御蔵島・青ヶ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
第76部-337冊目  2/8<br /><br />皆様、こんにちは。<br />オーヤシクタンでございます。<br /><br />伊豆諸島の最南端に「青ヶ島」と言う離島があります。<br />世界的にも珍しい二重カルデラの島で、近年注目を浴びているのですが、大平洋の黒潮が流れる海域にある離島で、その海域は荒れる事が多く、船の就航率は60%しかありません。<br />下手したら1週間以上船が来ない事もあるそうです。<br />もうひとつ、八丈島からのヘリコプターが就航していますが、定員9名と少なく予約がなかなかとれません。<br />選ばれた者だけが行ける島‥<br />~と、言われている島ですが、たまたま東邦航空のサイトを見ていたら、青ヶ島→八丈島の便に空席があったのです。<br />片道ですが、これは行くしかない!<br />行きは船で行きたいし、なんとかなるだろうと、青ヶ島行きが決定しました。<br /><br />本編は、伊豆諸島開発.あおがしま丸で、念願の青ヶ島へ向かいます。<br /><br />拙い旅行記ですが、ご覧頂けたら幸いです。<br /><br />表紙写真‥八丈島と青ヶ島を結ぶ、伊豆諸島開発「あおがしま丸」460t。<br /><br />━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br />平成29年11月6日~10日 4泊5日<br /><br />11月7日(火) 第2日目-2 晴れ<br />①伊豆諸島開発:あおがしま丸.青ヶ島行<br />八丈島.9:56~青ヶ島.13:22<br /><br />━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br />伊豆諸島開発‥2550円

ザ.秘島!青ヶ島・その2.伊豆諸島開発「あおがしま丸」乗船記 (八丈島~青ヶ島)。

58いいね!

2017/11/07 - 2017/11/07

4位(同エリア87件中)

旅行記グループ 第76部.ザ.秘島!青ヶ島。

6

58

オーヤシクタン

オーヤシクタンさん

第76部-337冊目 2/8

皆様、こんにちは。
オーヤシクタンでございます。

伊豆諸島の最南端に「青ヶ島」と言う離島があります。
世界的にも珍しい二重カルデラの島で、近年注目を浴びているのですが、大平洋の黒潮が流れる海域にある離島で、その海域は荒れる事が多く、船の就航率は60%しかありません。
下手したら1週間以上船が来ない事もあるそうです。
もうひとつ、八丈島からのヘリコプターが就航していますが、定員9名と少なく予約がなかなかとれません。
選ばれた者だけが行ける島‥
~と、言われている島ですが、たまたま東邦航空のサイトを見ていたら、青ヶ島→八丈島の便に空席があったのです。
片道ですが、これは行くしかない!
行きは船で行きたいし、なんとかなるだろうと、青ヶ島行きが決定しました。

本編は、伊豆諸島開発.あおがしま丸で、念願の青ヶ島へ向かいます。

拙い旅行記ですが、ご覧頂けたら幸いです。

表紙写真‥八丈島と青ヶ島を結ぶ、伊豆諸島開発「あおがしま丸」460t。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年11月6日~10日 4泊5日

11月7日(火) 第2日目-2 晴れ
①伊豆諸島開発:あおがしま丸.青ヶ島行
八丈島.9:56~青ヶ島.13:22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
伊豆諸島開発‥2550円

同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段

PR

  • 9:00<br />東京竹芝桟橋から10時間50分。<br />八丈島の底土港に着きました。

    9:00
    東京竹芝桟橋から10時間50分。
    八丈島の底土港に着きました。

  • 船を乗り継いで、青ヶ島に向かいます。<br />船客待合所の、東海汽船と伊豆諸島開発両社の窓口です。<br />乗船券を買いましょう。

    船を乗り継いで、青ヶ島に向かいます。
    船客待合所の、東海汽船と伊豆諸島開発両社の窓口です。
    乗船券を買いましょう。

  • 注意書。<br />青ヶ島は宿泊先が予約されていないと渡れません!<br />八丈島から船で渡って日帰りは無理なので、宿かキャンプ場の予約をしないと乗船券は販売してもらえません。<br />窓口で宿を聞かれました。

    注意書。
    青ヶ島は宿泊先が予約されていないと渡れません!
    八丈島から船で渡って日帰りは無理なので、宿かキャンプ場の予約をしないと乗船券は販売してもらえません。
    窓口で宿を聞かれました。

