ブリュッセル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
結婚20周年を記念して、夫婦で8泊10日のヨーロッパ旅行に行ってきました。<br /><br /> 6月08日(金) 関空→アムステルダム泊<br /> 6月09日(土) キンデルダイク→デン・ハーグ→ロッテルダム泊<br />★6月10日(日) デルフト→アントワープ→ブリュッセル泊<br />★6月11日(月) ブルージュ→ケルン泊<br /> 6月12日(火) ブリュール→ボン→ボッパルト→コブレンツ泊<br /> 6月13日(水) マインツ→ライン川クルーズ→リューデスハイム泊<br /> 6月14日(木) フランクフルト→ハイデルベルク→シュトゥットガルト泊<br /> 6月15日(金) ホーエンツォレルン城→シュトゥットガルト泊<br /> 6月16日(土)/17日(日) 帰国<br /><br />ブリュッセルに移動して、グランプラスを中心に徒歩で観光しました。小便小僧が見られて大満足♪

2018年6月 オランダ・ベルギー・ドイツの旅(5) グラン・プラスとブリュッセル街歩き

22いいね!

2018/06/08 - 2018/06/17

474位(同エリア2715件中)

0

45

なおっぴ

なおっぴさん

この旅行記スケジュールを元に

結婚20周年を記念して、夫婦で8泊10日のヨーロッパ旅行に行ってきました。

 6月08日(金) 関空→アムステルダム泊
 6月09日(土) キンデルダイク→デン・ハーグ→ロッテルダム泊
★6月10日(日) デルフト→アントワープ→ブリュッセル泊
★6月11日(月) ブルージュ→ケルン泊
 6月12日(火) ブリュール→ボン→ボッパルト→コブレンツ泊
 6月13日(水) マインツ→ライン川クルーズ→リューデスハイム泊
 6月14日(木) フランクフルト→ハイデルベルク→シュトゥットガルト泊
 6月15日(金) ホーエンツォレルン城→シュトゥットガルト泊
 6月16日(土)/17日(日) 帰国

ブリュッセルに移動して、グランプラスを中心に徒歩で観光しました。小便小僧が見られて大満足♪

旅行の満足度
4.5
ホテル
4.5
グルメ
2.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アントワープ中央駅15時10分発ICの進行方向左側に座っていたんですが、ブリュッセル北駅周辺で外を見ていたら、本物の「飾り窓」がありました。<br />最初、「こんな汚い裏通りみたいなところに、女性向けのお店が並んでるなんて変なの」と思ってたんですが、ショーウィンドウの中のマネキンだと思っていたものが動いてて…<br />水着にハイヒールのきれいなお姉さんが、ガラスの向こうでクネクネしているんです。<br />そういうのを見たくなくて、アムステルダムでも飾り窓地区には行かなかったのに。<br />電車が速度を落としていたので、かなりはっきり見えて、けっこう衝撃を受けました。<br /><br />ブリュッセル中央駅には、ほぼ定刻の15時59分に着きました。

    アントワープ中央駅15時10分発ICの進行方向左側に座っていたんですが、ブリュッセル北駅周辺で外を見ていたら、本物の「飾り窓」がありました。
    最初、「こんな汚い裏通りみたいなところに、女性向けのお店が並んでるなんて変なの」と思ってたんですが、ショーウィンドウの中のマネキンだと思っていたものが動いてて…
    水着にハイヒールのきれいなお姉さんが、ガラスの向こうでクネクネしているんです。
    そういうのを見たくなくて、アムステルダムでも飾り窓地区には行かなかったのに。
    電車が速度を落としていたので、かなりはっきり見えて、けっこう衝撃を受けました。

    ブリュッセル中央駅には、ほぼ定刻の15時59分に着きました。

    ブリュッセル中央駅

  • 駅の前には、銃を持った兵士が何人もいました。<br />私は日本人なので、銃に近付くだけでも怖いと思ってしまいますが、兵士に道を聞いている人も普通にいて、文化の違いを強く感じました。

