北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
三日目、円明園と頤和園の見学を終えて、午後からは新しく名所になった、五道営胡と南鑼鼓巷へ行きました。<br />五道営胡は安定門の大きな通りの南方にある小さな通り。<br />北京でもあまり見られなくなった胡同があります。その小さな通りにお洒落なカフェやバー、雑貨屋さんが並んでいます。<br />こちらはまだ人通りも少ないと聞き行ってみました。懐かしい下町風の雰囲気のする落ち着いた場所でした。<br />すぐ近くにチベット仏教の寺院、雍和宮があります。<br />その次に、南鑼鼓巷へ。<br />こちらは実は偶然に行くことになりました。<br />今回、どうしても行ってみたかったのが、最後の皇帝の溥儀の第一夫人であった、婉容の故居があるところ。<br />四合院建築が残っている一角にあると聞いていたので、是非に行ってみたかったのです。<br />タクシーのドライバーさんが探してくれたのが、この南鑼鼓巷という観光名所を抜けたところ。<br />この周辺には文学者矛盾の故居などもあります。<br />こちらも新しくできた名所、今では多くの観光客でいっぱいでした。<br />通りにはカフェやお洒落な雑貨屋さんが並んでいます。こちらもどこかレトロな雰囲気が残っているようです。<br />こんなお洒落な通りができているなんて、ずいぶんと変わったなぁ~と実感しました。

10年ぶりの北京の旅 ⑤五道営胡と南鑼鼓巷へ。カフェと雑貨屋さん~ラストエンペラー婉容の生家へ。

28いいね!

2018/10/05 - 2018/10/08

334位(同エリア5113件中)

0

60

Reise

Reiseさん

三日目、円明園と頤和園の見学を終えて、午後からは新しく名所になった、五道営胡と南鑼鼓巷へ行きました。
五道営胡は安定門の大きな通りの南方にある小さな通り。
北京でもあまり見られなくなった胡同があります。その小さな通りにお洒落なカフェやバー、雑貨屋さんが並んでいます。
こちらはまだ人通りも少ないと聞き行ってみました。懐かしい下町風の雰囲気のする落ち着いた場所でした。
すぐ近くにチベット仏教の寺院、雍和宮があります。
その次に、南鑼鼓巷へ。
こちらは実は偶然に行くことになりました。
今回、どうしても行ってみたかったのが、最後の皇帝の溥儀の第一夫人であった、婉容の故居があるところ。
四合院建築が残っている一角にあると聞いていたので、是非に行ってみたかったのです。
タクシーのドライバーさんが探してくれたのが、この南鑼鼓巷という観光名所を抜けたところ。
この周辺には文学者矛盾の故居などもあります。
こちらも新しくできた名所、今では多くの観光客でいっぱいでした。
通りにはカフェやお洒落な雑貨屋さんが並んでいます。こちらもどこかレトロな雰囲気が残っているようです。
こんなお洒落な通りができているなんて、ずいぶんと変わったなぁ~と実感しました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ショッピング
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
タクシー 徒歩

PR

  • 五道営胡同へ到着です。

    五道営胡同へ到着です。

  • 狭い通り。<br />まだまだ生活の匂いもする場所なのですが、狭い通りにカフェやバー、レストラン、服屋さんや雑貨屋さんがずらり~。

    狭い通り。
    まだまだ生活の匂いもする場所なのですが、狭い通りにカフェやバー、レストラン、服屋さんや雑貨屋さんがずらり~。

  • 観光客の多さもまぁまぁ。<br />

    観光客の多さもまぁまぁ。

  • お洒落なカフェや

    お洒落なカフェや

  • 雑貨屋さん、服屋さん。。

    雑貨屋さん、服屋さん。。

  • 陶器や

    陶器や

  • 学校とありました、音楽教室でしょうか~。

    学校とありました、音楽教室でしょうか~。

  • 昔ながらの胡同の家並みをお店に改造してあるのでしょうか~。

    昔ながらの胡同の家並みをお店に改造してあるのでしょうか~。

  • 昔からの懐かしい風景~。

    昔からの懐かしい風景~。

  • 発見、小さいサンザシの木。

    発見、小さいサンザシの木。

  • レストランや

    レストランや

  • こちらもカフェ?レストラン?

    こちらもカフェ?レストラン?

  • ここも優雅なお店だったなぁ~。

    ここも優雅なお店だったなぁ~。

  • 北京も変わりました~。<br />

    北京も変わりました~。

  • 胡同の地図のようなものがありました。

    胡同の地図のようなものがありました。

  • ノスタルジックな感じ。

    ノスタルジックな感じ。

  • こちらはバーでした。<br />普通に民家の中に。<br />なんだか自然体がよかったなぁ~。

    こちらはバーでした。
    普通に民家の中に。
    なんだか自然体がよかったなぁ~。

  • こちらのオープンテラスでお茶を。

    こちらのオープンテラスでお茶を。

  • イケメンのお兄ちゃんたちがやってました。

    イケメンのお兄ちゃんたちがやってました。

  • ラテと。

    ラテと。

  • 前に合ったお店で、ソフトクリームを買ってきました。<br />売り上げの何割かが福祉に寄付されるそう。

    前に合ったお店で、ソフトクリームを買ってきました。
    売り上げの何割かが福祉に寄付されるそう。

  • ゴマとバニラ。<br />えらい、まっくろ。

    ゴマとバニラ。
    えらい、まっくろ。

  • 出口、すぐお隣が、雍和宮。

    出口、すぐお隣が、雍和宮。

  • のほほ~んとした雰囲気の胡同でした。<br /><br />お次は婉容の故居を訪ねます~。

    のほほ~んとした雰囲気の胡同でした。

    お次は婉容の故居を訪ねます~。

  • 婉容の生家を訪ねたい、、、と伝えましたら、ドライバーさんが探してくれました。<br />本来は行く予定になかった、南鑼鼓巷という新名所を通ったところに婉容の生家があるとのことでした。<br />

