コム・オンボ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の冬も、「寒い日本を脱出して、現地も冬であるが日本ほどには寒くなく、夏には暑すぎて行けない国へ旅行する」という考えに基づいて、エジプト旅行に行ってきた。昨年は同じ考えから1月にメキシコへ、その前には2月にインド・スリランカへも行っている。<br /><br />(旅行のポイント、選んだツアーについては、このシリーズ第1回目をご覧ください)<br /><br />日程は、以下の通り。クルーズ船には2~5日目の4泊し、6日目はカイロ泊。<br /><br />1日目:夜成田発、機内泊<br />2日目:早朝カイロ着、カイロ~ルクソール国内便、ルクソール東岸観光、アマルコⅡ乗船<br />3日目:ルクソール西岸観光<br />4日目:ルクソールからアスワンに移動の途中に、ホルス神殿・コムオンボ神殿観光<br />5日目:イシス神殿・アブシンベル神殿観光<br />6日目:アスワン~カイロ国内便、ギザのピラミッド群観光<br />7日目:カイロ市内観光(エジプト考古学博物館見学を含む)、夜カイロ発、機内泊<br />8日目:夜成田着<br /><br />訪れる世界遺産は、以下の4個所となっている。<br /><br />・古代都市テーベとその墓地遺跡(2・3日目)<br />・アベシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(5日目)<br />・メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド群(6日目)<br />・カイロ歴史地区(7日目)<br /><br />第5回目は、クルーズ3日目(ツアー4日目)の朝早くに出掛けたホルス神殿と、午後になってから訪れたコムオンボ神殿見学の模様となる。<br />

2018冬のエジプト旅行(5)-ナイル川クルーズ3日目観光(ホルス神殿&コムオンボ神殿)-

121いいね!

2018/01/28 - 2018/02/04

1位(同エリア54件中)

今年の冬も、「寒い日本を脱出して、現地も冬であるが日本ほどには寒くなく、夏には暑すぎて行けない国へ旅行する」という考えに基づいて、エジプト旅行に行ってきた。昨年は同じ考えから1月にメキシコへ、その前には2月にインド・スリランカへも行っている。

(旅行のポイント、選んだツアーについては、このシリーズ第1回目をご覧ください)

日程は、以下の通り。クルーズ船には2~5日目の4泊し、6日目はカイロ泊。

1日目:夜成田発、機内泊
2日目:早朝カイロ着、カイロ~ルクソール国内便、ルクソール東岸観光、アマルコⅡ乗船
3日目:ルクソール西岸観光
4日目:ルクソールからアスワンに移動の途中に、ホルス神殿・コムオンボ神殿観光
5日目:イシス神殿・アブシンベル神殿観光
6日目:アスワン~カイロ国内便、ギザのピラミッド群観光
7日目:カイロ市内観光(エジプト考古学博物館見学を含む)、夜カイロ発、機内泊
8日目:夜成田着

訪れる世界遺産は、以下の4個所となっている。

・古代都市テーベとその墓地遺跡(2・3日目)
・アベシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(5日目)
・メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド群(6日目)
・カイロ歴史地区(7日目)

第5回目は、クルーズ3日目(ツアー4日目)の朝早くに出掛けたホルス神殿と、午後になってから訪れたコムオンボ神殿見学の模様となる。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
航空会社
エジプト航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)
旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