    駅の前には、銃を持った兵士が何人もいました。
    私は日本人なので、銃に近付くだけでも怖いと思ってしまいますが、兵士に道を聞いている人も普通にいて、文化の違いを強く感じました。

  • 中央駅から徒歩5分ほどで、グランプラスに到着。<br />この日は、グランプラス南側のブラバン公爵の館の中にある、Hotel Residence Le Quinze というホテルに泊まります。<br />(この写真は、翌日の早朝に撮りました)<br />

    中央駅から徒歩5分ほどで、グランプラスに到着。
    この日は、グランプラス南側のブラバン公爵の館の中にある、Hotel Residence Le Quinze というホテルに泊まります。
    (この写真は、翌日の早朝に撮りました)

    ブラバン公爵の館 建造物

  • ブラバン公爵の館にある、ケルデルクというレストランの横の通路を進むと、小さなカウンター(画像の右端)があります。<br />フロント係のおじさんに鍵をもらって説明を受けるんですが、このドアの中がエレベーターなんです!<br />エレベーターの箱が着いた音がしたら、自分でドアノブを回して扉を開けて乗り込みます。<br />中扉なんてなくて、外扉との間に微妙に隙間があるし、なかなかワイルドなエレベーターでした。

    ブラバン公爵の館にある、ケルデルクというレストランの横の通路を進むと、小さなカウンター(画像の右端)があります。
    フロント係のおじさんに鍵をもらって説明を受けるんですが、このドアの中がエレベーターなんです!
    エレベーターの箱が着いた音がしたら、自分でドアノブを回して扉を開けて乗り込みます。
    中扉なんてなくて、外扉との間に微妙に隙間があるし、なかなかワイルドなエレベーターでした。

    ホテル レジデンス レ キャンズ ホテル

  • 部屋の鍵が非常に開けにくくて焦りましたが、中はそれなりにキレイ。<br />何年か前にリノベーションしたとか。<br />コンセントも不必要なほど沢山あります。<br />ベッドサイドのライトの向きを変えようと思って触ったら、ガコンと落ちてしまったんですが、元々壊れてたんだと思います…

    部屋の鍵が非常に開けにくくて焦りましたが、中はそれなりにキレイ。
    何年か前にリノベーションしたとか。
    コンセントも不必要なほど沢山あります。
    ベッドサイドのライトの向きを変えようと思って触ったら、ガコンと落ちてしまったんですが、元々壊れてたんだと思います…

  • ドアを開けると前室があって、右がベッドルーム、左がバスルームという造り。

    ドアを開けると前室があって、右がベッドルーム、左がバスルームという造り。

  • バスルームには、ちゃんとバスタブもあります。

    バスルームには、ちゃんとバスタブもあります。

  • トイレの横に、謎の水栓があったんですが、これは何に使うんでしょう?<br />バスタブの横が割れて、テープで貼ってあるのはご愛嬌。

    トイレの横に、謎の水栓があったんですが、これは何に使うんでしょう?
    バスタブの横が割れて、テープで貼ってあるのはご愛嬌。

  • このホテルの売りは、なんといってもグランプラスに面していること!<br />部屋の中から、世界遺産のグランプラスを眺められます。<br />まあ、グランプラスの何がすごいのかよくわかってないんですが(笑)<br />ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」って言ったんでしたっけ。

    このホテルの売りは、なんといってもグランプラスに面していること!
    部屋の中から、世界遺産のグランプラスを眺められます。
    まあ、グランプラスの何がすごいのかよくわかってないんですが(笑)
    ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」って言ったんでしたっけ。

    グランプラス 広場・公園

  • 天気の良い日曜の午後なので、沢山の観光客がいます。

    天気の良い日曜の午後なので、沢山の観光客がいます。

  • 王の家(ブリュッセル市立博物館)の上にいる、青銅の像もよく見えました。

    王の家(ブリュッセル市立博物館)の上にいる、青銅の像もよく見えました。

    王の家(ブリュッセル市立博物館) 現代・近代建築

  • ホテルで1時間ほど休憩してから、少し早めの夕食をとるために外に出ました。<br />ヨーロッパ最古のアーケードと言われるギャルリー・サンチュベールに入って、途中の脇道にあるシェレオンに向かいます。<br />ムール貝で有名な、観光客のド定番レストランですね。