    婉容の生家を訪ねたい、、、と伝えましたら、ドライバーさんが探してくれました。
    本来は行く予定になかった、南鑼鼓巷という新名所を通ったところに婉容の生家があるとのことでした。

  • 入口に、南鑼鼓巷の全景を描いたものが。

    入口に、南鑼鼓巷の全景を描いたものが。

  • 国慶節ということもあり、ものすごい観光客~。

    国慶節ということもあり、ものすごい観光客~。

  • 木々が木陰をつくり気持ち良いです。

    木々が木陰をつくり気持ち良いです。

  • ここも通りの両側にはたくさんのお店。<br /><br />

    ここも通りの両側にはたくさんのお店。

  • こちらも胡同にあるような古い建物を利用していて、

    こちらも胡同にあるような古い建物を利用していて、

  • 趣のある古い建物が多くて。

    趣のある古い建物が多くて。

  • 和食風のお店や

    和食風のお店や

  • 民族調の布ものや、

    民族調の布ものや、

  • こちらも民族調の服屋さん、、、刺繍がすてきでした。

    こちらも民族調の服屋さん、、、刺繍がすてきでした。

  • お洒落なものがたくさんありました~。

    お洒落なものがたくさんありました~。

  • 民族風、刺繍服の素敵なお店。

    民族風、刺繍服の素敵なお店。

  • こちらのお店は陶器のお店。<br />お土産を買いました。

    こちらのお店は陶器のお店。
    お土産を買いました。

  • こちらもレストランかカフェ。

    こちらもレストランかカフェ。

  • 団体さんがごった返す通りを超えて、

    団体さんがごった返す通りを超えて、

  • 確かこのような看板があって、ひだりに曲がっていくと、

    確かこのような看板があって、ひだりに曲がっていくと、

  • こちらもどなたかの故居でしょうか。。<br />説明がありました。

    こちらもどなたかの故居でしょうか。。
    説明がありました。

  • 可園と呼ばれる邸宅。<br />こちらも満州出身の文煜氏の故居。

    可園と呼ばれる邸宅。
    こちらも満州出身の文煜氏の故居。

  • 立派な門構えのお宅でした。<br />中には入れません。

    立派な門構えのお宅でした。
    中には入れません。

  • こちらも可愛い門構え。<br />レトロな感じが素敵でした。

    イチオシ

    こちらも可愛い門構え。
    レトロな感じが素敵でした。

  • 懐かしい三輪車。

    懐かしい三輪車。

  • 婉容の故居に着きました。<br />ドライバーさんが、親切にも連れてきてくれました。

    婉容の故居に着きました。
    ドライバーさんが、親切にも連れてきてくれました。

  • こちらが門。外から見ると質素なたたずまい。<br /><br />婉容は最後の皇帝溥儀の第一夫人です。<br />満州族の出身。<br />歴史の中で翻弄され、孤独なうちに一生を終えた悲劇の皇后です。<br /><br /><br />

    こちらが門。外から見ると質素なたたずまい。

    婉容は最後の皇帝溥儀の第一夫人です。
    満州族の出身。
    歴史の中で翻弄され、孤独なうちに一生を終えた悲劇の皇后です。


  • 広い邸宅のようでしたが、参観はできません。<br />今では別な方の住居になっているのでしょうか。

    広い邸宅のようでしたが、参観はできません。
    今では別な方の住居になっているのでしょうか。

  • 説明がありました。<br />中に入ってみたかった、、、。

    説明がありました。
    中に入ってみたかった、、、。

  • このあたりも木々が茂っていて、気持ちよかった。。。<br />古い建物となんともいえない風情~。

    このあたりも木々が茂っていて、気持ちよかった。。。
    古い建物となんともいえない風情~。

  • こちらもレストラン?

    こちらもレストラン?

  • 門の奥では今も人々の暮らしが。

    門の奥では今も人々の暮らしが。

  • 近くには公園が続いていました。<br />昔からも人々が生活するところには、大小の公園がありました。

    近くには公園が続いていました。
    昔からも人々が生活するところには、大小の公園がありました。

  • 美しい建物。

    イチオシ

    美しい建物。

  • 胡同の説明。<br />広いんですねぇ~。

    胡同の説明。
    広いんですねぇ~。

  • 胡同の中がちらり。

    胡同の中がちらり。

  • みんなの注目を集めていたワンちゃん。<br />カメラ目線です。

    イチオシ

    みんなの注目を集めていたワンちゃん。
    カメラ目線です。

  • お天気が良くて気持ち良い一日でした。

    イチオシ

    お天気が良くて気持ち良い一日でした。

  • 帰りの車の中から故宮博物館が見えます。

    帰りの車の中から故宮博物館が見えます。

  • これで3日目日中の観光はおしまいです。<br />ドライバーさんがとにかく親切で細やかな気配りをしてくれました。<br />感謝です。<br /><br /><br /><br />夜は主人の希望通り老舎茶館で観劇などをしました。<br />次に続きます。

    これで3日目日中の観光はおしまいです。
    ドライバーさんがとにかく親切で細やかな気配りをしてくれました。
    感謝です。



    夜は主人の希望通り老舎茶館で観劇などをしました。
    次に続きます。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 301円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集