  • 朝早く起きて、ナイル川の夜明けを見に屋上デッキへ。6時だが、まだ日は昇ってこない。

    朝早く起きて、ナイル川の夜明けを見に屋上デッキへ。6時だが、まだ日は昇ってこない。

  • 下のレストランへ下りて、朝食。この日は船を下りての観光の出発が早いのだ。ご飯とみそ汁と玉子焼き・肉じゃが等の日本料理が嬉しい。

    下のレストランへ下りて、朝食。この日は船を下りての観光の出発が早いのだ。ご飯とみそ汁と玉子焼き・肉じゃが等の日本料理が嬉しい。

  • そそくさと食事を終えて、再び屋上デッキへ。ようやく日が昇ってきた、6時36分。最近の画像は時刻が表示されるので便利だ(笑)。

    そそくさと食事を終えて、再び屋上デッキへ。ようやく日が昇ってきた、6時36分。最近の画像は時刻が表示されるので便利だ(笑)。

  • 日が昇り切った頃に、他のクルーズ船が通り過ぎて行った。前の写真から3分後。

    日が昇り切った頃に、他のクルーズ船が通り過ぎて行った。前の写真から3分後。

  • ホルス神殿見物のため、7時にクルーズ船を出発しエドフの町へ。エドフから馬車で神殿まで行くことになっており、馬車溜りには次々と馬車がやって来て、二人ずつ乗せて行く。

    ホルス神殿見物のため、7時にクルーズ船を出発しエドフの町へ。エドフから馬車で神殿まで行くことになっており、馬車溜りには次々と馬車がやって来て、二人ずつ乗せて行く。

  • 途中、戻りの馬車とすれ違う。

    途中、戻りの馬車とすれ違う。

  • 降車場には、馬車手配のおじさんが一段高いところから見張っていた。

    降車場には、馬車手配のおじさんが一段高いところから見張っていた。

  • お決まりの、神殿までの土産物屋街を通過していく。

    お決まりの、神殿までの土産物屋街を通過していく。

  • 旅程表にはホルス神殿となっているが、チケットはエドフ神殿の表示だ。

    旅程表にはホルス神殿となっているが、チケットはエドフ神殿の表示だ。

  • 神殿の入口を通って・・・。

    神殿の入口を通って・・・。

  • 特徴ある大きな壁面が見えてきた。

    特徴ある大きな壁面が見えてきた。

  • 大きなレリーフが彫られている神殿の塔門。高さ36m、幅79mの壁面には、ホルス神とハトホル女神の前で敵を打ちすえるプトレマイオス12世が描かれている。<br />

