黄山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のGWは4連休と短いため、取り敢えず早くに上海往復で航空券をおさえたけれど、そこから先の行き先決めは難航。<br /><br />強行日程になりそうだけど黄山近くにある世界遺産、安徽南部の古村落に行きたかったので、黄山に決定。しかし、国内線のスケジュール変更で乗り継ぎ不可になり、一度は諦めて杭州とか上海ディズニーランドとかにしようかとも思いましたが、やはり古村落が諦めきれず、上海から鉄道で黄山を目指すことに!<br /><br />****************************************************<br />上海虹橋駅から高鉄で4時間ちょっとで黄山北駅に到着。今までで一番長い乗車時間でした。さすがに長かった・・。<br /><br />翌日は黄山へ。今回の旅のメインは古村落ですが、やはりここまで来たら山にも行かねばと思い、ちょこっとですが行ってきました。

4歳娘を連れてGW上海+黄山4日間の旅2-天気良すぎる黄山風景区

9いいね!

2018/05/03 - 2018/05/04

60位(同エリア193件中)

旅行記グループ 2018年5月上海・黄山4日間

0

56

kantaro

kantaroさん

この旅行記のスケジュール

2018/05/03

今年のGWは4連休と短いため、取り敢えず早くに上海往復で航空券をおさえたけれど、そこから先の行き先決めは難航。

強行日程になりそうだけど黄山近くにある世界遺産、安徽南部の古村落に行きたかったので、黄山に決定。しかし、国内線のスケジュール変更で乗り継ぎ不可になり、一度は諦めて杭州とか上海ディズニーランドとかにしようかとも思いましたが、やはり古村落が諦めきれず、上海から鉄道で黄山を目指すことに!

****************************************************
上海虹橋駅から高鉄で4時間ちょっとで黄山北駅に到着。今までで一番長い乗車時間でした。さすがに長かった・・。

翌日は黄山へ。今回の旅のメインは古村落ですが、やはりここまで来たら山にも行かねばと思い、ちょこっとですが行ってきました。

旅行の満足度
3.5
観光
3.0
ホテル
3.5
グルメ
4.0
交通
3.5
同行者
乳幼児連れ家族旅行
交通手段
高速・路線バス タクシー
航空会社
上海航空 JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 22:15 黄山北駅に到着。表示に従ってタクシー乗り場へ。

    22:15 黄山北駅に到着。表示に従ってタクシー乗り場へ。

  • 郊外へ行く場合のタクシー代目安。<br /><br />屯渓老街にあるホテルまでは所要約30分。メーターで45元でした。<br /><br />

    郊外へ行く場合のタクシー代目安。

    屯渓老街にあるホテルまでは所要約30分。メーターで45元でした。

  • 23:15 華山徽宴酒店に到着し、チェックイン・・しかし予約が見つからないようで長々待たされる。フロントは英語が通じず、筆談と翻訳アプリでやりとり。約20分後、かかってきた電話に出たスタッフが『有!』と言ったので、どうやら見つかった様子(・・とこの時は思っていた。)<br /><br />そしてやっと部屋に入れました。疲労困憊・・。

    23:15 華山徽宴酒店に到着し、チェックイン・・しかし予約が見つからないようで長々待たされる。フロントは英語が通じず、筆談と翻訳アプリでやりとり。約20分後、かかってきた電話に出たスタッフが『有!』と言ったので、どうやら見つかった様子(・・とこの時は思っていた。)

    そしてやっと部屋に入れました。疲労困憊・・。

  • ちなみに部屋の写真は翌日のベッドメイク後の撮影。<br /><br />なぜなら寝てる娘をまずベッドに置いたため。

    ちなみに部屋の写真は翌日のベッドメイク後の撮影。

    なぜなら寝てる娘をまずベッドに置いたため。

  • ガラス扉、手持ちシャワーがあれば満足!

    ガラス扉、手持ちシャワーがあれば満足!

  • 7:20 ホテルのレストランで朝食。<br /><br />学生の団体がごっそりいて席が無く、円卓で相席させてもらいました。<br /><br />郷土料理多めのラインナップ。<br /><br /><br />ちなみに相席した女子学生は食後に食べ終わったお皿をきれいに重ねて退席していきました。こういうのを見ると、中国のイメージ変わりますね。<br />

    7:20 ホテルのレストランで朝食。

    学生の団体がごっそりいて席が無く、円卓で相席させてもらいました。

    郷土料理多めのラインナップ。


    ちなみに相席した女子学生は食後に食べ終わったお皿をきれいに重ねて退席していきました。こういうのを見ると、中国のイメージ変わりますね。

  • 8:40 昨日南翔老街の10元ショップで買った帽子をかぶって、黄山へいざ出発!<br /><br />

    8:40 昨日南翔老街の10元ショップで買った帽子をかぶって、黄山へいざ出発!