  • 海上が時化ると欠航となる青ヶ島航路。<br />その就航率は約60%だそうで、下手したら1週間以上欠航が続く事もあり、青ヶ島に行くのが難しい事を物語っています。<br />今日は運が良いことに就航するようです。<br />帰りはヘリが予約できたので、ここが一番ヒヤヒヤものでした。

    海上が時化ると欠航となる青ヶ島航路。
    その就航率は約60%だそうで、下手したら1週間以上欠航が続く事もあり、青ヶ島に行くのが難しい事を物語っています。
    今日は運が良いことに就航するようです。
    帰りはヘリが予約できたので、ここが一番ヒヤヒヤものでした。

  • 乗船名簿を記入して、乗船券を買いました。<br />これで青ヶ島に渡れます。<br />いやぁ、ラッキーですね。<br /><br />伊豆諸島開発(八丈島~青ヶ島)2等‥2550円

    乗船名簿を記入して、乗船券を買いました。
    これで青ヶ島に渡れます。
    いやぁ、ラッキーですね。

    伊豆諸島開発(八丈島~青ヶ島)2等‥2550円

  • 東京~八丈島に就航する東海汽船.橘丸(5681t)です。<br />あの船に乗ってやって来ました。

    東京~八丈島に就航する東海汽船.橘丸(5681t)です。
    あの船に乗ってやって来ました。

  • 八丈島に着いたばかりですが、橘丸は、すぐに東京へ折り返します。<br />出航の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

    八丈島に着いたばかりですが、橘丸は、すぐに東京へ折り返します。
    出航の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

  • タラップと‥

    タラップと‥

  • ロープが外されました。

    ロープが外されました。

  • ゴゴゴゴォー<br />巨大な船体が岸壁から離れていきます。

    ゴゴゴゴォー
    巨大な船体が岸壁から離れていきます。

  • ボオォォー<br />汽笛を鳴らして航海が始まりました。<br />御蔵島.三宅島を経由して東京まで約10時間の航海です。<br />さよなら~。

    ボオォォー
    汽笛を鳴らして航海が始まりました。
    御蔵島.三宅島を経由して東京まで約10時間の航海です。
    さよなら~。

  • 続いて待機していた、あおがしま丸が接岸体制にはいりました。<br />接岸の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。<br /><br />①伊豆諸島開発:あおがしま丸.青ヶ島行<br />八丈島.9:56~青ヶ島.13:22

    続いて待機していた、あおがしま丸が接岸体制にはいりました。
    接岸の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

    ①伊豆諸島開発:あおがしま丸.青ヶ島行
    八丈島.9:56~青ヶ島.13:22

  • 伊豆諸島開発「あおがしま丸」460tです。<br />貨物船に見えますが、ちゃんとした貨客船です。<br />かつて青ヶ島航路に就航していた「還住丸」は119tと小さく、史上最強のG〇RO船として名高い船でしたが、老朽化により平成25年12月、大型化された「あおがしま丸」が八丈島~青ヶ島に就航しました。

    伊豆諸島開発「あおがしま丸」460tです。
    貨物船に見えますが、ちゃんとした貨客船です。
    かつて青ヶ島航路に就航していた「還住丸」は119tと小さく、史上最強のG〇RO船として名高い船でしたが、老朽化により平成25年12月、大型化された「あおがしま丸」が八丈島~青ヶ島に就航しました。

  • 接岸完了。<br />パチパチパチ‥<br /><br />続いて恒例行事を‥<br />乗るぜ、あおがしま丸!<br />やる事がたくさんあって、あぁ、忙しい、忙しい‥

    接岸完了。
    パチパチパチ‥

    続いて恒例行事を‥
    乗るぜ、あおがしま丸!
    やる事がたくさんあって、あぁ、忙しい、忙しい‥

  • そう滅多に乗れる船ではありません。<br />後ろからもカシャ!

    そう滅多に乗れる船ではありません。
    後ろからもカシャ!

