オビドス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のGWは母と一緒にポルトガル1か国で12日間の贅沢2人旅。<br />ユーラシア大陸最西端の小さな国ポルトガルで12日間も行く所ある!?そう思う人も多いのでは?<br />私もそう思ってました(笑)リスボンくらいで十分でしょ?と。<br />そう、ある日偶然シントラのペーナ宮殿を見るまでは…。<br />こんなカラフルなお城見たことない!見てみたい♪と思ってからポルトガルのこと調べると、行ってみたい所出てくる、出てくる♪<br />そう思って数年、今回やっと行くことができたポルトガル。<br />リスボン、ポルトの都市以外にも雄大な自然のドウロ渓谷、モンサントの小さな村までぐるっと1周してみたら、ポルトガルの魅力発見できた。<br />ポルトガル人のやさしい人柄にも触れあえて、やっぱり行って良かったポルトガル☆☆<br /><br />=================================================<br /><br />今日からリスボンを離れ新たな街へ♪<br />コインブラへ向かう途中、城壁に囲まれた白い家が集まる小さな街オビドスにまずは立ち寄り。<br />「谷間の真珠」と呼ばれるオビドスは、絵本の世界で見るようなとっても可愛らしい街。<br />ヨーロッパのこういう小さな街は、ほんとにフォトジェニックで街歩きが楽しい。<br />都会とは違ったほんわかした魅力があるよね~。<br />たった3時間の滞在だったけど、めいっぱい楽しめました☆<br /><br />=================================================<br /><br />【旅行日程】<br />1日目 成田-ドバイ乗継-リスボン(リスボン泊)<br />2日目 リスボンベレン・バイロアルト・シアード観光(リスボン泊)<br />3日目 日帰りシントラ・ロカ岬観光(リスボン泊)<br />4日目 リスボン-オビドス観光-コインブラ観光(コインブラ泊)★<br />5日目 コインブラ観光-アヴェイロ観光-コスタノヴァ観光-ポルト(ポルト泊)<br />6日目 ポルト観光(ポルト泊)<br />7日目 日帰りサンティアゴ・デ・コンポステーラ観光(ポルト泊)<br />8日目 ポルト-ドウロ渓谷観光(ピニャオン泊)<br />9日目 ドウロ渓谷-モンサント観光-リスボン(リスボン泊)<br />10日目 リスボンアルファマ・バイシャ観光(リスボン泊)<br />11日目 リスボン-ドバイ乗継<br />12日目 羽田

ディスカバー☆ポルトガル!ぐるっと1周ポルトガルの魅力発見の旅(5)【谷間の真珠の街オビドス】

116いいね!

2018/04/28 - 2018/04/28

2位(同エリア256件中)

Kitty

Kittyさん

この旅行記のスケジュール

2018/04/28

  • 専用車で移動 10:00(リスボン-オビドス 1h) 

  • 専用車で移動 14:00(オビドス-コインブラ 1h)

今年のGWは母と一緒にポルトガル1か国で12日間の贅沢2人旅。
ユーラシア大陸最西端の小さな国ポルトガルで12日間も行く所ある!?そう思う人も多いのでは?
私もそう思ってました(笑)リスボンくらいで十分でしょ?と。
そう、ある日偶然シントラのペーナ宮殿を見るまでは…。
こんなカラフルなお城見たことない!見てみたい♪と思ってからポルトガルのこと調べると、行ってみたい所出てくる、出てくる♪
そう思って数年、今回やっと行くことができたポルトガル。
リスボン、ポルトの都市以外にも雄大な自然のドウロ渓谷、モンサントの小さな村までぐるっと1周してみたら、ポルトガルの魅力発見できた。
ポルトガル人のやさしい人柄にも触れあえて、やっぱり行って良かったポルトガル☆☆

=================================================

今日からリスボンを離れ新たな街へ♪
コインブラへ向かう途中、城壁に囲まれた白い家が集まる小さな街オビドスにまずは立ち寄り。
「谷間の真珠」と呼ばれるオビドスは、絵本の世界で見るようなとっても可愛らしい街。
ヨーロッパのこういう小さな街は、ほんとにフォトジェニックで街歩きが楽しい。
都会とは違ったほんわかした魅力があるよね~。
たった3時間の滞在だったけど、めいっぱい楽しめました☆

