アスワン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
第6回目は、クルーズ4日目(ツアー5日目)朝アスワンに到着後、午前中のイシス神殿見学と、午後のアブシンベル神殿見学のための砂漠横断のバスの旅の模様となる。今回の旅行の全体像は以下の通り。<br /><br />・・・・・・・・・・・・<br /><br />今年の冬も、「寒い日本を脱出して、現地も冬であるが日本ほどには寒くなく、夏には暑すぎて行けない国へ旅行する」という考えに基づいて、エジプト旅行に行ってきた。昨年は同じ考えから1月にメキシコへ、その前には2月にインド・スリランカへも行っている。<br /><br />(旅行のポイント、選んだツアーについては、このシリーズ第1回目をご覧ください)<br /><br />日程は、以下の通り。クルーズ船には2~5日目の4泊し、6日目はカイロ泊。<br /><br />1日目:夜成田発、機内泊<br />2日目:早朝カイロ着、カイロ~ルクソール国内便、ルクソール東岸観光、アマルコⅡ乗船<br />3日目:ルクソール西岸観光<br />4日目:ルクソールからアスワンに移動の途中に、ホルス神殿・コムオンボ神殿観光<br />5日目:イシス神殿・アブシンベル神殿観光<br />6日目:アスワン~カイロ国内便、ギザのピラミッド群観光<br />7日目:カイロ市内観光(エジプト考古学博物館見学を含む)、夜カイロ発、機内泊<br />8日目:夜成田着<br /><br />訪れる世界遺産は、以下の4個所となっている。<br /><br />・古代都市テーベとその墓地遺跡(2・3日目)<br />・アベシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(5日目)<br />・メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド群(6日目)<br />・カイロ歴史地区(7日目)<br /><br />

2018冬のエジプト旅行(6)-ナイル川クルーズ4日目観光其の1(イシス神殿&アブシンベルへ移動)-

115いいね!

2018/01/28 - 2018/02/04

5位(同エリア313件中)

第6回目は、クルーズ4日目(ツアー5日目)朝アスワンに到着後、午前中のイシス神殿見学と、午後のアブシンベル神殿見学のための砂漠横断のバスの旅の模様となる。今回の旅行の全体像は以下の通り。

・・・・・・・・・・・・

今年の冬も、「寒い日本を脱出して、現地も冬であるが日本ほどには寒くなく、夏には暑すぎて行けない国へ旅行する」という考えに基づいて、エジプト旅行に行ってきた。昨年は同じ考えから1月にメキシコへ、その前には2月にインド・スリランカへも行っている。

(旅行のポイント、選んだツアーについては、このシリーズ第1回目をご覧ください)

日程は、以下の通り。クルーズ船には2~5日目の4泊し、6日目はカイロ泊。

1日目:夜成田発、機内泊
2日目:早朝カイロ着、カイロ~ルクソール国内便、ルクソール東岸観光、アマルコⅡ乗船
3日目:ルクソール西岸観光
4日目:ルクソールからアスワンに移動の途中に、ホルス神殿・コムオンボ神殿観光
5日目:イシス神殿・アブシンベル神殿観光
6日目:アスワン~カイロ国内便、ギザのピラミッド群観光
7日目:カイロ市内観光(エジプト考古学博物館見学を含む)、夜カイロ発、機内泊
8日目:夜成田着

訪れる世界遺産は、以下の4個所となっている。

・古代都市テーベとその墓地遺跡(2・3日目)
・アベシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(5日目)
・メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド群(6日目)
・カイロ歴史地区(7日目)

同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス
航空会社
エジプト航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)
旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

  • クルーズ4日目(ツアー5日目)。この日も朝は早く、6時過ぎに朝食。毎朝のご飯とみそ汁に加えて、この日は特別製のオムレツをオーダー。

    クルーズ4日目(ツアー5日目)。この日も朝は早く、6時過ぎに朝食。毎朝のご飯とみそ汁に加えて、この日は特別製のオムレツをオーダー。

  • 食事を終えてから、屋上デッキに上がり朝のナイル川の様子を見る。ここは、もうアスワンダムの近くで長い橋も見える。

    食事を終えてから、屋上デッキに上がり朝のナイル川の様子を見る。ここは、もうアスワンダムの近くで長い橋も見える。

  • 周りは明るくなってきているが、太陽は未だ昇っていない。

    周りは明るくなってきているが、太陽は未だ昇っていない。

  • 東の空に太陽が昇ってきた。6時41分。<br /><br />(かなりの露出アンダーで撮影)

    東の空に太陽が昇ってきた。6時41分。

    (かなりの露出アンダーで撮影)

  • この日の午前中は、フィラエ島にあるイシス神殿の見学となっており、アスワンの小さな船着き場からボートで島に渡ることになっている。7時半頃に着いた船着き場の通路の両側では、露天の土産物屋が開店準備をしていた。