  • 8:45 タクシーで黄山長途汽車客運総駅へ。5分ほどで到着。7.4元

    8:45 タクシーで黄山長途汽車客運総駅へ。5分ほどで到着。7.4元

  • 黄山風景区行きのバスに乗ります。<br /><br />運賃は車内で支払いとのことで、そのままバスへ。<br />

    黄山風景区行きのバスに乗ります。

    運賃は車内で支払いとのことで、そのままバスへ。

  • 9:10 バス発車。観光客と地元客が半々って印象。運賃20元<br /><br />ここで中国語を話せない外国人個人観光客と遭遇。スマホに表示させた中国語で行き先を確認されましたが、たぶんそうだと思うけど、私たちは日本人ツーリストなので~と言っておきました。日本人は漢字が読めるから何とかなりますが、それ以外の外国人は旅行するの大変だろうな・・。

    9:10 バス発車。観光客と地元客が半々って印象。運賃20元

    ここで中国語を話せない外国人個人観光客と遭遇。スマホに表示させた中国語で行き先を確認されましたが、たぶんそうだと思うけど、私たちは日本人ツーリストなので~と言っておきました。日本人は漢字が読めるから何とかなりますが、それ以外の外国人は旅行するの大変だろうな・・。

  • 10:15 てっきり新国線黄山風景区游客換乗中心に着くと思ったのですが、バスが着いたのはこのホテルの前。

    10:15 てっきり新国線黄山風景区游客換乗中心に着くと思ったのですが、バスが着いたのはこのホテルの前。

  • 流れに沿って歩くと、東〈山令〉換乗点という場所に着きました。

    流れに沿って歩くと、東〈山令〉換乗点という場所に着きました。

  • ここで慈光閣行きのチケット購入。19元<br /><br />雲谷寺行きのほうがすぐバスが来て、大半はそちらに乗って行きました。

    ここで慈光閣行きのチケット購入。19元

    雲谷寺行きのほうがすぐバスが来て、大半はそちらに乗って行きました。

  • 10:35 慈光閣行きのバスが到着。しかし既にほぼ満席で、座る席を見つけたと思ったら座る前にバスは発車し、娘は帽子のゴムが首に絡まったまま後ろに倒れかけたり大変でした。周りの人々が助けてくれましたが。<br /><br />そして何とか娘を膝に載せたのですが、とんでもないくねくね山道で、曲がる度に娘がふっとんで行かないように足を突っ張ったり腕に力を入れたりとかなりの地獄でした。

    10:35 慈光閣行きのバスが到着。しかし既にほぼ満席で、座る席を見つけたと思ったら座る前にバスは発車し、娘は帽子のゴムが首に絡まったまま後ろに倒れかけたり大変でした。周りの人々が助けてくれましたが。

    そして何とか娘を膝に載せたのですが、とんでもないくねくね山道で、曲がる度に娘がふっとんで行かないように足を突っ張ったり腕に力を入れたりとかなりの地獄でした。

  • 10:45 玉屏ロープーウェイ乗り場に到着。10分ほどの道のりでしたが、かなり疲れました。

    10:45 玉屏ロープーウェイ乗り場に到着。10分ほどの道のりでしたが、かなり疲れました。

  • ロープーウェイはてっきり混んでいると思っていたのですが、ガラガラで拍子抜け。<br /><br />中国の連休直後だし、まだオンシーズンとはいえないのかしら?

    ロープーウェイはてっきり混んでいると思っていたのですが、ガラガラで拍子抜け。

    中国の連休直後だし、まだオンシーズンとはいえないのかしら?

    慈光閣 建造物

  • ここで入山料230元と玉屏ロープーウェイ片道90元をお支払い。それにしても高い・・。

    ここで入山料230元と玉屏ロープーウェイ片道90元をお支払い。それにしても高い・・。

  • チケットを買って乗り場へ。この柵が混雑時のすごさを物語っています。数時間待ちになることもあるというのは本当のようですね。

    チケットを買って乗り場へ。この柵が混雑時のすごさを物語っています。数時間待ちになることもあるというのは本当のようですね。

  • ロープーウェイ、終点が見えません。

    ロープーウェイ、終点が見えません。

    玉屏ロープウェイ その他の交通機関

    GWは空いていた by kantaroさん
  • 10:55 並ぶことなくいざ乗車!<br /><br />混雑時は相席になるようです。<br />

    10:55 並ぶことなくいざ乗車!