  • 9:50<br />乗船開始です。<br />では、乗りましょう。

    9:50
    乗船開始です。
    では、乗りましょう。

  • 2等船室。<br />船室は2等のみです。<br />旅客定員50名となっており、この日の乗船は私を含めて6名でした。

    2等船室。
    船室は2等のみです。
    旅客定員50名となっており、この日の乗船は私を含めて6名でした。

  • 枕と毛布は無料です。

    枕と毛布は無料です。

  • 生鮮品を入れておける、船客用の冷蔵庫があります。

    生鮮品を入れておける、船客用の冷蔵庫があります。

  • 出航の儀(単に眺めるだけ)に参列する為、デッキに出ました。<br />出航が遅れており、急ピッチで荷役作業が行われています。

    出航の儀(単に眺めるだけ)に参列する為、デッキに出ました。
    出航が遅れており、急ピッチで荷役作業が行われています。

  • 9:56<br />ロープが外されました。

    9:56
    ロープが外されました。

  • ゴゴゴゴォー<br />出航です。<br />船体が岸壁から離れていきます。

    ゴゴゴゴォー
    出航です。
    船体が岸壁から離れていきます。

  • 定刻より26分遅れで出航しました。<br />

    定刻より26分遅れで出航しました。

  • 八丈島~青ヶ島.86キロ、約3時間の船旅が始まりました。<br />波の高い海域を航行します。<br />揺れないことを祈りましょう。

    八丈島~青ヶ島.86キロ、約3時間の船旅が始まりました。
    波の高い海域を航行します。
    揺れないことを祈りましょう。

  • あおがしま丸.DECK PLANです。<br />それでは、恒例の船内視察を始めましょう。

    あおがしま丸.DECK PLANです。
    それでは、恒例の船内視察を始めましょう。

  • 冷水器です。<br /><br />船内に売店や食堂は愚か、自販機や給湯器もありません。<br />何も持たずに乗船すると、口にできるのはこの水だけとなります。

