせてくれました。<br />また、こちらも海が眺められる湯で、こちらの写真の様な景色を眺めながら浸かれます。<br /><br />

    こちらの湯は意外にも析出物が多く濃い湯を感じさせてくれました。
    また、こちらも海が眺められる湯で、こちらの写真の様な景色を眺めながら浸かれます。

  • ここから、一気に国道42号線を北上して有田市まできました。<br />次に訪れたのは、大谷の湯だったのですが、営業中の札があるのですが、<br />あれっ?(・_・?)扉が閉まっている・・・。(-&quot;-;)<br />残念ながら断念です。

    ここから、一気に国道42号線を北上して有田市まできました。
    次に訪れたのは、大谷の湯だったのですが、営業中の札があるのですが、
    あれっ?(・_・?)扉が閉まっている・・・。(-"-;)
    残念ながら断念です。

  • 気を取り直して、次の湯は、湯浅町から少し山の中に入ったところに二の丸温泉です。<br />ログハウス風の建物が印象的です。すこしつるつる感がある湯でした。

    気を取り直して、次の湯は、湯浅町から少し山の中に入ったところに二の丸温泉です。
    ログハウス風の建物が印象的です。すこしつるつる感がある湯でした。

  • 続いては湯浅町の街に戻ってきて、高台にある国民宿舎湯浅城です。<br />これが、本当に立派な建物です。<br />温泉はライトな湯でした。

    続いては湯浅町の街に戻ってきて、高台にある国民宿舎湯浅城です。
    これが、本当に立派な建物です。
    温泉はライトな湯でした。

  • 続いてはこの旅最後の湯となります。<br />有田川沿いのビジネスホテルに併設の日帰り温泉施設の光の湯です。<br />スパ銭的な施設で、種々の湯船がありました。<br />これで今年の〆の湯でもありました。<br />ここからは5時間かけて戻り、一年間の湯巡りも無事に終了できました。

    続いてはこの旅最後の湯となります。
    有田川沿いのビジネスホテルに併設の日帰り温泉施設の光の湯です。
    スパ銭的な施設で、種々の湯船がありました。
    これで今年の〆の湯でもありました。
    ここからは5時間かけて戻り、一年間の湯巡りも無事に終了できました。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集