嵐山・嵯峨野・太秦・桂旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月の青もみじと苔の美しい季節に京都を訪れました。春と秋は何度か訪れていますが、この時季は初めて。西芳寺(苔寺)の事前申し込みで拝観予約が取れたのを機に、地蔵院・月読神社・浄住寺も巡って、歴史ある寺社の美しい風景を堪能してきました。<br />

6月の京都、地蔵院  西芳寺(苔寺) 月読神社  浄住寺へ

94いいね!

2018/06/11 - 2018/06/11

108位(同エリア3677件中)

2

99

6月の青もみじと苔の美しい季節に京都を訪れました。春と秋は何度か訪れていますが、この時季は初めて。西芳寺(苔寺)の事前申し込みで拝観予約が取れたのを機に、地蔵院・月読神社・浄住寺も巡って、歴史ある寺社の美しい風景を堪能してきました。

PR

  • 写真は阪急上桂駅ですが、久しぶりの京都へは車で来ました。<br />いつもは山科のパーキングに駐車して市内へは地下鉄や市バスで周りますが、今回は西京区だけなので阪急上桂駅近くのパーキングに駐車してそこから歩きます。

    写真は阪急上桂駅ですが、久しぶりの京都へは車で来ました。
    いつもは山科のパーキングに駐車して市内へは地下鉄や市バスで周りますが、今回は西京区だけなので阪急上桂駅近くのパーキングに駐車してそこから歩きます。

  • 上桂駅から住宅街を歩いて先ず訪れたのが、地蔵院。<br />1367年に室町幕府官領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。

    上桂駅から住宅街を歩いて先ず訪れたのが、地蔵院。
    1367年に室町幕府官領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。

  • 歴史を感じさせる美しい佇まいです。

    歴史を感じさせる美しい佇まいです。

    地蔵院(竹の寺) 寺・神社

  • この、とても静かで美しい空気感が好きです。

    この、とても静かで美しい空気感が好きです。

  • 境内が竹林で囲まれていることから「竹の寺」と称され、また一休禅師が幼少期を過ごしたお寺として知られています。

    境内が竹林で囲まれていることから「竹の寺」と称され、また一休禅師が幼少期を過ごしたお寺として知られています。

  • 参拝料500円を納めて中へ入ります。<br />総門から振り返って観る青もみじもきれいです。

    参拝料500円を納めて中へ入ります。
    総門から振り返って観る青もみじもきれいです。

  • 本堂<br />

    本堂

  • 中門の奥に方丈と庭園があります。

    中門の奥に方丈と庭園があります。

  • 十六羅漢の庭<br /><br />方丈はカメラ撮影禁止ですが、庭園を2.3枚程度、携帯電話(スマホ)での撮影ならかまいませんと注意書きがありました。 

    十六羅漢の庭

    方丈はカメラ撮影禁止ですが、庭園を2.3枚程度、携帯電話(スマホ)での撮影ならかまいませんと注意書きがありました。 

  • 縁側に座って、しばし庭を眺めます。

    縁側に座って、しばし庭を眺めます。

  • 美しい竹林

    美しい竹林

  • 一休禅師母子像

    一休禅師母子像

  • 地蔵院の竹林 自然・景勝地

  • 地蔵院、素敵なお寺に巡り会えました。<br />また、違う季節にも訪れてみたいです。

    地蔵院、素敵なお寺に巡り会えました。
    また、違う季節にも訪れてみたいです。

  • 地蔵院から人気の鈴虫寺を通過して・・・<br />(鈴虫寺は約10年前に訪れたことがあり今回はパスします)

    地蔵院から人気の鈴虫寺を通過して・・・
    (鈴虫寺は約10年前に訪れたことがあり今回はパスします)

  • 住宅街の素敵な建物を見ながら、更に歩いてやって来たのが、

    住宅街の素敵な建物を見ながら、更に歩いてやって来たのが、

  • 月読神社です。<br /><br />御祭神は月読尊<br />

    月読神社です。

    御祭神は月読尊

    月読神社 寺・神社

  • 階段を上がって行くと境内には、舞殿と本殿があります。儀式が行われようとしていたので写真撮影を控えて参拝だけして戻ります。

    階段を上がって行くと境内には、舞殿と本殿があります。儀式が行われようとしていたので写真撮影を控えて参拝だけして戻ります。

  • 少し早めの昼食を鈴虫寺近くのこちらのお店で取ることに。

    少し早めの昼食を鈴虫寺近くのこちらのお店で取ることに。

    至心庵 グルメ・レストラン

  • オシャレな雰囲気の店内

    オシャレな雰囲気の店内

  • まだ他にお客さんがいなかったので、お店の人とお話しをしました。先程、地蔵院を訪れてこの後は苔寺へ行きますと話すと「そのあとに浄住寺に行かれたらどうですか?」と。浄住寺?ここはノーマークでしたが、地元の方のオススメでちょっと気になるし帰り道なので、後で寄ることにします。

    まだ他にお客さんがいなかったので、お店の人とお話しをしました。先程、地蔵院を訪れてこの後は苔寺へ行きますと話すと「そのあとに浄住寺に行かれたらどうですか?」と。浄住寺?ここはノーマークでしたが、地元の方のオススメでちょっと気になるし帰り道なので、後で寄ることにします。