    冷水器です。

    船内に売店や食堂は愚か、自販機や給湯器もありません。
    何も持たずに乗船すると、口にできるのはこの水だけとなります。

  • 記念スタンプコーナー。<br />運送約款のファイルが置いてあります。<br /><br />案内所はありません。

    記念スタンプコーナー。
    運送約款のファイルが置いてあります。

    案内所はありません。

  • 喫煙室。<br />船内は禁煙です。<br />お煙草はこちらでお願いします。

    喫煙室。
    船内は禁煙です。
    お煙草はこちらでお願いします。

  • 多目的トイレ。<br />あおがしま丸は、バリアフリーに対応しています。

    多目的トイレ。
    あおがしま丸は、バリアフリーに対応しています。

  • 一般のトイレ。<br />ウォッシュレット付きで清潔です。

    一般のトイレ。
    ウォッシュレット付きで清潔です。

  • 船旅の友‥<br />G〇RO袋は、船内の至るところに配備されております。

    船旅の友‥
    G〇RO袋は、船内の至るところに配備されております。

  • 救命胴衣着用方法。<br />これは重要です。<br />よく理解しておきましょう。

    救命胴衣着用方法。
    これは重要です。
    よく理解しておきましょう。

  • 船内にエレベーターはありませんが、昇降リフトがあります。

    船内にエレベーターはありませんが、昇降リフトがあります。

  • 甲板にある、青ヶ島の全景写真です。

    甲板にある、青ヶ島の全景写真です。

  • しばらくは、八丈島の東岸に沿って航行します。

    しばらくは、八丈島の東岸に沿って航行します。

  • あおがしま丸のファンネル。<br />かわいいファンネルです。

    あおがしま丸のファンネル。
    かわいいファンネルです。

  • 最上部の甲板には、ベンチと‥<br />

    最上部の甲板には、ベンチと‥

  • 伊豆諸島開発.母島航路の、ははじま丸と同じように、双眼鏡が配備されています。

    伊豆諸島開発.母島航路の、ははじま丸と同じように、双眼鏡が配備されています。

  • 外洋に出ました。<br /><br />八丈島よ。<br />さらばじゃ。<br />明後日、戻って来るよ。<br />

    外洋に出ました。

    八丈島よ。
    さらばじゃ。
    明後日、戻って来るよ。

  • 船室に戻り‥

    船室に戻り‥

  • 昼寝をしましょう。

    昼寝をしましょう。

  • ふわぁ~<br />ひと眠りしました。<br />甲板に出て見ましょう。

    ふわぁ~
    ひと眠りしました。
    甲板に出て見ましょう。

  • あっ!<br />青ヶ島が見えてきましたよ。

    あっ!
    青ヶ島が見えてきましたよ。

  • この海域は潮流が早く、船の航跡が定まっていません。<br />船が動揺していますが、今日は序の口のようです。

    この海域は潮流が早く、船の航跡が定まっていません。
    船が動揺していますが、今日は序の口のようです。

  • 甲板でまったりする筆者。

    甲板でまったりする筆者。

  • 青ヶ島‥<br />見えているんだけど、なかなか着かない。

    青ヶ島‥
    見えているんだけど、なかなか着かない。

  • ズームしてみましょう。<br />まるで、要塞のような島ですね。

    ズームしてみましょう。
    まるで、要塞のような島ですね。

  • 13:10<br />青ヶ島が至近距離に入りました。<br />ついに、来ちゃいましたね。

    13:10
    青ヶ島が至近距離に入りました。
    ついに、来ちゃいましたね。

  • 見て下さい。<br />高さ200mの断崖絶壁が海面からせり上がっていているんです。

    見て下さい。
    高さ200mの断崖絶壁が海面からせり上がっていているんです。

  • 八丈島から3時間20分。<br />島の西岸に沿って航行していると‥

    八丈島から3時間20分。
    島の西岸に沿って航行していると‥

  • 青ヶ島でたったひとつだけ上陸できる港‥<br />三宝港が見えてきました。

    青ヶ島でたったひとつだけ上陸できる港‥
    三宝港が見えてきました。

  • まるで、要塞のような港です。<br />接岸の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

    まるで、要塞のような港です。
    接岸の儀(単に眺めるだけ)に参列しましょう。

  • 港のすぐ脇でおきた土砂崩れ‥<br />集落と港を結ぶ道路も崩落しています。<br />青ヶ島の凄さを物語っていますね。

    港のすぐ脇でおきた土砂崩れ‥
    集落と港を結ぶ道路も崩落しています。
    青ヶ島の凄さを物語っていますね。

  • 船体を転回させて‥<br />接岸体制に入りました。

    船体を転回させて‥
    接岸体制に入りました。

  • あぁ~<br />楽しい船旅が終わってしまうよ。

    あぁ~
    楽しい船旅が終わってしまうよ。

  • 13:22<br />接岸完了。<br />パチパチパチ‥

    13:22
    接岸完了。
    パチパチパチ‥

  • 名残惜しいですが、下船しましょう。<br />

    名残惜しいですが、下船しましょう。

  • なかなか行けない青ヶ島に上陸しました。<br />続きは次回です。<br /><br />拙い旅行記をご覧くださいまして、ありがとうございました。<br /><br />つづく。

    なかなか行けない青ヶ島に上陸しました。
    続きは次回です。

    拙い旅行記をご覧くださいまして、ありがとうございました。

    つづく。

    青ヶ島港 (三宝港) 名所・史跡

58いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • とのっちさん 2018/03/04 21:08:04
    ベストコンディション!
    オーヤシクタンさま

    こんばんは。ついに憧れの青ヶ島航路ですね。天候や潮の状況に恵まれてよかったですね。

    橘丸を見送ってあおがしま丸を迎える一連の流れ、乗り物の発着シーンは忙しいですね(笑)。旅行記意識して動画でも撮ってみたり…と考え始めると収拾がつかなくなります。ローカル航路(と呼んでいいのでしょうか?)は船の内装も完全に移動手段に特化していますね。こういう乗り物好きです。

    青ヶ島はオーヤシクタンさまの旅行記で初めて知りました。断崖絶壁の要塞のような島ですね!港も要塞のようです。なんかこういうの好きですが、島に缶詰にされるのはちょっと…

    次はいよいよ知られざる島の様子でしょうか。楽しみにしております。

    とのっち

    オーヤシクタン

    オーヤシクタンさん からの返信 2018/03/05 07:12:58
    Re: ベストコンディション!
    とのっち様、おはようございます。
    オーヤシクタンでございます。

    青ヶ島は伊豆諸島の南にあります。
    太平洋の黒潮の本流が流れている海域のど真ん中に要塞のように浮かんでいて、こんな所に人がどうやって住み着いたのか?
    疑問になる島です。

    八丈島で船を乗り換えます。
    あおがしま丸と言う460tの貨客船で、島の生活物資を運ぶ重要な船です。
    船内は最低限の設備だけがあります。
    就航率60%の中、就航したので運が良かったと思います。