=================================================

【旅行日程】
1日目 成田-ドバイ乗継-リスボン(リスボン泊)
2日目 リスボンベレン・バイロアルト・シアード観光(リスボン泊)
3日目 日帰りシントラ・ロカ岬観光(リスボン泊)
4日目 リスボン-オビドス観光-コインブラ観光(コインブラ泊)★
5日目 コインブラ観光-アヴェイロ観光-コスタノヴァ観光-ポルト(ポルト泊)
6日目 ポルト観光(ポルト泊)
7日目 日帰りサンティアゴ・デ・コンポステーラ観光(ポルト泊)
8日目 ポルト-ドウロ渓谷観光(ピニャオン泊)
9日目 ドウロ渓谷-モンサント観光-リスボン(リスボン泊)
10日目 リスボンアルファマ・バイシャ観光(リスボン泊)
11日目 リスボン-ドバイ乗継
12日目 羽田

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
タクシー 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝10時にリスボンを出発、オビドスまで車で1時間ほど。<br />4日目・5日目のリスボン-オビドス-コインブラ-アヴェイロ-ポルトへの道のりはシントラ日帰りツアーで利用したみゅうポルトガルで専用車を頼んだ。<br />(参考までに、リスボンからコインブラまでは1台61500円。支払いや手配のやり取りなどは日本のH.I.S.がやってくれたので提携しているのかな?)<br />昨日と同じドライバーさんだったのでリラックスモード。

    朝10時にリスボンを出発、オビドスまで車で1時間ほど。
    4日目・5日目のリスボン-オビドス-コインブラ-アヴェイロ-ポルトへの道のりはシントラ日帰りツアーで利用したみゅうポルトガルで専用車を頼んだ。
    (参考までに、リスボンからコインブラまでは1台61500円。支払いや手配のやり取りなどは日本のH.I.S.がやってくれたので提携しているのかな?)
    昨日と同じドライバーさんだったのでリラックスモード。

    ポルタ・ダ・ヴィラ 建造物

  • オビドス旧市街のスタートは、ポルタ・ダ・ヴィラ(西門)から。<br />ここから一気に可愛いおとぎの国へ♪<br />門にもアズレージョが描かれているなんてポルトガルならでは!美しい。<br />壁が青いアズレージョで天井部分は別のデザインになっているのがちょっと教会みたいと思ったら、祈祷室があるんだね。なるほど納得。<br />アズレージョも聖書の場面の絵なんだって。

    オビドス旧市街のスタートは、ポルタ・ダ・ヴィラ(西門)から。
    ここから一気に可愛いおとぎの国へ♪
    門にもアズレージョが描かれているなんてポルトガルならでは!美しい。
    壁が青いアズレージョで天井部分は別のデザインになっているのがちょっと教会みたいと思ったら、祈祷室があるんだね。なるほど納得。
    アズレージョも聖書の場面の絵なんだって。

  • うわ~☆白いお家と石畳の道、なんて可愛らしい街だ☆<br />リスボンとはまた全然雰囲気の違う街だな~。ほんわかしてる。<br />なにせ人口800人しかいないらしい。<br />首都リスボンの人口も54万人しかないけど、それに比べたら800人ってほんと小さい街だとわかる。

    イチオシ

    地図を見る

    うわ~☆白いお家と石畳の道、なんて可愛らしい街だ☆
    リスボンとはまた全然雰囲気の違う街だな~。ほんわかしてる。
    なにせ人口800人しかいないらしい。
    首都リスボンの人口も54万人しかないけど、それに比べたら800人ってほんと小さい街だとわかる。

    オビドス旧市街 旧市街・古い町並み

  • 真っ青な空が白の建物に映える、映える!!<br />ここは是非ともお天気であってほしかった街だけど、ちゃんと晴れてくれてよかった~。<br />晴れが似合う街と雨が似合う街ってそれぞれあるよね。