  • 天ぷらうどんセット<br />¥1100、美味しくいただきました。<br />

    天ぷらうどんセット
    ¥1100、美味しくいただきました。

  • 西芳寺(苔寺)<br />拝観は、往復ハガキによる、事前申し込みが必要です。<br />私は1か月前に申し込みして、第1希望日の13時からになりました。時間指定はできません。(参拝料3000円)

    西芳寺(苔寺)
    拝観は、往復ハガキによる、事前申し込みが必要です。
    私は1か月前に申し込みして、第1希望日の13時からになりました。時間指定はできません。(参拝料3000円)

  • 13時からですが、早めに来て開門を待ちます。

    13時からですが、早めに来て開門を待ちます。

  • 12時半くらいに門が開き、係の人の案内で順に本堂へ入ります。

    12時半くらいに門が開き、係の人の案内で順に本堂へ入ります。

  • 受け付け後、席に座って写経をし、途中に一旦筆を休めて般若心経を唱えます。<br />私にとっては初めての写経。筆ペンを持参しましたが、けっこうな時間がかかりました。でも貴重な体験でした。

    受け付け後、席に座って写経をし、途中に一旦筆を休めて般若心経を唱えます。
    私にとっては初めての写経。筆ペンを持参しましたが、けっこうな時間がかかりました。でも貴重な体験でした。

    西芳寺(苔寺) 寺・神社

  • 参拝後に庭園を見学します。

    参拝後に庭園を見学します。

  • 美しい苔の庭園をゆっくり歩きます。

    美しい苔の庭園をゆっくり歩きます。

  • 人数が限られているのと、早い人は既に庭園見学を終えているようなので、混み合って歩きにくいようなことはありませんでした。

    人数が限られているのと、早い人は既に庭園見学を終えているようなので、混み合って歩きにくいようなことはありませんでした。

  • 西芳寺 苔の庭 公園・植物園

  • 雨がポツポツ降り、本当に緑が美しいです。

    雨がポツポツ降り、本当に緑が美しいです。

  • 同じような写真が続きまが・・

    同じような写真が続きまが・・

  • モコモコした苔の模様が美しいです。

    モコモコした苔の模様が美しいです。

  • 苔のくぼみに落ちた葉の模様が美しいです。

    苔のくぼみに落ちた葉の模様が美しいです。

  • 蓮の開花はもうすぐかな?

    蓮の開花はもうすぐかな?

  • 受け付けから参拝、そして庭園見学まで約2時間半、西芳寺に魅了された時を過ごしました。

    受け付けから参拝、そして庭園見学まで約2時間半、西芳寺に魅了された時を過ごしました。

  • 西芳寺からバス停横の階段を上がって、

    西芳寺からバス停横の階段を上がって、

  • 地蔵院を真っ直ぐに進んだところに佇む、

    地蔵院を真っ直ぐに進んだところに佇む、

  • 浄住寺に来ました。

    浄住寺に来ました。

  • 浄住寺<br />黄檗宗の寺<br />810年嵯峨天皇の勅願により慈覚大師・円仁が開創

    浄住寺
    黄檗宗の寺
    810年嵯峨天皇の勅願により慈覚大師・円仁が開創

  • 素朴な佇まいの中に時代を超えた美しさを感じます。

    素朴な佇まいの中に時代を超えた美しさを感じます。

  • 四方竹<br />四角形の細い竹です。

    四方竹
    四角形の細い竹です。

  • この石段の雰囲気がとても素敵です。<br />おそらく紅葉の時季は更に美しいでしょうね。<br />

    この石段の雰囲気がとても素敵です。
    おそらく紅葉の時季は更に美しいでしょうね。

  • 亀甲竹<br />この不思議な美しい模様は、初めて見ました。

    亀甲竹
    この不思議な美しい模様は、初めて見ました。

  • 浄住寺<br />お店の方のオススメで訪れましたが、本当に来てよかったと思います。<br />また晩秋にも訪れてみたいお寺です。

    浄住寺
    お店の方のオススメで訪れましたが、本当に来てよかったと思います。
    また晩秋にも訪れてみたいお寺です。

  • 6月の京都を楽しんだ一日でした。

    6月の京都を楽しんだ一日でした。

94いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • たらよろさん 2018/06/19 22:11:42
    6月の苔寺♪
    こんばんは、hokkaさん

    私も昨年の6月に、苔寺に行きましたが、
    梅雨時の雨が多く含まれた苔は本当に鮮やかで美しく、
    元気モリモリ!!
    雨が本降りだと、ちょっと鬱陶しいけれど、
    雨がしとしと、、、、とか、
    さっきまで雨が降っていた、、とか。
    そういう時の苔寺が実は1番見頃の時なんでしょうねー♪

    たらよろ

    hokka

    hokkaさん からの返信 2018/06/20 07:52:19
    RE: 6月の苔寺♪
    おはようございます、たらよろさん。

    ようやく、青もみじと苔の綺麗な季節に京都へ行くことができました。
    苔寺は、たらよろさんの旅行記を拝見して行きたい!と思っていましたよ。
    写経があるのも、たらよろさんの旅行記で初めて知りましたが、実際のところ大変でした。
    でも、終えた後の庭園見学は清々しい気分でよかったです。
    ホントラッキーなことで、雨がしとしと、、、、鮮やかで1番見頃だったなぁと思います。
    ただ今回は、せっかく京都へ行ったのにスイーツの店に行ってないのが心残りです(笑)

    hokka

hokkaさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集