    ホテルで1時間ほど休憩してから、少し早めの夕食をとるために外に出ました。
    ヨーロッパ最古のアーケードと言われるギャルリー・サンチュベールに入って、途中の脇道にあるシェレオンに向かいます。
    ムール貝で有名な、観光客のド定番レストランですね。

    ギャルリー サンチュベール 散歩・街歩き

  • 17時半で、中はほぼ満席。<br />席にはすぐ案内されましたが、メニューをもらうのにも、注文をするのにも、全てとても時間がかかりました。<br />私たちのテーブルの担当は若いお兄さんで、あまりアジア人が好きではない雰囲気。<br />完全に無視しているわけではないけれど、後回しにしてる感じでした。<br /><br />これは、夫が頼んだ魚のスープ。<br />すり身がたくさん入っていて、味はそこそこ。

    17時半で、中はほぼ満席。
    席にはすぐ案内されましたが、メニューをもらうのにも、注文をするのにも、全てとても時間がかかりました。
    私たちのテーブルの担当は若いお兄さんで、あまりアジア人が好きではない雰囲気。
    完全に無視しているわけではないけれど、後回しにしてる感じでした。

    これは、夫が頼んだ魚のスープ。
    すり身がたくさん入っていて、味はそこそこ。

    シェレオン 地元の料理

  • 私が頼んだワーテルゾーイ。<br />ゲント発祥の、ベルギーの伝統料理です。<br />「水煮」という意味らしく、うすーいクリームシチューという感じです。<br />男の人のこぶし大のチキンが2個入ってて、一目見た瞬間に、食べきれない予感。

    私が頼んだワーテルゾーイ。
    ゲント発祥の、ベルギーの伝統料理です。
    「水煮」という意味らしく、うすーいクリームシチューという感じです。
    男の人のこぶし大のチキンが2個入ってて、一目見た瞬間に、食べきれない予感。

  • そして、夫が頼んだムール貝。<br />通常サイズは800gですが、ムール貝500g+ポテト+ビールで16ユーロくらいのセットにしました。<br />旬じゃないので、身は小さめだと思うんですが、これでも十分お腹いっぱいになる量です。<br /><br />料理が運ばれてきた時点で、入店から1時間経ってました。<br />それは混んでるから仕方ないとして、最初に頼んだはずのドリンクがこない!<br />店員さんと目を合わせても、ハンドサインをしても素通り。<br />いい加減、腹が立ってきたので、マナー違反かもしれませんが、店員さんを呼んで「ドリンク持ってきてもらえますか?」って聞いたら、「あ、ゴメン、忘れてた」って笑いながら持ってきました。<br />しかも、他の店員と「ヤポーネ」がどうのこうのと大声で話してて。<br />声のトーンや表情から、ネガティブな内容です。<br />最後、お皿を下げるときなんて、私の方を見ながらフランス語でワーッとしゃべってきて。<br />それまで英語でやり取りしてたのに、その時だけフランス語って、どうせ理解できないだろうからって、面と向かって文句言われたのかも。<br />(文句言われるようなことをしたつもりはありませんが)<br />気分が悪かったので、チップは払いませんでした…

    そして、夫が頼んだムール貝。
    通常サイズは800gですが、ムール貝500g+ポテト+ビールで16ユーロくらいのセットにしました。
    旬じゃないので、身は小さめだと思うんですが、これでも十分お腹いっぱいになる量です。