    混雑時は相席になるようです。

  • 進行方向

    進行方向

  • 後ろ側

    後ろ側

  • 10:58 やっと終点が見えてきました。

    10:58 やっと終点が見えてきました。

  • 振り返るとだいぶ遠くに慈光閣駅が見えました。

    振り返るとだいぶ遠くに慈光閣駅が見えました。

  • 11:10 約15分で玉屏駅に到着。<br /><br />なかなか長いですね。

    11:10 約15分で玉屏駅に到着。

    なかなか長いですね。

    黄山 史跡・遺跡

    色々お金がかかる山 by kantaroさん
  • まずは地図でルートを確認。<br /><br />と言っても、ちょこっとしか歩くつもりはないんですけどね。

    まずは地図でルートを確認。

    と言っても、ちょこっとしか歩くつもりはないんですけどね。

  • 取り敢えず玉屏楼方面へ。<br /><br />早速石段が・・。<br />

    取り敢えず玉屏楼方面へ。

    早速石段が・・。

  • ちなみにこんなので上ることもできますよ。一応価格表も載っていました。

    ちなみにこんなので上ることもできますよ。一応価格表も載っていました。

  • 分岐地点の地図。<br /><br />まだロープーウェイを降りてから400mしか歩いていないなんて・・。

    分岐地点の地図。

    まだロープーウェイを降りてから400mしか歩いていないなんて・・。

  • それでももうけっこうな岩山を見ることができます。

    それでももうけっこうな岩山を見ることができます。

  • ちなみに私も娘も雨女なので天気は期待していなかったのですが、珍しくとってもいい天気!

    ちなみに私も娘も雨女なので天気は期待していなかったのですが、珍しくとってもいい天気!

  • 黄山は年間の降雨日数がかなり多いらしいんですけどね。<br /><br />とにかく景色がきれいに見えて良かった!<br />

    黄山は年間の降雨日数がかなり多いらしいんですけどね。

    とにかく景色がきれいに見えて良かった!

  • あんなに降りちゃったら、上るの大変そう・・。

    あんなに降りちゃったら、上るの大変そう・・。

  • 11:30 玉屏楼に到着。

    11:30 玉屏楼に到着。

    玉屏楼 寺院・教会

    迎客松があるところ by kantaroさん
  • けっこう歩いたつもりでも、黄山の地図でいうと、ほんのちょこっとしか進んでいません。

    けっこう歩いたつもりでも、黄山の地図でいうと、ほんのちょこっとしか進んでいません。

  • 前回ハノイに行ったとき、娘は私のデジカメで撮影したがったため、今回はお古のデジカメを持たせて好きに撮影させました。<br /><br />なかなかノリノリです(笑)

    前回ハノイに行ったとき、娘は私のデジカメで撮影したがったため、今回はお古のデジカメを持たせて好きに撮影させました。

    なかなかノリノリです(笑)

  • 天都峰かしら?<br /><br />恐ろしい石段が見えました。

    天都峰かしら?

    恐ろしい石段が見えました。

  • 人だかりの奥には迎客松。

    人だかりの奥には迎客松。

  • 来た道を戻り、さっきスルーしてしまった送客松を撮影。意外に普通(笑)

    来た道を戻り、さっきスルーしてしまった送客松を撮影。意外に普通(笑)

  • ちょうど輿に乗っている人が来ました!<br /><br />富裕層だわ~。

    ちょうど輿に乗っている人が来ました!

    富裕層だわ~。

  • 来た道を戻り、ロープーウェイ乗り場方面との分岐を反対方向へ。

    来た道を戻り、ロープーウェイ乗り場方面との分岐を反対方向へ。

  • ちょっと歩いただけで、なかなかの絶景が。

    ちょっと歩いただけで、なかなかの絶景が。

  • 雲海も見たかったけれど、曇って何にも見えないよりはいいでしょう!<br /><br />かつてスイスのユングフラウヨッホに行った時、雲で何も見えなかったこともあったな・・。

    雲海も見たかったけれど、曇って何にも見えないよりはいいでしょう!