    大きなレリーフが彫られている神殿の塔門。高さ36m、幅79mの壁面には、ホルス神とハトホル女神の前で敵を打ちすえるプトレマイオス12世が描かれている。

  • ホルス神殿という名前の通り、大きなホルス神(ハヤブサの頭部を持つ天空の神)が彫られている。

    ホルス神殿という名前の通り、大きなホルス神(ハヤブサの頭部を持つ天空の神)が彫られている。

  • 横の方には、小さな姿で描かれている。

    横の方には、小さな姿で描かれている。

  • 塔門の通路を挟んで対照的にするために、反対向きになっているホルス神とその妻ハトホル神。

    塔門の通路を挟んで対照的にするために、反対向きになっているホルス神とその妻ハトホル神。

  • 塔門上部には、コブラも。

    塔門上部には、コブラも。

  • 塔門を潜り列柱室へ。中庭になっている第一列柱室の下部のレリーフ。

    塔門を潜り列柱室へ。中庭になっている第一列柱室の下部のレリーフ。

  • 列柱室入口に立つホルス神像が見えている。国内で最も美しいホルス神像といわれているようだ。

    列柱室入口に立つホルス神像が見えている。国内で最も美しいホルス神像といわれているようだ。

  • 多くの人が周りに集まっている。

    多くの人が周りに集まっている。

  • 横顔。

    横顔。

  • 列柱の間に入るが、緑色のライトが少し興醒めだ(笑)。

    列柱の間に入るが、緑色のライトが少し興醒めだ(笑)。

  • 列柱にも多くのレリーフが施されている。

    列柱にも多くのレリーフが施されている。

  • 壁面にもホルス神とハトホル神が精緻に彫られている。

    壁面にもホルス神とハトホル神が精緻に彫られている。

  • 保存状態では指折りといわれているだけあって、壁面には無数のホルス神を含む像が彫られていた。

    保存状態では指折りといわれているだけあって、壁面には無数のホルス神を含む像が彫られていた。

  • 列柱室の外側にある回廊に出ると、両側の壁面にも多くのレリーフが彫られていた。

    列柱室の外側にある回廊に出ると、両側の壁面にも多くのレリーフが彫られていた。

  • 小舟に乗って、カバ狩りをしている絵柄が多い。カバはホルス神の宿敵セト神の象徴とか。

    小舟に乗って、カバ狩りをしている絵柄が多い。カバはホルス神の宿敵セト神の象徴とか。

  • 舟の下にいる小さな動物がカバとのこと。ロープで捕らえている絵柄だ。

    舟の下にいる小さな動物がカバとのこと。ロープで捕らえている絵柄だ。

  • 狩りをしているのはファラオだが、ホルス神とハトホル神が必ず一緒にいる。この回廊のほとんどのレリーフの顔は削られており、後世の異教徒(イスラム教徒またはキリスト教徒)の仕業のようだ。ただ、削られていない像も一部ある。

    狩りをしているのはファラオだが、ホルス神とハトホル神が必ず一緒にいる。この回廊のほとんどのレリーフの顔は削られており、後世の異教徒(イスラム教徒またはキリスト教徒)の仕業のようだ。ただ、削られていない像も一部ある。

  • フリータイムとなり、ハトホル神立像を再び撮りに行く。

    フリータイムとなり、ハトホル神立像を再び撮りに行く。

  • 中庭の様子。まだ日陰の部分も多い。

    中庭の様子。まだ日陰の部分も多い。

  • 列柱の並びの左側には、塔門の通路が見えている。

    列柱の並びの左側には、塔門の通路が見えている。

  • 再び塔門の外に出て、改めてホルス神とハトホル神を撮ってみた。

    再び塔門の外に出て、改めてホルス神とハトホル神を撮ってみた。

  • 1時間余りの見物を終えて、ホルス神殿を後にする。崩れかけている遺跡と塔門を一つの画面に入れて撮影。

    1時間余りの見物を終えて、ホルス神殿を後にする。崩れかけている遺跡と塔門を一つの画面に入れて撮影。

  • 名残を惜しんで、振り返ってみる。

    名残を惜しんで、振り返ってみる。

  • 9時前だが、観光客は多い。

    9時前だが、観光客は多い。

  • 再び馬車に乗って、エドフの町に停まっているクルーズ船に戻る。

    再び馬車に乗って、エドフの町に停まっているクルーズ船に戻る。

  • 船の部屋に戻ってくるとベッドメイクが終っており、ベッドの上にコブラがとぐろを巻いていた(笑)。

    船の部屋に戻ってくるとベッドメイクが終っており、ベッドの上にコブラがとぐろを巻いていた(笑)。

  • 昼間はナイル川クルーズでゆっくりと過ごすことになっている。いい天気で、両岸の景色を楽しむ。気温も上がってきたが(25℃程度?)、この日はプールで泳ぐ人はいない。