    真っ青な空が白の建物に映える、映える!!
    ここは是非ともお天気であってほしかった街だけど、ちゃんと晴れてくれてよかった~。
    晴れが似合う街と雨が似合う街ってそれぞれあるよね。

  • 街を歩いていると色んな店先で見かけるのが、オビドス銘酒ジンジーニャ。<br />さくらんぼを漬け込んだリキュールでアルコール度数は18~20%もあってワインより強い。<br />

    街を歩いていると色んな店先で見かけるのが、オビドス銘酒ジンジーニャ。
    さくらんぼを漬け込んだリキュールでアルコール度数は18~20%もあってワインより強い。

  • どんな味か気になるので1口サイズのジンジーニャをトライ。1.5ユーロ。<br />カップはなんとチョコレートになってるので食べれちゃう。<br />喉がカーっとして飲みにくいっていう書き込みも割とあったけど、自分はけっこう美味しいと思った!

    どんな味か気になるので1口サイズのジンジーニャをトライ。1.5ユーロ。
    カップはなんとチョコレートになってるので食べれちゃう。
    喉がカーっとして飲みにくいっていう書き込みも割とあったけど、自分はけっこう美味しいと思った!

  • こういう小さくて可愛い街に来るといいよね~♪テンション上がる♪<br />海外の街で気が張っているのがちょっとほっこりするし、のんびり写真撮りながら街歩きするのも楽しい。

    こういう小さくて可愛い街に来るといいよね~♪テンション上がる♪
    海外の街で気が張っているのがちょっとほっこりするし、のんびり写真撮りながら街歩きするのも楽しい。

  • この紫の大きな丸いボールは植物!?それともインテリア!?<br />なんかカワイくてオビドスの街に似合ってる。

    この紫の大きな丸いボールは植物!?それともインテリア!?
    なんかカワイくてオビドスの街に似合ってる。

  • ワンコがお散歩中~♪<br />ちょっとラクしすぎじゃない、君?

    ワンコがお散歩中~♪
    ちょっとラクしすぎじゃない、君?

  • こんな可愛い街だと、何気ない横道もなんかいい感じ。<br />壁に描かれた矢印の方向に自然と引き寄せられそう。

    こんな可愛い街だと、何気ない横道もなんかいい感じ。
    壁に描かれた矢印の方向に自然と引き寄せられそう。

  • 薔薇の咲く季節に。<br />

    薔薇の咲く季節に。

  • コルクのバッグや靴がずらりと並んだお土産屋さん。<br />なんと世界のコルク生産量の50%以上を占めているポルトガル。<br />ポルトガルのあちこちでコルクで作ったバッグや小物入れ、靴までも(!)買うことができちゃう。<br />お土産のバッグや靴も、オビドスの白い壁に並べるだけで絵になっちゃう不思議。

    イチオシ

    コルクのバッグや靴がずらりと並んだお土産屋さん。
    なんと世界のコルク生産量の50%以上を占めているポルトガル。
    ポルトガルのあちこちでコルクで作ったバッグや小物入れ、靴までも(!)買うことができちゃう。
    お土産のバッグや靴も、オビドスの白い壁に並べるだけで絵になっちゃう不思議。

  • 2階の窓辺には鉢植えのお花が飾られている。<br />よく見ると壁にちゃんと鉢を入れられるようになってるんだね~!<br />おもしろい。

    2階の窓辺には鉢植えのお花が飾られている。
    よく見ると壁にちゃんと鉢を入れられるようになってるんだね~!
    おもしろい。

  • このお店にはアズレージョのマグカップや食器がずらり。<br />エスプレッソカップがすごく可愛くて欲しくなったけど、エスプレッソ飲めないし、日本まで割らずに帰れるかわからないから買うのやめた。。。<br />オビドスではランチタイムに閉めちゃうお土産屋さんがけっこうあったので、欲しい物見つけたら先に買うべし。

