長崎市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
インターネットを見ていると2泊3日の長崎旅行が31,500円。<br />しかもホテルは、客室から長崎市の夜景が眺められるルークプラザホテル。ハウステンボスは入口にある日航ハウステンボスホテル。<br />さらにハウステンボスの散策入場券付。<br />とてもお得なので、別途レンタカーを予約して出かけてきました。<br />旅行費用は、朝食や飛行機の便を変更するなどしてツアー料金は約35,000円/人。<br />それとレンタカー代が11,000円。<br />ちょっと高くなりましたが自由に観光できるのでよかったです<br />今回の旅程は、<br />12月17日:大阪空港より長崎空港に行き、レンタカーで長崎市内に移動して路面電車を利用して平和公園など市内観光。<br />12月18日:グラバー園見学後軍艦島に上陸し、その後ハウステンボスに移動して園内を観光。<br />12月19日:ホテルから長崎空港に移動して帰宅。<br />長崎では魚介をはじめ美味しいものをたくさんいただき、百万ドルの夜景やハウステンボスのきれいなイルミネーションを堪能してきました。<br />今回は、初日の路面電車を使って観光した長崎市内を紹介します。<br />長崎にはたくさんのB級グルメがあり、ついつい食べすぎてしまいました。<br />

長崎のきれいな夜景とB級グルメの旅1(長崎市内観光)

33いいね!

2017/12/17 - 2017/12/19

216位(同エリア2344件中)

    120

    インターネットを見ていると2泊3日の長崎旅行が31,500円。
    しかもホテルは、客室から長崎市の夜景が眺められるルークプラザホテル。ハウステンボスは入口にある日航ハウステンボスホテル。
    さらにハウステンボスの散策入場券付。
    とてもお得なので、別途レンタカーを予約して出かけてきました。
    旅行費用は、朝食や飛行機の便を変更するなどしてツアー料金は約35,000円/人。
    それとレンタカー代が11,000円。
    ちょっと高くなりましたが自由に観光できるのでよかったです
    今回の旅程は、
    12月17日:大阪空港より長崎空港に行き、レンタカーで長崎市内に移動して路面電車を利用して平和公園など市内観光。
    12月18日:グラバー園見学後軍艦島に上陸し、その後ハウステンボスに移動して園内を観光。
    12月19日:ホテルから長崎空港に移動して帰宅。
    長崎では魚介をはじめ美味しいものをたくさんいただき、百万ドルの夜景やハウステンボスのきれいなイルミネーションを堪能してきました。
    今回は、初日の路面電車を使って観光した長崎市内を紹介します。
    長崎にはたくさんのB級グルメがあり、ついつい食べすぎてしまいました。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    一人あたり費用
    3万円 - 5万円
    交通手段
    レンタカー JALグループ
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行なし)
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    ホテル
    4.5
    グルメ
    4.5

    PR

    • 長崎へは大阪空港を7時5分発の飛行機に乗らなければならないので、家を車で朝5時前に出発し、大阪(伊丹)空港には6時前に到着。<br />この時期、夜明けが遅くなっているので外は真っ暗。<br />離陸前頃になってやっと夜が明け始めました。

      長崎へは大阪空港を7時5分発の飛行機に乗らなければならないので、家を車で朝5時前に出発し、大阪(伊丹)空港には6時前に到着。
      この時期、夜明けが遅くなっているので外は真っ暗。
      離陸前頃になってやっと夜が明け始めました。

    • この日の飛行機はJAL2371便。<br />大阪を7時5分に出発し、長崎には8時20分に到着する予定。<br />長崎には早く到着するので、この日は1日観光できます。

      この日の飛行機はJAL2371便。
      大阪を7時5分に出発し、長崎には8時20分に到着する予定。
      長崎には早く到着するので、この日は1日観光できます。

    • 定刻に大阪空港を離陸したものの強い向かい風のため、長崎空港には約20分遅れの8時40分に到着。<br />ただ空港に到着すると預けた手荷物が早く出てきて、レンタカーも空港で待たずに即営業所に移動して手続きが済んだので、長崎市内にはほぼ予定通りの時間に到着しました。<br />それにしても飛行機から降りて、手荷物受け取りのターンテーブルに到着すると私の手荷物が回っていたのは初めてです。

      定刻に大阪空港を離陸したものの強い向かい風のため、長崎空港には約20分遅れの8時40分に到着。
      ただ空港に到着すると預けた手荷物が早く出てきて、レンタカーも空港で待たずに即営業所に移動して手続きが済んだので、長崎市内にはほぼ予定通りの時間に到着しました。
      それにしても飛行機から降りて、手荷物受け取りのターンテーブルに到着すると私の手荷物が回っていたのは初めてです。

    • 空港から長崎市内までは高速道路を使って約1時間。<br />まずはレンタカーを平和公園の駐車場に止めて、平和公園に向かいます。<br />今回はパークアンドライドを利用します。<br />この平和公園には過去何度も来ましたが、いつも雨ばかり。<br />この日はやっと晴れて、この平和祈念像を見ることができました。<br />それにしてもこの写真には写っていませんが、祈念像の周りは、中国・韓国のグループばかり。<br />日本人のほうが少ないくらいで外国に来た気分になります。