    昼間はナイル川クルーズでゆっくりと過ごすことになっている。いい天気で、両岸の景色を楽しむ。気温も上がってきたが(25℃程度?)、この日はプールで泳ぐ人はいない。

  • ファルーカも登場。

    ファルーカも登場。

  • 珍しく建設中の橋が見えている。この橋が完成すると、クルーズ船の通行はどうなるのだろう。

    珍しく建設中の橋が見えている。この橋が完成すると、クルーズ船の通行はどうなるのだろう。

  • 昼食は、屋上デッキのテントの下で摂ることになっていた。両岸の景色を見ながら、ツアーメンバーとのお喋りを楽しんでのランチタイムだった。

    昼食は、屋上デッキのテントの下で摂ることになっていた。両岸の景色を見ながら、ツアーメンバーとのお喋りを楽しんでのランチタイムだった。

  • 午後は、コムオンボ神殿の見物となっている。15時頃に船は停まり、船着き場から徒歩で神殿に向かう。

    午後は、コムオンボ神殿の見物となっている。15時頃に船は停まり、船着き場から徒歩で神殿に向かう。

  • コムオンボ神殿入口に到着。<br /><br />2神(ソベク神とホルス神)のために、入口が2つに分かれている。

    コムオンボ神殿入口に到着。

    2神(ソベク神とホルス神)のために、入口が2つに分かれている。

  • 添乗員から渡されたチケット。ワニのミイラの博物館の入場も出来るとのこと。

    添乗員から渡されたチケット。ワニのミイラの博物館の入場も出来るとのこと。

  • いきなり列柱室が登場。

    いきなり列柱室が登場。

  • 残っている大きな角柱にもレリーフ。

    残っている大きな角柱にもレリーフ。

  • 神殿の梁がわずかに残っている。

    神殿の梁がわずかに残っている。

  • 柱の根元で寛いでいる、現地の家族。

    柱の根元で寛いでいる、現地の家族。

  • 第2列柱室の壁面のレリーフも柱のレリーフも、くっきりと鮮やかに残されている。<br /><br />現地ガイドがレリーフの説明を行った。

    第2列柱室の壁面のレリーフも柱のレリーフも、くっきりと鮮やかに残されている。

    現地ガイドがレリーフの説明を行った。

  • プトレマイオス13世が、神々から浄めの儀式を受けているレリーフ。<br /><br />ガイドさんも横顔だ。

    プトレマイオス13世が、神々から浄めの儀式を受けているレリーフ。

    ガイドさんも横顔だ。

  • トト神(左)とホルス神(右)が生命の水をかけているレリーフ。<br />

    トト神(左)とホルス神(右)が生命の水をかけているレリーフ。

  • 珍しいレリーフも見学。左側の座っている女性は出産しているところ、中央は医療用道具が彫られている。

    珍しいレリーフも見学。左側の座っている女性は出産しているところ、中央は医療用道具が彫られている。

  • 左からクレオパトラ7世、クレオパトラ6世、プトレマイオス、ホルス神とのこと。<br />

    左からクレオパトラ7世、クレオパトラ6世、プトレマイオス、ホルス神とのこと。

  • ホルス神とハトホル神に向き合うプトレマイオス13世。神々は、手にアンク(生命の鍵)を持っている。

    ホルス神とハトホル神に向き合うプトレマイオス13世。神々は、手にアンク(生命の鍵)を持っている。

  • くっきりと鮮やかなレリーフは、崩れ落ちた壁面か梁の一部のようだ。右側にはワニの姿をしたソベク神、左側にはハヤブサの神ホルス神が描かれている。

    くっきりと鮮やかなレリーフは、崩れ落ちた壁面か梁の一部のようだ。右側にはワニの姿をしたソベク神、左側にはハヤブサの神ホルス神が描かれている。

  • 斜め横から見るコムオンボ神殿全景。

    斜め横から見るコムオンボ神殿全景。

  • いかにもエジプトの神殿遺跡という構図になっている。

    いかにもエジプトの神殿遺跡という構図になっている。

  • ワニのミイラの博物館にも立ち寄り(写真撮影は禁止)、1時間余りの見物を終えてクルーズ船に戻った。縦列駐船している一番手前が、我がアマルコ2だ。

    ワニのミイラの博物館にも立ち寄り(写真撮影は禁止)、1時間余りの見物を終えてクルーズ船に戻った。縦列駐船している一番手前が、我がアマルコ2だ。

  • 上流に向けて出発すると、先程のコムオンボ神殿が他のクルーズ船の向こうに見えて来た。

    上流に向けて出発すると、先程のコムオンボ神殿が他のクルーズ船の向こうに見えて来た。

  • 夕方18時頃。ナイル川沿いの道路に並ぶ街灯が、川面に映えていた。

    夕方18時頃。ナイル川沿いの道路に並ぶ街灯が、川面に映えていた。

  • 夕食の後、この日はガラベイヤパーティーがあった。現地の民族衣装を身にまとって皆で騒ごうという趣旨で、これを楽しみに用意してきた人、船の売店で買い求めた人等気合十分に望む人もいたが、我々夫婦は普通の服装で参加。不参加の人もいた。<br /><br />我々グループメンバー以外にも、他の日本人ツアー客、欧米系の観光客などすべての乗客が参加していた。