    このお店にはアズレージョのマグカップや食器がずらり。
    エスプレッソカップがすごく可愛くて欲しくなったけど、エスプレッソ飲めないし、日本まで割らずに帰れるかわからないから買うのやめた。。。
    オビドスではランチタイムに閉めちゃうお土産屋さんがけっこうあったので、欲しい物見つけたら先に買うべし。

  • 街の中心部サンタ・マリア広場の横に来た。<br />この柱はペロリーニョ(罪人のさらし柱)と言って、15世紀に罪人がみせしめの為に籠に入れてここに吊り下げられたんだとか。ひえ~。<br />こんな用途だった柱なのに、母はこれを見逃したと言って見に戻っていた。そんなに見たかった!?(笑)

    街の中心部サンタ・マリア広場の横に来た。
    この柱はペロリーニョ(罪人のさらし柱)と言って、15世紀に罪人がみせしめの為に籠に入れてここに吊り下げられたんだとか。ひえ~。
    こんな用途だった柱なのに、母はこれを見逃したと言って見に戻っていた。そんなに見たかった!?(笑)

  • 広場にあるサンタ・マリア教会に入ってみる。<br />外観はシンプルでこじんまりとした教会で写真も撮り忘れたくらいなのに、中に入ってみると両壁の青いアズレージョがすごくてびっくり!<br />ギャップがありすぎだわ~。

    広場にあるサンタ・マリア教会に入ってみる。
    外観はシンプルでこじんまりとした教会で写真も撮り忘れたくらいなのに、中に入ってみると両壁の青いアズレージョがすごくてびっくり!
    ギャップがありすぎだわ~。

    サンタ マリア教会 寺院・教会

  • ジョアン・ダ・コスタの中央祭壇。<br />木版に描かれた8枚の絵画も美しい。<br /><br />この教会で15世紀に10歳のアフォンソ5世が8歳のいとこイザベラと結婚式を挙げたらしい。10歳と8歳で結婚とか、いくら中世でも早すぎない!?

    ジョアン・ダ・コスタの中央祭壇。
    木版に描かれた8枚の絵画も美しい。

    この教会で15世紀に10歳のアフォンソ5世が8歳のいとこイザベラと結婚式を挙げたらしい。10歳と8歳で結婚とか、いくら中世でも早すぎない!?

  • この全面に覆われたアズレージョは17世紀のものだそう。<br />こんな昔の装飾が残っているのもすごいね~。しみじみ。

    この全面に覆われたアズレージョは17世紀のものだそう。
    こんな昔の装飾が残っているのもすごいね~。しみじみ。

  • 聖母マリアが描かれた天井画も華やか☆<br />ポルトガルはこういった小さい教会でも、内装がとても凝っていて見応えがあるものが多いね。

    聖母マリアが描かれた天井画も華やか☆
    ポルトガルはこういった小さい教会でも、内装がとても凝っていて見応えがあるものが多いね。

  • キャンドルに明かりを灯して祈りを捧げる。

    キャンドルに明かりを灯して祈りを捧げる。

  • 教会を出るとなんだか美味しそうな匂いに吸い寄せられた。<br />ここはレストランかな?<br />自家製のパンが美味しいんだって。

    教会を出るとなんだか美味しそうな匂いに吸い寄せられた。
    ここはレストランかな?
    自家製のパンが美味しいんだって。

  • 窓辺のオレンジ、フレッシュで美味しそうだね!

    窓辺のオレンジ、フレッシュで美味しそうだね!

  • ランチにはまだちょっと早いので、このまま街の散策を続けよう。<br />ここの壁、藤の枝が絡まってる。なんかオシャレだな~。

    ランチにはまだちょっと早いので、このまま街の散策を続けよう。
    ここの壁、藤の枝が絡まってる。なんかオシャレだな~。

  • 春のポルトガルを旅して楽しかったことの一つが、お花がいっぱい咲いていること!<br />街の中にお花が咲いているだけでずいぶんと雰囲気が明るくなる。<br />オビドスもいっぱいお花が咲いていて写真撮るの楽しかった~。