    この日の午前中は、フィラエ島にあるイシス神殿の見学となっており、アスワンの小さな船着き場からボートで島に渡ることになっている。7時半頃に着いた船着き場の通路の両側では、露天の土産物屋が開店準備をしていた。

  • 並べられている土産物の数々。ちよっといいなと思うものもあるが、値段がついていないので買うためには交渉時間が必要となり、通りすがりでは買いにくい。

    並べられている土産物の数々。ちよっといいなと思うものもあるが、値段がついていないので買うためには交渉時間が必要となり、通りすがりでは買いにくい。

  • 木彫りのお面。これはヌビア人特有のお面のようだ。この地方は、もうヌビア圏に入っているのだ。

    木彫りのお面。これはヌビア人特有のお面のようだ。この地方は、もうヌビア圏に入っているのだ。

  • ボートに乗り込む。

    ボートに乗り込む。

  • 点在する島の間を通って、フィラエ島を目指す。この辺りは、アスワンハイダムからすぐ下流のナイル川になっている。

    点在する島の間を通って、フィラエ島を目指す。この辺りは、アスワンハイダムからすぐ下流のナイル川になっている。

  • 10分ほどでイシス神殿が見えて来た。

    10分ほどでイシス神殿が見えて来た。

  • 添乗員から渡された入場チケット。名称は、イシス神殿ではなく、フィラエ神殿となっている。<br /><br />フィラエ神殿の中心となるのが、イシス女神を祀っているイシス神殿ということのようだ。

    添乗員から渡された入場チケット。名称は、イシス神殿ではなく、フィラエ神殿となっている。

    フィラエ神殿の中心となるのが、イシス女神を祀っているイシス神殿ということのようだ。

  • この現存する神殿は、プトレマイオス朝時代に建設されその後ローマ時代にわたって増築が行われてきたものであるが、6世紀に東ローマ帝国のユスティニアヌス1世によりフィラエ神殿は閉鎖され、その後は4つのキリスト教会として再利用された。<br /><br />20世紀後半のアスワン・ダムの建設により、半水没状態であったが上流のアスワン・ハイ・ダムの建設を機にユネスコにより1980年、フィラエ島からアギルキア島に移築、保存されることとなった。現在はアギルキア島をフィラエ島と呼んでいる。(ウィキペディアより)<br /><br />午後に訪れることになっているアブシンベル神殿は、世界遺産創成のきっかけとなった有名な遺跡であるが、このイシス神殿も地味ながら【世】アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群の一部となっているのだ。

    この現存する神殿は、プトレマイオス朝時代に建設されその後ローマ時代にわたって増築が行われてきたものであるが、6世紀に東ローマ帝国のユスティニアヌス1世によりフィラエ神殿は閉鎖され、その後は4つのキリスト教会として再利用された。

    20世紀後半のアスワン・ダムの建設により、半水没状態であったが上流のアスワン・ハイ・ダムの建設を機にユネスコにより1980年、フィラエ島からアギルキア島に移築、保存されることとなった。現在はアギルキア島をフィラエ島と呼んでいる。(ウィキペディアより)

    午後に訪れることになっているアブシンベル神殿は、世界遺産創成のきっかけとなった有名な遺跡であるが、このイシス神殿も地味ながら【世】アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群の一部となっているのだ。