    夕食の後、この日はガラベイヤパーティーがあった。現地の民族衣装を身にまとって皆で騒ごうという趣旨で、これを楽しみに用意してきた人、船の売店で買い求めた人等気合十分に望む人もいたが、我々夫婦は普通の服装で参加。不参加の人もいた。

    我々グループメンバー以外にも、他の日本人ツアー客、欧米系の観光客などすべての乗客が参加していた。

  • 同時に、ヌビアンショーも催された。ヌビアは、エジプトの一番南のスーダンに近い地方で、アブシンベル神殿があることで知られている。人種的にはエジプトの大部分のアラブ系とは異なり、サブサハラ(サハラ砂漠以南)のアフリカンとなるとのこと。

    同時に、ヌビアンショーも催された。ヌビアは、エジプトの一番南のスーダンに近い地方で、アブシンベル神殿があることで知られている。人種的にはエジプトの大部分のアラブ系とは異なり、サブサハラ(サハラ砂漠以南)のアフリカンとなるとのこと。

  • ヌビアンショーでは、観光客から10人を選抜して即興コントをやったが、すべてガラベイヤをまとった人が選ばれた。絵になるシーンを演出したかったのだろう。<br /><br />20時半頃から始まったパーティー・ショーも、22時前には終了。翌日はアスワンに到着して、イシス神殿見物、アスワン~アブシンベル大移動、アブシンベル神殿見物となっている。<br /><br />(続く)

    ヌビアンショーでは、観光客から10人を選抜して即興コントをやったが、すべてガラベイヤをまとった人が選ばれた。絵になるシーンを演出したかったのだろう。

    20時半頃から始まったパーティー・ショーも、22時前には終了。翌日はアスワンに到着して、イシス神殿見物、アスワン~アブシンベル大移動、アブシンベル神殿見物となっている。

    (続く)

121いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • kiyoさん 2018/05/19 09:44:00
    素晴らしいお写真ばかりですね
    ダイスケitさん、こんにちは。
    いつも私の旅行記にいいねしていただき、ありがとうございます。

    エジプトに行かれていたのですね。
    羨ましいです!
    私もエジプトは大好きで、
    以前は数年に一回、行っていたのですが、
    アラブの春以来、
    テロが怖くて、ここ何年も行っていません。

    冒頭の「朝早く起きて、ナイル川の夜明けを見に屋上デッキへ」
    と書かれたお写真、すごく幻想的な眺めですね。
    エジプトではないみたい。

    その他、王家の谷のお墓で写されたレリーフも
    一枚、一枚、すごく丁寧に撮られていて
    「こんな絵もあったのか」と
    見入ってしまいました。
    kiyo

    ダイスケit

    ダイスケitさんからの返信 2018/05/24 21:38:24
    RE: 素晴らしいお写真ばかりですね
    kiyo さん

    お便りをいただき、ありがとうございます。

    旅行前には多少エジプトの治安を心配しましたが、行ってみると全く問題はなかったですね。むしろ空いていて、じっくり観光するには適していました。アブシンベル神殿内部の撮影が訪問当日からOKとなっていたのも、大変ラッキーでした。

    kiyoさんのスペイン旅行も、楽しみに拝見させていただきます。これからも、よろしく。

ダイスケitさんのトラベラーページ

ピックアップ特集

ダイスケitさんの関連旅行記

ダイスケitさんの旅行記一覧

エジプトで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エジプト最安 410円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エジプトの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

コム・オンボ(エジプト) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集