    イチオシ

    春のポルトガルを旅して楽しかったことの一つが、お花がいっぱい咲いていること!
    街の中にお花が咲いているだけでずいぶんと雰囲気が明るくなる。
    オビドスもいっぱいお花が咲いていて写真撮るの楽しかった~。

  • 真っ赤な薔薇の花。<br />薔薇って手入れが大変だと聞くけどキレイに咲いてる。<br />ほったらかしっぽいのに(笑)<br /><br />

    真っ赤な薔薇の花。
    薔薇って手入れが大変だと聞くけどキレイに咲いてる。
    ほったらかしっぽいのに(笑)

  • お花の種類もいっぱいあって、見かける度に足が止まっちゃう。<br />キレイにどう見せるか、それぞれセンスの見せ所だね。

    お花の種類もいっぱいあって、見かける度に足が止まっちゃう。
    キレイにどう見せるか、それぞれセンスの見せ所だね。

  • Escola de Hotelaria e Turismoってホテル学校かな?<br />こんな旧市街の中にホテル学校があるなんておもしろい。

    Escola de Hotelaria e Turismoってホテル学校かな?
    こんな旧市街の中にホテル学校があるなんておもしろい。

  • 街の1番奥にあるサンティアゴ教会に入ってみるとなんと図書館だった。<br />祭壇の所にも本が並べられていてなんかおもしろい。<br />この内装の色使いとかデザインがなんだか東南アジアのお寺っぽい。

    街の1番奥にあるサンティアゴ教会に入ってみるとなんと図書館だった。
    祭壇の所にも本が並べられていてなんかおもしろい。
    この内装の色使いとかデザインがなんだか東南アジアのお寺っぽい。

    Igreja de Santiago 寺院・教会

  • ひと通り街の奥まで来たので、城壁にも上ってみよう。<br />この城壁はローマ時代に海からの敵の侵入を防ぐために造られたもの。<br />扉の奥に見えるピンクのお花は桜かな?

    ひと通り街の奥まで来たので、城壁にも上ってみよう。
    この城壁はローマ時代に海からの敵の侵入を防ぐために造られたもの。
    扉の奥に見えるピンクのお花は桜かな?

    オビドスの城壁 建造物

  • 階段なのか階段でないのか?、いまいちはっきりしない段を適当に上って城壁の上へ。<br />おお~いい眺め!<br />反対側の城壁もよく見えるね~。<br />この城壁は全長1.5Km、40分くらいで1周できるみたい。

    階段なのか階段でないのか?、いまいちはっきりしない段を適当に上って城壁の上へ。
    おお~いい眺め!
    反対側の城壁もよく見えるね~。
    この城壁は全長1.5Km、40分くらいで1周できるみたい。

  • オビドスの街を一望!<br />煉瓦のオレンジ屋根、上から見るとだいぶ古いのがわかる。<br />古い物を綺麗に残していくってほんとに大変だろうな。

    オビドスの街を一望!
    煉瓦のオレンジ屋根、上から見るとだいぶ古いのがわかる。
    古い物を綺麗に残していくってほんとに大変だろうな。

  • 城壁の外側を覗いてみる。<br />旧市街の周りはあんまり何にもなくて、ホントのどか~な田園風景。<br />そんな中にもチャペルはちゃんとある。<br />日本のあちこちに鳥居があるみたいなもんかな?

    城壁の外側を覗いてみる。
    旧市街の周りはあんまり何にもなくて、ホントのどか~な田園風景。
    そんな中にもチャペルはちゃんとある。
    日本のあちこちに鳥居があるみたいなもんかな?