    料理が運ばれてきた時点で、入店から1時間経ってました。
    それは混んでるから仕方ないとして、最初に頼んだはずのドリンクがこない!
    店員さんと目を合わせても、ハンドサインをしても素通り。
    いい加減、腹が立ってきたので、マナー違反かもしれませんが、店員さんを呼んで「ドリンク持ってきてもらえますか?」って聞いたら、「あ、ゴメン、忘れてた」って笑いながら持ってきました。
    しかも、他の店員と「ヤポーネ」がどうのこうのと大声で話してて。
    声のトーンや表情から、ネガティブな内容です。
    最後、お皿を下げるときなんて、私の方を見ながらフランス語でワーッとしゃべってきて。
    それまで英語でやり取りしてたのに、その時だけフランス語って、どうせ理解できないだろうからって、面と向かって文句言われたのかも。
    (文句言われるようなことをしたつもりはありませんが)
    気分が悪かったので、チップは払いませんでした…

  • 19時にレストランを出て、グランプラスを横切って、セルクラースの像まで行きました。<br />なでると幸せになれるそうです。<br />ブリュッセルのビリケンさんか。

    19時にレストランを出て、グランプラスを横切って、セルクラースの像まで行きました。
    なでると幸せになれるそうです。
    ブリュッセルのビリケンさんか。

    セルクラースの像 モニュメント・記念碑

  • セルクラースの像の前の道をそのまままっすぐ行くと、小便小僧がいます。<br />この日は素っ裸。<br />1年の半分くらいは衣装を身に着けているそうですが、私は何も着ていない姿を見たかったのでラッキー♪<br />さっそくセルクラースのご利益ですね(笑)

    セルクラースの像の前の道をそのまままっすぐ行くと、小便小僧がいます。
    この日は素っ裸。
    1年の半分くらいは衣装を身に着けているそうですが、私は何も着ていない姿を見たかったのでラッキー♪
    さっそくセルクラースのご利益ですね(笑)

    小便小僧 建造物

  • ちょっと拡大。<br />世界三大がっかりといいますが、「小僧」なんだから、こんなもんでしょ。<br />めっちゃ可愛い~!<br />ブリュッセルと言えば小便小僧、小便小僧と言えばブリュッセル。<br />これだけで、ブリュッセルにきた目的の80%は達成されました。

    ちょっと拡大。
    世界三大がっかりといいますが、「小僧」なんだから、こんなもんでしょ。
    めっちゃ可愛い~!
    ブリュッセルと言えば小便小僧、小便小僧と言えばブリュッセル。
    これだけで、ブリュッセルにきた目的の80%は達成されました。

  • すぐ近くのワッフル屋さんに、巨大な小便小僧がいました…<br />ほら!小便小僧がこのサイズだったら怖いじゃん!どう見ても変質者!<br /><br />横にいるワッフル屋さんの女の子。<br />試食を配りつつ、自分も食べてました。<br />自由ですね。

    すぐ近くのワッフル屋さんに、巨大な小便小僧がいました…
    ほら!小便小僧がこのサイズだったら怖いじゃん!どう見ても変質者!

    横にいるワッフル屋さんの女の子。
    試食を配りつつ、自分も食べてました。
    自由ですね。

  • ビルの横にタンタンがいました。<br />どんな話なのか全く知らないけど。

    ビルの横にタンタンがいました。
    どんな話なのか全く知らないけど。

  • 駅の方に向かう途中、Novotelの裏にスマーフがいました。<br />これも、どんな話なのか全く知らないけど。

    駅の方に向かう途中、Novotelの裏にスマーフがいました。
    これも、どんな話なのか全く知らないけど。

  • 駅周辺をうろうろしつつ、坂を上って行きました。<br />第3代ベルギー国王のアルベール1世の像です、たぶん。

    駅周辺をうろうろしつつ、坂を上って行きました。
    第3代ベルギー国王のアルベール1世の像です、たぶん。

  • 芸術の丘の横の道。<br />白樺の仲間かな?やっぱりヨーロッパって気候が違うんだな、と思ってたら、木の幹を白く塗ってるだけでした。

    芸術の丘の横の道。
    白樺の仲間かな?やっぱりヨーロッパって気候が違うんだな、と思ってたら、木の幹を白く塗ってるだけでした。

  • ここから写真を撮りましょう、的なマークが足元にありました。<br />ブリュッセルを見下ろすアルベール1世の後ろ姿が見えます。

    ここから写真を撮りましょう、的なマークが足元にありました。
    ブリュッセルを見下ろすアルベール1世の後ろ姿が見えます。

    芸術の丘 広場・公園

  • そのまま坂をまっすぐ上っていくと、楽器博物館がありました。

    そのまま坂をまっすぐ上っていくと、楽器博物館がありました。

    楽器博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 突き当りがロワイヤル広場で、向こうに見える建物は聖ヤコブ教会らしいです。