    かつてスイスのユングフラウヨッホに行った時、雲で何も見えなかったこともあったな・・。

  • この先のベンチで一休みしていたら、掃除のおじちゃんに、この先は杖が無いとやばいよ~みたいなことを言われる。<br /><br />確かに歩いている人はみんな杖を持っていて、ここから先は険しい道のりになることはわかっていたので、ここで引き返すことを決定。

    この先のベンチで一休みしていたら、掃除のおじちゃんに、この先は杖が無いとやばいよ~みたいなことを言われる。

    確かに歩いている人はみんな杖を持っていて、ここから先は険しい道のりになることはわかっていたので、ここで引き返すことを決定。

  • 12:25 下山開始。<br /><br />帰りもガラガラだったけど、ちょうどスタッフが乗り込んできたので相席に。<br /><br />帰りも90元かかります。本当にお金のかかる山です・・。

    12:25 下山開始。

    帰りもガラガラだったけど、ちょうどスタッフが乗り込んできたので相席に。

    帰りも90元かかります。本当にお金のかかる山です・・。

  • ロープーウェイの中から見えた急階段。<br /><br />それにしてもこの山、石段ばかりで人工的です。作った人すごいけど。

    ロープーウェイの中から見えた急階段。

    それにしてもこの山、石段ばかりで人工的です。作った人すごいけど。

  • そしてまたバスのチケット購入。<br /><br />大人19元 子供9元<br /><br />今回はちゃんと子供の席も買いました。

    そしてまたバスのチケット購入。

    大人19元 子供9元

    今回はちゃんと子供の席も買いました。

  • 12:55 バス発車<br /><br />下りもスリル満点の道のりでした。

    12:55 バス発車

    下りもスリル満点の道のりでした。

  • 13:10 今度はちゃんと新国線黄山風景区游客換乗中心に着きました。<br /><br />降りたところにバスチケット売り場があったので宏村行きのバスチケットを購入。<br /> <br />看板には13:30/14:30とあったのに、次は15:00だそう・・。<br /><br /><br />

    13:10 今度はちゃんと新国線黄山風景区游客換乗中心に着きました。

    降りたところにバスチケット売り場があったので宏村行きのバスチケットを購入。
     
    看板には13:30/14:30とあったのに、次は15:00だそう・・。


  • 周囲にはレストランがいっぱいあるので、取り敢えず昼食を。<br /><br />入りやすそうだったのでここに決定。

    周囲にはレストランがいっぱいあるので、取り敢えず昼食を。

    入りやすそうだったのでここに決定。

  • 鶏料理が人気のお店っぽいです。<br /><br /><br />お店のお兄さんもフレンドリー。

    鶏料理が人気のお店っぽいです。


    お店のお兄さんもフレンドリー。

  • 鶏絲麺15元 娘セレクトですが、あっさり味でもりもり食べていました。<br /><br />肥東老鶏湯27元 お店の一番人気っぽく、濃厚な鶏出汁でおいしい!<br /><br />農家米粉肉19元 米粉の衣なんだろうけど、ねちょねちょしていて微妙・・。<br /><br />筍尖焼肉48元 タケノコがこの辺の名産なので。なかなか箸のすすむ味! <br /><br />米飯2元<br />

    鶏絲麺15元 娘セレクトですが、あっさり味でもりもり食べていました。

    肥東老鶏湯27元 お店の一番人気っぽく、濃厚な鶏出汁でおいしい!

    農家米粉肉19元 米粉の衣なんだろうけど、ねちょねちょしていて微妙・・。

    筍尖焼肉48元 タケノコがこの辺の名産なので。なかなか箸のすすむ味! 

    米飯2元

  • 14:30 バス待合室へ。

    14:30 バス待合室へ。

  • アナウンスは聞き取れないし、改札口に表示が何もないので、そろそろかと適当に行ってみたら、いいとのことで乗車。<br /><br />14:52 発車予定時刻前に発車してしまいました。

    アナウンスは聞き取れないし、改札口に表示が何もないので、そろそろかと適当に行ってみたら、いいとのことで乗車。

    14:52 発車予定時刻前に発車してしまいました。

  • 大人20元 子供10元<br /><br />

    大人20元 子供10元

  • 座席番号毎にちゃんと座るバスだったらしく、違う席に座っていたのですが(座席番号は連番だけど一人席×2、二人掛け×1というバラバラになっていた)、来た人にジェスチャーで子供がいるので変わってくれと伝え変わってもらえました。<br /><br />どうも座席番号通りに座るバスと座らないバスの違いがわかりません。<br /><br />宏村までどれくらいかかるのか事前調査できなかったのですが、40分ほどで着きました。屯渓まで戻ってから宏村行きに乗り換えるよりだいぶ時間短縮できます。

    座席番号毎にちゃんと座るバスだったらしく、違う席に座っていたのですが(座席番号は連番だけど一人席×2、二人掛け×1というバラバラになっていた)、来た人にジェスチャーで子供がいるので変わってくれと伝え変わってもらえました。

    どうも座席番号通りに座るバスと座らないバスの違いがわかりません。

    宏村までどれくらいかかるのか事前調査できなかったのですが、40分ほどで着きました。屯渓まで戻ってから宏村行きに乗り換えるよりだいぶ時間短縮できます。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集