  • 左手に見えるのがオビドスのお城だね。<br />15世紀のお城を改装して今はポザーダ(ホテル)になっている。<br />城壁を歩いてあそこまで辿り着きたかったけど、なにせ城壁が片側完全オープンで手すりもないので足がすくむ。。。<br />そんなに高くないのに、こういう感じの所は高所恐怖症気味なのかなんか苦手…。<br />3メートルぐらい歩いて早々に城壁から撤退…(笑)

    左手に見えるのがオビドスのお城だね。
    15世紀のお城を改装して今はポザーダ(ホテル)になっている。
    城壁を歩いてあそこまで辿り着きたかったけど、なにせ城壁が片側完全オープンで手すりもないので足がすくむ。。。
    そんなに高くないのに、こういう感じの所は高所恐怖症気味なのかなんか苦手…。
    3メートルぐらい歩いて早々に城壁から撤退…(笑)

  • 壁がキャンバス!<br />こういう感じなんか好きだな~♪

    イチオシ

    壁がキャンバス!
    こういう感じなんか好きだな~♪

  • サン・ペドロ教会の鐘が鳴る。お昼の時間だ。<br />モノクロの教会の塔がカッコイイ。<br />それにしてもこんな小さな街の中に教会が3つもあるなんてすごいね。

    サン・ペドロ教会の鐘が鳴る。お昼の時間だ。
    モノクロの教会の塔がカッコイイ。
    それにしてもこんな小さな街の中に教会が3つもあるなんてすごいね。

    サン ペドロ教会 寺院・教会

  • お腹も空いてきたのでそろそろランチにしよう♪<br />ポルトガルに来たらシーフードリゾットは食べたいと思ってたのに、そういえばまだ食べていない…!<br />どうしてもリゾット食べたい~といくつかレストラン見て回って見つけたのは、アンコウのリゾットがあるレストラン1 Dezembro(プリメイロ・デゼンブロ)。<br />シーフードではないけどまあいいか。ここにしてみよう。

    お腹も空いてきたのでそろそろランチにしよう♪
    ポルトガルに来たらシーフードリゾットは食べたいと思ってたのに、そういえばまだ食べていない…!
    どうしてもリゾット食べたい~といくつかレストラン見て回って見つけたのは、アンコウのリゾットがあるレストラン1 Dezembro(プリメイロ・デゼンブロ)。
    シーフードではないけどまあいいか。ここにしてみよう。

    プリメイロ・デゼンブロ 地元の料理

  • 天気がよいのでこういう日はやっぱりテラスで食べたい♪<br />そんなにお客さんいないのにリゾット出てくるまでにえらい待ったな~。<br />こういうのんびりした所もポルトガル時間かな。<br />ようやく出てきたリゾット、デカい…!これで2人前とはさすが…!

    天気がよいのでこういう日はやっぱりテラスで食べたい♪
    そんなにお客さんいないのにリゾット出てくるまでにえらい待ったな~。
    こういうのんびりした所もポルトガル時間かな。
    ようやく出てきたリゾット、デカい…!これで2人前とはさすが…!

  • アンコウのリゾットだけど、シーフードもエビやオマール貝などいっぱい入っていて普通にシーフードリゾットだった。食べたかったリゾットが食べれて嬉しい。<br />このリゾット、魚介の出汁が利いていてすごく美味しかった!!<br />コリアンダーがいい具合にアクセントになっててさらに美味しさが増してる。<br />量が多すぎて残してしまったら、店員さんが持ち帰りにする?と聞いてくれてなかなか親切。さすがに持って帰れなかったけど。。。

    アンコウのリゾットだけど、シーフードもエビやオマール貝などいっぱい入っていて普通にシーフードリゾットだった。食べたかったリゾットが食べれて嬉しい。
    このリゾット、魚介の出汁が利いていてすごく美味しかった!!
    コリアンダーがいい具合にアクセントになっててさらに美味しさが増してる。
    量が多すぎて残してしまったら、店員さんが持ち帰りにする?と聞いてくれてなかなか親切。さすがに持って帰れなかったけど。。。

  • 料理も伝票も出てくるのにすごく待ったのでランチにやたら時間がかかってしまったけど、待ち合わせ時間までまだ30分くらい残ってる。<br />よかった、まだポルタ・ダ・ヴィラの城壁から街を眺める時間がある!<br />みゅうに車をお願いした時にそれぞれ1時間のランチタイムを取ってくれたけど正解だった。<br />やっぱり海外だとランチ1時間、ディナー2時間くらいはほしいね~。