  • イシス神殿の第一塔門とその右側にある列柱。

    イシス神殿の第一塔門とその右側にある列柱。

  • イシス女神に供物を捧げるファラオも、レリーフは鮮やかであるが顔は削られている。後世に、ここを使っていたキリスト教徒の所業だろう。

    イシス女神に供物を捧げるファラオも、レリーフは鮮やかであるが顔は削られている。後世に、ここを使っていたキリスト教徒の所業だろう。

  • 中央はホルス神。

    中央はホルス神。

  • 列柱が並んでいる。

    列柱が並んでいる。

  • 第2塔門。

    第2塔門。

  • こちらの方は、顔が削られていなくて美しい姿が残っている。

    こちらの方は、顔が削られていなくて美しい姿が残っている。

  • 第1塔門を潜って振り返ってみると、列柱と2体のライオン像の後ろ姿が見えている。

    第1塔門を潜って振り返ってみると、列柱と2体のライオン像の後ろ姿が見えている。

  • 列柱の上部には、ハトホル神の顔が形造られている。

    列柱の上部には、ハトホル神の顔が形造られている。

  • 一番奥にある至聖所。

    一番奥にある至聖所。

  • レリーフは、イシス女神とハトホル神に供物を捧げるファラオの図柄が多い。

    レリーフは、イシス女神とハトホル神に供物を捧げるファラオの図柄が多い。

  • これも、ファラオがハトホル神に供物を捧げている。

    これも、ファラオがハトホル神に供物を捧げている。

  • 列柱の間では、現地ガイドが熱心に説明してくれた。

    列柱の間では、現地ガイドが熱心に説明してくれた。

  • イシス神殿の外にある小さなハトホル神殿。

    イシス神殿の外にある小さなハトホル神殿。

  • これもイシス神殿の横にあるトラヤヌス帝のキオスク。未完成のキオスク(小さな建物)で、神々とトラヤヌス帝のレリーフが描かれている。

    これもイシス神殿の横にあるトラヤヌス帝のキオスク。未完成のキオスク(小さな建物)で、神々とトラヤヌス帝のレリーフが描かれている。

  • キオスクの入口段差では、数名のグループが水面を眺めながら物思いに耽っていた。

    キオスクの入口段差では、数名のグループが水面を眺めながら物思いに耽っていた。

  • キオスクの中から見ると、並んで座っている一団と川面が見えていた。<br /><br />この写真からも、アスワンダムのために水没しかけていた神殿を別の島に移築して救済したというストーリーが頷ける。<br />

    キオスクの中から見ると、並んで座っている一団と川面が見えていた。

    この写真からも、アスワンダムのために水没しかけていた神殿を別の島に移築して救済したというストーリーが頷ける。

  • 珍しく、サボテンが生えていた。

    珍しく、サボテンが生えていた。

  • 1時間余りの見学を終えて、船着き場へ戻ってきた。9時過ぎ。

    1時間余りの見学を終えて、船着き場へ戻ってきた。9時過ぎ。

  • 土産物屋とも骨董品屋ともわからない店の前を通過。

    土産物屋とも骨董品屋ともわからない店の前を通過。

  • 次に向かったのは、アスワン市内の香水(アロマオイル)の店。クリスタル製の香水瓶とアロマオイルの土産物屋だ。<br /><br />かなりの時間を費やしたが、あまり欲しいものはなかった。<br />

    次に向かったのは、アスワン市内の香水(アロマオイル)の店。クリスタル製の香水瓶とアロマオイルの土産物屋だ。

    かなりの時間を費やしたが、あまり欲しいものはなかった。

  • 香水屋の後は、エジプト最南端となるアブシンベル神殿までの砂漠の中のバス移動となった。<br /><br />砂漠の入口付近で、サハラ砂漠(?)の砂を記念に採取。ひとすくいほどを持参のジップロックの袋に入れておいた。

    香水屋の後は、エジプト最南端となるアブシンベル神殿までの砂漠の中のバス移動となった。

    砂漠の入口付近で、サハラ砂漠(?)の砂を記念に採取。ひとすくいほどを持参のジップロックの袋に入れておいた。

  • 延々と続く直線の舗装道路を進む。

    延々と続く直線の舗装道路を進む。

  • 途中、車窓から蜃気楼が見えた。砂の上に水面らしきものが見える。

    途中、車窓から蜃気楼が見えた。砂の上に水面らしきものが見える。

  • 3時間ほどのバス移動中、オアシスも見る。

    3時間ほどのバス移動中、オアシスも見る。

  • この川は、ナイル川と繋がる運河とのこと。新しい町造りに寄与しているそうだ。

    この川は、ナイル川と繋がる運河とのこと。新しい町造りに寄与しているそうだ。

  • アスワンハイダムの湖面が見えてくると、間もなく終点だ。

    アスワンハイダムの湖面が見えてくると、間もなく終点だ。

  • ヌビアの村に入り、遅めの昼食となった。約3時間のロングドライブだった。

    ヌビアの村に入り、遅めの昼食となった。約3時間のロングドライブだった。

  • 食事は、面白い造りのレストランで。ヌビア風というのだろうか。

    食事は、面白い造りのレストランで。ヌビア風というのだろうか。

  • 前菜の野菜と、タレ。胡麻味だったかな?

    前菜の野菜と、タレ。胡麻味だったかな?

  • スープ。味は憶えていない(笑)。

    スープ。味は憶えていない(笑)。

  • 真夏には50℃を超える気候とのこと。暑さをしのぐ構造なのだろうか。

    真夏には50℃を超える気候とのこと。暑さをしのぐ構造なのだろうか。

  • メインディッシュは、タジン鍋で調理した魚と野菜だった。14時過ぎに昼食も終え、この後、楽しみにしていたアブシンベル神殿の見学となる。<br /><br />(続く)

    メインディッシュは、タジン鍋で調理した魚と野菜だった。14時過ぎに昼食も終え、この後、楽しみにしていたアブシンベル神殿の見学となる。

    (続く)

115いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

ダイスケitさんの関連旅行記

ダイスケitさんの旅行記一覧

エジプトで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エジプト最安 410円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エジプトの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

アスワン(エジプト) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集