ライプチヒ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ドレスデン3泊の後、ライプツィヒへ。<br />目的は、3/28のトーマス教会で行われる、イースターの定番、バッハの“マタイ受難曲”<br />オーケストラは、ゲヴァントハウス。合唱は、トーマス教会少年合唱団!<br />そして、ライプツィヒゆかりの、メンデルスゾーンと滝廉太郎のこと。

ライプツィヒ~2018・3/ドレスデン・ライプツィヒ・ケルンの旅

11いいね!

2018/03/24 - 2018/04/02

69位(同エリア202件中)

ドレスデン3泊の後、ライプツィヒへ。
目的は、3/28のトーマス教会で行われる、イースターの定番、バッハの“マタイ受難曲”
オーケストラは、ゲヴァントハウス。合唱は、トーマス教会少年合唱団!
そして、ライプツィヒゆかりの、メンデルスゾーンと滝廉太郎のこと。

PR

  • ドレスデンミッテ駅から、ライプツィヒへ。<br />普通列車で1時間半くらい。<br />16ユーロくらいだったかな。

    ドレスデンミッテ駅から、ライプツィヒへ。
    普通列車で1時間半くらい。
    16ユーロくらいだったかな。

  • まだ、雪が残っています。

    まだ、雪が残っています。

  • 今年のイースターは、3月の最終週。<br />イースターの感覚が、日本人の私にはわかりにくいのだけれど…、年によって4月の終わりだったり、色々。<br />何故なのかは、調べればわかるのでしょうが。。<br />ニコライ教会。

    今年のイースターは、3月の最終週。
    イースターの感覚が、日本人の私にはわかりにくいのだけれど…、年によって4月の終わりだったり、色々。
    何故なのかは、調べればわかるのでしょうが。。
    ニコライ教会。

  • 東ドイツ時代に、ここで行われていた平和や人権を考える集会が、大きな市民運動に発展していったらしい。1989年10月に7万人ものデモに膨れあがっていき、ベルリンの壁崩壊の一つの契機となったという。<br /><br />そして、バッハが「ヨハネ受難曲」を初演した、ライプツィヒで最も古い教会。

    東ドイツ時代に、ここで行われていた平和や人権を考える集会が、大きな市民運動に発展していったらしい。1989年10月に7万人ものデモに膨れあがっていき、ベルリンの壁崩壊の一つの契機となったという。

    そして、バッハが「ヨハネ受難曲」を初演した、ライプツィヒで最も古い教会。

  • とても美しい教会。

    とても美しい教会。

  • 旧市庁舎。

    旧市庁舎。

  • トーマス教会!<br />バッハが活躍した、あまりにも有名な教会。<br />そして、トーマス教会少年合唱団の本拠地。<br />

    トーマス教会!
    バッハが活躍した、あまりにも有名な教会。
    そして、トーマス教会少年合唱団の本拠地。

  • セーラー服の可愛い、トマーナー達の天使の合唱で、<br />バッハの「マタイ受難曲」を鑑賞します。<br />

    セーラー服の可愛い、トマーナー達の天使の合唱で、
    バッハの「マタイ受難曲」を鑑賞します。

  • トーマス教会で「マタイ受難曲」!<br />なんて素敵な…。

    トーマス教会で「マタイ受難曲」!
    なんて素敵な…。

  • 本当に食にこだわらない旅になってます(苦笑)<br />でも、初カリーブルストです。<br />…ベルリンのカリーブルストは、美味しそうだったのだけど…う~ん。。

    本当に食にこだわらない旅になってます(苦笑)
    でも、初カリーブルストです。
    …ベルリンのカリーブルストは、美味しそうだったのだけど…う~ん。。

  • コンサートまで時間があるので、<br />「メンデルスゾーンハウス」に参りました。<br />

    コンサートまで時間があるので、
    「メンデルスゾーンハウス」に参りました。

  • メンデルスゾーンが最後の2年間を過ごし、38才で亡くなった家。<br />この建物を残すかどうか、長い議論の末、もう少しで壊されるところだったそうです。<br />美しく改装され、当時の雰囲気が蘇っています。<br />

    メンデルスゾーンが最後の2年間を過ごし、38才で亡くなった家。
    この建物を残すかどうか、長い議論の末、もう少しで壊されるところだったそうです。
    美しく改装され、当時の雰囲気が蘇っています。

  • 家具や調度品は、ほとんどオリジナルだそうです。<br /><br />

    家具や調度品は、ほとんどオリジナルだそうです。

  • 歴史の中で、様々な評価を受けてきたメンデルスゾーン。<br />特に、ナチスの時代には、歴史から抹消されようともされていた。<br />それは、メンデルスゾーンがユダヤ人だから。<br />

    歴史の中で、様々な評価を受けてきたメンデルスゾーン。
    特に、ナチスの時代には、歴史から抹消されようともされていた。
    それは、メンデルスゾーンがユダヤ人だから。