    黒潮をつきって、3時間30分‥
    無事に上陸できました。

    さて、この後は島のレポートです。
    次回も宜しくお願い申し上げます。

    青春18きっぷ2018春の陣‥
    3月7日、ジャンボフェリー乗船決まりました。
    あの唄に洗脳間違いなしです。

    オーヤシクタン。
  • BTSさん 2018/03/04 08:51:53
    就航率60%の青ヶ島航路!
    オーヤシクタンさまへ

    おはようございます。
    就航率60%の青ヶ島航路に無事乗船することができましたね~おめでとうございます。
    365日運航で換算すると年間で146日が欠航するんですね。2.5日に1回欠航する計算になるでしょうか~青ヶ島へ行く場合は欠航のことも考えて余裕をもって計画を立てないと難しいですね。それに驚いたのは、青ヶ島で宿の予約が無いと乗船券を発行してくれないんて…まるでブータンと同じですね。(ブータンはホテルの予約が無いと入国できないと聞いています)

    八丈島の港ででオーヤシクタンさんが乗船した「橘丸」の出航を見送る後ろ姿は哀愁を感じます。また、冒険家のような男らしさも感じます。

    八丈島から約3時間30分で無事に青ヶ島へ入港しましたね。
    私にとって青ヶ島は旅行番組を観てからとても気になっている島です。いつかは行ってみたいと思っています。
    青ヶ島レポート楽しみにしています。

    BTS

    オーヤシクタン

    オーヤシクタンさん からの返信 2018/03/05 07:02:20
    Re: 就航率60%の青ヶ島航路!
    BTS様、おはようございます。
    オーヤシクタンでございます。

    太平洋のど真ん中を460t足らずの貨客船で青ヶ島に向かいました。
    出航か欠航か?
    その日の海況しだいなんです。
    橘丸の中で祈り続けていました。
    祈願のかいがあって、その日は出航‥
    おまけに海が時化る事もなく、船の揺れか少なかったのも幸いでした。
    八丈島から3時間30分‥
    見た目は波がなくても、ウネリがあったので、船がなかなか前に進まず、3時間のところを30分ほど余計にかかりました。
    場合によっては、青ヶ島の前まで来て接岸できずに戻ってしまう事もあるので、1発で接岸できたこの日は本当に運が良かったと思います。

    次回から島のレポートをお届けします。
    次回も宜しくお願い申し上げます。

    オーヤシクタン。
  • Tagucyanさん 2018/03/03 15:09:26
    青ヶ島航路
    オーヤシクタン様
    こんにちは。

    選ばれし人しか乗れない、青ヶ島航路。想像しただけでワクワクします。
    いつの間にか船が新しくなってますね。「還住丸」は知っていましたが。
    いずれにしても、今の船だって460tですから、そんな船が潮流の早い大海原を行くわけで、大変なことですよね。
    青ヶ島の三宝港も、思いっきり外洋に面してますから、これでは少し荒れただけでも欠航になってしまうのが分かります。
    でも、沖縄の大東諸島のように、クレーンで吊られて上陸、ではないようですね。

    この港と、島の集落とは、かなり離れているんですよね。
    公共交通などない島ですから、きっとオーヤシクタンさんは・・・

    続編を楽しみにしております。

    ---
    Tagucyan

    オーヤシクタン

    オーヤシクタンさん からの返信 2018/03/03 21:14:09
    RE: 青ヶ島航路
    Tagucyan様、こんばんわ。
    オーヤシクタンでございます。

    この日の海があれない事をずっと祈っていました。
    帰りのヘリは予約がとれているものの、行きは船が出なければ青ヶ島に渡れません。
    祈りが通じたのが幸いして、就航しました。

    以前は、おっしゃる通り「還住丸」と言う100tほどの小さな船でした。
    「還住丸」の乗船記を見ると、皆さん、苦労されていますね。
    史上最強のG〇RO船と言われるのがわかります。
    その「還住丸」と貨物船「黒潮丸」の老朽化に伴い、旅客船と貨物船を1本化させるのを目的に新船「あおがしま丸」が建造されました。
    この船の就航によって、就航率は若干上がったようですが、それでも60%なので、下手したら帰って来れなくなります。
    現に、私がヘリで帰った日は、「あおがしま丸」が青ヶ島に向かったものの、海が時化て来た為、途中で引き返す事態になってしまいました。

    なんとか、選ばれる‥の仲間入りできたようで、青ヶ島に上陸できました。
    さて、この後は‥
    お楽しみです。
    次回も宜しくお願い申し上げます。
    いつも、ありがとうございます。

    オーヤシクタン。

オーヤシクタンさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

御蔵島・青ヶ島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集