    突き当りがロワイヤル広場で、向こうに見える建物は聖ヤコブ教会らしいです。

    聖ヤコブ教会 寺院・教会

  • ロワイヤル広場を右に曲がって、マグリット美術館の横を入っていったところ。<br />王立美術館の中庭なのかな。<br />誰もいなくて、とても良い雰囲気でした。<br />1時間ちょっとの散策を終えて、ホテルに戻る途中、中央駅の売店に寄って水を買いました。<br />スーパーを探すのは面倒だし、閉店時間が早いので、ちょっとした買い物には駅の売店が便利でした。

    ロワイヤル広場を右に曲がって、マグリット美術館の横を入っていったところ。
    王立美術館の中庭なのかな。
    誰もいなくて、とても良い雰囲気でした。
    1時間ちょっとの散策を終えて、ホテルに戻る途中、中央駅の売店に寄って水を買いました。
    スーパーを探すのは面倒だし、閉店時間が早いので、ちょっとした買い物には駅の売店が便利でした。

    ベルギー王立美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • ホテルに入る前、すぐ目の前にあるGODIVAでストロベリーコーンを買いました。<br />イチゴにチョコレートをつけてるだけですが、美味しかった~。<br />6個入りで8.5ユーロだったかな。

    ホテルに入る前、すぐ目の前にあるGODIVAでストロベリーコーンを買いました。
    イチゴにチョコレートをつけてるだけですが、美味しかった~。
    6個入りで8.5ユーロだったかな。

  • 午前0時、広場にはまだまだ人がいて大騒ぎしてました。<br />部屋の中にいたら、外の声はほとんど聞こえないんですが、よその部屋の鍵も開けるのが難しいようで、ドアと格闘してる音が夜中に何度も聞こえました(笑)

    午前0時、広場にはまだまだ人がいて大騒ぎしてました。
    部屋の中にいたら、外の声はほとんど聞こえないんですが、よその部屋の鍵も開けるのが難しいようで、ドアと格闘してる音が夜中に何度も聞こえました(笑)

  • 午前5時前、空が青くなってきました。<br />こんな時間でも、広場の写真を撮っている人がいました。<br />酔っ払いがいなくなるのを待ってたのかな?<br />部屋にいながら眺められるのはとても贅沢です。

    午前5時前、空が青くなってきました。
    こんな時間でも、広場の写真を撮っている人がいました。
    酔っ払いがいなくなるのを待ってたのかな?
    部屋にいながら眺められるのはとても贅沢です。

  • 午前5時半、すっかり明るくなりました。<br />いい天気になりそうです。

    午前5時半、すっかり明るくなりました。
    いい天気になりそうです。

  • 誰もいないグランプラスを独り占め。

    誰もいないグランプラスを独り占め。

  • 朝ごはんの前にお散歩します。<br />昨日は人がいっぱいだったギャルリー・サンチュベールも、月曜の朝7時前はお掃除のおじさんだけ。

    朝ごはんの前にお散歩します。
    昨日は人がいっぱいだったギャルリー・サンチュベールも、月曜の朝7時前はお掃除のおじさんだけ。

  • そういえば、ベルギーってレースが有名なんですよね。

    そういえば、ベルギーってレースが有名なんですよね。

  • こちらは、プラリネで有名なノイハウス。<br />日本から撤退したんでしたっけ?

    こちらは、プラリネで有名なノイハウス。
    日本から撤退したんでしたっけ?