      空港から長崎市内までは高速道路を使って約1時間。
      まずはレンタカーを平和公園の駐車場に止めて、平和公園に向かいます。
      今回はパークアンドライドを利用します。
      この平和公園には過去何度も来ましたが、いつも雨ばかり。
      この日はやっと晴れて、この平和祈念像を見ることができました。
      それにしてもこの写真には写っていませんが、祈念像の周りは、中国・韓国のグループばかり。
      日本人のほうが少ないくらいで外国に来た気分になります。

    • 平和公園の展望台からは浦上天主堂が望めます。<br />ここから歩いて浦上天主堂に向かいます。

      平和公園の展望台からは浦上天主堂が望めます。
      ここから歩いて浦上天主堂に向かいます。

    • 平和公園から10分足らずで浦上天主堂に到着。<br />この日は葬儀が有り、中には入られませんでした。

      平和公園から10分足らずで浦上天主堂に到着。
      この日は葬儀が有り、中には入られませんでした。

    • この崩れたものは、原爆で飛ばされた鐘楼の一部だったと思います。<br />この後ちょっと距離がありますが、一本鳥居で有名な山王神社に徒歩で向かいます。

      この崩れたものは、原爆で飛ばされた鐘楼の一部だったと思います。
      この後ちょっと距離がありますが、一本鳥居で有名な山王神社に徒歩で向かいます。

    • 山王神社までは結構距離が有り、15分でこの写真の一本鳥居に到着。<br />この階段を登って一本鳥居に向かいます。

      山王神社までは結構距離が有り、15分でこの写真の一本鳥居に到着。
      この階段を登って一本鳥居に向かいます。

    • 近くから一本鳥居を見るとこんな感じです。<br />不安定な状態でよく立っているものです。

      近くから一本鳥居を見るとこんな感じです。
      不安定な状態でよく立っているものです。

    • 一本鳥居の案内板がこれで、残りの鳥居はばらばらになってそばの地面に置かれています。

      一本鳥居の案内板がこれで、残りの鳥居はばらばらになってそばの地面に置かれています。

    • それがこれで、原爆の爆風で飛ばされたものの、それほど破損はしていません。

      それがこれで、原爆の爆風で飛ばされたものの、それほど破損はしていません。

    • この写真は原爆の投下直後に撮られたもので、一本鳥居以外は何も残っていません。<br />それにしてもよく残ったものです。<br />この神社には二つの鳥居があったそうで、一の鳥居はほぼ原形のまま残り、この二の鳥居は爆心側の左半分が吹き飛ばされたそうです。<br />ただ皮肉なことに、原爆で残った一の鳥居は交通事故により倒壊したそうです。

      この写真は原爆の投下直後に撮られたもので、一本鳥居以外は何も残っていません。
      それにしてもよく残ったものです。
      この神社には二つの鳥居があったそうで、一の鳥居はほぼ原形のまま残り、この二の鳥居は爆心側の左半分が吹き飛ばされたそうです。
      ただ皮肉なことに、原爆で残った一の鳥居は交通事故により倒壊したそうです。

    • そういえばこの景色はドラマなどでもよく見かけたものです。

      そういえばこの景色はドラマなどでもよく見かけたものです。

    • この一本鳥居を後にして、そばにある山王神社に向かいます。

      この一本鳥居を後にして、そばにある山王神社に向かいます。

    • ここが山王神社の入り口です。<br />ここには原爆でも生き残った巨大な楠木が2本立っています。

      ここが山王神社の入り口です。
      ここには原爆でも生き残った巨大な楠木が2本立っています。

    • これが山王神社の案内板です。<br />現在の建物は1988年に再建されたそうです。

      これが山王神社の案内板です。
      現在の建物は1988年に再建されたそうです。

    • 正面から巨大な楠木を眺めるとこんな感じです。<br />この大きな木からパワーをもらえそうです。

      正面から巨大な楠木を眺めるとこんな感じです。
      この大きな木からパワーをもらえそうです。

    • こちらは本殿に向かって右側の楠木で、高さが21m。<br />幹周りが8m63cmもある巨木です。

      こちらは本殿に向かって右側の楠木で、高さが21m。
      幹周りが8m63cmもある巨木です。

    • そして反対側のこの木が高さ17.6m。<br />幹周り6m58cmの巨木です。<br />右側の楠木よりちょっと小さめです。

      そして反対側のこの木が高さ17.6m。
      幹周り6m58cmの巨木です。
      右側の楠木よりちょっと小さめです。

    • 境内からこれらの木を見るとこんな感じで、とても大きな楠木です。<br />原爆の爆風や放射線に当たったにもかかわらず、生き残ったこの木の生命力の強さを感じます。<br />まさしく大きなパワーをもらえそうです。

      境内からこれらの木を見るとこんな感じで、とても大きな楠木です。
      原爆の爆風や放射線に当たったにもかかわらず、生き残ったこの木の生命力の強さを感じます。
      まさしく大きなパワーをもらえそうです。

    1件目~20件目を表示(全120件中)

    この旅行記のタグ

      33いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      長崎市(長崎) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集