  • 美しいヴァイオリン協奏曲や、交響曲の数々。ピアノ曲や室内楽曲、宗教曲。<br />数え切れないほどの美しい曲があるけれど、20世紀後半でも、彼は不当に評価され続けていた。(今でいう風評被害)<br /><br />絵の才能にも溢れ、沢山の絵画が残されています。

    美しいヴァイオリン協奏曲や、交響曲の数々。ピアノ曲や室内楽曲、宗教曲。
    数え切れないほどの美しい曲があるけれど、20世紀後半でも、彼は不当に評価され続けていた。(今でいう風評被害)

    絵の才能にも溢れ、沢山の絵画が残されています。

  • ライプツィヒでの彼の大きな功績は、バッハを復刻させたこと。<br />(バッハは、メンデルスゾーンより100年前の作曲家。19世紀初頭には、忘れ去られた作曲家だった。)<br />そして、音楽院をライプツィヒに創設したこと。

    ライプツィヒでの彼の大きな功績は、バッハを復刻させたこと。
    (バッハは、メンデルスゾーンより100年前の作曲家。19世紀初頭には、忘れ去られた作曲家だった。)
    そして、音楽院をライプツィヒに創設したこと。

  • 保存され、美しく蘇った古い建物。<br />美しい空間でした。

    保存され、美しく蘇った古い建物。
    美しい空間でした。

  • 旧市庁舎前の広場では、イースターのお祭りの出店が並んでいました。

    旧市庁舎前の広場では、イースターのお祭りの出店が並んでいました。

  • ライプツィヒであまり時間がなかったので、ゆっくり散策できなくて非常に残念…。

    ライプツィヒであまり時間がなかったので、ゆっくり散策できなくて非常に残念…。

  • 美味しそうなものも沢山ありましたー!

    美味しそうなものも沢山ありましたー!

  • バッハ博物館は、展示の仕方が面白かった!

    バッハ博物館は、展示の仕方が面白かった!

  • コンサートが始まる前に、もう一カ所、絶対に行かなくてはならない場所が。

    コンサートが始まる前に、もう一カ所、絶対に行かなくてはならない場所が。

  • 「滝廉太郎記念碑」<br />1901年に、日本人音楽家として二人目のヨーロッパ留学生として、<br />メンデルスゾーンが設立した、ライプツィヒ音楽院に入学。<br />この辺りが、彼の下宿先の建物があったところ。<br />“荒城の月”や“花”などの名曲は、ドイツに発つ前、まだ10代で作曲したもの。<br />日本で西洋音楽の研鑽を積み、夢に溢れて、9月からこのライプツィヒで音楽を学び始めた。<br />

    「滝廉太郎記念碑」
    1901年に、日本人音楽家として二人目のヨーロッパ留学生として、
    メンデルスゾーンが設立した、ライプツィヒ音楽院に入学。
    この辺りが、彼の下宿先の建物があったところ。
    “荒城の月”や“花”などの名曲は、ドイツに発つ前、まだ10代で作曲したもの。
    日本で西洋音楽の研鑽を積み、夢に溢れて、9月からこのライプツィヒで音楽を学び始めた。

  • しかし、11月の寒い夜、オペラを観に行き風邪をひき、それを更に悪化させてしまい、重篤な肺結核を患ってしまう。<br />わずか5ヶ月で音楽院を退学せざるを得ず…、翌年7月には日本に帰国。<br />郷里の大分で1903年、僅か23才で亡くなる。

    しかし、11月の寒い夜、オペラを観に行き風邪をひき、それを更に悪化させてしまい、重篤な肺結核を患ってしまう。
    わずか5ヶ月で音楽院を退学せざるを得ず…、翌年7月には日本に帰国。
    郷里の大分で1903年、僅か23才で亡くなる。

  • 結核だったことから、闘病中に書きためた多くの作品が焼却されてしまった。<br />ただ、1曲のピアノ曲「憾み」だけは、何故か残された。<br />「憾み」とは、思いが遂げられず、無念である、という意味。

    結核だったことから、闘病中に書きためた多くの作品が焼却されてしまった。
    ただ、1曲のピアノ曲「憾み」だけは、何故か残された。
    「憾み」とは、思いが遂げられず、無念である、という意味。

  • 滝のいた下宿先は、ライプツィヒの中心部から少し外れた郊外の住宅街。<br />きっと、この公園を抜けて音楽院に通ったのだろう。2ヶ月しか学べなかったけれど…。<br />僅か、4~5年の作曲活動、23才という若さでこの世を去ったのに、近代日本音楽の礎を築いたといわれる、滝廉太郎。<br />そのドイツでの足跡を少しだけ辿れて、とても嬉しい…。

    滝のいた下宿先は、ライプツィヒの中心部から少し外れた郊外の住宅街。
    きっと、この公園を抜けて音楽院に通ったのだろう。2ヶ月しか学べなかったけれど…。
    僅か、4~5年の作曲活動、23才という若さでこの世を去ったのに、近代日本音楽の礎を築いたといわれる、滝廉太郎。
    そのドイツでの足跡を少しだけ辿れて、とても嬉しい…。