  • こちらのチョコレート屋さんはメリー。<br />日本のメリーチョコレートとは別物です。

    こちらのチョコレート屋さんはメリー。
    日本のメリーチョコレートとは別物です。

  • ギャルリー・サンチュベールを抜けると、変な生き物がいました。<br />この後ろの建物沿いに、共有自転車ステーションとやらがあるそうなので、もしかしたらそのキャラクター?<br />右に行くか左に行くか考えていたら、上半身裸で殴り合いのけんかをしている人達が近づいてきて、これはヤバイと、後ろに引き返しました。

    ギャルリー・サンチュベールを抜けると、変な生き物がいました。
    この後ろの建物沿いに、共有自転車ステーションとやらがあるそうなので、もしかしたらそのキャラクター?
    右に行くか左に行くか考えていたら、上半身裸で殴り合いのけんかをしている人達が近づいてきて、これはヤバイと、後ろに引き返しました。

  • というわけで、ギャルリー・サンチュベールの入口を中から見たところ。

    というわけで、ギャルリー・サンチュベールの入口を中から見たところ。

  • アゴラ広場にあった噴水。<br />Charles Bulsさんという政治家のようです。<br />前日に何度も通ったはずなのに、初めて気付きました。<br />人がいっぱいだったんだもの。

    アゴラ広場にあった噴水。
    Charles Bulsさんという政治家のようです。
    前日に何度も通ったはずなのに、初めて気付きました。
    人がいっぱいだったんだもの。

    Charles Buls Fountain モニュメント・記念碑

  • 再び芸術の丘に来ました。

    再び芸術の丘に来ました。

  • 今度は、ロワイヤル広場を左に曲がって、王宮に来ました。<br />画像が斜めになってるんじゃなくて、前の通りが坂になってるんです。

    今度は、ロワイヤル広場を左に曲がって、王宮に来ました。
    画像が斜めになってるんじゃなくて、前の通りが坂になってるんです。

    王宮 城・宮殿

  • 王宮の向かいにある大きな公園に入って、まっすぐ通り抜けて左に曲がると、サンミッシェル大聖堂に着きました。<br />地図で見ると、さっきの自転車に乗った変な生き物の像からすぐ近くなんですよね。<br />だいぶ遠回りしたみたい。

    王宮の向かいにある大きな公園に入って、まっすぐ通り抜けて左に曲がると、サンミッシェル大聖堂に着きました。
    地図で見ると、さっきの自転車に乗った変な生き物の像からすぐ近くなんですよね。
    だいぶ遠回りしたみたい。

    サンミッシェル大聖堂 寺院・教会

  • 全部で1時間ほどのお散歩でした。<br />ホテルのフロントで朝食券をもらい、グランプラスを挟んだ真正面にある、ラ・ブルエットというカフェで朝ごはんを食べました。<br />ホテルのHPには、「ケルデルクで朝食ビュッフェ」って書いてあったんですが、他のお客さんもこっちのカフェに案内されてたし、よくわかりません。<br />ちなみに、左側にあるパラソルがまだ閉じられているお店はスターバックスです。

    全部で1時間ほどのお散歩でした。
    ホテルのフロントで朝食券をもらい、グランプラスを挟んだ真正面にある、ラ・ブルエットというカフェで朝ごはんを食べました。
    ホテルのHPには、「ケルデルクで朝食ビュッフェ」って書いてあったんですが、他のお客さんもこっちのカフェに案内されてたし、よくわかりません。
    ちなみに、左側にあるパラソルがまだ閉じられているお店はスターバックスです。

    ラ ブルエット カフェ

  • コーヒーには、ダンドワのスペキュロスがついてました。<br />全然好きじゃないけど(笑)

    コーヒーには、ダンドワのスペキュロスがついてました。
    全然好きじゃないけど(笑)

  • クロワッサンがサクサクで美味しかったです。<br />この他に、トーストとハム、チーズも頂きました。<br />前日の夜ごはんで食べ過ぎたから、これでも多いくらいです。

    クロワッサンがサクサクで美味しかったです。
    この他に、トーストとハム、チーズも頂きました。
    前日の夜ごはんで食べ過ぎたから、これでも多いくらいです。

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

なおっぴさんの関連旅行記

なおっぴさんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベルギーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベルギー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベルギーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集