    料理も伝票も出てくるのにすごく待ったのでランチにやたら時間がかかってしまったけど、待ち合わせ時間までまだ30分くらい残ってる。
    よかった、まだポルタ・ダ・ヴィラの城壁から街を眺める時間がある!
    みゅうに車をお願いした時にそれぞれ1時間のランチタイムを取ってくれたけど正解だった。
    やっぱり海外だとランチ1時間、ディナー2時間くらいはほしいね~。

  • ポルタ・ダ・ヴィラの脇にある階段から城壁に上って「谷間の真珠」と呼ばれるオビドスの街並みを一望してみる。<br />こうやって上から見るとやっぱり小さな街だな~ってわかる。<br />手前にある石碑は、ロカ岬の石碑に詩が刻まれていたポルトガル人の詩人カモンイスの記念碑。すでに3か所でこの名前を見かけるとは、ポルトガルではかなりの有名人なんだろう。

    イチオシ

    ポルタ・ダ・ヴィラの脇にある階段から城壁に上って「谷間の真珠」と呼ばれるオビドスの街並みを一望してみる。
    こうやって上から見るとやっぱり小さな街だな~ってわかる。
    手前にある石碑は、ロカ岬の石碑に詩が刻まれていたポルトガル人の詩人カモンイスの記念碑。すでに3か所でこの名前を見かけるとは、ポルトガルではかなりの有名人なんだろう。

  • 城壁から下を見ると、ポルタ・ダ・ヴィラで演奏するおじさん。<br />ギター3本も持ってて本格的だねえ。

    城壁から下を見ると、ポルタ・ダ・ヴィラで演奏するおじさん。
    ギター3本も持ってて本格的だねえ。

  • 街の1番奥にはポザーダ・カステロ・オビドスが見える。<br />ポザーダにも泊まってみたかったけど、今回は日程的に上手くかみ合う所がなかったな~。<br />オビドスは旧市街内にあるけど、ポザーダって外れた場所にある所が多いしね。<br />日程に余裕がないとなかなか泊まるの難しい。。。

    街の1番奥にはポザーダ・カステロ・オビドスが見える。
    ポザーダにも泊まってみたかったけど、今回は日程的に上手くかみ合う所がなかったな~。
    オビドスは旧市街内にあるけど、ポザーダって外れた場所にある所が多いしね。
    日程に余裕がないとなかなか泊まるの難しい。。。

  • 左の道はメインストリートのディレイタ通り。<br />お土産屋さんがいっぱい並んでいる通りの方。

    左の道はメインストリートのディレイタ通り。
    お土産屋さんがいっぱい並んでいる通りの方。

  • 右はもう少し狭い道。レストランが多いのかな?<br />モノクロのサン・ペドロ教会の塔の辺りは、ランチを食べたレストランのある場所。

    右はもう少し狭い道。レストランが多いのかな?
    モノクロのサン・ペドロ教会の塔の辺りは、ランチを食べたレストランのある場所。

  • オビドスの家が白い壁に青や黄色で塗られているのは、この街の旗にこの2色が使われているからなんだとか。<br />旗を調べてみると確かに青と黄色のチェック模様だったよ。

    オビドスの家が白い壁に青や黄色で塗られているのは、この街の旗にこの2色が使われているからなんだとか。
    旗を調べてみると確かに青と黄色のチェック模様だったよ。

  • 種類いっぱいのチーズのお店も気になるけど、そろそろ待ち合わせの14時、戻らなきゃ。<br />雲行きもなんだかちょっと怪しくなってきた。。。<br />オビドス滞在中に雨とかにならなくてよかった。ホッ。<br />ここからコインブラへレッツゴー♪<br />

    種類いっぱいのチーズのお店も気になるけど、そろそろ待ち合わせの14時、戻らなきゃ。
    雲行きもなんだかちょっと怪しくなってきた。。。
    オビドス滞在中に雨とかにならなくてよかった。ホッ。
    ここからコインブラへレッツゴー♪

116いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ポルトガルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポルトガル最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポルトガルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集