  • いよいよ、トーマス教会に入ります。<br />J.S.Bachのお墓に詣でます。

    いよいよ、トーマス教会に入ります。
    J.S.Bachのお墓に詣でます。

  • 森の木のような柱。<br />時代と共に装飾が変えられているので、バッハの時代とは、違うようです。

    森の木のような柱。
    時代と共に装飾が変えられているので、バッハの時代とは、違うようです。

  • 2階の席を取りました。

    2階の席を取りました。

  • かなりぼけていますが…トマーナー達(トーマス教会少年合唱団員)が入場してきました。

    かなりぼけていますが…トマーナー達(トーマス教会少年合唱団員)が入場してきました。

  • 創立800年の歴史を持つ、教会つきの聖歌隊。<br />18世紀には、J.S.Bachがトーマスカントルを務め、少年合唱団を指導し、「マタイ受難曲」や、「ヨハネ受難曲」の西洋音楽の最高峰ともいわれる音楽を作り出した。

    創立800年の歴史を持つ、教会つきの聖歌隊。
    18世紀には、J.S.Bachがトーマスカントルを務め、少年合唱団を指導し、「マタイ受難曲」や、「ヨハネ受難曲」の西洋音楽の最高峰ともいわれる音楽を作り出した。

  • トマーナー達は、9才から18才までの生徒達が寄宿生活をしながら音楽を学んでいく。<br />有名なウィーン少年合唱団と違うのは、変声期が来ても、退団ということはなく、変声期後のテノール、バスも団員であるというところ。

    トマーナー達は、9才から18才までの生徒達が寄宿生活をしながら音楽を学んでいく。
    有名なウィーン少年合唱団と違うのは、変声期が来ても、退団ということはなく、変声期後のテノール、バスも団員であるというところ。

  • 小中高生が共に生活してる感じ。<br />数年前に、トマーナー達の寄宿生活の一年間を描いたドキュメンタリー映画があった。とても面白かった。

    小中高生が共に生活してる感じ。
    数年前に、トマーナー達の寄宿生活の一年間を描いたドキュメンタリー映画があった。とても面白かった。

  • 変声期前の天使ちゃんの中には、演奏中にあくびが出ちゃったり、なんと楽譜を忘れて、隣のお兄さんに怒られて、見せてもらっている子もいたり、自然体(笑)

    変声期前の天使ちゃんの中には、演奏中にあくびが出ちゃったり、なんと楽譜を忘れて、隣のお兄さんに怒られて、見せてもらっている子もいたり、自然体(笑)

  • でも!音楽は凄いっ…。<br />訓練された天使の歌声は、まさに天上の響き。<br />十代のテノール、バスの響きも大人のそれとは違う、柔らかさと澄んだ音色を持っている。<br />オーケストラは、世界に名高い、ライプツィヒゲヴァントハウスオーケストラ。<br />ソリストも素晴らしく!<br />三時間半の演奏が、あっという間!…とまではいきませんが(笑)<br />長年心にあった夢を現実化させていて、なんとも言えない、幸福感です。。<br />チケットは、60ユーロくらいでした!

    でも!音楽は凄いっ…。
    訓練された天使の歌声は、まさに天上の響き。
    十代のテノール、バスの響きも大人のそれとは違う、柔らかさと澄んだ音色を持っている。
    オーケストラは、世界に名高い、ライプツィヒゲヴァントハウスオーケストラ。
    ソリストも素晴らしく!
    三時間半の演奏が、あっという間!…とまではいきませんが(笑)
    長年心にあった夢を現実化させていて、なんとも言えない、幸福感です。。
    チケットは、60ユーロくらいでした!

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • mistralさん 2018/11/16 18:25:45
    トマーナー
    maayさん

    はじめまして。
    ロマネスク巡り、フランスの旅、にご投票いただきまして
    ありがとうございました。
    今、maayさんの旅行記を拝読させていただいております。
    そしてライプツィヒの旅行記を発見!
    トーマス教会でトマーナー達の素晴らしい歌声を聞かれたとのこと。
    二階席ですと彼らの姿も良く見えたようですね。
    私は教会到着が遅れたため、合唱団の姿は見えない席でした。
    ライプツィヒはもと東独だったのに、素晴らしい復興をとげ
    アカデミックな香りのする、再訪したい街です。
    他の旅行記もお邪魔させていただきますね。
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    mistral

    maay

    maayさん からの返信 2018/11/16 21:53:55
    Re: トマーナー
    midtralさん

    はじめまして。
    拙い旅行記に御投票いただきありがとうございます。
    ライプツィヒは、旅行を決めてから、イースターの時期とわかり、それならば!とマタイを聴きに行きました。
    トーマス教会の座席図がわかりずらく、それならば、と予約した2階席でしたが、演奏前にトマーナー達がすぐそばを通っていったり、演奏も近くて満足でした。

    midtralさんのプロフィールにある森本哲郎さん、私も昔から大好きで、沢山の旅行記を読んできました。

    他の旅行記も楽しませていただきます。
    フォローさせていただきます。これからもよろしくお願いします。
    maay

maayさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集